龍馬伝(NHK)の桂小五郎の名前について

昨日放送の龍馬伝にて、桂小五郎の名前が「木戸貫治」となっていましたが、
私はずっと「木戸孝允」という名前で覚えていました。
Wikiによると貫治は通称となっていますが、通称で覚えてしまったら
歴史の試験とかで困るのではないのでしょうか?
なぜ正式の名前で放送されなかったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

幕末期の更に末期は、志士の活動はまさに命がけです。


倒幕派と佐幕派に別れて、血で血を争う戦いが起こります。特に京都では   
佐幕派の人間(新撰組や見回組など)が血眼になって倒幕派の志士を捕らえ
ようと必至になります。そこで、倒幕派の志士たちは変名を用いるように
なります。

今回の場合だと、佐幕派からみれば大奸物の桂小五郎というテロリストが
京に忍び込んだ情報をキャッチします。桂という名前は、すでに知れ渡って
いるので、自分は桂ではなく「木戸貫治」という人間になり、京に潜伏
するのです。桂の変名は、明治以降、そのまま本名になり「木戸孝允」と
いう名に落ち着きますが、他には「広江孝助」「新堀松助」「臼田幸助」と
いう変名を用います。薩長同盟の時期には「木戸貫治」と名乗っていたの
で、忠実にその名前が使われていたと思いますよ。

ちなみに、龍馬は「才谷梅太郎」という変名が有名ですが(才谷は実家の
豪商の名前で、梅太郎とは勝海舟の子供の名前でから付けてます)堂々と
関所などを歩いていたことから、西郷に頼み込んで、西郷の縁者のものと
して「西郷伊三郎」と名乗っていました。街を歩いている際に、今で言う
職務質問に合い「藩名と名前を言え!」と言われた際には、「薩摩藩士の
西郷伊三郎どす」と応えれば、「あの西郷吉之助の縁者の者ですか、これ
は失礼いたしました」ということになります。

蛇足ですが、明治に差し掛かる前には、形勢が逆転し、佐幕派の人間が
倒幕派に追いやられる形となり、新撰組なども変名を用いて行動します。
新撰組の局長である、近藤勇は「大久保大和」と名乗っていましたが、
倒幕派に投降する際に、「わたしは大久保大和だ」といって、生き延び
ようとしますが、捕縛した側に近藤の顔を知っている者がいて、「こいつ
は新撰組の局長、近藤勇だ!」と見抜いたことから、斬首になります。
いかに変名を用いようとも、相手に顔を知っているものがいれば意味
なしです。そのため、変名を用いていても怪しければ、引っ立てられて
顔を知っている者がいないか吟味するのです。

変名はあくまでも、保険程度の効果しかなく、激動の時代に日本中を
行動することは、正に命がけの行動だったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。
なるほど、薩長同盟時には貫治という名前を使っていて、“こっちの方が歴史とおり”ということになるわけですね。

お礼日時:2010/09/02 13:34

『孝允』は正式な名前ではありますが、諱なので、普通は呼ぶのをはばかります。



桂さんの場合、36歳以降、自らその名を公に使うようになりますが、それまでは公には使われず、『貫治(33歳時の通称)』など様々な通り名を使用しています。(当時の長州藩の状況的にも様々な偽名を使っていましたし。)

そうした歴史的な事実に基づいて作られたため、龍馬伝では『貫治』を使っていたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/02 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q龍馬伝(NHK)の桂小五郎の名前について

龍馬伝(NHK)の桂小五郎の名前について

昨日放送の龍馬伝にて、桂小五郎の名前が「木戸貫治」となっていましたが、
私はずっと「木戸孝允」という名前で覚えていました。
Wikiによると貫治は通称となっていますが、通称で覚えてしまったら
歴史の試験とかで困るのではないのでしょうか?
なぜ正式の名前で放送されなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

幕末期の更に末期は、志士の活動はまさに命がけです。
倒幕派と佐幕派に別れて、血で血を争う戦いが起こります。特に京都では   
佐幕派の人間(新撰組や見回組など)が血眼になって倒幕派の志士を捕らえ
ようと必至になります。そこで、倒幕派の志士たちは変名を用いるように
なります。

今回の場合だと、佐幕派からみれば大奸物の桂小五郎というテロリストが
京に忍び込んだ情報をキャッチします。桂という名前は、すでに知れ渡って
いるので、自分は桂ではなく「木戸貫治」という人間になり、京に潜伏
するのです。桂の変名は、明治以降、そのまま本名になり「木戸孝允」と
いう名に落ち着きますが、他には「広江孝助」「新堀松助」「臼田幸助」と
いう変名を用います。薩長同盟の時期には「木戸貫治」と名乗っていたの
で、忠実にその名前が使われていたと思いますよ。

ちなみに、龍馬は「才谷梅太郎」という変名が有名ですが(才谷は実家の
豪商の名前で、梅太郎とは勝海舟の子供の名前でから付けてます)堂々と
関所などを歩いていたことから、西郷に頼み込んで、西郷の縁者のものと
して「西郷伊三郎」と名乗っていました。街を歩いている際に、今で言う
職務質問に合い「藩名と名前を言え!」と言われた際には、「薩摩藩士の
西郷伊三郎どす」と応えれば、「あの西郷吉之助の縁者の者ですか、これ
は失礼いたしました」ということになります。

蛇足ですが、明治に差し掛かる前には、形勢が逆転し、佐幕派の人間が
倒幕派に追いやられる形となり、新撰組なども変名を用いて行動します。
新撰組の局長である、近藤勇は「大久保大和」と名乗っていましたが、
倒幕派に投降する際に、「わたしは大久保大和だ」といって、生き延び
ようとしますが、捕縛した側に近藤の顔を知っている者がいて、「こいつ
は新撰組の局長、近藤勇だ!」と見抜いたことから、斬首になります。
いかに変名を用いようとも、相手に顔を知っているものがいれば意味
なしです。そのため、変名を用いていても怪しければ、引っ立てられて
顔を知っている者がいないか吟味するのです。

変名はあくまでも、保険程度の効果しかなく、激動の時代に日本中を
行動することは、正に命がけの行動だったのです。

幕末期の更に末期は、志士の活動はまさに命がけです。
倒幕派と佐幕派に別れて、血で血を争う戦いが起こります。特に京都では   
佐幕派の人間(新撰組や見回組など)が血眼になって倒幕派の志士を捕らえ
ようと必至になります。そこで、倒幕派の志士たちは変名を用いるように
なります。

今回の場合だと、佐幕派からみれば大奸物の桂小五郎というテロリストが
京に忍び込んだ情報をキャッチします。桂という名前は、すでに知れ渡って
いるので、自分は桂ではなく「木戸貫治」という人間になり、京に潜伏
する...続きを読む

QNHK 龍馬伝 「狙われた龍馬」8/8放送

NHK 龍馬伝 「狙われた龍馬」8/8放送

近藤勇とのシーンで、近藤を気絶させた時、龍馬のセリフ
「もし、・・・・・・・・、切っちょったかもしれん」は、
何て言っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

同郷でもあり海軍操練所でも一緒だった亀弥太を新撰組に殺されていたので、「もし、亀弥太が殺された直後じゃったら、切っちょったかもしれん」と言いました。

Q桂小五郎→木戸孝允の改名理由と正式名称は?

和田→桂<養子>
桂  →木戸<毛利公からの下賜姓>

名前は幼名や身分や立場の変化で、当時は比較的多く簡単に行われていた。
「ex、村田蔵六→大村益次郎(藩命)、ラフカディオ・ハーン→小泉八雲(結婚&帰化)」

桂小五郎の場合も、その姓名の変更理由は、藩主からの下賜由来や姓と名前のバランスも考慮しての改名・自称だと思いますが・・・
途中に名乗っていた姓名は、倒幕派のリーダーと目され、京都にて潜伏&活動中の幕吏からの捕縛を逃れる為とか、借金逃れとかに変名変装していた説もあるようですが、その他にも理由・名前があるのでしょうか?
また、正式な戸籍上の姓名は、和田小五郎→桂小五郎→木戸孝允(きどたかよし)だけですか?

Aベストアンサー

追加です。
木戸貫治(さんずいではなく1つ取り除いて下さい。
携帯電話からの書き込みなので、手書き入力出来ませんでした。
何と読むのか分かりません。)
その後木戸準一郎と名乗って、木戸孝允となっています。

Q最近、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」、「てっぱん」、大河ドラマ「龍馬伝」

最近、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」、「てっぱん」、大河ドラマ「龍馬伝」の出演者を民放のCMでよく見かけるようになったと感じているのですが、たんなる気のせいでしょうか?

Aベストアンサー

同感です。
朝ドラや大河ドラマの主役はすぐコマーシャルに出るようになります。かなり前からそうなっていると思います。やはりNHKは別格なのでしょう。紅白は廃れましたが、あれは行き過ぎでした。いまは順当なところで収まっていると思います。

Q桂小五郎の恋人・幾松について・・・

よく桂小五郎の恋人として幾松という女性を耳にしますが、
「幾松」というのはその女性の名前なんですか?
それとも階級というか呼称というかなんというか・・・。
最初は名前と思ってたんですが珍しい名前だなーと思いまして、聞いてみました。
答えを知ってる方からすればものすごくつまらない質問とは思いますがよかったら回答お願いします。

Aベストアンサー

幼名は 計(かず)といいます。幾松は 芸者としての名前です。
そして 木戸孝允(桂小五郎)と結婚してからは、木戸松子です。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/Theater5148/seijukan/ikumatsu/ikumatsu.html

Q「龍馬伝」第1回放送を視た方に質問です。弥太郎の父が百姓を蹴飛ばすシー

「龍馬伝」第1回放送を視た方に質問です。弥太郎の父が百姓を蹴飛ばすシーンが納得いきません。
※歴史は詳しくないもので・・用語などが変だったらすみません。

第1回では主に身分差別が取り上げられていたと思います。
龍馬が下士なので武士どうしの身分差別が中心ではありましたが、そういう時代を変えたいと願っている龍馬が、「おれは武士だぞ!百姓とは違うんだ(というようなセリフだったはず)」と百姓を蹴飛ばす弥太郎の父をとめなかったのがすごく違和感がありました・・・とめるのかな?と思ったら笑ってみてただけ。

福山雅治さんの龍馬がさわやかでいいな~と思ったのにがっかりです。
「上士と下士」が「武士と百姓」になっただけで差別の問題は同じじゃないですか?
これだけで次からもう見ない!とまでは思いませんが、なんかすご~くがっかりしてしまって。みなさんはどうでしたか?

※母はミスキャストをぶつぶつ言ってました。歴史ファンには配役に関しても意見があると思いますが、そちらの意見は今回は除いて、このシーンについて意見をいただければと思います。

Aベストアンサー

確かに終盤に弥太郎の父が農民を蹴る場面がありました。
録画していますので確認しましたが、やはりここでも竜馬は登場していません。
窓から「おとう…」といいながら見ているのが弥太郎で、座って縄を結いながらあきれたように笑っているのが「弥太郎の母・岩崎美和」と字幕スーパーでもありますので、これは竜馬ではなく倍賞美津子演じる弥太郎の母のようです。
多分この母親を竜馬と見間違えられたのではないでしょうか?
見ようによっては竜馬と見間違えるかもしれません。
もしそのような場面があったとしたら私もがっかりするところです。
今週の土曜に再放送があるはずですのでもう一度ご確認されると納得いただけるでしょう。
それでは失礼します。

Q新撰組と坂本竜馬、桂小五郎は会っていた?

NHKの大河ドラマで新撰組(近藤勇その他数名)と坂本竜馬、桂小五郎が座敷で酒を飲みながら議論を戦わせていました。
両者は敵同士だと思っていたので意外の感がありました。
これはフィクションなのでしょうか?
それとも元々旧知の間柄であったのが、年月が進むにつれて仲が悪くなっていったのでしょうか?

Aベストアンサー

私も、旧知であったことが事実とは思いませんが、
同時代に、竜馬や桂は江戸の有名道場の塾頭だったりしたわけで、近藤らも江戸在住時代に彼らの名前を知っていてもおかしくなく、ドラマの設定で知人であったことにするのが行き過ぎとも思いません。
黒船以降しばらくの間は、攘夷か開国かが議論のポイントであり、倒幕か佐幕で争うのはまだ後の話で、この時点では天領多摩の住民と長州・土佐の藩士が敵同士になる必要はありません。

#1さんが
>新選組や近藤勇、土方歳三らの名が京に轟き始めたころには坂本竜馬や桂小五郎は新選組を見れば逃げなければならない立場になってたはずです。
と書いてますが、
今のドラマの進行ではまだその時期まで行ってないですね。もうすぐおこる禁門の変で公武合体派が、攘夷急進派公卿や長州勢力を京都から追い出し、浪士組が「新選組」の名前を与えられた頃以降なら桂も逃げるかと思います。竜馬が逃げるとしたらその後で、当初は長州と対立していた公武合体派薩摩を、討幕派長州と結びつける活動をしだした頃以降か。
もし禁門の変以降にも近藤と桂が親しくしていたら私もおかしい設定だと思います。

去年の「武蔵」でも史実がどれだけあったか。大河ドラマで吉良上野介が浅野内匠頭をいじめなかったのもようやく数年前の石坂浩二の時だけです。そういえばその時、大石内蔵助と吉良側の上杉家家老が旧知の間柄という設定でしたが、史実の裏付けがあったのかどうか。

私も、旧知であったことが事実とは思いませんが、
同時代に、竜馬や桂は江戸の有名道場の塾頭だったりしたわけで、近藤らも江戸在住時代に彼らの名前を知っていてもおかしくなく、ドラマの設定で知人であったことにするのが行き過ぎとも思いません。
黒船以降しばらくの間は、攘夷か開国かが議論のポイントであり、倒幕か佐幕で争うのはまだ後の話で、この時点では天領多摩の住民と長州・土佐の藩士が敵同士になる必要はありません。

#1さんが
>新選組や近藤勇、土方歳三らの名が京に轟き始めたころには...続きを読む

Q今日、龍馬伝を見たいのですが、龍馬の史実を知らない&初回から見ていない

今日、龍馬伝を見たいのですが、龍馬の史実を知らない&初回から見ていないため、
よくわかりません。
今日から見てもわかる、簡単な解説ネタバレサイトはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

NHKのことはNHKが一番
あらすじだけでよければ
第1話から紹介しています

なお「龍馬伝」は
(それに限らず大河ドラマは)
史実と大きく違わないように
フィクションを折りこんでおります

たとえば
吉田東洋暗殺を自白したのは
今回は武市半平太ですが
作品によっては岡本以蔵が自白しています

といったことがありますので
ドラマのすべてが史実通りとは限りません

でも、池田屋事件や
亀山社中設立・薩長同盟といった
出来事は史実通りです

参考URL:http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/

Q長州藩のリーダー

松下村塾の塾生ではなかった桂小五郎が、どうして高杉や久坂たちの「兄貴分」として長州藩のリーダー的存在になっていったのか不思議なのですが。しかも慎重な性格の桂は、血気にはやる高杉たちにしてみたら、何かとブレーキをかけて「うざい」存在だったのでは?

Aベストアンサー

(1)家の格が藩内では比較的高かった。
(2)江戸勤めでは、技は「千葉」力は「斉藤」位は「桃井」と呼ばれた3大道場の一つ、神道無念流斉藤弥久郎の「練兵館」塾頭を務め、江戸の長州藩邸のまとめ役を勤めると同時に、藩対抗の剣術試合では常に長州藩の顔として呼ばれていた。つまり、藩内外で名声が高かった。

特に、(2)が大きいと思います。

藩主と説き伏せる、他藩と交渉をする、そういう外交は、対外的な知名度の低い高杉や他の藩士では難しかったと思います。

Q本日(8/22)放送の龍馬伝ですが、

本日(8/22)放送の龍馬伝ですが、
長州に売った船を当初、薩摩名義にして薩摩藩と亀山社中が自由に使えるという契約のところ、
長州からのクレームで、長州名義で長州の許可がなければ薩摩と亀山社中は船は使えないという契約に
(龍馬から長次郎への説得もあり)なってしまいました。
長州との折衝役の長次郎はしぶしぶ納得して長崎に帰り、その旨、社中のメンバーに話したところ、
自分たちは私利私欲には走らないんじゃなかったのかい!とメンバーから非難されるのですが、見ていて納得がいきませんでした。
確かに、契約の内容を変えたことに対して怒るのはわかるのですが、長州がお金を出して買った船を、自分たちが勝手に使えるとする方が、私利私欲に走ってると思うのですが、いかがでしょうか?
どうか、自分の疑問を払拭してくれる解釈がありましたら、ご回答よろしくお願いします。
合わせて、自分もそう思った、あれはおかしいなどの意見でも結構です。よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

私も一番さんの回答に同感です。
仲間は契約内容が変えられたことではなく、長次郎の商人根性に腹を立てたのだとおもいます。

長次郎は折衝役を任された時、生来の商人の能力を発揮して、水を得た魚のごとくだったわけですが、
良かれと思ってやったこと(船を自由に使えるようにして後の商売を広げる構想)が、仲間から受け入
れられなかった時に、初めて自分の考えが「サムライ」ではなく「商人」の考え方であったことに気づ
かされたのだと思います。
そしてそれを仲間からもズバリ言われてしまいます。
「サムライ」になりたかった長次郎は居場所がなくなったように感じて、半ばやけでイギリスに渡ろう
としたのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報