セックスに翻弄される女性、男性の生きていく姿を描いた映画3選

やさしいSQL入門という本を購入し、付属のCDに入っているSQLトレーナーというアプリケーションを使いたいのですが、エラーがでて困っています。

本自体がWindows7の頃に出たものなので、firebirdは公式サイトから最新版をダウンロードしインストールしました。SQLトレーナーは付属のCDからインストールしました。
ここでSQLトレーナーを起動したのですが、

【unsupported on-disk structure for file C:¥USERS¥名前¥DOCUMENTS¥CUTT¥SQLTRAINERDB;found 11.0 support 12.2.】

このようなエラーがでてきました。このメッセージ後にアプリが表示されるのですが、どうやらテーブルのデータが引き出せていないようです。

エラー文をみるに、SQLTRAINERDB.FDBというファイルが読み込めていないということなんだと思います。

この場合のSQLトレーナーを使う方法を知っている方いましたら教えていただけると助かります。
自前のPCはASUSのノートPCで、Windows10(64)

よろしくおねがいしますm(_ _)m

A 回答 (1件)

>>firebirdは公式サイトから最新版をダウンロードしインストールしました。

SQLトレーナーは付属のCDからインストールしました。

本に付属のCDのソフトとネットから得た最新版のソフトという、バージョンの違うソフトを使おうとしたために、エラーとなったのではないでしょうか?エラーメッセージを見ると、そう推測されます。
本の付属CDだけでやってみたらどうでしょう。

ちなみに、firebirdはソフトウエアが小さくて、お手軽なんですけど、最近ではあまり目にしなくなったデータベースですね。
ふりかえれば、今は亡きボーランドがDelphiを販売しているとき、このInterBaseを販売していました。
InterBaseは、MS-DOS時代にデータベースの世界で主流だったdBaseIIを販売していたアシュトンテイトがいくつものデータベース会社を買収したときに手にいれたのですけど、活用されていませんでした。
ボーランドは、経営危機になったアシュトンテイトを買収したのですが、その時に入手したソフトウエア資産の整理をしていて、「これは凄いソフトだ!」と気づいたのがInterBaseだったんですね。
米軍も、この堅牢なソフトに目をつけて、軍事システムの構築に活用していたようです。

Wikiを見ると、InterBaseは2000年以降、オープンソースのfirebirdと商用のInterBaseに分岐して、それぞれ成長を続けているとのこと。
ただ、オープンソースのデータベースとしては、MariaDB(元MySQL)とかPostgreSQL、あるいは、機能限定で無償のマイクロソフトのSQLServerExpressのほうが使いやすいため、こちらのほうがメジャーになっているのが現状でしょう。
ですので、これらを使ってデータベースの勉強をするのもいいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング

おすすめ情報