2万件-3万件位の顧客マスターをACCESSで構築したいと思っています。この程度の件数であればACCESSで十分安定して稼動できますかね?
アクセスのデータベースがどの程度のレコードまで安定して取り扱えるのか
ちょっとピンときません。
安定を第一に考えているので、経験ある方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

当方はACCESSで


200万レコードを扱います
※これは 猟奇的・・・狂気的です
予算がないとか、時期課題とかで 逃げ切られますが
やはり、個人的には他のDBMSに移行予定でおります

200万件扱っての問題点は
何をするにも 時間がかかる
1クリック2時間3時間・・・時に 応答なし
最適化もかかりづらくなってきますので やはり3万件くらいまでかなと思います※レコード長によりますが
メンテナンスも楽にしたいですよね・・・
    • good
    • 0

今までmdbをメインに使ってきてるんですが、大丈夫と思いますよ(^o^)



もしデータが増えて重くなりすぎたら、内容は全く同じmdbを続きのmdbとして作って、データ抽出したり、更新、削除する時は、ユニオンで結合して処理するという方法もありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、業務の性格にもよりますし
一概には言えないようですが、
そこそこには使えているというのが
現状の様ですね。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/09 09:35

2万件や3万件程度ならAccessでも扱えますが利用体系によってはAccessは不向きな物になると思います。


なお、複数端末でMDBファイルを使うような場合は不向きです。
ちゃんとしたDBMSを導入しましょう。

個人的に管理したいと言うならバックアップも考慮して使う分には問題ないでしょう。

確認ですが貴方の「十分安定して稼動できますよね?」とは定量的に書くとどうなるのですか?

なお真面目に仕事用でサービスするためのDBとして作るならまともなDBMSを考えることをお勧めします。

トラブルが発生しても顧客に迷惑のかからないシステムならまあAccessでもいいのですが迷惑をかけると迷惑料+信頼を失う事になるのでこのあたりは慎重になって頂きたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単一端末です。業務で使用します。
定量的には5年に1回-2回程度のトラブルなら
OKかなあと。
一応、サーバーにきちんとしたマスターのDB
がありまして、ACESSのDBはローカルのオフラインのPCで持つサブセットとしてのDBとなります。
万一破損し、ローカルで復旧出来ないときは
サーバーにて作り直して渡すといった形になると
思います。即時性はそれ程求められないので
信頼性とコストとの兼ね合いで決めなくてはと
思っております。
やはりきちんとしたDBMSとの差は歴然とありそうですね。参考になりました。

お礼日時:2001/10/09 09:33

件数的には問題ありませんが、


安定を第一にということなので、Accessはやめておいた
ほうがよろしいかと思います。
経験上、MDBの破損は極稀に起こります。
やはりORACLEやSQLServer等の使用をお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
安定第一というとやめた方がよろしいですね。
mdb破損時、復旧までの業務のロスとの
兼ね合いもありますね。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/09 09:25

こんにちは。

maruru01です。
経験上では、2~3万件は問題ないと思います。
10万件程度でも一応動きますが、クエリーとか検索とかにやたら時間がかかる場合があります。(マシンにもよりますが)
まあ、5万件を越えるようなら、もっと大規模のデータベース(SQL Serverなど)を利用した方が無難ですね。
あとは、一度に全データを使用(検索、出力など)しないなら、データテーブルを適当なサイズに分割して別のファイルに分散しとけば、安定稼動が望めます。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
出来るだけレコード長を小さめに数万件程度に
抑えてみたいと思います。
5万件がひとつの目安ですね。
多分3万は超えない予定です。
マスターとして主キーでの参照と、
少しずつ更新と追加が発生しそうです。
更新・追加繰り返すと最適化を時々した方が
良いみたいですね。
コードが不明の時、カナ名前等での検索も
ありそうです。もう少し研究してみます。

お礼日時:2001/10/05 16:00

顧客マスターの持ち方等の研究をされればOKと思います。


例えば県名は持たず県コードにするみたいにデータを重複して持たない工夫
また適度に最適化をすることです
私は10万件を振り回してます。
若干レスポンスが遅いが安定しています。
全てデータ構造に尽きます。

がんばって作成して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
同じレコード件数でもレコード長などにも
影響しますかね。短いほうが良いとか?
10万件でも動くことは動くみたいですね。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/05 15:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QACCESS2003のデータアクセスページの使い方について

イントラ内でACCESS2003のデータアクセスページを使いたい。

1.ACCESS2003のデータアクセスページを作成しました。
2.そのMDBファイルと、データアクセスページ(htmファイル)を、WINDOWS2000ServerのInetpub内のwwwrootフォルダの中へ入れました。
3.ここにはイントラ内のHPなどを置いています。(普通に見れています。)
4.クライアントから、データアクセスページのhtmファイルを見に行くと「データソースログオン」が立ち上がります。(パスワードを設定しています。)
5.パスワードを入れるとデータアクセスページ(htm)から、通常のアクセスのフォームのごとくデータ入力が出来る予定なのですが(泣)できません。(泣)

で、悩んでおります。

ACCESS2003のMDBファイルとデータアクセスページ(HTMファイル)をサーバーのwwwrootへ置いただけでは、データアクセスページを通してmdbファイルへの入出力は不可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

MDBに接続されたAccessプロジェクトを開いている場合データアクセスページは自動的にそのデータベースに接続されてそのパスがデータアクセスページのConnectionString プロパティに設定されます。
ページを作成した後でデータベースを移動またはコピーした場合はConnectionString プロパティに設定されているパスを更新して新しい保管場所を設定する必要がありますがどうなっていますか?
そこを確認してみてください。

QAccessのレコード件数について

すごい初歩的な質問で申し訳ありませんが、Accessのレコード件数に制限はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
access97でもテーブルサイズは1GBです。
条件にもよりますが、1レコードのマックスが半角2000文字までなので

1レコードに半角2000文字のデータが入っている場合は約536000件の
データを格納できる事になりますね。(理論値ですが・・・)

参考までに・・・

Qホームページ移転に伴う.htaccessの使い方ですがアップロードして

ホームページ移転に伴う.htaccessの使い方ですがアップロードして削除できなくなる事ないですか??また、さくらサーバーは.htaccess使えますか??

Aベストアンサー

.htaccessだけではなく、
ファイルはパーミッションによっては一旦削除できなくなると思いますよ・・・
使えないのにアップすると削除出来ないとか。

>さくらサーバーは.htaccess使えますか??
使えます。
.htaccessを使えない有料サーバってあるのでしょうか?・・・

QACCESSでエクスポートの件数をカウントするには

こんにちはBOLTSです。
今日は皆様のお知恵を拝借したくて書かせて頂きました。

現在ACCESS2000を使用しています。テキストファイルにデータをエクスポートしたのですが、エクスポートした件数をカウントしたいのです。

例えばエクスポートすべきデータを予めカウントしておいて変数Aに入れておきます。次にデータをエクスポートして
エクスポートできた件数を変数Bに入れます。
この変数Aと変数Bを比較して=であればエクスポート完了のメッセージを表示したいのです。

まあ要はエクスポートが確実に完了したかどうかの確認が欲しいわけです。
何かいい知恵ありませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。
いくつかありますが。

1.エクスポートするコードの直前にOn Error GoToステートメントをおいて、分岐先でエラー件数をカウントする。(エクスポート失敗のエラーナンバーがわかればなおいいです。)

2.エクスポート後に、テキストファイルの存在チェックをして、なければエラー件数としてカウントする。ファイルの存在確認は、InputモードでOpenして、エラーが出なければOKというやり方がいいと思います。

どちらもループ内で行い、1つでもエラーが出たら、未完了ということになります。
では。

QAccessで作成したテーブルのOLEオブジェクトの使い方

Accessで作成したテーブルにデータ型(OLEオブジェクト型)で画像を取り込みできるようにしました。
取り込みした画像を開くためのフォームを作成して画像を開けるようにしました。
下記の内容です。

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
Form.Caption = ProgName
End Sub

しかし「ビットマップ形式」ですと問題なく開くのですが、「JPG形式」ですと開けないのです。取り込みしたAccessテーブルのフィールドから直接だとひらけます。
Accessで作成したフォームから、「JPG形式」の画像を開くにはどうすればよろしいですか?
また、画像を1000件ほど取り込みすると大きいデータベースになってしまいます。Accessのデータベースのサイズは制限があるのかしら?
アドバイスいただけれは幸いです。

Aベストアンサー

Access のバージョンは?
んで Web で検索する努力はしましょうよ。
丸 1日ぐらい検索しっぱなしで悩まないと。

Google「access ole jpeg」で検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=access+ole+jpeg&num=50

Access 2003 では以下のような制限があるようです。
■ Access 2003 で OLE オブジェクトとして JPEG および GIF 画像を取り扱う場合の注意事項
http://support.microsoft.com/kb/884484/ja

■ OLE オブジェクト型のフィールドに格納されているイメージが正しく表示されません
http://support.microsoft.com/kb/832508/ja

解決策としては JPEG を開ける OLE コンテナになるアプリケーションをインストールしておく。

Google「Access データベース サイズ 制限」で検索
http://www.google.com/search?hl=ja&num=50&q=Access+%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9+%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA+%E5%88%B6%E9%99%90&lr=lang_ja

Access のバージョンは?
んで Web で検索する努力はしましょうよ。
丸 1日ぐらい検索しっぱなしで悩まないと。

Google「access ole jpeg」で検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=access+ole+jpeg&num=50

Access 2003 では以下のような制限があるようです。
■ Access 2003 で OLE オブジェクトとして JPEG および GIF 画像を取り扱う場合の注意事項
http://support.microsoft.com/kb/884484/ja

■ OLE オブジェクト型のフィールドに格納されているイメージが正...続きを読む

Qaccess2000で検索、結果の表示件数制限

access2000で受注管理をおこなっております。

フォームから条件を指定し,クエリでテーブルを検索し結果を表示している
のですが、データが多すぎて困っています。
そこでフォーム上から検索前に表示させる件数を指定する機能をつけたいと
考えています。
100件と指定したとすると、まず100件表示して次の100件を表示する、などの操作が
できればいいのですがやり方がわかりません。

せめて、表示件数に達すればあとの検索はしないといった表示件数を制限する
方法だけでも教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

shu_bi_tさん、こんにちわ。標記の件はもう解決したでしょうか?
遅くなりましたが下にサンプルを書いておきます。

ここから-------------------
Option Compare Database
Option Explicit

Dim gCNT As Long '表示番号の位置を保持する変数

'次の表示を行うコマンドボタンのイベント
Private Sub cmdNext_Click()

Dim db As DAO.Database
Dim rs As DAO.Recordset
Dim SQL As String

'T_商品のところは表示したいテーブル名です
'商品IDのところはオートナンバー型の列名です
txtKensu.SetFocus
gCNT = gCNT + txtKensu.Text
SQL = " SELECT * FROM T_商品 " & _
" WHERE 商品ID " & _
" BETWEEN " & gCNT - txtKensu.Text + 1 & _
" AND " & gCNT

Set db = CurrentDb()
Set rs = db.OpenRecordset(SQL)
'sub結果はサブフォームの名前です
Set Me.sub結果.Form.Recordset = rs

Set rs = Nothing
Set db = Nothing

End Sub

'前の表示を行うコマンドボタンのイベント
Private Sub cmdPrev_Click()

Dim db As DAO.Database
Dim rs As DAO.Recordset
Dim SQL As String

txtKensu.SetFocus
gCNT = gCNT - txtKensu.Text
SQL = " SELECT * FROM T_商品 " & _
" WHERE 商品ID " & _
" BETWEEN " & gCNT - txtKensu.Text + 1 & _
" AND " & gCNT

Set db = CurrentDb()
Set rs = db.OpenRecordset(SQL)
Set Me.sub結果.Form.Recordset = rs

Set rs = Nothing
Set db = Nothing

End Sub

Private Sub Form_Load()

'初期表示を空にする処理
'商品番号のところに好きな列名を入れてください
Me.sub結果.Form.Filter = "商品番号 =''"
Me.sub結果.Form.FilterOn = True

End Sub
Private Sub txtKensu_Change() '表示させたい件数を入力するテキストボックス
gCNT = 0
End Sub
ここまで----------------------------

上のコードを実行させたいフォームのモジュールに書いてください。
それと、表示させたいテーブルにオートナンバー方の列を1つ追加して下さい。
あと、アクセスのVBEでツールバーの ツール→参照設定 を実行してMicrosoft DAO 3.6 Object Library にチェックを入れてください。

フォームをデザインモードにして、適当なオブジェクトを右クリックしてイベントのビルドをクリックするとそこに行けます。
不親切なコメントしかありませんが、ロジック的にはそんなに難しくないのですぐ理解できると思います。

ささっと作ったので、テキストボックスに何も入力されていないときとか、表示件数をオーバーしたときの処理を組み込んでいませんのでその辺は了承して下さい。

shu_bi_tさん、こんにちわ。標記の件はもう解決したでしょうか?
遅くなりましたが下にサンプルを書いておきます。

ここから-------------------
Option Compare Database
Option Explicit

Dim gCNT As Long '表示番号の位置を保持する変数

'次の表示を行うコマンドボタンのイベント
Private Sub cmdNext_Click()

Dim db As DAO.Database
Dim rs As DAO.Recordset
Dim SQL As String

'T_商品のところは表示したいテーブル名です
'商品IDのところはオー...続きを読む

QAccess2000でFTPの使い方について。

Access2000のフォームから、実行のボタンをクリックするとFTPサーバに接続→ファイル取得→Accessテーブルに取込→FTPサーバのファイル削除→FTPサーバの接続切断という処理をしたいのですがどのようにしたらよいかわかりません。説明不足だとは思いますが、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちなみに先ほどのFTPサンプルは、BASP21をインストール後、サンプルのコードを新規モジュールに貼り付けて(たとえば以下をまるごと)実行すればAccessでもそのまま動きます。

sub file_download()

Dim ftp As Object, rc As Long, v As Variant, v2 As Variant
Dim ctr As Long

Set ftp = CreateObject("basp21.FTP")
ftp.OpenLog "c:\temp\log.txt"
rc = ftp.Connect("ftp.microsoft.com", "anonymous", "")
If rc = 0 Then
v = ftp.GetDir("bussys/winnt/winnt-public", 2) ' ディレクトリ一覧(詳細)
If IsArray(v) Then
For Each v2 In v
Debug.Print v2
Next
End If
v = ftp.GetDir("bussys/winnt/winnt-public") ' ディレクトリ一覧(ファイル名のみ)
If IsArray(v) Then
For Each v2 In v
Debug.Print v2
Next
End If
rc = ftp.GetFile("bussys/winnt/winnt-public/*", "c:\temp") 'ファイル受信

end sub

実行には20秒ほどかかります。
実行前にはCドライブにtempというフォルダを作っておいてください。

ちなみに先ほどのFTPサンプルは、BASP21をインストール後、サンプルのコードを新規モジュールに貼り付けて(たとえば以下をまるごと)実行すればAccessでもそのまま動きます。

sub file_download()

Dim ftp As Object, rc As Long, v As Variant, v2 As Variant
Dim ctr As Long

Set ftp = CreateObject("basp21.FTP")
ftp.OpenLog "c:\temp\log.txt"
rc = ftp.Connect("ftp.microsoft.com", "anonymous", "")
If rc = 0 Then
v = ftp.GetDir("bussys/winnt/winnt-public", 2) ' ディレクトリ一...続きを読む

QAccess 抽出データ件数のカウント更新について

以下の2つのテーブルを用いて
販売した数を更新したいのですが、
どの様に作成すれば
良いのでしょうか?
クエリーテーブルに結果を出力は出来たのですが、
クエリーテーブルではなく、BUSYO_MSTのM_F_countに
カウント結果を出すには、どこを直せばいいでしょうか。

UPDATE BUSYO_MST
SET M_F_count=(
SELECT Count(M_File.key) AS M_F_count
FROM BUSYO_MST LEFT JOIN M_File ON BUSYO_MST.Key = M_File.key
GROUP BY BUSYO_MST.Key);

=========================
<< BUSYO_MST >>

ID | key | M_F_count
---+--------------
01 | バナナ | 0
02 | りんご | 2
03 | みかん | 1


<< M_File >>

ID | key
---+--------------
01 | りんご
02 | みかん
03 | りんご

以下の2つのテーブルを用いて
販売した数を更新したいのですが、
どの様に作成すれば
良いのでしょうか?
クエリーテーブルに結果を出力は出来たのですが、
クエリーテーブルではなく、BUSYO_MSTのM_F_countに
カウント結果を出すには、どこを直せばいいでしょうか。

UPDATE BUSYO_MST
SET M_F_count=(
SELECT Count(M_File.key) AS M_F_count
FROM BUSYO_MST LEFT JOIN M_File ON BUSYO_MST.Key = M_File.key
GROUP BY BUSYO_MST.Key);

=========================
<< BUSYO_MST >>

ID | key | M_F_count...続きを読む

Aベストアンサー

更新クエリにサブクエリを含むとエラーが生じます。

更新可能なクエリであることが必要
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;328828
の以下の部分。
フィールドの値の合計、平均、カウント、その他の集計値を計算するクエリでは、データを更新で

きません。また、クロス集計クエリ、選択クエリ、集計値や集計関数を含むサブクエリから、[レコ

ードの更新] 行にあるフィールドを参照する更新クエリではデータを更新できません。この問題を

回避するには、更新クエリの [レコードの更新] 行で [定義域集計関数] を使用します。これで、

クロス集計クエリ、選択クエリ、集計値や集計関数を含むサブクエリから、フィールドを参照でき

るようになります。

したがって、個別に定義域集計関数を使用するか、
あるいは、コードでテーブルを一括更新するように
します。


【一括更新の場合】

質問のクエリのサブクエリを少し変更して、

Q集計

SELECT M_File.key, Count(M_File.key) AS M_F_count
FROM M_File
GROUP BY M_File.key;

というクエリQ集計を作成します。
以下を標準モジュールに貼り付け、
イミディエイトウィンドウでtest
を実行してみてください。
なお、DAOを使用しているので
コード表の参照設定で、
Microsoft DAO xx Object Library
のチェックを確認してください。



Sub test()
Dim db As Database
Dim rst As Recordset
Dim rsq As Recordset

Set db = CurrentDb
Set rsq = db.OpenRecordset("Q集計", dbOpenDynaset)
Set rst = db.OpenRecordset("BUSYO_MST", dbOpenDynaset)

If rsq.RecordCount > 0 Then
rsq.MoveFirst
Do Until rsq.EOF
rst.MoveFirst
Do Until rst.EOF
If rsq!Key = rst!Key Then
rst.Edit
rst!M_F_count = rsq!M_F_count
rst.Update
Exit Do
End If
rst.MoveNext
Loop
rsq.MoveNext
Loop
End If
rst.Close: Set rst = Nothing
rsq.Close: Set rsq = Nothing
db.Close: Set db = Nothing
End Sub


また、このプロシージャを適当な名前に
して、フォームなりのボタンクリックで

Pribate Sub ボタン1_Click()
Call test
End Sub

とすることもできます。

更新クエリにサブクエリを含むとエラーが生じます。

更新可能なクエリであることが必要
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;328828
の以下の部分。
フィールドの値の合計、平均、カウント、その他の集計値を計算するクエリでは、データを更新で

きません。また、クロス集計クエリ、選択クエリ、集計値や集計関数を含むサブクエリから、[レコ

ードの更新] 行にあるフィールドを参照する更新クエリではデータを更新できません。この問題を

回避するには、更新クエリの [レコードの更新] 行で...続きを読む

QRuby on Rails 「attr_accessor」 の使い方に

Ruby on Rails 「attr_accessor」 の使い方について

こんにちは。

現在、Ruby on Railsで登録画面を作成しているのですが、attr_accessorで定義した項目に対して、validationのチェックを行うと、問題が起きてしまいました。

attr_accessorで定義した項目は、DB登録の対象ではないのですが、lengthのチェック等を行う必要があり、validates_length_of等を使って入力チェックを行っています。

問題になったのは、入力があったときだけチェックをかけたいのに、入力がなくてもチェックがかかってしまうという状態になってしまうことです。
「:if => 項目?」を書いてみると、「undefined method」のエラーがでてしまいます。

どなたか対応策の分かる方がおられましたらご教授いただけないでしょうか?

下記に実際の問題箇所のモデルクラスのソースを書いておきます。

 class User < ActiveRecord::Base

   attr_accessor :NEW_USER_PW ← 追加したアクセサ

   # 追加したアクセサに対するチェック
   validates_length_of :NEW_USER_PW, :minimum=>4, :message=>"は%d桁以上を設定してくださ            
    い。", :on => :update, :if => :NEW_USER_PW?

 end

上記のチェック内の「:if => :NEW_USER_PW?」で落ちてしまいます。
入力がないのにチェックに引っかかるとまずいので、入力がないときだけ上記チェックを行えれば良いのですが・・・。

どうぞ宜しくお願い致します。

Ruby on Rails 「attr_accessor」 の使い方について

こんにちは。

現在、Ruby on Railsで登録画面を作成しているのですが、attr_accessorで定義した項目に対して、validationのチェックを行うと、問題が起きてしまいました。

attr_accessorで定義した項目は、DB登録の対象ではないのですが、lengthのチェック等を行う必要があり、validates_length_of等を使って入力チェックを行っています。

問題になったのは、入力があったときだけチェックをかけたいのに、入力がなくてもチェックがかかってしまうという状...続きを読む

Aベストアンサー

attr_accessor :NEW_USER_PWを定義したからといって、
NEW_USER_PW?メソッドが定義されるわけではりません。
attr_accessorはゲッターとセッターメソッドを作るだけです。
それ以外の論理値を返すようなメソッドは自作しなければなりません。

NEW_USER_PW?メソッドを作成されていないのなら、「undefined method」が
出てしまうのは当然です。

質問にあるように、「入力があった場合のみ」とありますので、
NEW_USER_PW?メソッドを下記のように実装すればチェック可能です。

def NEW_USER_PW?
@NEW_USER_PW.size > 0
end

また、ifにはprocオブジェクトを渡すこともできますので、
:if => Proc.new{|u| u.NEW_USER_PW.size > 0}
と書いてもいいでしょう。


NEW_USER_PWというインスタンス変数はすべて大文字を使用されていますが、
見る人によっては定数と勘違いします。
変数であれば小文字表記を利用するほうが良いかもしれません。

attr_accessor :NEW_USER_PWを定義したからといって、
NEW_USER_PW?メソッドが定義されるわけではりません。
attr_accessorはゲッターとセッターメソッドを作るだけです。
それ以外の論理値を返すようなメソッドは自作しなければなりません。

NEW_USER_PW?メソッドを作成されていないのなら、「undefined method」が
出てしまうのは当然です。

質問にあるように、「入力があった場合のみ」とありますので、
NEW_USER_PW?メソッドを下記のように実装すればチェック可能です。

def NEW_USER_PW?
@NEW_USER_PW.s...続きを読む

QACCESS とSQLServerの扱えるテーブルの件数の違いについて

確か、ACCESSでは扱える件数に何百万件かの制限があったはず
だと思うのですが、
どなたが分かりませんでしょうか?

またSQLServerについても同様です

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

Access(2000)の仕様は、件数ではなく容量で表現されています。
Accessのヘルプで「仕様」で検索してみてください。
そこでは、データベース全体では2GB、
各テーブルやレコードセットでは1GBとなっています。
ただし、リンクテーブルの内容量は含まれないようなので、究極的にはディスクの空き容量が制限ということになるそうです。
ちなみに、テーブルのフィールド数(255)や、フィールド名の文字数(64)の制限はあります。
詳細はヘルプをどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報