仮面ライダーアギトを見ているお子様の主にご両親の方にお伺いしたいのですが、私は今の仮面ライダーアギトの物語って昔の初代仮面ライダーのストーリーと比べると登場人物の設定や状況設定、かつストーリー自体が非常に複雑で難しいと思うのです。昔のライダーのストーリーのように1話完結で、怪人を倒してまた来週もお楽しみに!といったスタイルの方が子供には明解で解りやすいと思うのですが、はたして今時分の子供たちは本当にあの複雑なストーリーを理解してアギトを見ているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 石森作品のヒーローもの主人公に共通するのは、「苦悩」です。

キカイダーやロボット刑事Kでは「人間としての感情をもっているのに、人間ではない存在であること」に苦悩しますし、仮面ライダーシリーズでは、「変身できる能力を持ってしまったこと」に苦悩します。
 例えば、本郷猛は改造された後におやっさん(小林昭二)に向かって「オレは一生この身体のままで生きていくんですか!」と叫びますし、「Black」では、仮面ライダーBlack に変身するが故に親友である秋彦(シャドームーン)を手に掛けることになります。「クウガ」でも雄介がためらっていた当初はグローイングフォームまでしか変身できませんでしたし、記憶の新しいところでは、「アギト」で翔一が真魚に「なんでオレ、アギトなんだろ」と苦しい胸の内を明かします。
 私は、「真・仮面ライダー」でのあのグロテスクな姿は、「カッコイイ」に埋もれてしまう変身ヒーローものの本質を認識して欲しいが為のものであったと勝手に解釈しています。

 さて、そんなこたあ大人になった今だから分かることで、小学校低学年にリアルタイムで見てたときは全く考えませんでしたねー。むしろ、「変身して悪人をやっつけるなんてカッコイイー!」って思ってましたもん(笑)。まあ、皆さん同じでしょうけど。

 で、「アギト」を見ている子供達ですけど、ウチの子(2歳)をはじめ、変身シーンやアクションシーンは熱心に見入ってますねー。本屋でも絵本のコーナーで「ストームハルバード」だの「トリニティフォーム」だの、ギルスだG3-Xだと結構楽しそうにはしゃいでますよ。
 それを見ていると、私らが仮面ライダーシリーズの隠されたテーマを放送当時知ることもなく変身やアクションを楽しんでいたのと同じように、彼らも変身やアクションが楽しめれば、ストーリーの複雑さなどどーでもいーんじゃないでしょうか、と思います。

 「アギト」のストーリーは、確かに大人向けだと思います。しかし、「ストロンガー」の後に数年おいてそれまでのシリーズと同じようなストーリーで放送された「仮面ライダー(スカイライダー)」の視聴率が伸び悩んだのとは対照的に「アギト」が高視聴率を稼いでいることからすれば、「アギト」は、同じ轍を踏まないように、昔仮面ライダーシリーズを見た人が今見ても楽しめるように趣向を凝らしたんだなーと感じます。

 でも、余談になりますが、ちと展開させすぎという感もなきにしもあらず。まさか木野まで変身させるとはなあ・・・。アナザー・アギト? 大人でも理解できないほど複雑になりすぎかなあ・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これまでの回答をいただいた方、並びにkawarivさんのご意見を拝見し、私なりに感じた事は、仮面ライダーアギトという作品は、昔の仮面ライダーをタイムリーに見ていた世代が大人になり、その世代の子供たちと一緒に楽しめる作品を製作者側は目指した作品であり、大人たちはストーリーに込められた、言って見れば作品のソフト的な部分を、また子供たちは登場するキャラクター等の視覚的なハード的要素を楽しんでいるのかなという感じがしました。kawarivさんをはじめご回答いただいた皆様、私の疑問に真剣にご回答いただきまして本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/10/03 16:12

 うちの子〈4歳)も毎週欠かさず見てはいますが、作り手側が求めるほどは理解してないように思います。

まだ、ガオレンジャーのほうが単純でわかりやすいのか、見ている真剣度が違います。キャラクターグッズもアギトの物はあまり欲しがりません。かといって嫌いなわけでもなく...。あまり回答になってませんかね。
うちの子はどちらかと言うと昔の仮面ライダーシリーズが好きみたいで、ビデオで見たりグッズを買ったりしています。名前も全部覚えていて、親のほうがびっくりするほど。今のアギトは、結構カッコイイ系の人がたくさん出てきて、変身するので奥様方に人気みたいですね。私は個人的には、前作のクウガの、オダギリジョーくんの方がタイプですが...。今はバラエティーなどにも出てたりして今後の活躍も楽しみです。そういった面では、今のアギトもしょういちくんは、アギトが終わっても活躍の場があるかな、なんて目で見ています。ずいぶん横道にそれちゃいました。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をいただいた方の意見を拝見しますと、アギトは大人も楽しんで見ている方が多いのにびっくりしました。やはり仮面ライダーという作品は世代を越えてファンがいるのですね。そうするとストーリーもあのような難しい物になってしまうのも必然的な事なのかもしれませんね!ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 15:56

我が子も6歳ですが、当然あのような複雑なお話は理解しておりません。

でも皆様おっしゃるように、子供は楽しんでいますし、母もすっかりはまっています。
 ヒーローものの歴史を感じますよ。私(ちょっと子供をもつのが遅かったけど)はまさに初代ウルトラマン、仮面ライダー1号、ライオン丸、キカイダー、ゴレンジャーetc....ここに名前を書くだけでワクワクするようなヒーローたちの誕生をまさにリアルタイムで視聴してきた世代です。そして、今親となって、子供と共にすっかりはまっているわけなのですね。製作者側もおそらく、私のような世代の人々なのでありまして、子供のみならずその親世代も一緒に楽しめるものになっているのだと思います。ウルトラマンティガなんて、ほんと、よかったですよね~。
 で、子供たちは、ヒーローの変身スタイルのバリエーションや進化を楽しんでいるようですね。ポケモンもそうですが、キャラクターや変身タイプの特徴がはっきりと定義されていて、それを覚えて使いこなす?面白みが良いようです。悪者もどんどん強くなるし、それに合わせてどんどん武器や変身が進化していったりして子供なりに楽しめる部分があり、全くよくできていますよね。まさにyouki-chanさんの回答を裏付ける結果が我が家で起きています。自信をもっていいですよ、youki-chanさん!!
 これからも親子で楽しみます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔からの名のあるヒーローを今の時代で作ろうとすると、製作側の人たちも思い入れ、力のこもった作品を目指す事になるのでしょうかね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 14:09

我が家の息子は当然理解していません。

3歳ですから(笑)
はっきり言って「アギト」は私(母親)の方がハマっています。

我が家では最近見るようになったのですが実際に見て大人の私でも途中からでは内容がまったくわかりませんでした。
これを子供達がわかるわけがない、とも思いました。

youki-chanさんの回答を拝見し
>話を優しくしようが難しくしようが、どっちみち理解してないんだそうです。

何歳くらいから理解できるかわかりませんが私も「確かに・・・」と思いました。
息子達は強くてかっこいいから好きなんだそうです。

子供達は明解でわかりやすいからそれを好きになるかと言うとそうではない場合が多いようで「雰囲気」や「かっこいい」「気に入った」から好き、みたいです。
息子の場合は保育園でみんなが知っているから見たくなった、見たらかっこよくて気に入ったのだそうです。

息子は現在「ガンダム」に夢中ですが当然内容はわかっていません。
子供達にとって内容はそんなに重要ではない、と息子を見ていて実感しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供たちの目からすれば、所詮ストーリーなどどうでもいい事なのかもしれませんね・・・。でも昔の初代仮面ライダーが、アギトのような高等なストーリーで放映されていたとしたら、きっと現在のような人気があった作品になっていたかどうか首をかしげたくなるものです。アギトのストーリーは時代がそうしたものとも言えそうですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 13:56

 こんにちは~。


 すいません、女子高生です。お子様はいません。でも、友達の中にも「アギト」ファン結構いて、あたしもはまってます(^^)。
 質問の答えになるかわかりませんが・・・
 今の『ライダー』や『ウルトラマン』のメインターゲットって、幼児なんだそうです。で、リサーチの結果、話を優しくしようが難しくしようが、どっちみち理解してないんだそうです。だったら作り手側や、昔からの今は大人になったファンも変な言い方かもしれませんが、『恥ずかしくない』物語にしよう、というふうになったようです。その分、いろんなフォームを出して、子供たちにも楽しめるような工夫をしてると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仮面ライダーという歴史のある有名な作品となると、昔からの今は大人になっているファンにも満足させる作品を作り手側も目指しているのでしょうね。世代を越えて面白い作品を目指すとなると、それなりに難しいストーリーになるのもやむなしといったところでしょうか・・・。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 13:46

うちの子供(幼児)は毎週、仮面ライダーを見ていまが、


格闘のシーン以外は退屈なようです。(アンパンマン比)
製作コンセプトや、文句を言うつもり有りませんが、
まず、画面サイズがハイビジョンサイズであること等、
幼児向けと言うよりも、もう少し(かなり)
年齢層を高く想定しているではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり子供たちに対するメインの見せ場となるのは格闘シーン等になってくるのでしょうね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮面ライダーアギトの未登場怪人について

仮面ライダーアギトの未登場怪人について

仮面ライダーアギトには、高位のアンノウン、エルロードが三体出てきますが、ウィキペディアによると、あと二体ほど存在すると書かれていました。
それらはアギト関連の書籍に、資料として掲載されているのでしょうか?
また、闇の青年ことオーヴァーロードテオスは、最後の最後まで人間の姿でしたが、怪人態は未使用のデザインか何かで、同じく関連書籍に掲載されているのでしょうか?
それらが掲載されている書籍がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>あと二体ほど存在する
これはオープニングに登場する壁画に掛かってるんじゃないですか。
「一体分のエルロードの壁画が登場するが、残り二体分の壁画もあった可能性がある。」
ということ。

Wikiはいろんな人が書き足していくから、頭から読むと文脈的におかしな物がたまにありますね。

Q仮面ライダーアギトを見ました!次はクウガ?龍騎?

先日、子供のために仮面ライダーアギトをレンタルしてビデオで見ました!
子供はすぐに飽きてしまったようですが(女の子なので。。)謎が隠された展開にすっかり私がはまってしまいました(><)
今10巻でもうすぐ終わるのですが他のも見てみようかなと思っています☆
アギトを面白いと思って御覧になった方に質問ですが、クウガと龍騎とあるようですが、どちらも同じように楽しめますか?
あと、ハリケンジャーなどはどうなんでしょうか?
ねたばれもOKですので、よろしくお願いします(*^-^*)

Aベストアンサー

グウガはアギトに負けない面白さですよ。仮面ライダーと一般の警察が一緒になって殺人犯の怪人と戦う発想はなかなか楽しめます。クウガ役には今ドラマでも有名なオダギリジョー、相棒の刑事役には真珠婦人で名をあげた葛山信吾です。

龍騎は10人以上の仮面ライダーが殺し合いをするという、映画バトルロワイヤルの仮面ライダー版です。コメディチックなシーンはありますが、そのテーマからシリアスなシーンも多々あります。また出てくる10人以上の仮面ライダーが全員若手美形アイドル俳優ですので、子供より主婦のほうに人気が高かった印象ですね。昨今のイケメンヒーローブームを確固たるものにしたのもこの作品でしょう。

ハリケンジャーは今現在放送中のアバレンジャーに近い作品です。明るく楽しくコメディチックで子供向けです。
少し前の作品になりますが、タイムレンジャーという作品はシリアスで重い内容でした。今ドラマで活躍中の永井大がタイムレンジャー出身です。

Q仮面ライダーアギトの視聴率について

仮面ライダーアギトは、どうして高視聴率を取れたんですか?「イケメン俳優だから」以外でお願いします。

Aベストアンサー

前作クウガの視聴率を引き継いた。
クウガのゲスト出演を期待してた声も、少しあったりして。
クウガの時に立ち上がったネット上のいろいろなサイトが、そのまま後押し。

主人公の過去など、いろいろな謎が提示され、それが関心を高めた。
作品自体も、同じ石ノ森章太郎作品のサイボーグ009完結編の内容と関連があるという情報が
流れ、ひろく石ノ森章太郎ファンをひきつけた。

Q仮面ライダーアギトをひさしぶりにみたら…

画面が横長じゃなくなってました。
確か以前は横長だったような気がしたのですが
どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

制作費の関係で、ハイビジョン収録から通常方式の収録に変わったからだと聞きましたが。さだかではありませんが。

Q仮面ライダーアギトのストーリーについて

仮面ライダーアギトを見ているお子様の主にご両親の方にお伺いしたいのですが、私は今の仮面ライダーアギトの物語って昔の初代仮面ライダーのストーリーと比べると登場人物の設定や状況設定、かつストーリー自体が非常に複雑で難しいと思うのです。昔のライダーのストーリーのように1話完結で、怪人を倒してまた来週もお楽しみに!といったスタイルの方が子供には明解で解りやすいと思うのですが、はたして今時分の子供たちは本当にあの複雑なストーリーを理解してアギトを見ているのでしょうか?

Aベストアンサー

 石森作品のヒーローもの主人公に共通するのは、「苦悩」です。キカイダーやロボット刑事Kでは「人間としての感情をもっているのに、人間ではない存在であること」に苦悩しますし、仮面ライダーシリーズでは、「変身できる能力を持ってしまったこと」に苦悩します。
 例えば、本郷猛は改造された後におやっさん(小林昭二)に向かって「オレは一生この身体のままで生きていくんですか!」と叫びますし、「Black」では、仮面ライダーBlack に変身するが故に親友である秋彦(シャドームーン)を手に掛けることになります。「クウガ」でも雄介がためらっていた当初はグローイングフォームまでしか変身できませんでしたし、記憶の新しいところでは、「アギト」で翔一が真魚に「なんでオレ、アギトなんだろ」と苦しい胸の内を明かします。
 私は、「真・仮面ライダー」でのあのグロテスクな姿は、「カッコイイ」に埋もれてしまう変身ヒーローものの本質を認識して欲しいが為のものであったと勝手に解釈しています。

 さて、そんなこたあ大人になった今だから分かることで、小学校低学年にリアルタイムで見てたときは全く考えませんでしたねー。むしろ、「変身して悪人をやっつけるなんてカッコイイー!」って思ってましたもん(笑)。まあ、皆さん同じでしょうけど。

 で、「アギト」を見ている子供達ですけど、ウチの子(2歳)をはじめ、変身シーンやアクションシーンは熱心に見入ってますねー。本屋でも絵本のコーナーで「ストームハルバード」だの「トリニティフォーム」だの、ギルスだG3-Xだと結構楽しそうにはしゃいでますよ。
 それを見ていると、私らが仮面ライダーシリーズの隠されたテーマを放送当時知ることもなく変身やアクションを楽しんでいたのと同じように、彼らも変身やアクションが楽しめれば、ストーリーの複雑さなどどーでもいーんじゃないでしょうか、と思います。

 「アギト」のストーリーは、確かに大人向けだと思います。しかし、「ストロンガー」の後に数年おいてそれまでのシリーズと同じようなストーリーで放送された「仮面ライダー(スカイライダー)」の視聴率が伸び悩んだのとは対照的に「アギト」が高視聴率を稼いでいることからすれば、「アギト」は、同じ轍を踏まないように、昔仮面ライダーシリーズを見た人が今見ても楽しめるように趣向を凝らしたんだなーと感じます。

 でも、余談になりますが、ちと展開させすぎという感もなきにしもあらず。まさか木野まで変身させるとはなあ・・・。アナザー・アギト? 大人でも理解できないほど複雑になりすぎかなあ・・・・。

 石森作品のヒーローもの主人公に共通するのは、「苦悩」です。キカイダーやロボット刑事Kでは「人間としての感情をもっているのに、人間ではない存在であること」に苦悩しますし、仮面ライダーシリーズでは、「変身できる能力を持ってしまったこと」に苦悩します。
 例えば、本郷猛は改造された後におやっさん(小林昭二)に向かって「オレは一生この身体のままで生きていくんですか!」と叫びますし、「Black」では、仮面ライダーBlack に変身するが故に親友である秋彦(シャドームーン)を手に掛けることに...続きを読む

Q仮面ライダー 電王

年少男児の母です。くだらない質問ですが・・
ボウケンジャー・カブトから戦隊ものデビューをし、
現在ゲキレンジャー・電王を息子と毎週見ています。
電王について質問なんですが・・・・
親の私も、電王に限り、毎週の放映が楽しみでなりません。
かなりおもしろいと思うのですが、
他の仮面ライダーシリーズと比べ、人気度って高い?のじゃないかな?
と思うのですが・・・
それとも、同じくらいなんでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電王面白いですよね。
私は女性ですが、子供の頃から仮面ライダーとか戦隊シリーズはよく観てました。
昭和の頃のライダーは本当によく観ていたのですが、平成に入ってからのライダーは
ストーリーが複雑で、イケメンばかり出てくるので顔の区別がつかないという事態に陥り
数話観ては挫折ばかりしていました(笑)
また、平成ライダーになってからは、変身後のバトルシーンより変身前のドラマシーンのほうが
比重が多いのも、ライダーは子供向けと思っていた私には気になっていました。
子供には、やはり変身後のバトルシーンのほうが面白いと思うんですよ。

そんなストーリー重視?な平成ライダーの中で、電王は人間のキャラクターと同時に
モモタロスたちイマジンのキャラクターたちの個性を前面に出しているように見えます。
制作サイドも、子供たちにも分かりやすく作ろうとしているのだと思います。
話はやはり子供にはちょっと難しいところもあるのかもしれませんが、キャラクターが
個性的なので子供たちも観ていて飽きないと思います。

他の仮面ライダーシリーズと比べると、やはり昭和ライダーのほうが圧倒的に
人気があったと思います。
平成ライダーの中だと、どうでしょうかねぇ?
私個人では平成ライダーの中では、1・2位に入る作品なんですが…

電王面白いですよね。
私は女性ですが、子供の頃から仮面ライダーとか戦隊シリーズはよく観てました。
昭和の頃のライダーは本当によく観ていたのですが、平成に入ってからのライダーは
ストーリーが複雑で、イケメンばかり出てくるので顔の区別がつかないという事態に陥り
数話観ては挫折ばかりしていました(笑)
また、平成ライダーになってからは、変身後のバトルシーンより変身前のドラマシーンのほうが
比重が多いのも、ライダーは子供向けと思っていた私には気になっていました。
子供には、やはり...続きを読む

Q「仮面ライダーアギト」

「仮面ライダーアギト」の29話から37話のタイトル(新聞のテレビ欄に載っている)が分かる方、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

maniakku さん、こんばんは~☆♪

第29話 『数字の謎!? 』・・・・・

下記の2つのURLに「第一話」から詳しく記載されて
おりますので、ご参考にして下さい。

http://www.aa.wakwak.com/~dragon/kuuga/database2.html

http://isweb20.infoseek.co.jp/play/mrkensi/hero/rider/agitolist.htm

参考URL:http://www.aa.wakwak.com/~dragon/kuuga/database2.html,http://isweb20.infoseek.co.jp/play/mrkensi/hero/rider/agitolist.ht

Q仮面ライダー響鬼について

毎週子供達と楽しみにしている仮面ライダーなんですが、今年の仮面ライダーは新人でない事にビックリしました。
私自身、毎年楽しみにしてたりしたんですが、なんか拍子抜けというか・・・
細川さんに失礼なんですがσ(^_^;)
何か理由があるんでしょうか?

Aベストアンサー

今までの仮面ライダーとは全く違うものをつくりたいということのひとつだと思います。
細川さんは、役者経験も当然あり(NHKのドラマも掛け持ちされてます)、安心して見ていられます。
イケメン?ですよね?

自分的にはライダーなのに、バイクが出てこないのが気になりますね。

Q仮面ライダーアギトを漢字で書くと

仮面ライダークウガの『クウガ』を漢字で書くと、たしか『空我』と当て字されていたように記憶してます(最終話かその一話前ぐらいのタイトルになってたような・・・)。
仮面ライダーアギトの『アギト』は当て字の漢字はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

アギトの公式な漢字表記はありません。

クウガに続いてアギトが制作される時に、
名前の語源として日本語(古語)の「顎門(あぎと)」と、
ラテン語の「AGITO」が用いられて、
「アギト」に決定したという事です。
(そういう意味では、「顎門」でも間違いではないですね。)

日本語の「顎門」は、
アゴを意味していて、肉体の一部分というより、
”噛み砕く”みたいなイメージだそうです。
どっちかというと、ギルスみたいですが、
このイメージはアギトの角に反映されているらしい。

ラテン語の「AGITO」は、
「止まっているものを動かす」「目覚めさせる」という意味で、
番組のテーマに合っているとのこと。
予告で使われたフレーズ『目覚めよ!その魂!』は、
ここから来ていると思われます。

あと、アギトは英語表記すると、「AGITΩ」とされます。
これはΑ(アルファ)からΩ(オメガ)までという意味も含まれ、
”はじまり”と”おわり”を指しています。

これらをひっくるめて、「アギト」という言葉が作られたという事で、
製作者の作品への想いの深さが感じられますね。

一応、テレビ朝日の公式サイトには、
↑の様な事が書いてあったと記憶していますので、
間違いないと思います。



ちなみに「空我」は第48話、第49話(最終回)は「雄介」でした。
「空我」は、クウガそのものを指すとともに、
エンディングテーマの「青空になる」にもかかっていて、
これまた奥深かったりします。

こんにちは。

アギトの公式な漢字表記はありません。

クウガに続いてアギトが制作される時に、
名前の語源として日本語(古語)の「顎門(あぎと)」と、
ラテン語の「AGITO」が用いられて、
「アギト」に決定したという事です。
(そういう意味では、「顎門」でも間違いではないですね。)

日本語の「顎門」は、
アゴを意味していて、肉体の一部分というより、
”噛み砕く”みたいなイメージだそうです。
どっちかというと、ギルスみたいですが、
このイメージはアギトの角に反映されているらしい...続きを読む

Q仮面ライダーZOの劇中曲名

1993年劇場公開『仮面ライダーZO』でZO、敵の生命体、そして物語の鍵を握る少年。3者が時計仕掛けのオルゴールを通して感じる事がこの映画の焦点になっていると私は思います。それで、映画最初でZOが目覚める時・少年が時計仕掛けのオルゴールに想いをはせる時・(ZOを体内に取り込み)少年に止めを指そうとする敵の生命体が、少年のポケットから落ちたオルゴールの音色を聞き動きが止まった時etc. この曲は作品オリジナルの曲なのでしょうか、それとも原曲があるのでしょうか?大変気になる曲なので誰かご存知ありませんか?

Aベストアンサー

懐中時計のオルゴールに使われているのは、(微笑みの行方)という曲です。
この映画のオリジナル曲です。

確か、(仮面ライダー主題歌大全集)というCDの中に
入っていたと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報