8月半ばにはこの書きこみで色々と助けていただきました。是非もう一度ご意見頂ければ、と思います。5月の連休後に別れた彼女に対して自分が裏切ってしまった、という気持ちが強く(彼女の友人、一度しか面識のなかった人に相談を持ちかけ、「内緒にしておいてください」といった所それが筒抜けで、浮気である、と誤解を持たれてそれが解けぬまま別れてしまいました)何度も「誤解を解こう」と気持ちを伝えるべく電話を繰り返していたのですが、先日あまりにしつこいとのことで警察に通報されました。ストーカー規正法の基準が厳しくなっているそうで、着信拒否になっていても「いつか出てくれるだろう」と信じて掛け続けた自分の認識の甘さが大きな原因だと思います。結局「もう連絡しない」と書類を書いて手が後ろに回る事だけはなかったのですが、あまりのショックに辛い毎日を過ごしております。彼女と元に戻る事はもう100%ないのでしょうか。今は立ち直るべく精一杯毎日を過ごしています。以前このコーナーで自殺をやめよう、と思う事ができました。是非、何でもいいです。道しるべを下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

客観的に、という事なので少々きつくなるかもしれませんがご了承を・・・。



誤解を解こうとしたのはよかったのですが、
方法がよくなかったのかもしれませんね。
彼女自身も自分の気持ちを整理する時間が欲しかっただろうし、
その上で「着信拒否」をしていたら、
冷静になろうとしているのに、追い詰められてしまいますよ。
「いつか出てくれる」とおもっても、彼女がどんな事を考えて
その様な行動を取っているか、考えた方がよかったかもしれません。

なぜ、「内緒にしておいてください」と思ったのですか?
それとも、その彼女の方がそういったのでしょうか。
すいません、前の相談が分からないので・・・。
内緒にしたから逆に「妖しい」と私なら思います。
何もないのなら、そんなにこそこそする必要はないのでは?
彼女のことを考えてのことだったんだろうけど、
彼女のことを信じてるなら話したほうがよかったかもしれませんね。

彼女と戻ることは限りなく100%に近く不可能だと思います。
もし、うまく誤解が解けたとしても、
過去にあったことはやはり消えないのです。
それを挽回することは出来るかもしれませんが、
警察に通報するほど彼女は恐怖を感じたでしょうし、
はっきり関係を切りたい、と思ったと思います。

自殺をしても何もいいことはありません。
暗い過去を見つめても、先は見えません。
あなたの中で、「それが誤解だ」「自分は迷惑をかけるつもりではなかった」
という思いと、
「現実に彼女は迷惑と感じ、警察に通報した」という事実、
何が食い違ってしまったのか、
そこを見極めると
答やこれから先、どうすれば良いか、
分かってくると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳しいご意見、ありがとうございました。結局、自分に自信が持てなかった事、彼女の事をもっと信じてあげられなかった事が一番いけなかったんだと思います。また、人間として本当に未熟だった事を反省し、これからの人生に生かしていきたいと思います。

お礼日時:2001/09/13 10:54

客観的に言わせてもらいます。


警察に通報、と言う手段に出たという事は、彼女はあなたに対して、その後後ろにてが回ろうが、一生を棒に振ろうが知ったこっちゃ無い、という強い意志が感じられます。あなたとの関わりをいっさい絶ち対であろう事も想像できます。

実は私にもそう言う対象がいるから、よく分かるのです。本来はただ無視してこのまま連絡が来なくなればよい、と思っていた程度のものが、もう限界に来てしまい、警察に通報するという意志表示をしたときは、殺意を覚えたほど。もう私の人生には一切関わらないで!と。

一度こういう感情になってしまうと・・・正直元に戻ることは出来ないと思います。ぬれぎぬを着せられたのは不本意でしょうが、これ以上どんな形でも彼女には関わらないことが、彼女への愛情表現だと思います。厳しい意見ですが、前向きに、ご自分を進めていって欲しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。相手の気持ちを理解してあげられなかった事が、自分にとって一番いけなかった事なのだと痛切に感じています。(向こうにも別れ際にそういわれました)きっぱりと彼女の事にケジメをつけていかないといけないんですね。

お礼日時:2001/09/13 10:52

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ