人気雑誌が読み放題♪

タイトルの通りです。
昔好きだったバンドのベスト盤をよくレンタルするのですが、スタジオ録音のオリジナルが聴きたいのにライブ音源がはいってたりしてガッカリすることが多いです。
どういう理由なのでしょうか。

A 回答 (5件)

いろいろな理由がありますが、


いちばん大きいのは
「そのアーティストが黒歴史を消したがっている」
ということです。

その曲をアルバム等でリリースした時点ではこれで最高の出来と思って出したはずですが、
・発売されたのを聞くと「ここはこうすればよかった」というのがたくさん出てくるそうです。
・その後ライブ等で繰り返し演奏するうちにアルバムのより磨きがかかっていく
自らの音楽性や曲に対する思い入れなどは時とともに変化するのが当たり前で、
そうなれば、やはり出来の良い方を残したくなります。

リテイクやライブ特集と言う手もありますが、カネも時間もかかります。
どちらも活動歴が長く実績も積んでいないと様になりません。
リテイクしたらかえってひどくなるというリスクもあります。
(こういうフィーリングはなかなか計算できない)

そういう諸々を考えれば、テスト済みのライブ盤を使った方が何かとよいわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はああなるほど!やっとしっくりくる回答いただきました。そうですよね昔の仕事で今思えば…って誰にもあるはず。ファンはそうは思わないけど。じゃああのバンドのあれもとかちょっと気にしてみよう。ありがとうございますベストアンサーです。

お礼日時:2019/02/12 21:55

そのライブでの演奏の評価が高いからじゃないでしょうか。


もしくは、実はそれはボーナストラックで通常盤にはスタジオもライブも収録されていないとか。

私はベスト盤はあまり持っていませんがどちらのパターンのもありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その曲のライブの出来が良かったからっていうのが妥当な理由な気もします。
ですがやっぱり過去に聴いていた思い出のスタジオ録音のを聴きたいです。
ライブになると日本の歌手も溜めて歌ったりアレンジが強いとガッカリするのです。
余計なことしてくれちゃって…と思います。

最近思ったのは scorpions best
のanother piece of meatとin trance どちらもスタジオ版で聴いていたものです。
ライブもいいけどオリジナルが聴きたい!

お礼日時:2019/02/12 20:34

相変わらず「誰のどの曲かに触れていないので何とも言えません」が、「古い洋楽ハードロックが好きで昔レコードで聞いていたのがCDベスト盤になったのを」とありますが、その古い昔のレコードの音源はどうだったのでしょう?



レコード音源を修復変換してCD化して新たに販売するリマスターアルバムもいくつも持っていますが、当時のアルバムのままの編成曲でなければ意味がないわけで、レコード時代にライブ音源で収録されていた物が、CD化された途端にスタジオ録音となったのでは復刻版も何もなく買う気も失せます。

私の場合はいわゆる60年代から80年代のフォークのアルバムを例に回答していますが。
    • good
    • 0

誰のどの曲かに触れていないので何とも言えませんが、例えばアルバムには載せていない、ライブでしか公表していない曲というのもアーティストによってはありますよね。


ライブで人気が出て初めて後にCD化する曲というのも結構あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
私は古い洋楽ハードロックが好きで昔レコードで聞いていたのがCDベスト盤になったのをレンタルしているのです。
ちゃんとスタジオ録音で発表された曲があるのに2、3曲ライブ音源を使う理由を知りたいのです。

お礼日時:2019/02/12 17:56

その曲飛ばせば良いだけでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
ベスト盤にだからその曲も重要なので全部オリジナル版が聴きたいのです。

お礼日時:2019/02/12 16:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報