日本では洋服屋で男性用スカート?見かけませんよね?
日本で男性用スカート(男性がスカート穿かない)がないのはなぜなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

単純に、男性にスカートというファッションが定着していないからではないですか。


先入観もあり、男性陣の中で「スカートを穿きたい」と思う人が圧倒的に少ないから、需要がないから、供給もない、ということかなと思ったのですが。
    • good
    • 5

わたしはバグパイプを人前で演奏するときはノーパンでキルトはいてます。

しかし、普段は練習のときでもはきません。一般的ではないからです。
男性用スカートが売られているのは知っていますが、もちろん一般的ではありません。
理由は3つ。
1.伝統性。歴史を見るとローマではトーガが正式でズボンは蛮族の象徴だったがローマの衰退とともにズボンがひろがり男性女性の差が視覚的にわかるようになった。したがって視覚的にわかりにくくなるスカートは同性愛に抵抗を感じるのと同じ 抵抗がある。

2.利便性。男性は股の中を見せたくないし他人の物も見たくない。またむさくるしい毛脛も見たくないし見せたくない。(男性のロングスカートはおそらく無いと思う、普通は夏用で膝丈)

3.流行。結局のところ流行になっていない。しかし、ニューヨーカーが全員スカートを履き始めると日本でも頭の悪いワカゾウから真似をし始める。
    • good
    • 1

私が考える大きな理由としては先入観の問題だと思います。


長期的に見れば男性でもスカートを穿く人は増えると思いますが相当、先です。
日本の場合「ズボン=男、スカート=女」と考える人がほとんどです。
この考え方が消えない限りはスカートを穿く男性は増えないと思います。

世界的に見れば男性もスカートを穿いている国はいくつか存在します。
比較的、日本は異国の文化を取り入れる国ですがこれに関しては中々、浸透しません。
テレビや雑誌などで積極的に取り上げたら少しは浸透すると思います。
    • good
    • 2

 失礼致します。



この問題は難しいですね。

パンツルックやスカートスタイルなどのファッション=外見上の個性や主張ではあっても,そのファッションで生活する以上は実用面にも関心が行かざるを得ないからです。

ここでは逆に考えてみます。なぜ女性がスカートを着用するか,これには歴史的な経緯や社会的な慣習などいろいろあると思います。
2つについて触れます。
これらは,多分に質問者様も理解していらっしゃることだと思います。

1つには,レッグファッションという面,もう1つはトイレという生活実用面があるのではないかと思います。

女性の脚は男性と異なりムダ毛がありませんから,ファッションするのにも脚を露出して違和感がありません。

男性スカートが受け入れられないのは,スカートから出る男性のスネ毛がみっともないという社会的感覚や通念があるのではないでしょうか。
男性の脚露出が良いのは,暑い夏場の一時だけです。
それも短パンですね。
少し暑さが遠のくと,またロングパンツスタイルです。

次にトイレですが,女性は男性のように立ち姿ではできませんから,必ず座ることになります。
その時にはいちいち上げ下ろしするズボンのようなパンツスタイルよりもスカートの方が好都合なことは容易に理解できます。
このような事情が女性にしてスカートといういきさつの1つになりはしないでしょうか。

逆に男性がスカート着用だと,まずもってトイレに困るでしょう。
個室しか利用できなくなりますね。
これだと世に一般的な何万?何十万?の男性用便器が使い物にならなくなります。

男性がスカートというのは,このようなファッション面での要請や需要よりも以上のような社会的な制約,生活ギャップが幅をきかせているようにも感じられますが,いかがでしょうか。
    • good
    • 1

追加の回答です。


スカートの長さが40cm程度あれば問題ないのですが、35cm程度になると男性は前の物が見え始めます。ショートのソフトガードルが必要です。30cm程度になるとテニスのアンダースコートが必要になります。但しこれは現在入手が困難です。
参考まで。
    • good
    • 2

難しい問題ですね。


和服はワンピース、袴はスカートと考えれば事実上スカートは穿けます。ヨーロッパではスコットランドのキルトがよく知られています。
フランスでは、フランス革命以前は、ショートパンツが貴族の服で、ロングパンツは庶民の服でした。肖像画のルイ14世も赤いパンプスを履いていたと思います。
実質は男性の側に自信がないだけじゃないかと思っています。
女性はどんどん男物ファッションに進出しています。
    • good
    • 1

やはり流行りの問題ではないでしょうか?


確かに諸外国では男性がスカートを履く国もありますが、日本は少なくとも「履かない国」の方に入ると思います。

また、男性がスカートを履くことに対する偏見も原因の一つではないでしょうか。
メンズスカート自体が欧米発祥の文化であって、日本で履く人が少数でも現れ始めたのは1990年代後半からだそうです。
そういった理由もあり、どうしても「メンズスカート=女装」と混合されることが多いのが理由でしょうね。

しかし、昨年あたりからメンズスカートの人気が少しずつ増えてきているようです。
何分私は田舎に住んでいるのでそういったファッションの話には疎いですが……。
いずれ、そういったメンズスカートの流行が目に見えるほどになるのではないでしょうか。

参考URLに、詳しいことが書いてあるサイトを載せておきました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3% …
    • good
    • 1

なぜ男性がスカートをはかないのかといえば、「そういうものだ」ということになるでしょうね。

以前、いくつかのブランドから男性用のスカートが出たこともあったと思いますよ。ただ、売れたとか大いに話題になって流行したなんていう話はトンと聞きません。

女性用ならあたりまえにあるアイテムが男性用ではほとんどないとか、男性が着たり持っていても良い・・・それどころか、ブーツやトートバッグのようにもともと男性用だったり仕事用(トートは氷運搬用でしたか)として作られた物だったのに、女性専用のようになってしまって、男性が所持したり着ているのをほとんど見かけないなんていうのはファッション関係ならいくらでも例を挙げられるでしょう?

もともと男性用の服飾品の市場は女性用の半分程度でしかもその大部分はスーツとその関連商品という話です。つまり、スーツ以外の男性用衣料というのはその程度の規模しかありません。さらにそこから無難系・・といいますかまぁお洒落というのとは縁遠そうな類のものを除けば、残るものはごく僅かです。

スカートという変り種を売ろうと思えば、その僅かな市場にいる人たちにアピールするしかないわけですが、その人たちの好むファッションの方向にスカートがあるかといえば、今のところは否でしょう。また、難しいのはいわゆる「女装」や「コスプレまがい」のようなものとの線引きでしょうね。ファッションに一家言あるような人は女装やコスプレのような格好をしてみたいとは思わないでしょう?

特に、アイテムはそれ単独であるわけではなくやはり組み合わせるわけで、スカートを買ったとしてさて手持ちの服とうまく合わせられるかといったら、これまた難しいでしょう。ありきたりのアイテムでさえ、購入時には頭を悩ませるわけで、ましてそれがあまり周囲にも例がなく女性用とされているスカートとなれば、相当うまいぐあいに着こなせないと、ただの女装やコスプレのできそこない?とかスカートフェチ?みたいになりかねないですからね。やはり手が伸びにくいでしょう。

ファッションショーとか、ステージ衣装のようなものでもなく、普通のタウン・ウェアとして着て街を歩いたとして、多くの人からこれなら女装やコスプレとは違って、ファッションとして格好良いねと思われるだけのコーディネートや着こなし方がいくつも出てきて、お手ごろ価格で買えるようにでもなれば少しは変わるかもしれませんが、今のところそういう状況にはないようですね。
    • good
    • 1

詳しくよく分からないんですが、最近男性の間で、非常に流行していると聞いています。

    • good
    • 2

スコットランドの高地地方に住んでいる男性の多くは結婚式や祭りなどにキルトと呼ばれるスカートに似た衣装を着ます。


スコットランドのボーイスカウトの制服としても採用されているようです。
ちなみにキルトの下には何も着ないとか。

参考URL:http://www.histclo.com/youth/youth/org/sco/count …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男性のスカートファッションについて

私は男性ですが、ファッションとしてスカートを穿いて家から外出します。
そういう人をどう思いますか?
会ってみたいですか?
お友達になりたいですか?

女装でもなく、オカマでもありません。
メンズスカートです。

オシャレが楽しいんです。
女性になりたい訳でもなく、スカートが大好きなので、ずっと穿いていたいんです。
そんな男性がいたって良いと思うんです。

ウエストからヒップにかけて女性体型(ウエストがくびれている)なので、スカートがヒィットして着心地が良いんです。女性用パンツが穿き心地が良いんです。

だから、スカートを穿くんです。
楽だし、メリットが沢山あるので穿くのです。

私にとってのスカートは、女性がパンツを穿くのと同じです。
男性がスカートを穿くと知って、どうですか?
性的な事が目的で穿く訳ではありませんので、誤解しないで下さい。

補足
メンズスカート・・・男のスカート、または、男が穿くスカート、男のスカート姿という意味だと思います。

Aベストアンサー

自分は穿きません。しかし、スカートを穿く男性は別に良いと思います。確か男性がスカートを穿く習慣がスコットランドにはあるし、外国の文化を取り入れるのが得意な日本としては別に問題はないと思います。今、私たちが着てる物だって元は外国の物なわけだし。今、日本のファッションはどんどん幅広く進化しているのだと思います。色々なアイデア、色々な時代の物、色々な国の物。自分は、男性のスカートもその中の1つとして解釈しております。
しかし、こんなことを言うのも何ですが、ファッションはあくまで自己満足の世界であり、自己表現の世界です。人からどう見られているか気にしているということは、すなわち、スカートを自分のおしゃれのためのアイテムとして自信を持って穿けていないのではないでしょうか?
ファッションにおいて人からおしゃれだと評価されることは、あくまで自己満足に付いてきたおまけのようなものに過ぎないと私は思います。もちろん、ほめられたら嬉しいですけどね。
人の目より、まず自分が、自分のおしゃれを心の底から楽しむことが1番大切ではないでしょうか。あなたが、おしゃれだと思う物なら、何も気にせず身に付けて良いと思いますよ。

自分は穿きません。しかし、スカートを穿く男性は別に良いと思います。確か男性がスカートを穿く習慣がスコットランドにはあるし、外国の文化を取り入れるのが得意な日本としては別に問題はないと思います。今、私たちが着てる物だって元は外国の物なわけだし。今、日本のファッションはどんどん幅広く進化しているのだと思います。色々なアイデア、色々な時代の物、色々な国の物。自分は、男性のスカートもその中の1つとして解釈しております。
しかし、こんなことを言うのも何ですが、ファッションはあくまで自...続きを読む

Q男の子だけどスカート履きたいです。 僕は二年生の男子ですか、 スカートを履いてお出かけしたり生活

男の子だけどスカート履きたいです。


僕は二年生の男子ですか、
スカートを履いてお出かけしたり生活したいと悩んでます

それで膝上15㎝の制服型の
プリーツのミニスカートを
履くつもりです。

ですが、男がスカート履くと
キモいとか悪口言われる事も
あります。
何できもいとか言うんですか?

Aベストアンサー

日本の文化に、男性がスカートをはく、というのが無いんです。
男性がスカートをはくと違和感がハンパないです。
言われても仕方ないですね。

だからこそ、あなたが頑張るしかないんです。
ニューハーフも市民権を得た今、男性がスカートをはくという文化を流行らせることもできると思います。
負けないで。
あなたに続く男性が現れるまで。

Qどうして男の人はスカートを穿いたらダメなの?と訊かれたら

昨日外出中に、近くにいた親子の会話が聞こえてきてちょっと気になりました。

子供(幼稚園くらい?)がお母さんに『どうしてスカートは女の人だけなの?男の人は着ないの?』
というようなことを訊いていました。
お母さんのほうは、『男の人はズボンを穿くって決まってるから、スカートは穿かないんだよ』みたいに答えてたんですが
厳密に言うと、別にそんなのどこかで決められてる訳じゃないしなあ…男の人がスカート穿いたらダメってことはないよなあ…
もし自分が聞かれたら何と答えるべきか…と盗み聞き(?)してるだけなのに、妙に真剣に考えてしまいました^^;

私は子供はいないので、この手の質問(当たり前に思ってるけど、何故なの?といざ訊かれるとどう答えていいのか迷う)を
される機会はほとんどありませんが、小さいお子さんのいる方はこういう質問って結構されるんじゃないんでしょうか。
もし子供に『どうして男の人はスカートを穿いたらいけないの?』と訊かれたら、何と答えてあげるのがベストなんでしょうか。
子供に答えるのだったら、あのお母さんが答えた内容くらいで十分なのかな…?結局自分の中では上手く整理できませんでした^^;
皆さんだったら何と答えますか?

昨日外出中に、近くにいた親子の会話が聞こえてきてちょっと気になりました。

子供(幼稚園くらい?)がお母さんに『どうしてスカートは女の人だけなの?男の人は着ないの?』
というようなことを訊いていました。
お母さんのほうは、『男の人はズボンを穿くって決まってるから、スカートは穿かないんだよ』みたいに答えてたんですが
厳密に言うと、別にそんなのどこかで決められてる訳じゃないしなあ…男の人がスカート穿いたらダメってことはないよなあ…
もし自分が聞かれたら何と答えるべきか…と盗み聞き...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして jcg02524です。(主夫・専門家ではありません)

あまり考えたこと無かったですね。(笑)

自分だったらなのですが・・
(1)小学校入学前だったら・・・
 「男の子がスカートはいたら、なんか女の子に見られて変だね」と言って笑ってしまうかもしれません。

(2)小学校入学後だったら・・・
 ・日本文化と他の国のことをファッションの観点から調べて教えると思います。
 ・着物と袴に由来について「一緒に調べてみよう」と言います。
 ※勝手な想像ですが「おしっこの仕方」に由来しているのかなあと感じたりしてます。(笑)

<補足>
国内に「メンズ・スカート」というのがありますからウィキペディアで調べてみるといいですよ。

Qスカートはなぜ女性の服?&スカート男子の疑問

二つ疑問です。
なぜ、スカートは主に女性の服として扱われるのでしょうか?
またなぜ、スカート男子というのの多く(しかし着用している人の絶対数とは限らず、あくまでネット上のメディアなどで多く広められている物です)は、ロングスカートの人やズボンの上にスカートを穿く人が多いのでしょうか?

この二つがすごく疑問なんです。

まず一つ目に関することなのですが、スカートとかワンピースとかって、つまりはざっくりというと「腰に布を巻いたもの」だったり「下半身が筒状に(スカート状に)なった上下つなぎの服」ということですよね。
この様な形態の服って、古今東西服飾史を辿ると、「男女問わず」存在していると感じます。
乱暴な言い方をすると、ギャートルズが腰に巻いてる革みたいなのも、一種のスカートと言える訳ですし、古代から中世にかけての人が着ていたチュニックって、一種のワンピーススカート的な物ですし、これは男性用も存在していましたし、下にズボンを穿く必要が必ずしもあった訳ではありません。
だからこそスカートが必ずしも女性の服であるとは思えないと感じます。
スカートやワンピース、チュニックに当たる服って男性用もたくさんあるじゃないかと僕は思います。

もう一つはそう言われつつも、スカートをあえて穿く男性である、いわゆるスカート男子に関する疑問ですけど、ネット上でスカート男子のモデルケースとして広まっている画像を見ると、どういう訳か黒っぽいロングスカートを穿いた人たちや、膝丈のスカートをズボンの上から穿いている人たちばかりを目にします。
でもこれにもなんだか疑問です。
当然これも、そういった写真をモデルケースとして撮影して、広めている側の都合もあると思うので、スカート男子の現状を完全に反映している訳でもないのでしょうけど、それでもこういう物ばかりを目にしますので不思議です。

それの何が疑問かと言うと、まずスカートの着こなしってそんなに少なくないと思うことが一点です。
そしてもう一点の方が結構強く感じるんですけど、あくまで僕自身が感じる価値観なのですが、男性向けのスカートというのと、黒のロングやズボンの上に穿くスカートというのが、(必ずしも)結びつかないんですよね。
また、よく「ミニスカートはさすがに男性には難しい」とか言う人がいるんですけど、むしろ男性向けのスカート程、僕からするとミニスカートのイメージが強いんです。

その根拠を挙げると男性用のスカート型の民族衣装の話や、フィクションの世界で男性が穿いていたスカート型の服の話になってしまうのですけど、僕が知る限りミニスカートが少なくなく、むしろ多いからです。
古代ギリシャや古代ローマとかの兵士や、若い男性が着ていたチュニックって、下がミニスカートですよね。
アッパークラスの身分の人は、それ以降どんどん服飾が複雑化して行きましたけど、ロワークラスの人は中世ぐらいまでズボンは穿いてなくてスットントンな服を着ていた男性も、僕が読んだ服飾史の本によれば普通に存在した様です。
勿論動きやすさを重視して、それらも短めの物がほとんどでした。

フィクションのキャラクターを挙げても、ピグマリオとかどろろんえん魔くんとかアリオンとか、火野ヤマト(ゴッドマジンガー)とかトリトン(海のトリトン)とか、リンク(ゼルダの伝説[但し下にズボンを穿いてないのは一部作品のみ])、アレクス(スーパードラッケン)など、スカート型のチュニック服を着た男性キャラクターを探すと、殆どがミニスカというよりは超ミニレベルの物を穿いている事が多い様です。

で、それらが見た目的に奇怪でしょうがないかというと、オカマやホモには見えませんし、むしろスカートでも男らしくてセクシーな、よい男性スカート(ワンピース)だと思えるのです。
無論、そういう服があった時代背景もあってそのままそれを現代に持ち込むのも困難でしょうけど、服その物を単体で見た限りでの判断だとおかしな服には見えないですし、男性にミニスカートが似合わないというのは迷信に思えますし、ロングスカートやズボンの上に穿くスカートみたいなのが広まる(広められる)のもまた不思議に思います。
それに、困難だからって無理と決めつけたら、新しいファッションって生まれない気もします(ファッションに限らずですが)。

ちなみに僕自身がスカート男子ですが、始めた切っ掛けが先述の類いの物で男性のスカートという素晴らしい物を知って、そこから入って来ているので、スカートは主に短めばかりです。

以上、最初に挙げた二つの疑問、一体どうしてなのでしょうか?
できたらスカートが男女のものから女性だけの物になった「流れ」や、その後現在、一部の男性にスカートが戻って来ている「流れ」を含めて教えて頂ければ、より分かりやすいかと思います。
よろしくお願いします。

二つ疑問です。
なぜ、スカートは主に女性の服として扱われるのでしょうか?
またなぜ、スカート男子というのの多く(しかし着用している人の絶対数とは限らず、あくまでネット上のメディアなどで多く広められている物です)は、ロングスカートの人やズボンの上にスカートを穿く人が多いのでしょうか?

この二つがすごく疑問なんです。

まず一つ目に関することなのですが、スカートとかワンピースとかって、つまりはざっくりというと「腰に布を巻いたもの」だったり「下半身が筒状に(スカート状に)なった上下...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の二つの質問を、1番、2番として回答しますね。

2番については簡単です。
「スカート=女性だけが着るもの」という記号が絶対的なものでありすぎるからです。
なおかつ男性のほうが女性よりも優位にあるために、女性が男性の服装を着るのと違って、劣位に下るというネガティブな想起がされます。
そのため男性が女性の格好をすることに対して、女装という性的倒錯だと思われるか、なよなよしていて男性らしくないといった反応を招きます。
なのでスカートを履きたい目的がファッション性にある男性は、「女性の格好をしているのではないですよ」というふうにアピールする着方しかできません。
スカート=女性の記号を避けるために、男性的な着こなしの延長にある着方しかできないのです。
それが、パンツの上に巻くことで民族衣装を現代風にアレンジしたものに見せかけたり、デザイン的に上衣の延長に見せかけたり、シルエットはスカートのようだが、男性が履いていても奇異にみなされないキュロットに近いスカートだったりといった着こなしに限定されるのです。

1番については非常に長くなってしまいますね。まず現代でもきっぱり「スカート=女性の記号」である地域は限られます。
また、いつスカートが女性だけのものになったのか…というのは、服飾史をかじられたのなら、この区別がかなり難しいことはご存じだと思います。

ただ、基本的に「スカート=女性だけのもの」であるのは、文化が西洋化した国や地域だけです。
なので西欧のものと言えます。
それ以外の地域の民族衣装などを取り上げて「ほら、男性もスカートを履いている」というと的外れになるのは、記号的にも社会的にも「普段着る洋服」と「民族衣装、あるいは歴史上の服飾」がきっぱり違う文脈で扱われるものになっているからだと思われます。
だって、ローマの兵士の格好をしていたら、男がミニスカート履いているという問題以前に「普段の洋服とは違うから変」ということになりますよね?
なので、ローマの兵士が着ているミニスカートや、中世の衣装、それを模したファンタジーゲームなどの衣装と現代のスカートは分けて考えるべきだと思います。
たとえば日本の伝統的な衣装である和服でも男女とも同じ巻きスカートという区分になりますが、女性だけは身八つ口があり下半身をきつく巻くのに対し、男性の方はゆったりしているなど、性別による衣装の違いはあったわけです。
旧約聖書にも「異性の服装をしてはならない」といった主旨の一文がありますし、相当古くから男女で違いがあったわけです。
なので、「服飾において、男女の区別がある」ということに焦点を絞るべきです。

この区別がどこから生まれたのか。
ご質問にある「動きやすさ」が一番のポイントだそうです。
形状がスカートであれズボンであれ、どの時代、地域、階層でも共通していることは男性は動きやすく、活動性が高いもの、女性は活動性を妨げるもの、かつ男性の眼を愉しませる、そういう区別であるのがポイントです。
なぜかというと、世界的に男性優位社会だからです。

生物進化学に話が飛ぶのですが、動物のオスには、「可能な限り、メスの行動を制限したり束縛したりする」という性質があるそうです。どの程度か、どのように現れるかは種によっても違うそうですが。
なぜかというと、妊娠したり卵を産むのはメスだからです。子どもを持つのにメスの方が負担が大きいので、負担が軽いオス同士で争います。
ちょっとイス取りゲームで想像してみてください。
ヒトだと、最低限、男性は射精というほんの数分ですが、女性は10ヶ月待たないといけません。
女性というイスは常に埋まりがちで、男性から見ると開き待ちということになります。
待つ間に、同じように待っている同性のライバルを積極的に蹴落とすよう闘争心が強く進化したのが男性です。
ここで有益な戦略は、オス同士で争う以外にもあります。
女性を囲う=女性の行動を制限し他の男性を寄せつけないようにすることです。
女性の意思は無視しても、次の開きができるまで囲えば席取りの争いという高いリスクを背負わずにすみます。
闘争に適応した同性よりも女性の方が腕力でも気質でも与しやすい。
それに囲えば、「自分の子を孕んでいると思って世話したら、他の男の子種だった…」という大損害の可能性も限りなく減るわけです。
まあ、実際には問題は数分と10カ月の時間差以外にもあるわけですので話を簡単にはしょっているんでしょうけど、これを専門用語で「配偶者防衛」というそうです。
専業主婦もこの性質の一環だと聞いたことがあります。経済的に逃げ道がなくなる&他の男との接触が激減しますから。

これらの性質を男性が意識しているとは限りません。が、女性が活動性の高い衣服を着ることを禁じる方向に進んだのはこのためです。
ご存じかわかりませんが、中世のヨーロッパでは女が男装することは火あぶりになるほどの罪でした。
土葬が魂の浄化に必要なキリスト教圏において火あぶりは希望の最後の一片まで砕く目的の一番悪い処刑法です。
ジャンヌダルクも、裁判に当たって最大の罪とされたのは男装でした。不完全で劣等な女でありながら、男性という神性をもっとも宿した存在のための服を着たからとかなんとか当時の記録に残っています。
スコットランドのタータンチェックのキルトスカート。ご存じですよね。
このスカート、女性が履いたという理由で処刑されたことがあります。
近年では女性も着用できるようになりましたが、スカートであっても、男性だけの衣装だったのです。
この「女性の衣服は重々しく」は社会的に男子相続制度が強固なものになり、王侯貴族などの身分制度による階層分化が進むほど顕著になっていきます。
家父長制が固まっていくほど女性の人権は低くなっていくのと相関しているのでしょう。十二単、ロココ時代の身動きできないスカート等。
この辺、このサイトでも詳しい回答をいくつも読んだ覚えがあります。
東北大学の学生さんの軽いレポートですが…。
私が参考文献などを引用されていますので、ご参考までに。
「服装の性差:なぜ女性しかスカートをはかないのか」
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/2001/writing/aoyagi2.pdf

「女性の活動を妨げるためにスカート」という把握は他の本でも共通していますので、学者の間ではコンセンサスがあるということを言いたかったのです。
スカートであるないというよりも、「男性は活動的な服を着、女性は男性の都合により活動性を妨げる衣服に分かれた」という経緯はお分かりいただけたでしょうか。
このあたりは服飾史の本ではなく、ジェンダー論や、服飾の文化史の本のほうが詳しいです。
服飾史は服飾の変遷だけたどって、文化的な背景には話が及ばないので。

技術が発展して、ズボンがつくれるようになったけれど、女性の活動を抑えるためにスカートが女性のものになった。
女性は劣った存在とされる男性優位社会では女性と見なされる衣服は男性は着ない。活動を妨げるスカートを履く男性は非常に限られるようになったので、男性のスカートは廃れ、「スカート=女性」がより確固たるものになった。
20世紀の女性の人権の拡大により、スカートがこうした差別的なものというよりも、ファッション性、つまり「より自由な選択肢」に広がっていった、のだと思います。
質問者さんはスカートを「すばらしいもの」と言っているのも、この「より自由な選択肢」「より幅広いファッション性」という文脈でだと思います。








さて、19世紀、衣服は相変わらず男女の区別が激しいのですが、社会には目立つ改革がもたらされます。
科学の発展です。
これにより産業化、工業化が進みます。
平たくいうと、庶民の中からもお金持ちが出てくるわけですよ。お金持ちになれば発言権が増します。「一部特権階級の男性」だけが握っていた人権というものを、「庶民の男性」の中にも持つ人が現れるのです。
トランプ大貧民の「革命!」状態です。
平民ナポレオンの台頭、民族主義、民族自決主義、云々、それが全ヨーロッパに広がったところで、戦争です。そうなると女性の人権という概念も生まれました。
それが20世紀前半です。
なぜ戦争が起きると女性の人権があがったかというと、戦争に出た男性に代わり、女性が過程を切り盛りし支えるようになるからです。
ちょっと説明すると、上に少し上流階級のほうが女性への束縛はヒドいと書きました。ヨーロッパの暗黒時代まっただなかといえども、大多数の庶民層では女性の発言権は相対的には、上流階級の女性に比べればありました。庶民は貧しくて、女性も働かなければ生活が立ち行きません。
なので、女性の発言権を無視できなかったんですね。
もちろんこの当時、「庶民階級の女に生まれる」ということは、生き地獄か何かの呪いでしかありませんでしたが、男性も似たようなものだったので、相対的に見ればという話ですよ。
なので庶民層は女性でもスカートがやや短めだったり、髪が短めだったりします。「やや」

ご質問の二つの質問を、1番、2番として回答しますね。

2番については簡単です。
「スカート=女性だけが着るもの」という記号が絶対的なものでありすぎるからです。
なおかつ男性のほうが女性よりも優位にあるために、女性が男性の服装を着るのと違って、劣位に下るというネガティブな想起がされます。
そのため男性が女性の格好をすることに対して、女装という性的倒錯だと思われるか、なよなよしていて男性らしくないといった反応を招きます。
なのでスカートを履きたい目的がファッション性にある男性は、...続きを読む

Q男性がレディスを着るのは有り?

 店でなんとなく、いいな~と思って手にとった商品がレディスで残念!というシーンがよくあります。

 そういう時思ったんですが、男性がレディスを着ちゃ駄目なのかな~と思いました。恥ずかしくて試着や体に合わせてみた事は無いのですが、もしサイズが合えば着てもOKでしょうか?。それともキモいでしょうか?

Aベストアンサー

すごくアリだと思います!

私の彼は、JK類結構レディースを着ています。
筋肉質ですが相当細身で、男性としては結構な小柄・・・163位なので、メンズでは大きかったり、丈が合わなかったりするみたいです。

ただバストにふくらみを現すバストダーツが入っているのが少し気になるかもしれません…。
気にならない程度のものなら、是非是非着ちゃって下さい。

レディースがメンズ服を着るのはよくあることです。
なのに、メンズがレディースを着ると可笑しい、なんて事あるわけないです。
今の時代、男性のスカート(シルエット限定されると思いますが)だって格好いいですよ。



服なんて、似合えばなんでもアリですよ。
かくいう私はキッズラインも着てしまいます。

Q女性用ショーツを男性がはく事は物理的に可能ですか?

今まで下着は、男性用ブリーフをはいていたのですが、女性用ショーツを買ってもいいことになりました。
そこで、現在ネットでショーツを探しています。
以前やっていたブログに、「パンツも女性用にしたい」と書いたところ、「はみ出してキモイ」というコメントがありました。
それで、今、不安になっています。
今まで、全くショーツをはいたことが無いので分かりません。
ショーツを男性がはくことは「物理的に」可能ですか?
買ってしまってから、惨めな思いをしたくないので、勇気を出して質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、彼氏がふざけて私のショーツを履いてみようとした事があります。
彼氏の場合、物理的に無理でした。
ちなみに、私はMサイズ、ヒップハンガータイプのショーツを履いてます。

はき込み丈が深めで、スタンダードタイプのLかLLサイズなら、もしかしたら入るかもしれませんが・・・。
個人的には、ちょっと厳しいんじゃないかなと思います。

Q男性がスカートを履くというファッションが・・・

根付かなかった理由は何だと思いますか?

皆さんの考え・発想は、どんなものですか?

Aベストアンサー

1)用を足す際、不便?(^-^;

 その都度、まくり上げるのは面倒ではないでしょうか。
 ファスナーを利用するにしても、パンツスタイルに比べ、生地が下腹部に密着しにくいスカートでは、何かとやりにくいのではと思います。

2)スカートは、男性の活動範囲や運動量を妨げるため?

 駆け回ったりしゃがみこんだり高所で作業する都度、下着が人目に触れない格好を気に留めなくてはならない生活は、かなり不自由です。

3)男性と女性の生来のスタイルの違いによる?

 ウエストとヒップのサイズ差が女性よりも少ない男性のスタイルでは、スカート特有のファッション性を活かしにくいように感じます。
 また、一般的に、パンツは腰で履くものとされ、女性用パンツのウエストは、スカートに比べ、表示サイズよりもゆったりとした造りであることが多いですが、スカートの場合、ウエスト部分だけで重量をキープするため、ウエストの締め付け感はパンツよりも強力です。
 そのため、ウエスト周りを支える箇所には負担が生じやすいのですが、ウエストのくびれが女性ほど大きくない男性の場合、ひとたびホックが外れたら、そのままストンとスカートを落っことしてしまう可能性がありますね。

1)用を足す際、不便?(^-^;

 その都度、まくり上げるのは面倒ではないでしょうか。
 ファスナーを利用するにしても、パンツスタイルに比べ、生地が下腹部に密着しにくいスカートでは、何かとやりにくいのではと思います。

2)スカートは、男性の活動範囲や運動量を妨げるため?

 駆け回ったりしゃがみこんだり高所で作業する都度、下着が人目に触れない格好を気に留めなくてはならない生活は、かなり不自由です。

3)男性と女性の生来のスタイルの違いによる?

 ウエストとヒップのサイズ差が女...続きを読む

Q男性に似合うスカートの種類は?

男だけど、ファッションでスカートを穿きます。
男性に似合うスカートの種類と丈、色はどういう物がいいでしょうか?
その時のトップスはどういうものを選択すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

V&Aで過去にあった「Men in Skirts」という展示の模様が載っているので参考までに。
http://www.vam.ac.uk/collections/fashion/fashion_motion/skirts/5175-lbox.html

リストを見ると蒼々たるメンツですねぇ。記憶が正しければ男でもスカートはありなんじゃないか?と考える人たちがスカート履いて展示会場まで行進してたような気がします。
デザインの意図がわからないので写真だけ見ると奇妙なものもありますが、以下のものなんか格好いいと思いますね。
http://www.vam.ac.uk/images/1055-popup.html

さて、着こなしについてですが、基本的に足を見せない、フェミニンになりすぎないよう、ゴシックか民族系に流れるかと思います。
ずいぶん前ですが、エプロン付きのパンツがはやったときによく見かけた着こなしは、ゴシック系で細身の人が全身黒で巻きかタイトロングでしたね。
最近のFruitsだったかにうまくロングスカートを着こなしている子の写真が載ってたと思う。
http://www.fruits-mg.com/pc/ja/index_j.html

あとG'N'RのW・アクセル・ローズも一時スカート履いてステージに立ってたと思う。でもソースがないです。
個人的にはワンピースをジャケットのように羽織るのもよいかと思います。

V&Aで過去にあった「Men in Skirts」という展示の模様が載っているので参考までに。
http://www.vam.ac.uk/collections/fashion/fashion_motion/skirts/5175-lbox.html

リストを見ると蒼々たるメンツですねぇ。記憶が正しければ男でもスカートはありなんじゃないか?と考える人たちがスカート履いて展示会場まで行進してたような気がします。
デザインの意図がわからないので写真だけ見ると奇妙なものもありますが、以下のものなんか格好いいと思いますね。
http://www.vam.ac.uk/images/1055-popup.html

...続きを読む

Q男性のミニスカートについて質問です。

男性が黒のパンストとマイクロミニスカートをはいて歩いていたら警察に注意されるでしょうか? 黒のパンストをはいてたら別に下半身のすね毛は見えないのでいいような気がするんです

Aベストアンサー

別に何もありませんよ。すね毛が見えていようといまいと関係ありません。もちろん、公然猥褻などにもあたりませんから自由にして良いんです。マイクロミニを穿いた男性が交番で道を聞く・・なんていうことがあっても、警察官はごく普通に対応します。

自分でミシン(手縫いでもいいですけど)使って服を作ってみると感じることですが、服なんて単に布地を切った、縫ったしただけのものに過ぎません。もちろん、服そのものに性別があるわけでもありません。

何となくこうすると女性らしい雰囲気かな?男性らしい雰囲気かな?という加工の仕方はありますけど、別にだからといって、異性っぽい加工をした服を着てはならないという決まりがあるわけでもありません。
マイクロミニは駄目だけど、股の間を縫ってパンツにしたら良いのか?とか、長さをちょっと伸ばしたら良い?なんて具合で、自分で服を作っていると、実に馬鹿らしいことにとらわれていたのだなと思えてくるものです。

ただ、そうとはいってもやはりデザインしたものを外で着るという以上は、ある程度コーディネイトには気を配るのも大事だと思います。奇抜さを狙うにしても、やはり全体としてのバランスのようなものには配慮したほうが良いでしょう?
たとえば、パンクな格好というと、何となく全体をイメージできると思いますが、そこに7・3分けのオジサン顔がついていたら何だか変でしょう?
マイクロミニにしても、今は女性(それも若い)専用みたいなものなので、着こなし方にしても若い女性向けのものしか提案されていませんので、それをそのまま男性に適用すると、やっぱり”パンクな7・3分け”になってしまいやすいと思います。だからといって、女性的なものを目指してしまうと、これは単なる女装になってしまいそうです。別にそれが悪いとは言いませんが、単なる女装に走ってしまうのは、やや面白みに欠ける気がします。

別段ファッションのアイテムとしてスカート類を男性が取り入れることに問題はないと思いますが、他のアイテムとのバランスをどうしていくのかっていうことは、結構難しいでしょうね。特に男性の服というのは、女性用より種類・量とも少ないですから、うまくマッチする相手を探すというのが大変だと思います。

逆にいえば、難しいだけにチャレンジのしがいはあると思いますよ。

別に何もありませんよ。すね毛が見えていようといまいと関係ありません。もちろん、公然猥褻などにもあたりませんから自由にして良いんです。マイクロミニを穿いた男性が交番で道を聞く・・なんていうことがあっても、警察官はごく普通に対応します。

自分でミシン(手縫いでもいいですけど)使って服を作ってみると感じることですが、服なんて単に布地を切った、縫ったしただけのものに過ぎません。もちろん、服そのものに性別があるわけでもありません。

何となくこうすると女性らしい雰囲気かな?男性らしい...続きを読む

Qスカートをよく履く女性とズボンをよく履く女性の心理は?

大学に通うようになって気づいたのですが、スカートを履いている女性よりズボンを履いている女性の方が多い感じがします。そして、一人お洒落な子がいるのですがその子はよくスカートを履いています。
そこで興味を持ったのですが、スカートをよく履く女性とズボンをよく履く女性の違いや性格また心理等教えてください。

Aベストアンサー

心理に全く関係ないともいえないかもしれません。
交流分析という心理学では、幾つかの禁止令というものがあります。
それは幼い頃に自分の命を守る為に自分で決めたことです。
例えば、お母さんが天ぷらを揚げている時、小さい子供が近寄ってきたので「来ちゃダメッ!」と思わず強い口調で言ってしまった。
そういう時、小さい子供は事情が分らないので「近づいてはいけない」という禁止令が入ったりするのです。全ての人がそうではありません。例えばです。
乳児や幼児は一人で生きていく事ができないため、親から見離されるということは命に関わる問題として、脳の奥深くにインプットされるのです。
「近寄る」→「怒られた(嫌われた)」→「見捨てられる」→「生きていけない」
このような禁止令の中で「あなたの性であるな」というのがあります。
例えば、「あなたが男の子だったら良かったのに」と言われ続けるとその禁止令が入る場合があります。
すると、女性的な格好をするのが苦手になったりするのです。

スカートを好む女性とパンツを好む女性の心理が全てそうとは言えませんが、そういう場合もあると言われています。

心理に全く関係ないともいえないかもしれません。
交流分析という心理学では、幾つかの禁止令というものがあります。
それは幼い頃に自分の命を守る為に自分で決めたことです。
例えば、お母さんが天ぷらを揚げている時、小さい子供が近寄ってきたので「来ちゃダメッ!」と思わず強い口調で言ってしまった。
そういう時、小さい子供は事情が分らないので「近づいてはいけない」という禁止令が入ったりするのです。全ての人がそうではありません。例えばです。
乳児や幼児は一人で生きていく事ができないため...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報