鳥山明が漫画家のプロデビューした頃のことが知りたいのです。
一つ目が、鳥山明が結婚したのは、何年ごろかご存知なら、教えて欲しい。
エピソードとして、ドラゴンボールの原案を何年ごろから、考えていたか知りたい。
プロデビューして、大当たりしたのは、ドクタースランプ アラレちゃんなのは知ってますけど、
アラレちゃんの連載が終わる頃には、ドラゴンボールの事を考えていたと思います。

友達の家が、鳥山明の近所だった事もあり、 まだ売れてない頃の漫画の絵柄入りのサイン色紙が
数枚残っているのです。 鳥山明が結婚した年に貰ったのですが、どうしても結婚の時期と、
書いた絵柄に矛盾点が有るので、アニメに詳しい方教えて下さい。

絵柄は、孫梧空の絵です。 他にも「がっちゃん」とか数点有るので。

「まんだらけ」の店員さんも、考え込んで、疑問点を指摘されました。
よろしくお願いします。 「サイン色紙は、店舗に預けてきました」
それまでに、こちらも回答が欲しいです。
本人が書いているのだから、贋作は無いので、作品の誕生の誤差を埋めたいのです。
調べても、結婚した年は、出てきませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

wikipediaによれば、ドラゴンボールが考案されたのはDr.スランプ終盤だそうです。


Dr.スランプ終了の条件として3ヶ月以内に新連載を始めろと言われ、考案したのがドラゴンボールだったと。
それも一発OKだったわけではなく、西遊記風、現代風を経て本編のような世界観になったようです。
とすれば、

1.孫悟空に似ているが実はもっと別の作品のキャラ
2.売れてない頃っていうのがご友人の勘違い

のどちらかであると思います。
2の可能性が高いと思いますが。
かめはめ派のエピソードに奥さんが出てきますので、やはり色紙が描かれたのはDr.スランプ~ドラゴンボール連載開始前後であることは間違いないと思います。
孫悟空だけでなくガッチャンなどDr.スランプの絵も入れたのはドラゴンボールが人気がなかったせいではないでしょうか。
初期の少年の冒険譚として描かれていたドラゴンボールはとても人気がなかったそうです。
Dr.スランプはヒット作品ですが、オタクではない一般人にまで広がるほどの知名度はなかったのかもしれません。
とすれば、売れてない時期というのはDr.スランプ以前ではなくDr.スランプ~ドラゴンボール初期を指すのではないかと思います。

それなら矛盾もありませんし。

この回答への補足

問題はとりあえず解決しました。 色紙が書かれたのは、結婚後1982年以降、
ドラゴンボールが連載された後だと思われます。
色紙に、ドラゴンボールとサイン、落款が押されてました。
現在「まんだらけ」の社長に、預けて有ります。
社長も、本物だと鑑定を頂きましたが、貰った時期がもっと新しいと言われました。何度も貰ってるので、勘違いでした。

鳥山明が結婚した時に、親交が有った友達の親に渡した絵は、色紙に、
しっかりと色が入れてあり、丁寧に書いて有るそうです。
数枚有るそうですが、ドクタ-スランプ アラレちゃんのメインの登場人物が
書かれているそうですが、約30年前の作品で、押入れの奥に眠っている
そうです。 現在友達も、大慌てで、自宅の押入れを捜索してるそうです。

地元には、鳥山明のサイン色紙が、価値も判らず、眠っているそうです。
趣味で書いていた頃の漫画の下書きが残っているくらいですからね。
地元のイベントで、似顔絵を書いていた時代も有りますからね。

補足日時:2011/11/18 01:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一枚のみ、まんだらけに持ち込み、 買い取り成功でした。
先週のガッチリマンデーで偶然にも、私の色紙が取材時に、テレビに出ました。
社長、自らの鑑定でした。 私の家にも、友達の家にも、まだお宝が寝てます。
次回の買取も 要望を受けてしまいました。

お礼日時:2011/12/16 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラゴンボールのパロディ漫画は鳥山明に権利費用払ってるの?

世紀末リーダー伝たけしとかその他の漫画家も鳥山明の大ヒットドラゴンボールのパロディを作中に登場させてますが鳥山明本人にちゃんと許可をとってるのでしょうか?また権利費用は払ってるのでしょうか?
僕的に二流三流あたりの漫画家が勝手に作品を汚してる感があって
ウケを狙ってるつもりなんでしょうが腹ただしいんですよね…。
どなたかこのあたりに詳しい人お願いします。

Aベストアンサー

少なくとも、『世紀末リーダー伝たけし!』はジャンプ連載作品ですから、編集者の目は通っているわけで、まったくの無許可とは言えませんね。
作家同士が知り合いなら、電話1本で断りを入れるとか、事後承諾なんてパターンもあるでしょう。

他のパロディにしても、そもそもパロディにされるというのは人気があるということですから、小さなことにはいちいち目くじら立てる人もいないのではないかと。もちろん、作品のイメージを著しく傷つけるようなものなら、文句も言うでしょうが。

細かいパロディの場合、特に契約が結ばれていなければ、権利料などは払っていないでしょう。払うべき、と作者や編集が判断すれば請求するでしょう。

質問者さんは、もちろん鳥山氏が『Dr. スランプ』で、数々の円谷プロ作品のキャラクターを無許可で使ったことはご存じですよね。
円谷プロはこの態度にも鷹揚に対応したらしいですが、新装版ではこれらのキャラクターは描き替えられているそうです。
つまり、当時の鳥山氏は「無名に近い存在だから、まあよしとした」が、「今はメジャー同士なので、線引きはちゃんとしましょうね」ということです。

少なくとも、『世紀末リーダー伝たけし!』はジャンプ連載作品ですから、編集者の目は通っているわけで、まったくの無許可とは言えませんね。
作家同士が知り合いなら、電話1本で断りを入れるとか、事後承諾なんてパターンもあるでしょう。

他のパロディにしても、そもそもパロディにされるというのは人気があるということですから、小さなことにはいちいち目くじら立てる人もいないのではないかと。もちろん、作品のイメージを著しく傷つけるようなものなら、文句も言うでしょうが。

細かいパロディの場合...続きを読む

Q【鳥山明が天才なのか子供がバカなのか?】 子供がドラゴンボールに熱狂している。 これは果たして

【鳥山明が天才なのか子供がバカなのか?】


子供がドラゴンボールに熱狂している。

これは果たして鳥山明が天才だからなのでしょうか?

子供がバカだからでしょうか?

ワンピースを見ても大人になったらなぜ熱狂していたのか分からなくなる。ということは鳥山明は天才だったからじゃなくて子供がバカだったからかなと思ったり。どうなんでしょう。

大人でドラゴンボールにまだ熱狂している人は完全にバカですよね。

Aベストアンサー

特定の顧客層の望むモノを的確に把握してピンポイントで提供する

ゆえにコアな顧客層の支持は盤石だが、それ以外の人には全く見向きもされない・・・・

トランプ現象の解説で聞いた話だが、ここにも当てはまるのでは?

Q鳥山 明 さんのマンガについて

ドクタースランプでは、アメリカナイズされたそれでいて、どこか、日本の昔の田舎を思わせる畑や山、かかし、農夫?などが出てきます。

 ドラゴンボールでは一転して、中国拳法を 西遊記をベースにして描かれていますが、(亀仙人の島はハワイのような小島?ですが)それぞれ、深い、興味や
憧れなどが、作者に影響があり、相当、教養もあったのでしょうか? 

 ブルースリーやジャッキー・チェンが大好きとか
ジャッキー・チュンという名前で、亀仙人が出場するくらいですから、天下一武道会に。

Aベストアンサー

浅学ですが、回答致します。

鳥山明氏は、「鳥山明 スペシャルイラストレーションズ」という最初の画集の中でのちっこい記事に、「連載開始当初、鳥山明は中国に非常に関心を持っていた」とあるので、それまではアメリカを舞台としたような物語を描いて来た面もあり、中国に関心を持ったのは、Dr.スランプ終了前後、というのが伺えます。
また、表紙カバー折り返し部分の著者近影にも中国人民服の帽子を被っている姿を書いている等、中国への「デザイン的な」関心は人並み以上のものだった事が伺えます。

が、作中、短編「Mr.ホー」の中で、Mr.ホーは名前から明らかに中国人であるのに対し、舞台は明らかに中国ではなく、南北戦争をモチーフに出している事から中央集権的で他所を制圧する、という中華思想的なものは書かれていません。

ですので、中国に対して、デザインやデザインを作成する上での思想的な憧憬は持っていたものと思われますが、政治思想などの中国のコアとなる部分に対し、マンガにて触れていない、という事は、思想的な中国のマイナス面での教養(プロバガンダによる影響)は幸いにも受けておらず、デザイン等の良い部分に関してはかなりの造詣を持っていると思われます。

鳥山氏の根底は
1.キャラの底抜けな強さ
2.デザイン
3.ギャグ
4.メカ
で構成されており、1・2の要素を満たす材料としてマッチングしたのが中国というものだったのでしょう。
この面の研究で鳥山氏を超える人はいないと思いますが、その他の中国の面に対して、鳥山氏自身の興味はかなり薄いものだったと憶測できます。

浅学ですが、回答致します。

鳥山明氏は、「鳥山明 スペシャルイラストレーションズ」という最初の画集の中でのちっこい記事に、「連載開始当初、鳥山明は中国に非常に関心を持っていた」とあるので、それまではアメリカを舞台としたような物語を描いて来た面もあり、中国に関心を持ったのは、Dr.スランプ終了前後、というのが伺えます。
また、表紙カバー折り返し部分の著者近影にも中国人民服の帽子を被っている姿を書いている等、中国への「デザイン的な」関心は人並み以上のものだった事が伺えます。

...続きを読む

Q鳥山明作者交代説について

友人が言っていたのですが、「Dr.スランプ」を描いた鳥山明は「ドラゴンボール」の描いている途中で、少年ジャンプのやり方(なんでもトーナメントにする)に嫌気がさし、「ドラゴンボール」の作品と「鳥山明」の名前を他者に売って、ドラゴンボールの初期の頃と途中で作者が変わったと言うのですが、本当でしょうか?もしくは、そんな都市伝説ありました?色々ググってみたけど見つかりませんでした。その友達は、
「これっ有名な話よ」と言ってたけど、かなり信じられません(^_^;

Aベストアンサー

ちょっとよく思い出していたら、その噂があったのは当時中学生の頃だからフリーザ編を描いていた頃でした。
まぁこの手の似たような噂はよくあって、「高橋名人が詐欺で警察に捕まった」とか。
これの真相は、警察で一日所長をしたのを誤って噂になって広まったんだけど…。
鳥山明の影武者説はまだいい方で、実は本物は死んでいてゴーストライターが描いているという酷いのもあったり。
有名なだけにこの手の噂はいっぱいありましたよ。

「雑誌に載っていたのを…」って言ってるようだけど、「らしい」と言っているのであれば又聞きで色々根も葉もない脚色がされているだろうし、仮に本当に載っていたとしてもそういう噂話を載せるような雑誌は「GON!」のようなB級ネタ雑誌だと思う。

鳥山明氏がマジュニアとの天下一武道会でドラゴンボールを辞めたかったのは本当のようで、編集部の延命処置によって描かされているというのが噂になってそれにある事無い事つけられ各地で噂になったんだと思いますよ。
友達と会話のネタみたいな扱いだったから、ネットで検索しても出てこないのだと思います。


#1の方が書いているのは、アニメについてですね。
アニメは漫画とは制作環境も制作会社も違うので、違っていて当然だし原作者があまりタッチしないのはアニメの制作があまりにも時間的制約が多く関わっている人も多い為小回りが利かない為です。
手塚アニメの弊害ともいえますが…
これは、鳥山明氏とは無関係の事柄です。
アニメとは、そういうものです。

#2の方が書いているアシさんの事もかなり有名。
鳥山氏の才能に惹かれて才能を持った人が集まってくるという良い循環があった時期もありました。


書き足りなかった部分を補足できたと思うので終わります。

ちょっとよく思い出していたら、その噂があったのは当時中学生の頃だからフリーザ編を描いていた頃でした。
まぁこの手の似たような噂はよくあって、「高橋名人が詐欺で警察に捕まった」とか。
これの真相は、警察で一日所長をしたのを誤って噂になって広まったんだけど…。
鳥山明の影武者説はまだいい方で、実は本物は死んでいてゴーストライターが描いているという酷いのもあったり。
有名なだけにこの手の噂はいっぱいありましたよ。

「雑誌に載っていたのを…」って言ってるようだけど、「らしい」と言...続きを読む

Q鳥山 明氏に手紙を出したい!

米国で小学5年生の男の子に日本語を教えています。
その子はドラゴンボールが何よりも好きで将来日本にいる鳥山氏に会いに来たいと
いうことで今一生懸命日本語の勉強をしています。
そんな彼にひらがなとカタカナを上達してもらう意味も込めて「鳥山 明に手紙を書こう!」と言うとそれ以来さらに必死になって勉強をするようになりました。
ところが肝心要の鳥山氏の住所またはファンクラブの住所が見つけられません。
彼をがっかりさせるのはあまりにも可哀相なのです、どなたか何でもいいので情報を知っている方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

漫画家などの本人の住所はまず教えてくれません←ファンが殺到するため。
そのため、普通ファンレターなどは出版社を通して送ることになります。
鳥山明先生ならば、ジャンプですので集英社だと思います。
集英社の住所は、

〒101-8050
東京都千代田区一ツ橋2-5-10
株式会社 集英社

です。
また、メールで良いのであれば、参考URLからメールを出すことができるようです。
以上、ご参考になれば。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/rforum/fanime/fanclb/bird/about/p_policy.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報