通常、服喪休暇はその故人との続柄により日数が就業規則等で規定されていると思いますが、たとえば、15時に連絡をうけ、その足で退社した場合などは、服喪休暇の発生日(取得開始日)はその退社した日ということになるのでしょうか?
18時までの勤務時間で、17時40分ぐらいに退社した場合でもその日が取得開始日として取り扱うべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そうですね。

いままでの回答にもありましたように、就業規則と会社の考え方次第といえそうです。

しかし、ご質問のケースにおいて、あえて私の意見を申し上げれば、
賃金控除あるいは勤務成績に影響する「早退」扱いでは本人に不利益になってしまう、
使用者による時季変更権を行使する余地が無いので「有給休暇」とは考えにくい、
したがって、その日から「服喪休暇」が発生したと考えるのが論理的に正しいと思います。

ちなみに私の以前いた会社では、その日は「外出・直帰」(つまり「通常勤務」扱い)として上司が認めるケースが多かったと記憶しています。
    • good
    • 0

法的に規定されることではなく、会社の就業規則の規定と、運用で決まりますから、個々の会社によって扱いが違います。



具体的には、
その日から服喪休暇とする。
早退扱い
有給休暇
有給休暇(半日)
などのいずれかになるでしょう。
    • good
    • 0

質問の通り、色々なパターンが考えられますが、説例のような場合は、その日は有給休暇で処理して次の日から就業規則で定められている範囲の休暇処理となるのではないでしょうか。

あくまでも、「日」単位での取得になると思いますが・・・。 なお、終業時間20分前に退社した場合ですが、実体としては就業規則の「運用」で処理していると思います。就業規則は規則として、会社の「過去の例」が規則のようになっているのも、実体ですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喪中と服喪中の違い

「喪中」と「服喪中」どういう違いがあるのですか?
主人の祖父が亡くなられて、主人の会社関係と親戚に出すのですが、「服喪中」だと、おかしいですか?
常識知らずの質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

喪中とは身内がなくなって喪に篭っている期間のこと、喪服とはその間に着る服や喪中にある人を訪れるときの服のことです。従って喪服中とは喪について規定の服装をしている期間を指し、言葉としては重複しているので一般には喪中と言うようになったのでしょう。特に喪中でもそのような服を着る習慣がなくなった現代においては。

Q夏期休暇、年末年始休暇が有給休暇から引かれている

私の働く職場(株式会社)は夏期休暇、年末年始休暇等が有給休暇から引かれます。
ですので実質自分が希望した日に使える有給休暇はごくわずか…。
どこの会社でもそういうものなのでしょうか?

※ちなみに採用募集要項には「有給休暇、夏期休暇、年末年始休暇あり」と記されていたと思います。

Aベストアンサー

すべての有給休暇をそういう一斉休暇(正式には有給休暇の計画的付与といいます。)にあてることは許されませんが、5日以上自由にとれる日があれば一定の要件を満たせば認められます。

Q服喪期間について教えて下さい

服喪期間について教えて下さい=70歳代の夫婦です 妻の母が97歳で6月になくなりました=住まいはクルマで30分ですが、実際に同居したことはありません このような場合は、妻は自分の母なので1年間は喪に服し、2010年の年賀状も遠慮するのかなと思います では、私の場合は義母が亡くなった事実に対し、どのくらいの期間が服喪期間であり、また、2010年の年賀状とくに、妻とは全くつきあいが無く私の個人的な知り合いにも12月になったら、喪中通知を出すのが正しいのか 教えて下さい

Aベストアンサー

現在の服喪期間の習慣の元になっている、法律(明治7年太政官布告『忌服令』)で義務付けられていた服喪期間としては、実母は13ヶ月ですので喪中ですが、妻の父母については忌日数も服喪日数も「なし=0日」です。ただ男尊女卑の時代のものですので、妻は夫の父母について150日の服喪期間がありました。
(この法律は、昭和22年に廃止され、現在忌中・喪中期間の規定はありませんが、現在の習慣の元になっています。)
男女平等という考え方からしても、ご主人は亡くなって150日以内に新年なら喪中で、そうでなければ通常でよいでしょう。喪中は奥様だけです。

Q寿退社退社をするとき、会社へ言うタイミングはいつ?

入籍を半年後に控えていますが、まだお互いの両親へお互い会ったこともありません。年末までにはお互い両親に会ったりもしますが、会社への報告は、2ヶ月前では遅いでしょうか?

Aベストアンサー

会社次第かと。要は、普通の退職願を出すタイミングと同じです。

仕事の引き継ぎもあるでしょうし、場合によっては報告してから求人して後任を探す可能性もあるかもしれません。その時に困ららないような期間前であれば良心的です。

一般には1ヶ月以上前ともいわれますが、会社にも余裕を与える方が親切ではあるでしょう。ということで、出来るだけ早い方が良いのですが(今でも可)、その予定が変わることがないことが条件です(破談すれば格好悪いですし)。

式や披露宴をするなら半年前には動いてるでしょうから、既にその時点で分かっていることになり、式等に呼ぶならそのタイミングでも構わないのでは?

Q服喪期間は?

先日千葉にいる、妻の兄(81歳)がなくなりました。
葬儀には、私たち夫婦と、私たちの子供(故人の姪)が(いずれも横浜在住)出席しました。
服喪期間は、それぞれどくくらい服すのが常識でしょうか。
また、夫婦とも服喪期間は、私の家の神棚は放置したままで良いのでしょうか。榊くらいは撤去しても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

#2です。

>半紙の向き(縦長/横長)や裏表は決まりがあるのでしょうか。

それほど厳密な決まりがあるようなことは聞いたことがありませんが半紙は当然本来の向きで貼るものです(仰りように従えば「縦長」方向ということになるでしょうか)。
表裏はやはり神棚に向くほうを「表」とするのが礼儀であろうかと存じます。
取り外す時期に関してはこれもまた地方によって差異がある場合もあるのですが、一般的には前述の通り四十九日を過ぎた五十日目をもってとすることが多いです。
その際作法的には神主さんを呼ばれてお祓いなどをやって頂くのが本来のやり方だそうですが、今回はお家から亡くなられた方が出た訳ではありませんからそこまではしなくても良いのではないかと思います。

Q友達と芋煮会をやることになってる日に〔その日は土曜日で休みの日では少し

友達と芋煮会をやることになってる日に〔その日は土曜日で休みの日では少しはなれた場所でやることになっていて旅館に宿泊を予約してある〕、上司に「芋煮会に行くことない、忙しんだから仕事しろ」と、言われました。その時は、芋煮会に行くべきですか、仕事するべきですか。

Aベストアンサー

 「休日出勤ですね?」と確認しましょう。本気で忙しいなら猫の手も借りたいはず。
 そうじゃなく浮かれているあなたへの冗談なら「休みでいいよ」というはずです。

 

Q忌中後の服喪期間の宴会について

忌中後の服喪期間の宴会について
悩んでおります。49日の法要はすんでいるのですが、親が亡くなった場合、服喪期間は1年間と聞いておりますが、その間職場での宴会がありますがどれくらいからいってもよいものでしょうか?
3ケ月経過ぐらいは?OKそれとも・・・。またその間に来賓としての卒業式参加などは差支えないでしょうか?あるいは自分の卒業式など・・や結婚式参加などは?
あなたの気持ち次第というのもありましょうが世間一般の常識として教えてほしいです

Aベストアンサー

世間一般の常識として教えてほしいです。
宗派や地域、個人の考え方にもよりますが、社会的な付き合いにおいては、今時の傾向とすれば49日が過ぎれば喪明けとして振舞っても、非難される事は少ないと思われます。逆に喪中を理由に断りが多いと、好く思わない人が居るかもしれません。

Q会社の退社日について

早速ですが、
7月末に会社を辞めるのですが、
7/30日と7/31日に辞めるのは、
どちらが本人自身は得なのでしょうか?

給料は、20日締めの月末払い。
次の会社は、8/1日からです。
ともに社会保険です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

31日のほうがよいと思います。31日に辞めた場合は、前の会社の厚生年金の資格を翌日に喪失し、同日付けで新しい会社の厚生年金の資格が得られるからです。

30日にした場合、資格喪失が31日、資格取得が1日で、瞬間的ですが、厚生年金資格がなくなります。7月分の厚生年金保険料が退職時の支給額に含まれない可能性があります。

後で7月分が厚生年金に加入していなかった可能性があるということを承知の上で、自己責任で決定して下さい。年金記録問題の中にも、月末で退職し、会社が資格喪失日を月末にしたため、社会保険事務所から、会社に保険料納付の請求がいかず、その月は未加入となるケースがかなりあるそうです。これは、月末での資格分だけ請求するシステムなので、未加入の原因は加入者や会社にあるもので、社会保険庁の責任ではありません。(退職時に7月分の厚生年金保険料が引かれたとしても、会社側があなたの分を納付し忘れることがあります。)

なお、30日退職の場合、社会保険料は節約できても、7月分の国民年金(国民基礎年金)相当分は未払いなので、その支払い責任(後日、国民年金に7月分だけ加入)が生じると思います。

あとのわずらわしさを考えれば、31日が無難と思います。

31日のほうがよいと思います。31日に辞めた場合は、前の会社の厚生年金の資格を翌日に喪失し、同日付けで新しい会社の厚生年金の資格が得られるからです。

30日にした場合、資格喪失が31日、資格取得が1日で、瞬間的ですが、厚生年金資格がなくなります。7月分の厚生年金保険料が退職時の支給額に含まれない可能性があります。

後で7月分が厚生年金に加入していなかった可能性があるということを承知の上で、自己責任で決定して下さい。年金記録問題の中にも、月末で退職し、会社が資格喪失日を月末にしたた...続きを読む

Q服喪中のひなまつり…

昨年の10月に私の母が亡くなり服喪中です。
3歳の娘がひなまつりを楽しみにしておりますが、やはりお正月と同じで雛人形を飾ったりするのは控えるべきでしょうか?父はあまりこだわらなくてもいいんじゃないかと申しますが...気持ちの問題でしょうか?

Aベストアンサー

人形店の話ですが、はっきりした決まりが無いそうです。
やる方、やらない方と両方有るようです。
お父さんのおっしゃるとおりだと思います。
余り派手にしないで、娘さんが楽しみにしている気持ちを大切にして、楽しい思い出を作ってあげたらどうでしょう。

Q「無給休暇」と「無休休暇」って違うの?

「無給休暇」と「無休休暇」って違うの?

会社の社内規定に「無休休暇」とあるのですが「無休休暇」とはどんな休暇なのでしょうか?
「有給休暇」は、給与が支払われる休暇であることはわかります。その反対で
「無給休暇」は、給与が支払われない休暇であることもなんとなくわかります。

では、無休休暇は?

会社に聞けばわかる質問なのですが常識だったら恥ずかしいのでコチラに質問させて
いただきました。

ちなみに、Yahooでは「無休休暇」と入力すると「無給休暇では?」と返されました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「無休休暇」
家庭では…
せっかくの休暇なのに、子供達の相手、運転手等の家庭サービス。
会社では…
せっかくの休暇なのに、上司の引越し手伝い、接待ゴルフ等。

よっぽどジョークに富んだ会社か、とんでもない会社か、「誤植」でないなら是非結果を教えて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報