こんにちは。
音楽シーズンも終わりに近づき,いよいよ音楽祭シーズンですね。

春の喜び,秋の哀愁,冬の厳しさとその中での優しい温もり,いろいろな音楽が次々と浮かんできますが,
夏とクラシック音楽,となると,どうにも不似合いな感じが・・・(笑)

しかしそこをあえて,夏場に聴きたいクラシック音楽を教えていただきたく,
質問させていただきました。

涼しげに,ホラー系(?),リゾート系(??),逆療法でとことん暑苦しく・・・
などなど,基準は皆様にお任せいたします。
皆様の個人的な夏の思い出につながった曲のお話なども聞けるとうれしいです。

変なテーマではありますが,気軽にお答えいただければ幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

 こんにちは。


 私は逆にど~んと?イタリア民謡を聴きます。「はるかなサンタ・ルチア」とか「帰れソレントへ」「オ・ソレ・ミオ」などです(^o^)。外では蝉がうるさいんですが、あえてクーラーをかけず、スダレ&扇風機&竹マットでパヴァロッティのテノールを聴いてます♪他にもプッチーニのオペラのアリア集とか。何となく夏といえばイタリアです。行った事ないんですけど(^_^;)。
http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/uccd5100/
http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/toce13200/
 あまり参考になりませんでしたがm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
はじめまして・・・ではないような気もしますが,まあ,それはそれとして(笑)

真っ青な空と地中海!白い砂浜!輝く太陽! ヴィヴァ・イターリア!!
(ちょっと無理してテンションあげてみました・・・^^;)

スダレと竹マットとパヴァロッティ,というギリギリいっぱいの?絶妙な組み合わせが素敵です。
彼,作務衣とか浴衣とかけっこう似合いそうですもんね(笑)
お食事は素麺とティラミスあたりでいかがでしょうか?(またはピッツァと水羊羹^^)

もう一枚のご紹介はフレーニ女史のアリア集ですか。
夏は恋の季節! でもありますものね♪
(当方,すでにそういう事を口にする歳ではないおっさんですけど^^;)


せっかくの夏,積極的に楽しまなくちゃ! というのも,もちろんアリですよね。
そういえば,チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」なんかもよさそうです♪

大いに参考になったご回答です。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/25 20:34

基本的に涼しさを求めるなら、ロマン派の音楽は避けたいところ。


もしロマン派だとしても、室内楽に走った方が吉と思われます。

いろいろ考えた中で涼しげと言えば、やはりシベリウス。
2番とかフィンランディアとかは暑苦しくなってしまいかねないので、妥当なのは交響曲第6番あたりで。
演奏次第で直射日光が差す音楽になってしまいかねませんが、できるだけ穏やかな光のようなものを探して聴いています。今のところはベルグルンドで。

管楽器の音は涼しいですよね。なにしろウィンドと言われるくらいですから。
そんな涼やかなプーランクの木管楽器のためのソナタをいくつか聴いてみるのも一興です。
あとは同じプーランクでも2台のピアノのための協奏曲とか。インドネシアのガムラン音楽の影響を受けたというくらいで、リゾートできるかも(笑)

人によってはホラー系ですが、シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」なんかは割と低音です。いろいろ叫んだりしてるにもかかわらず冷え冷えしてきます。
ホラー系と言えばバルトークの「中国の不思議な役人」あたりも。

ピアノやグロッケンの音もなかなか涼しいものなので、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」なんかはよく聴きます。まあところどころ熱く演奏するものもありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
回答ではよくご一緒させていただいてますね。

うっ。
私が夏場に聴く曲があまり思い浮かばないのは,暑苦しい趣味のせいである事が
なぜバレてしまったのでしょうか?

シベリウスの「6番」!なるほど,さすが!
シベリウスだったらどれがいいかな~,と思っていたのですが,
早速,車のCDチェンジャーに搭載させていただきます♪
#手元にあるのはヤルヴィ(父)/エーテボリなので,ちょいと涼しさには欠けるかもしれませんが・・・

プーランクは,リゾート地のほどよくエアコンの効いた部屋でまったりと昼寝でもしながら,
と勝手にイメージしました。
なお,「2台の~」とガムランの関係については初耳です。ご教示感謝。

ホラー系は私もいろいろと心当たりがあるのですが(笑),月に憑かれたピエロは
長い事聴いていないので,正直,どんな曲だったか忘れつつあります。
機会があればぜひ聴きなおしてみたいと思います。
バルトークは,寝苦しそうにしている人の枕元でいきなり鳴らしてあげたら
きっと喜んでいただけることでしょう。

ペトルーシュカはシャープでクールな響きが都会の夏って感じでいいですね。
ちょっとホラーも入ってますし(笑)


私と同じマニアの香りが漂う素敵なご回答(褒め言葉?),ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/25 03:10

・夏の星座はまた格別。


ホルストの組曲「惑星」がぴったりです!
この曲を聴きながら遠い宇宙の星星にロマンを馳せましょう・・・
ちなみにこの曲が作曲された時、まだ冥王星は発見されていませんでした。当然、組み込まれていないのですが近年、現代の作曲家が冥王星を作曲してあえて組み入れたCDなどが出て話題になったりしました。が、この度の正式な除外の件です。再び、もとのオリジナルに落ち着きました。作曲者ホルストもさぞ心残りなく安心していることでしょう・・・

・もう一つ、アラビアンナイトの千夜一夜物語を題材にして壮大な交響組曲に仕上げた、リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」。
実に色彩的なオーケストレーションと美しいエキゾチックなメロディが随所に出てくる傑作です。これも夏にはお奨めの一曲。

以上、オーケストラ曲で攻めてみました!

あ、蛇足ですが本場の「ザルツブルク音楽祭」「バイロイト音楽祭」などは夏がシーズンですよ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
お久しぶりでございます(覚えていらっしゃるかどうかは分かりませんが・・・)

#2さまは朝の音楽でしたが,こちらは夜の音楽ですね。

確かあれは,ラトル/ベルリンフィルのCDだったでしょうか。
まるで狙ったかのように,ちょうどその冥王星騒動の頃に発売され,
(マニア内では)大きな話題となったように記憶しています。
満天の星空の下で,この曲を聴きながら,宇宙のどこかにいるかもしれない
神々の営みに思いをはせるのもよさそうです。

一方のシェエラザード,ねっとりとからみつくような熱帯の夜
窓を開け,真昼よりは涼しいけれどもまだ生暖かい風にあたりながら
ベールをまとった美女が語る異国の妖しい物語に耳を傾ける・・・
・・・おっと,暴走(妄想)してしまいました(笑)

私のストライクゾーンど真ん中のオーケストラでの直球勝負,ありがとうございました!


---
えー,それから,自慢みたいで大変恐縮ではあるのですが(本当は自慢したくてしょうがない^^;)
オーストリアのS音楽祭とスイスのL音楽祭に行く予定になっております!
#バイロイトは抽選に当たる気配が全くありません・・・

お礼日時:2007/07/25 02:25

私は色々な作曲者の曲が入っている曲を聴くのが好きです。



夏は「イマージュ」とか

http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3321661/s/

「イン・ザ・モーニング・クラッシック」

http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3265617/s/

とかがいいなって思います。


「イン・ザ・モーニング・クラッシック」は今年の3月に出たばかりなんですが、「イマージュ」は軽井沢や清里に行くときに車の中で聞いていたので、避暑地のイメージがものすごくあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

「イマージュ」
クラシック系以外も入っているようですが,クラシック系のバックグラウンドを持った方でも,
その中にあって親しみやすい音楽を作り続けている音楽家の皆様の演奏で,
夏場にはこういった少し軽めで優しい感じもいいかもしれません。
軽井沢や清里の清涼な空気によく合いそうです♪
(いや,どちらにも行った事はないんですが,雰囲気で^^;)

「イン・ザ・モーニング・クラシック」
こちらは一般的なクラシック音楽のレパートリーですね。
とてもよく考えられた選曲だと思います。
(#1さまがお勧めくださった水上の音楽の一番有名な曲「ホーンパイプ」もはいっていますね)
ここに収録されているシベリウスのカレリア組曲(行進曲)ですが,
先日,通勤途中にFMから流れてきていて,気持ちいいな~,と思っていた曲です。
他にも,グリーグのホルベルク組曲(前奏曲)もきりっと爽やかでいい感じですね。
(単に作曲家が北欧の人だからそう思うだけとか・・・)


夏の休日の朝,特に用はないけど早起きして,
まだそれほど暑くない空気をいっぱいに吸い込んでちょっと得した気分になる,
そんな選曲(意味不明?),ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/24 19:32

ベタ路線ですけど、


ヘンデル「水上の音楽」は涼しげでは?
メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」もどうでしょうか。

異色ホラー系では、
ラヴェル「夜のガスパール」。
3曲構成ですが、
1)男を誘惑する水の精 2)絞首台 3)夜な夜な部屋中を駆け回る見えざるバケモノ
と硬軟とりまぜております。熱帯夜にどうぞ!?

個人的にはイギリスの夏季音楽祭「プロムス」の最後に観客総立ちで合唱するエルガー「威風堂々」が夏の音楽としてインプットされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
タイトルから連想するのもいいですね!

王様の舟遊び(っていったい実際のとこ何をしてたんでしょう?笑)のBGMだった「水上の音楽」,
夏の夜に妖精たちが戯れる「真夏の夜の夢」,どちらも涼しく爽やかでいい感じです。

ラヴェルはコラール氏のピアノ曲全集を持っているのですが,
実は,どれがどの曲か,はっきり区別がついていません。
そういえば,他とちょっと違うグロテスクな雰囲気の曲があったような,いや,気のせいかも・・・(汗)
早速きちんと聴いてみます!

プロムスの威風堂々は,その場にいたらテンションあがるでしょうね。
一度行ってみたいな~と思ってはいるのですが,
その時までにちゃんと歌詞を覚えておかねばなりませんね。
・・・え,いつ実現するのかって?(笑)

早速のご回答,ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/24 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏にオススメのクラシック曲

最近クラシックの曲を聴き始めたものです。
まだまだ聴いた曲の数は少ないものの、ブラームスやシベリウス、ストラヴィンスキーの交響曲あたりが今のところ好きです。
ただ、今の季節は夏。
蝉の声に交じってオーケストラを聴いていると、その重厚さに若干暑苦しい気がしないわけでもないような気がしてきました。

そこで質問したいのですが、夏にオススメのクラシック曲ってありますでしょうか?
今のところ交響曲ばかり聴いてますが、他のカテゴリーにあたるものでも構いません。
一応苦手なものを挙げておくと、モーツァルトはどうも甘ったるいというか、あまり好きになれません。
それから、バイオリンやピアノのソロもどうも高い音が響きすぎて好きではない気がします。やわらかい演奏のものを聴ければいいのですが。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
比較的最近の作曲家のオーケストラものからオススメさせていただきます。


オーケストラ曲の中では比較的涼しげなもの
 ☆グリーグ ホルベルク組曲
 ☆シベリウス カレリア組曲
 ☆ラヴェル 高雅にして感傷的なワルツ,亡き王女のためのパヴァーヌ
 ☆ドビュッシー 夜想曲,小組曲
グリーグとシベリウスは北欧の作曲家で,だから涼しいというのは少々短絡的かもしれませんが,でも,本当にそんな感じがするから不思議ですね。
ラヴェルとドビュッシーはフランスの作曲家で,ブラームスの交響曲のように作曲家の想いが熱くぎゅうぎゅうに詰まった音楽というよりは,音の動きや響きの美しさを繊細に追究したような音楽で,冷たく澄んだ水やクリスタルのような感触のように感じます。


からっと陽気に,気分だけでもリゾートで(笑)
 ☆チャイコフスキー イタリア奇想曲
 ☆シャブリエ 狂詩曲「スペイン」
 ☆イベール 交響組曲「寄港地」(I:ローマ~パレルモ,II:チュニス~ネフタ,III:ヴァレンシア)
 ☆ミヨー プロヴァンス組曲
 ☆ガーシュウィン キューバ序曲
 ☆コープランド エル・サロン・メヒコ
曲名をみただけでもウキウキとしてくる感じですが(私だけ?),実際にもそんな音楽です。
曲中のプロヴァンスはニース,マルセイユなどの街がある南部フランスの地域名,メヒコはメキシコのことです。


日本の寝苦しい夜に
 ☆黛 敏郎 涅槃交響曲
オーケストラが寺の梵鐘の響きを真似たり,男声合唱が声明(お経)を唱えたりします。
音楽的な内容としてはいたってシリアスなものですが,音響的には怪談のBGMのようでもあります。


去り行く夏を惜しんで
 ☆ディーリアス 川の上の夏の夜,幻想曲「夏の庭園にて」,夏の歌
ディーリアスは英国で活躍していた穏やかな作風の作曲家です。
夏といっても日本のようにジリジリ・ベトベトとしておらず,爽やかで初秋のような雰囲気すらある英国の夏の空気(推定または憶測^^;)をどうぞ。
今の日本は,夏を惜しむどころか,「いいから早く去ってくれ!」という感じかもしれませんが(笑)


ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
比較的最近の作曲家のオーケストラものからオススメさせていただきます。


オーケストラ曲の中では比較的涼しげなもの
 ☆グリーグ ホルベルク組曲
 ☆シベリウス カレリア組曲
 ☆ラヴェル 高雅にして感傷的なワルツ,亡き王女のためのパヴァーヌ
 ☆ドビュッシー 夜想曲,小組曲
グリーグとシベリウスは北欧の作曲家で,だから涼しいというのは少々短絡的かもしれませんが,でも,本当にそんな感じがするから不思議ですね。
ラヴェルとドビュッシーはフランスの作曲家で,ブラーム...続きを読む

Q海、水、港を曲名にしたピアノ曲

7月21日の海の日に因み「海」「港」「水」をテーマにしたピアノ演奏会を計画しています。演奏曲はショパンの「舟唄」、リストの「エステ荘の噴水」、ラベルの「水の戯れ」、ドビュッシューの「水の精」などです。この他、意外に知られていないピアノ曲がありましたら、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。クラシックマニアの女です。
海、水、港・・・。水に関係する音楽はとても綺麗な曲が多いですよね。私も大好きです。ではご紹介します。

☆デオダ・ド・セヴラック(とてもマイナーです)
南フランスの作曲家です。このサイトの説明をご覧下さい↓
http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=2114736003/K=%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/v=2/SID=w/TID=jp0013_jp0013/l=WS1/R=2/IPC=jp/ln=ja/H=0/;_ylt=A3xThmlGm.dHShUAULKDTwx.;_ylu=X3oDMTFjcms0NHY2BGNvbG8DdwRsA1dTMQRwb3MDMgRzZWMDc3IEdnRpZANqcDAwMTNfanAwMDEz/SIG=11q61ushr/EXP=1206447302/*-http%3A//www.severac-note.com/index.html
彼はパリで高い評価を得たにも関わらず大都会の生活に馴染めず自分の生まれ育った南仏の故郷に戻り、その田舎の大地や情景をとても鮮やかな音楽にした作曲家です。ドビュッシーが「良い香りのする音楽」とまで賞されたほどです。綺麗な音楽です。
オススメな曲は
♪休暇の日々から第2集「ショパンの泉」
http://www9.plala.or.jp/e2812hitori/ememory/g_izumi_051112.mid

♪休暇の日々から第2集「鳩たちの水盤」
音源はないです。ゆったりとした綺麗な曲です

♪水の精と不謹慎な牧神
音源はないです。演奏技巧が高い曲ですが演奏会にもってこいだと思います。

♪日なたで水浴びする女たち
こちらも音源がないみたいです。水の戯れに似ています。
 
♪組曲「ラングドック地方にて」第2曲「夕べの池のほとり」
音源はないですが夜の情景が素敵です。

ピティナのページも載せておきます。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/severac/index.html
あと、楽譜はhttp://www.gakufu.ne.jp/GakufuNet/で「セヴラック」と入力して下さい。
もし良ければCDもお聴きください。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/527770

☆リャードフ
ロシアの作曲家です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95
♪「舟歌」
試聴できます。ショパンの舟歌のような素敵な曲です。短いですが弾き応えあります。
http://www.amazon.co.jp/Liadov-Piano-Miniatures-Anatol-Lyadov/dp/B00000C3HI/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=music&qid=1206364339&sr=1-2

楽譜→http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86/dp/4111612202/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=books&qid=1206364595&sr=8-1

☆ドビュッシー
♪映像 第1集「水の反映」
この曲は有名ですよね。大好きな曲の1つです。
http://www1.ocn.ne.jp/~yoshicmm/MyPage/debussy_reflets_dans_leau.mid

♪版画 「雨の庭」
これも有名ですね☆http://vocalise.koyumi.net/midi/debussy/jardins.mid

☆ラヴェル
♪鏡 第3曲「海原の小舟」
美しい曲です。管弦楽もありますがピアノの方が好きです☆
http://www33.tok2.com/home/oguri/mp3/miroirs3.mp3

色々挙げてみました。中でも1番オススメなのはやはりセヴラックの「ショパンの泉」です!!是非弾いていただきたいです☆
お役に立てたなら幸いです。

こんばんは。クラシックマニアの女です。
海、水、港・・・。水に関係する音楽はとても綺麗な曲が多いですよね。私も大好きです。ではご紹介します。

☆デオダ・ド・セヴラック(とてもマイナーです)
南フランスの作曲家です。このサイトの説明をご覧下さい↓
http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=2114736003/K=%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/v=2/SID=w/TID=jp0013_jp0013/l=WS1/R=2/IPC=jp/ln=ja/H=0/;_ylt=A3xThmlGm.dHShUAULKDTwx.;_ylu=X3oDMTFjcms0NHY2BGNvbG8DdwRsA1dTMQRwb3MDMgRzZWMDc...続きを読む

Q夏に合うピアノ曲

タイトル通りです。
今、ピアノのレパートリーを増やしたくて曲を探しています。

なるべくある程度有名な曲で、夏に合うピアノ曲はありませんか?

今まで弾いた曲(夏に合う曲で)は
summer(久石譲)
onr summer's day (久石譲)

ぐらいしかありません。何かおすすめの曲があったら教えてください。

Aベストアンサー

○エン二オ・モリコーネ作曲、映画「海の上のピアニスト」の挿入曲「愛を奏でて」

○ドビュッシー 「アラベスク1番」または「月の光」、「亜麻色の髪の乙女」

○シューマン 子供の情景より「見知らぬ国々と人々」「トロイメライ」

全く個人的好みです。(^^);

Qピアノ発表会で弾くオススメの曲教えてください。【上級】

来年度のピアノ発表会で弾く曲を探しています。
難しすぎる曲は無理ですが、【全音楽譜出版社レベル】での【E(上級)】【F(上級上)】の中間あたりの曲が弾きたいと思っています。

ここ3年で弾いた主な曲は
ショパン●幻想即興曲
ショパン●軍隊ポロネーズ
ショパン●ワルツ第14番(遺作)
ドビュッシー●二つのアラベスク(ホ長調)
です。

良い曲がありましたら、教えていただきたいです。
できれば視聴できるサイトも教えていただけると有難いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

何度も投稿すみません
もしかしたらピアノピース中?
全音楽譜出版社ってあるけど。

でしたら  一部挙げた中の曲で ないものもありました。
すみません。

■シューマンの飛翔(森の情景より)
 →カッチョいいです 短いし 確かD級 手が小さいとキッツイかな)
■メンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」でしたっけ?
→明るいし優雅で 楽しいですよ。
■ブラームスの「ラプソディ」
 →ちょっと悲しく激しいです・・・思いつめてるというか 
  彼の生涯なのかなぁ
 確かラプソディは他の方も挙げてますかね

■ラフマニノフは前奏曲(嬰ハ短調)とエレジーがあると思います
どちらもD級くらいだと思います。

ピアノピースのEFっていまいち客観性がないので
D級でも限りなくFにちかいものからCに近いものも。
技術的にはリストのハンガリアン、プロコのトッカータなんてFFF!!だと思うんですが・・・

以上 ロマン派で 挙げてみました。

Qローエングリンの結婚行進曲は結婚式には不向き!?

先日友人の結婚式がありました。
披露宴で入場の時になんか演奏してくれーと言われて、アンサンブルを組む友達と「何にしようかねー」とメール会議をしてた時です。
麺で留守ゾーン…(おいおい、一発で変換してくれよ)メンデルスゾーンの結婚行進曲もありきたりなので、僕はローエングリンの結婚マーチ(ワーグナーですね)にしよーよと言いました。そしたら、ローエングリンは「愛する二人の永遠の別れ」を題材にしてるから駄目だよと言われたんです。なにいー、そうなのかーと思いつつも渋々メンデをやりました(中間部は大好きなんですけどねー)。
式当日、チャペルでの花嫁入場は思いっきりローエングリンではないですか。おいおいー!披露宴では駄目で。式ではいいのー?なんて思いながらおめでとうー!と。

さて、ひょっとしたら土地土地の慣習や好みの問題、そういう裏話を気にするしない、などの話になってくるのかも知れないんですが、このことについて何か知っている人教えてくださいー。

Aベストアンサー

うーん、知る人ぞ知る、ですね。

私もよく結婚式で耳にします。
ワーグナーかメンデルスゾーン(おっと、一発で変換したぞ)は定番ですね。

「ローエングリン」の結婚行進曲自体は、結婚を祝福する場面での曲ですので、これはこれで結構なのですが、結末(ローエングリンはエルザの許を離れる)を知っている人には、どう解釈されるか…。
もうひとつ付け加えれば、「ローエングリン」のことの起こりは、お家騒動なんですよね。「両家のますますの…」の宴では、まったく似つかわしくない話です。

実は、私も最近まで知りませんでした。所属する吹奏楽団で「ローエングリン」の中の曲(結婚ではない)を演奏する際、司会原稿の曲解説を書いているときに気が付きました。

と言うわけで、知らない人が多いから、問題にされてないのか、はたまた知らないから平気で演奏されるのか。何かのきっかけで「ローエングリン」が有名になったら、きっと結婚式では見向きもされなくなるでしょうね。

Q芝生の中に群生した苔を取り除きたい!

どなたかよい知恵をお貸し下さい!
庭に芝生を植えているのですが、ここ数年苔が発生しどんどん広がっています。芝生の雑草抜きはどうってことないのですが、こけだけは・・・トホホ。
近所の園芸店で聞いたのですが、苔の生えた部分の芝生をそっくり交換しないとダメだそうです。また、水はけの良い土壌改良も必要だとか・・・。
何とか今の状態で苔だけを退治したいのですが、どなたかよい方法を知っていませんか。教えて下さい!

Aベストアンサー

 植物は、その環境に適したものが、もっとも生育することができます。環境にあっていないものをいくら育てようとしても、困難がつきまといます。
 苔が広がるということですが、それは、芝生よりも苔の方が成長に適した環境になっているからです。苔を薬品で退治することができても、その環境がつつく限り、また苔が生えてくることは避けられません。それでも、苔を抑制しようと薬品を使えば、それは他の植物へも悪い影響を及ぼします。
 苔は胞子で増えるので、見かけ上とれたとしても、再び発生する可能性が高いので、園芸店の人のそっくり取り替えるというのは理にかなっています。
 苔が生えるというのは、湿気が多いということに他なりません。まず、苔の生にくくする環境にするために、水がたまらないように排水をしっかすることが不可欠です。次に湿気の多いところでも生育可能な芝生にかえることです。芝生と一口に言ってもいろいろな種類があります。西洋芝系の方が湿気に強いと思います。3つ目として、日光をよく当てること。周りが鬱そうとして日当たりや風通しが悪くなっていませんか?
 どうしても、このままの状態で苔を退治するとしたら、まず、周りの木を剪定して日当たりと風通しをよくすること。それから、もし雨水が周りから流れ込んでくる環境にあるとしたら、芝の周りに溝を掘って、芝生の中で水がたまらないようにしてみてください。

 植物は、その環境に適したものが、もっとも生育することができます。環境にあっていないものをいくら育てようとしても、困難がつきまといます。
 苔が広がるということですが、それは、芝生よりも苔の方が成長に適した環境になっているからです。苔を薬品で退治することができても、その環境がつつく限り、また苔が生えてくることは避けられません。それでも、苔を抑制しようと薬品を使えば、それは他の植物へも悪い影響を及ぼします。
 苔は胞子で増えるので、見かけ上とれたとしても、再び発生する可能性...続きを読む

Q秋にふさわしいピアノ曲をさがしています

新しいピアノ曲にチャレンジしたく、秋らしい曲をさがしています。せつない雰囲気、哀愁ただよう曲、そのた何でも、みなさんが(秋っぽいなぁ~。秋に聴きたいなぁ。)と思う曲があったらぜひおススメください!
わたしがまず思い起こすのはショパンの『別れの曲』です。あとサティの『グノシエンヌ』なども味わいたい感じ。。ぽっと温まるような曲も大歓迎です☆ よろしくお願いいたします♪

Aベストアンサー

私は、
〇ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番ホ長調op.109
〇シューマン:幻想小曲集op.19より、「なぜ?」
〇同:ピアノ協奏曲イ短調op.54
〇ショパン:ピアノ・ソナタ第三番ロ短調op.56
なんかがよろしいかと。ベートーヴェンは、以前一楽章の開始を、「秋の落日のよう」と評した文章に接した覚えがあります。
シューマンの両曲は弾き応えもあり、難易度もそれほど高くないので、お勧めでございます。
せつない雰囲気、哀愁ただようって言ったらショパンのノクターンだと思いましたが、既出なので3番のソナタを。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報