出産前後の痔にはご注意!

マトリックスリローデッドを見たんですが、全然理解できませんでした。設定自体複雑な上に台詞がまた複雑で全然分からなくて何となく大枠でした理解できません。分かる方教えて下さい。
1、ソースって一体何なのか?ザイオンの滅亡とどう関係しているのか?
2、ラストに出てくるあの設計者というおじいさんと預言者の人は何者?
3、スミスはなぜエージェントじゃなくなり、今はどういう存在なのか?なんであんなにいっぱい出てきたの?
4、メロビンジアンは何者でなぜキーメーカーを捕まえていたのか?
5、キーメーカーの台詞「ドアが無防備だと接続も切れる、その前に別の接続を」というのの意味が分からない

とにかく、頭がごちゃごちゃです。基本的な設定というか前提も教えて下さるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1. ソースは「マトリックスのソース」という意味のソースだと思います。

まず、マトリックスは何かというと、「1」で説明されている通り、人類vs機械の戦いにおいて、機械側がエネルギー源としていた太陽を人類が雲で遮断した為、新エネルギー源として、人類を培養して生きながらにして人間体熱を利用する事になったと。その生きながらにしてというところがポイントで、人類が「マトリックスに繋がれている事を気付かずに」という条件がないと死滅してしまう。そんな「幸せすぎず、不幸すぎず、適度な環境」の仮想現実が「マトリックス」なわけです。で、そのマトリックスはいろいろと、存続に「ケア」が必用で、設計者が言うにはマトリックスは定期的に「再生(リロード)」がなされなければならないと。んで、その方法ってのが、人類の中に救世主って言われるものが現れて数々の困難を乗り越え、ソースにやってきて、選択して、再生を選択するというもので、同じ方法でこれまで5回再生が行われてきたと。ネオは6回目なわけです。で、再生を選択しとけば、いつも通りに6度目のマトリックスが更新されたところなのですが、ネオは愛を選択した為に、ザイオンどころか、機械-ザイオン-マトリックスという全体が崩壊されるという状況になったわけです。(違ったらどなたか訂正お願いします)
2. 設計者はマトリックスを設計した者ですが、存在はプログラムです。つまり機械が作り出した存在。で、予言者も同様にプログラムです。
3. スミスは「1」でネオに破壊された結果ああいうコピー機能を備えるようになりました(スミスはネオに礼を言っている)。いっぱいでてきたのはコピーされたからです。コピー機能が備わった理由は突然変異ですね。どういう存在かというと、どんどんコピーされちゃうからマトリックスの人類が全部スミスになっちゃう!という危機の対象ですね。ネオもコピーされたらスミスになっちゃう。こんぴゅーたー ウィルスですね。
4. メロンビジアンは僕も説明が欲しいのですが、さっき言ったようにマトリックスは何度も再生されてるのですが、以前のマトリックスに存在していたプログラムが現在のマトリックスに残存している状態らしいですよ。彼は以前のマトリックスで機能していたプログラムらしいです。古いシステム上のプログラムなので、今のマトリクスには繋がっていない。なぜそこにキーメーカーがいるのかはわかりません。とにかくいた。たぶんキーメーカーなんてもんも本来いてはならない存在なわけですが(だってそんな人類がソースに入るような手段が普通あってはならないから)、メロンビジアンはどうも、金持ちでなんでも欲しがるやつなので、その収集コレクションの一つとしてキーメーカーを手に入れたのではなかろうかと想像されます。モニカ・ベルッチもコレクションの一つでしょう。
5. これはよく覚えてないのですが、そんな事言ってましたっけ?要はそんなマトリックスの設計上の隙間を縫ってしかたどり着けないのがソースなのでしょう。

この回答への補足

もうひとつ簡単な質問なんですが、結局右のドアを選んでも左のドアを選んでもザイオンが破壊されることには変わりないんですよね。
右のドアに行くとザイオンは破壊され、今ザイオンにいる人間は死ぬけれどマトリックスに繋がれている人類は助かり、その中から何人を選びまた新しいザイオンをつくる
左のドアに行くとやはりザイオンは破壊、尚且つ今マトリックスに繋がれている人類も全員死ぬことになる。

ここでまた疑問なんですが、結局ネオは左のドアから出たので人類は滅亡するということになると思うのですが、そのことをモーフィアスには話しませんでしたよね。それで、24時間以内に何とかしないとザイオンは滅びるみたいなことを言ってたように思うのですが、あれはザイオンどころか人類も滅びるが、全てを話すと希望がなくなるから話さないで嘘を言ったという解釈でいいのでしょうか?
ネオは24時間以内にとか言ってたけど、本当はもうどうにもしようがないということでいいんでしょうか?

補足日時:2003/11/04 14:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。なんとなく理解できてきました。マトリックスはすでに5回リロードされていて、今回のザイオンの滅亡もネオがソースに来ることも全て初めから仕組まれていたということなんですね。ということは預言者もその共犯(?)で全てはネオをソースに送り込むための嘘で、ソースに行けば戦争は終わるというのも嘘だったということでいいのでしょうか?

>キーメーカーなんてもんも本来いてはならない存在なわけですが(だってそんな人類がソースに入るような手段が普通あってはならないから)
 これについてなんですが、キーメーカーがいないとネオはソースに行けない、つまりはザイオンの破壊を選択させることができなくなってしまうと思うのですが。
設計者もメロビジアンも前任者つまり歴代救世主はみなソースに来ているみたいな感じのことを言っていましたし。
メロビジアンについては、5人の前任者に会っていて、その最後を見届けたって言ってましたが、メロビジアンは実は何か重要な意味のあるキャラクターなのでしょうか?

お礼日時:2003/11/04 13:39

あ、「キーメーカーがいてはならない」というのは「公式には」いてはならない、という意味でありまして、もちろんキーメーカーがいなければネオがソースに行けませんね。

ですから毎度救世主が現れるたびにああいう存在はいるのだと思います。毎度同じ必要はないですから、前回は又別の存在がいたかもしれないし、そもそも進入の仕方が違うかもしれない。
まーとにかく、キーメーカーがなぜメロの軟禁下にいたかというのは「たまたま」だというのでいかがでしょう?メロは欲しいものを手に入れる主義なので、過去にたまたまキーメーカーというおもろそうな存在を誰かから奪った。あるいは取引して手に入れた。重要かどうかについてはそれ以上の存在ではないでしょう。つまり設計者ぐらいマトリックスの制作に携わっていたとかいう重要性はないでしょう。ただ、「なんでももってる」という凄い能力を所有しているという意味で凄いことは凄い。
仕組まれていたわけです。仕組まれたというかプログラムされていたといいましょうか。なぜウソをついたかというと、そうしなければ行動しないのが人間だからです。つまり「自分が選択した」という満足感がなければ行動しないというね。ソースに行けば戦争は終わるというのもウソだったのかというのは、内容以前に予言者自体がプログラムでしたからね。目的は「再生」以外の何ものでもない。まあ、ウソというかそういう次元ではないという答えではないでしょうか。何しろモーフィアスらが戦争だと命を懸けていた事すら予定されていたわけですから。
メロンビジアンの存在はなんというか、救世主ネオの存在を観客に哲学的にクリアにさせる役割を担っていると思います。ネオは「愛」を信じて行動している。一方メロは愛なんて物理作用に他ならず、全て説明可能だとう立場なわけですね。物語上、観客に一旦「メロの言ってることの方が論理的に正しいんちゃうん?」と思わせる役割があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、結局は初めからそういうプログラムになっているのであって人間もマトリックスに入ることによってそのプログラムに従って行動していただけということでしょうか?
メロビシアンは観客に分かりやすく説明するためのキャラクターであるということですね。私的にはかえって混乱させられましたが。

なんだか、やっと3を見れる段階までの疑問にまとまってきました。これで3を見ればなんとか理解できるかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/04 16:41

マトリックスリローデットとレボリューションは本当につながっています。


もともとは1つを映画上映時間などで仕方なく2つに分けて上映となっています。
よって片方だけ見ても意味不明な要素は当然あります。
リローデットの段階では全てを理解したことにはならず憶測の域になるでしょう。
レボリューションを見てから再度、腑に落ちない部分を考えてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りだと思います。ただ、前提というか設定みたいなものが理解できないと次をみても分からないんじゃないかなと思ったもので。でも、3を見てからまた考えた方がいいですね。

お礼日時:2003/11/04 16:34

マトリックスリローデッドを見る前にアニマトリックスを見るとよくわかるそうです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アニマトリックスですか、あれは単にマトリックスの世界を借りたゲームのようなものなのかと思っていたのですが、ちゃんと本編と連動しているんですね。

お礼日時:2003/11/04 13:29

あれは謎ですからねえ・・・・とりあえず答えられそうな者だけ・・・・


3、スミスはなぜエージェントじゃなくなり、今はどういう存在なのか?なんであんなにいっぱい出てきたの?
エージェントとはマトリックス内に進入してくる敵(ネオとかですね)を排除するために作られたプログラムですプログラムだから当然マトリックスのメインコンピューターにある程度力を抑制されていたり、現実世界(ザイオンとかがある方の世界ですね)には出られないといったことになります。しかしスミスは何らかの方法を使ってエージェントではなくなり、メインコンピューターの所属とは違う独立した存在になった。いっぱい増えてたのは、普通の一般の人に手を突っ込んでその人のプログラム(マトリックス内の人間はすべてコンピューターに管理されたプログラムのようなものなので)を書き換えて自分を何人も作って増殖したわけですね。これは僕の見解ですが、3で謎はあかされるんじゃないですかね?いよいよ公開ですね^^待ち遠しいですw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、今はもうマトリックスに支配されていない状態なんですね。それでネオにあの耳に付けていたイヤホンみたいなものを送りつけてお礼をいっていた理由がわかりました。マトリックスはあくまでコンピュータの世界ということを頭において見ないと理解しにくいですね。

お礼日時:2003/11/04 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマトリックスの見る順番について

今マトリックスのレボリューションズを見たんですが、マトリックスを見て暫く経ってるせいか、
話が飛んでるかのようで意味が繋がりませんでした。
まだマトリックスのリローデットを見ていないのですが、これがマトリックスの続きとなる
2作目なのでしょうか?
分かる方がいましたら、是非とも教えて頂きたく思い、ここに書く次第です。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いや~すごい順番でご覧になったようですね。

回答のほうですが、先に他の方が書いているとおりで、
製作年順でいうと
『マトリックス』
『アニマトリックス』
『マトリックス リローデッド』
『マトリックス レボリューションズ』
になります。

『アニマトリックス』はアニメ作品で、
劇場では公開されずDVDでのみ発表さた
マトリックスのスピンオフ作品です。
これはすっとばして他の3作品を観れば話はつながります。

ちなみに劇中時間軸でいうと順番は
『アニマトリックス』の中の数話
『マトリックス』
『アニマトリックス』ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリス
『リローデッド』
『レボリューションズ』
となります。ご参考までに。


人気Q&Aランキング