題名の通り、抽象的な質問で申し訳ないのですが、
発ガン(発癌)の多段階過程とはなんなのでしょうか?

A 回答 (1件)

多段階制御とか多段階説という言葉で見聞きしたことを書き込みます。



癌細胞は元々は健康な一個の細胞から始まったということはご存知だと思います。

それが何故癌化するのか?
1)まず外因(紫外線や発ガン物質など)によって遺伝子が傷つけられます。多くは細胞が死んでしまうだけですが、なかに癌化する細胞が出てきます。
これだけが理由であれば「多段階」とは言いません。
本来であれば異常を発見した段階で、遺伝子変化を察知する機構が働くはずなんです。
2)壊れた遺伝子を見つけて修復する
3)修復できなければ細胞ごと自発的な死へと誘導する
4)誘導できなければ細胞ごと免疫細胞で叩き潰す…
こうした網目で多くのがん細胞は癌として発達する前に消滅します。逆にこうした網目をくぐり抜けたものだけが癌へと伸展して人を苦しめます。
それぞれの過程には多くの遺伝子が関与しています。なかには促進する遺伝子(プロモーター)もあります。癌を防ぐのは発ガン抑制遺伝子とか癌抑制遺伝子(サプレッサー)と言われるものです。こうした遺伝子は組織ごとに共通のものと固有のものがあり、結果として組織ごとに段階の内容は異なったものとなっています。
多段階過程とは組織ごとのそうした制御システムとその過程の事だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ