プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

壊れかけのラジオと直りかけのラジオは状態的には同じですか??

A 回答 (6件)

全く違うと言えます。



極端に言うと、
・壊れかけのラジオ
 ➡ラジオの形を保っていて、ギリギリでも聴けている状態
・直りかけのラジオ
 ➡完全分解して部品を直し、これから組み立てる状態=まだ聴けない
と考えれば、分かりやすいかな?
    • good
    • 1

壊れかけは壊れていません


治りかけは治っていません
    • good
    • 0

治りかけはラジオで、壊れかけはレイディオ



壊れかけのレイディオは何も聞こえないし、何も聞かせてくれないので、恐らくスピーカーの断線か電源系統の故障

治りかけのラジオは、それより症状が改善していると思われる
    • good
    • 0

ラジオが勝手に治ることはめったにありませんから、正確には「直しかけのラジオ」、一方、すべてのラジオはいずれ壊れますから、「壊れかけのラジオ」です。

    • good
    • 0

いいえ。


壊れかけのラジオ=まだ壊れてはいないラジオ=まだ使えるラジオ
直りかけのラジオ=まだ直ってはいないラジオ=まだ使えないラジオ
ですから、使えるか使えないか、大きな違いがあります。
    • good
    • 0

それは、この方に訊いて下さい。


私には分かりません…

    • good
    • 0
この回答へのお礼

この人に聞いても「なにも聞こえない」って言われそうなんですよねー

お礼日時:2021/09/21 00:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング