tie-in sale 抱き合わせ販売
bundle sale 抱き寄せ販売、たばね売り、まとめ売り

と辞書にあるのですがなにが違いますか?ネットでいろいろ検索したのですが見当たりません。

(個人的には同じものを指していると思うのですが)

あと、そのことが分かるサイト名も教えていただけるとありがたいです。

できればビジネスの専門家の意見をいただけるとありがたいです

A 回答 (5件)

チェーンストアに30年間従事し、バイヤーも経験したものです。




 bundle saleとは、束うりのこと。同一商品を2個以上まとめて、売ることを言います。

 でも、違う品目の場合(ポテトチップとチョコレートとガム等々)は、組み合わせ販売
(kit Merchandising)と呼称します。


 tie-in saleも上記と同じ意味ですが、
ただ、小売業のチェーストア業界では、bundle saleと呼称しているだけです。


※参考文献は、日本リテイリングセンターのチェーンストア必須単語1001に記載
    • good
    • 0

辞書はあらゆる用例が載っているので、混乱するとおもいますが、販売品におけるbundleの顕著な実例を知っていると、混乱しにくいと思います。



家電製品に多いですが、製品本体に電源アダプターやCDROMなどが同梱されていますが、これらがbundle品です。
訳を当てると同梱品ですが、bundleはこのような意味での「1セット」「一つにまとめた物」の意味で使われることが多く、日本語の(別商品の)抱き合わせとはちょっと異なります。
ただ売れ残り品や処分品を製品につけて売るときにも、bundleを用いますので、bundleが指す対象の製品は「同梱品~おまけ品」あたりを含んだ意味で使われているケースが多いです。

tie-in は、tie (結ぶ)+in(一緒に、中に)なので、なんでもひもで1つに縛って売れるイメージの言葉です。文字通り抱き合わせ販売に使え、どんな製品の組み合わせ(製品+何かのサービスやお買い得情報などでも)でも使えるイメージがあります。

バンドル品というと、たいてい主力商品にまったく関係のないケースは少ないイメージがあります。
これは製品の売り手である業界にいる私の感覚で、家電製品の(箱の中にある)同梱物に対しては、tie-in は使ったことがありません。
    • good
    • 0

#1です。



> bundle sale(抱き寄せ販売)>tie-in sale(抱き合わせ販売)
> ということは、bundle saleがtie-in saleの一部ということでしょう

あれ?そう読まれましたか。

数学的に表現したつもりなので、tie-in saleがbundle sale(いわゆるバンドル)の一部という意味です。

ある製品に別の製品を付属して販売、あるいは配布するbundle sale(抱き寄せ販売)の中で、人気商品に不人気商品をバンドルして販売する行為を特にtie-in sale(抱き合わせ販売)と呼び、悪質な場合は独占禁止法違反となる ということです。

へたな説明ですみませんでした。
    • good
    • 0

こんにちは。

政治・経済、ビジネスネタ大好きの duosonic です。

「主製品に関連商品を組み合わせて販売する」という観点では、同じ意味のハズです。ただそれをやったら即座に独占禁止法違反(antitrust)かというと、そういうことでもなく、例えばデジカメを購入すると必ずPCで使える「画像エディタ・ソフトウェア」のCDがオマケで付いてきますよね。あれも bundled software と呼ばれます。

やはり「抱き合わせ販売」と言うと、やはりMSでしょうかね。WindowsとIEの tie-in sale では大騒ぎしましたね: http://www.sophia-it.com/content/tie-in+sale

しかし、ここ(http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_v._Mi …)では Microsoft was allowed to bundle its flagship Internet Explorer (IE) web browser software with its Microsoft Windows operating system. と、bundle が使われており、tie-in という言い回しは見られません。

つまり、tie-in sale と bundle sale は互換的に使われているようですね。tie-in sale は違法、bundle sale は合法というイメージがありましたが、その限りではないようです。


ご参考までに。
    • good
    • 0

はじめまして



どちらも、いわゆるバンドルと呼ばれる、「ある製品に別の製品を付属して販売、あるいは配布する」販売方法です。
イメージ的には、
bundle sale(抱き寄せ販売)>tie-in sale(抱き合わせ販売)
のような感じで、
参考URLに記載されていますが、
「人気商品に不人気商品をバンドルして販売する行為は「抱き合わせ販売」と呼ばれ、悪質な場合は独占禁止法違反となる。」
ということです。

参考URL:http://e-words.jp/w/E38390E383B3E38389E383AB.html

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

bundle sale(抱き寄せ販売)>tie-in sale(抱き合わせ販売)
ということは、bundle saleがtie-in saleの一部ということでしょうか?ただ、

どちらも、いわゆるバンドルと呼ばれる、

とおっしゃっているので、
bundle sale々=tie-in saleとも考えられます
(またはbundle sale≒tie-in saleかな?)

補足日時:2008/12/30 06:09
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ