誰が書いたのかも、どの短編集に収録されているのかも、また、小説のタイトルさえも正確には覚えていないのですが、小松左京、筒井康隆、平井和正、半村良あたりの日本のSF作家が60年代後半~80年代前半に書いたスラップスティック・コメディ系の短編小説だと思います。20年以上前に読んだ話なのでウロ覚えな部分もあるかとは思いますが、あらすじは大体次の通りでした。
  日本には「JCIA」という一般国民には存在が知られていない秘密の諜報機関があり、そこに所属するスパイのひとりが組織の存在を公にしたい誘惑に駆られる。そこでとあるSF作家に近づき、飲み屋か何かで組織のことを打ち明け、それをネタに小説を書くよう勧める。「デタラメ」な小説を書くことで知られるそのSF作家なら、JCIAのことを小説にしても誰も本気にはしないだろうし、一方、自分は組織のことを告白することによって最悪感(?)がいくらかでも薄まるという寸法である。話を聞いたSF作家はその男が本物のスパイなのかどうか迷うが、男はスパイでなければやって退けられないようなこと(自宅の書斎の上の原稿用紙に何か書き置きを残した)をして自分が本物のスパイであることを証明する……。
  なんてことのない話なんですが、妙に頭に残っていて、この20年、思い出しては探し続けています。そして探しても見つからなければ見つからないほど、読みたいと思う欲求は強まるばかりなのです。
  ちなみにネットで検索すると平井和正の「人狼戦線-アダルト・ウルフガイ・シリーズ(4)」の中に「JCIA」って章がありますが、コレは違います。
  どなたか70年代前後の日本SF小説に詳しい方で上記のような話をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか? ストーリーを思い出すたび、まさに「小骨が咽にひっかかった」感じになって気持ちが悪いのです。
  宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

確認はとれていないのですが、どなたもレスをつけておられなかったので。



多分「フィックス」というお話がそれではないかと思います。半村良ですね。懐かしいです。
実は現物は実家に置いてきてしまって未確認なのですが、検索してみたら「'74年日本SFベスト集成」に収録されてたようなので、自分の記憶違いでなければ・・・です。あやふやで申し訳ない(^^ゞ
自分の覚えてる話の筋は
作者自身と思われる主人公(作家)が、「作家は嘘をつくのが仕事のようなものですが、実は自分も嘘をつくのが仕事なのですよ」と言う男と出会う(男の語る仕事の内容が「闇の中の哄笑」そっくり)。男は、自分の話が嘘ではない証拠を残すと言い、主人公が家へ帰ると、誰も侵入した形跡のない仕事場の原稿用紙に、何本もある万年筆の中から愛用の一本を選び出して証拠となる文言が書きつけてある。
と言うような感じではなかったかと。うーん、また読み返したくなってきました(笑)
「闇の中の・・・」のアナザサイドストーリーとも考えられる作りで、両方知っていると余計にニヤリとさせられます。この機会に御一読あってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nikujyaga9さま

貴重な情報、ありがとうございます。

回答にお書きになられた話の筋からして、おっしゃる通り半村良の「フィックス」が私の探している短編に間違いないと思います。言われてみれば、確かに「万年筆」ってのがキーとして出てきてました!
私も「'74年日本SFベスト集成」なら読んでますし、私の読んだ「'74年日本SFベスト集成」も実家に置いてあるので、手許にある書籍をいくら調べても見つからなかったのも頂いた情報が正しいからでしょう。
実家に置いてあるためすぐには確かめられませんが、もし徳間から出ていた文庫がまだ手に入るようならそちらから入手してみます。

しかし訊いてみるものですね~! これまで誰に訊いても「知らない」としか返ってこなかった疑問が晴れたのですから、本当に嬉しいです。実際レスがなかったので正直諦めてましたし……。「教えてGoo」侮りがたし!

いずれにせよ、これでようやく長年の疑問を晴らす手がかりが掴めました。いや、もう解決したも同然でしょう。後はとにかく早く読みたいです! 本当に感謝です<(_ _)>。おかげで一生モヤモヤし続けながら生活しなくても済みそうです(←大袈裟!)

そうそう「闇の中の哄笑」の情報もありがとうございます。この機会に読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/07/14 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ