昼ドラの「レッド」でデザイナー冬樹役の関口知宏さんのファンになってしまいました。もっと彼を見てみたいのですが、現在どんな活動をしているのでしょうか?
雑誌などには出ていないのでしょか?どんな役者さんなのか知っている方いらっしゃいましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

kkk-1 さん、こんにちは~☆♪



下記のURLに、プロフィール及びスケジュールが

記載されておりますので、お薦めです。

http://www.sankeipro.co.jp/male/tomo.htm


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとー早速覗いて見たよーん。
いずれにせよかっこいいね。
生でみてみたいでっす。

お礼日時:2001/11/03 13:50

tomikou000さんに便乗して、



佐野周二さんの孫です。
私の世代(50代前半)では、関口宏は佐野周二の息子という認識です。
母親は、西田佐知子です。元歌手ですが、ご存知ないかもしれませんね。「アカシアの雨がやむとき(♪アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい~)」が代表曲です。
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/backno/html/98 …


佐野周二は、上原謙(加山雄三の父)、佐分利信らと「松竹の三羽烏」といわれていました。
同時代では、中井貴一、中井貴恵の父の佐田啓二も活躍していました。昭和30年代ですね。

参考URL:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/backno/html/98 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分からなかったので
私の両親に話を聞いてみました。
なるほど、よくわかりました。
おじいちゃま~有名な芸能一家なんですね。
松竹のサンバカラスについては全然わからないので
今度、ビデオを捜してみたいと思います。
彼はサラブレッドなんですね。
今後の活躍が楽しみです。

どうもありがとう。

お礼日時:2001/11/03 14:01

関口知宏さんて、


あの司会でおなじみ関口宏さんの息子さんですよ。

※なんか、知らなそうなので。おまけです。
 kkk-1さんはお若いんですかね。
 僕ら世代(20代終盤)では「息子」という認識のが強いんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えっ!!そうなんですか。知りませんでした。
関口さんって東京フレンドパークの関口さんですよね。
あまり、父上に似ていないような・・・
今度良く確認してみます。

ありがとうございました。

ちなみに、私そんなに若くないんです・・・
芸能うとくて・・・

お礼日時:2001/11/03 13:56

関口知宏さんのオフィシャルを


見つけました。

参考URL:http://www.setchan.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとでした。なんかとても楽しい人だと言うことがわかりました。
1度お会いしてみたいデス。
お世話様でした。

お礼日時:2001/11/03 13:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。

Q女性の役者さんは女優と呼びますが男性の役者さんはなぜ俳優なんですか?男優じゃだめなんですか?

女性の役者さんは女優と呼びますが男性の役者さんはなぜ俳優なんですか?男優じゃだめなんですか?

Aベストアンサー

男優さん・・・、なんか卑猥に聞こえますね。
だからじゃないですかね。(^_^;)

Q最近昼ドラに出ている、斎藤由貴について

かなり昔(20年前くらい)にNHKのFMラジオで斎藤由貴主演のドラマがやっていました。
1時間の前後編ものですが、前半だけ聞いて後半聞けなかったんです(ToT)
デビューして間もない斎藤由貴もよかったのですが、後半の話も気になるのです。

検索しようにも記憶があいまいで・・・たとえ題名を聞いても「それだ」と思い出せないかも(^。^;)
できればメディア化された音源、なければ元になった書籍、それもなければあらすじだけでも教えてください。
しかし主人公名がYUKIだから完全ラジオオリジナルっぽい(T-T)
前半のあらすじを記述します(20年前の記憶だけで書くのでかなり違うかも)

近未来、若き主人公のYUKIは努力を重ねて宇宙飛行士(?)になることができた。そのころ、宇宙の彼方からの不思議な信号が研究所(?)で受信された。知的生命体からのものではないか?音声にするとメロディになるが解読できない。
一方YUKIは南米(?)に、古くから伝わる音楽を入手し聴いていた(このへん記憶があいまい)。
研究所で働いているYUKIの彼氏(友人?)は、偶然そのメロディをYUKIに聞かせる。
「似てる。」YUKIは古えから伝わるメロディと宇宙からのメロディの類似性に気づく。その想いとメロディを持ったままYUKIは宇宙へ・・・・

みたいな引きでこのあとがわからないのです。
よろしくお願いします

かなり昔(20年前くらい)にNHKのFMラジオで斎藤由貴主演のドラマがやっていました。
1時間の前後編ものですが、前半だけ聞いて後半聞けなかったんです(ToT)
デビューして間もない斎藤由貴もよかったのですが、後半の話も気になるのです。

検索しようにも記憶があいまいで・・・たとえ題名を聞いても「それだ」と思い出せないかも(^。^;)
できればメディア化された音源、なければ元になった書籍、それもなければあらすじだけでも教えてください。
しかし主人公名がYUKIだから完全ラジオオリジナルっぽい...続きを読む

Aベストアンサー

「斉藤由貴 ラジオドラマ」で検索したところ(「斎藤」ではありません)、それらしいのがヒットしました。
1986年にNHKのFMシアターで放送された『アディオス・ケンタウルス!』だと思います。

斉藤由貴さんのファンサイトにでも行けば、情報が得られるかもしれません。

Q昼ドラでブレイクした高杉瑞穂さん。

現在の活動がわかりません。。

どなたかご存知でしたら、教えていただけますか。


お願いします。

Aベストアンサー

活動されているようです。携帯トップから(私は携帯のみなもので)高杉端穂 オフィシャルブログと検索してみて下さい。8月31日~9月11日まで舞台をされるようです。

Q昼ドラから?ブレイクしたあの俳優さんは誰??

お忙しいところすみません!
どうしても名前が出てこないのです。
この説明から該当しそうなお名前か顔が判る画像を
御紹介いただけませんか?

俳優男性である
背が高そうですらっとしている
髪が黒くて長いめ
それはそれはあま~~い顔立ちでやさしそうな感じ
昼ドラで良く観掛けた
ビールかなにかのCMで、リポーターしてて後ろへぶっ飛んだ人!

ドラマの何役をしていたかも判りません^^;。
これだけであの人では?とお解かりの方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

谷原章介さん?

ビヒダスヨーグルトのCMで後ろに飛んでます。

http://bifidus.jp/cm/index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報