『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

上手く聞き取れませんでした!
要約でいいので、財前が最期に語った言葉の内容を教えて下さい。

A 回答 (9件)

あのシーンは、確かにわかりにくいですが、一応こんなカンジで。



里見・・・一言ぐらい祝いの言葉・・・転移ではない・・・カクシュクシクシンテイだ・・・正解は・・・カロジテジンケンカ・・・二人で・・・二人で・・・里見・・。

里見助教授に「決心してくれたのか?!やっとがんセンターの内科部長を引き受けてくれた。これで僕のがんセンターも盤石だ」とか死んだ佐々木さんに「あなたもガンセンターに入院されたらどうですか?ベッドは空けますから。僕はセンター長ですからね。」

というセリフの後、上のセリフが続きます。セリフの意味は、はっきりとはわかりませんが、おそらく財前教授は、誰よりも信頼でき、ライバルでもあった里見助教授と一緒に医療の現場で働きたかったのでしょう。でも、自分の体がもたないので、最後の手紙でもがん治療の今後のあり方に関して一番期待&信頼している里見助教授に研究を託したと思います。里見はやってくれると信じて・・・。
    • good
    • 6

#4,6です。


自分の回答の補足です。

財前の、がんの根絶に対する夢だったのですね。

ムダに回答数を増やしてすみません!
何度も失礼しました。。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答有難うございます。一夜明けて見たら予想以上の回答数でビックリしました。失礼とは思いますが、ここでまとめてお礼させて頂きます。
やはり白い巨塔、凄いですね。何度も補足して下さった方もわざわざ有難うございます。録画していなかったので確かめようもなく、とても気になっていたので助かりました。最期の言葉というよりも、うわ言だったんですね。里見医師に対する言葉に悲しくなりました。最後に、本当に皆さん有難うございました。スッキリしました。

お礼日時:2004/03/19 23:13

間違えていました。



「さあ、あなたもがんセンターに入院されたら、ベッドはあけますよ」
 ↓
「佐々木さん、あなたもがんセンターに入院されたら、ベッドはあけますよ」

あと、

 隠していないんだ※

は、もう一度聞き直したら、やはりこれでいいように思います。
    • good
    • 4

分かった!



変えるんだ
ふたりで
世界を
里見、里見・・
    • good
    • 11

里見に臨終の際に言った言葉、ですよね。



「さあ、あなたもがんセンターに入院されたら、ベッドはあけますよ」
「ぼくはセンター長ですからね」
「里見、ひとことくらい祝いの言葉」
「転移ではない
 隠していないんだ※
 世界は代わりに人間が…
 ふたりで…ふたりで…里見…」

何度もテープを巻き戻して聞きなおしたのですが、どうしても※のところは、聞き取れません。
他の部分は自信あり。
    • good
    • 6

#3の方の補足。



(佐々木庸平さんをすぐに受け入れる、と言ったくだり。)
『僕はがんセンターのセンター長ですから。』

・・・切なかったですね。。
    • good
    • 16

遺言の言葉は、1番の方の言う通りです。


臨終間際の言葉は、佐々木洋平さんが入院したいなら、直ぐにベットを(部屋)を空ける。(用意する)

里見に内科部長を引き受けてもらってうれしい。
以上のような言葉を言っていた気がします。
(実際引き受けていませんが、以前から願っていたから)

他は覚えていません。
    • good
    • 2

私たちも何と言っていたのか気になって


何べんもビデオを再生してみましところ、
こんな感じでした。


  里見 一言くらい祝いのことば・・・

  転移ではない・・・カクシクヒンテヒンテ
  世界は・・・ カエルの実験が・・・・・・

  ふたりで・・・ふたりで・・・里見・・・


ん~・・・本当は何なんでしょうね?
    • good
    • 0

「ガンの専門医でありながら早期に発見できなかったことを恥じる。



こんな感じでしょうか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白い巨塔の特別編:柳原のその後について

白い巨塔で最終回の翌週に特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘(伊藤英明)のその後が描かれいたそうなのですが、どのようにその後が描かれていたのでしょうか?
柳原先生はやはり地方に飛ばされたのでしょうか?
その他、特別編でダイジェスト以外に新たに描かれていた内容をなるべく詳しく教えて下さい。
亀山とは?
里見は?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1様の御回答にもありますが、財前派は一掃され、金井と柳原だけが残ります。
ある日、5年前に財前が癌の手術を行った患者の再発が発覚し、綿貫新教授が、柳原にその患者へのがん再発の告知を一任します。患者にとっての良い告知方法がわからず柳原は悩みます。ある日癌センターに講義に来ていた里見先生と会い、自分なりに答えを見つけ、患者さんと心を通わせるといったストーリーでした。
柳原先生が少し成長したようなお話でした。
亀山看護師さんとの話は全然ありませんでした。
里見先生と東教授の娘の話もまったく・・・です。

Q『白い巨塔』柳原と華子さんの今後(続きを知りたくない人は見ないで下さい)

いったいどうなるんでしょうか?私個人としては、財前たちの思惑を超えて、1対1の男女として、あの2人がいい感じになってくれればなーと思ったのですが。

Aベストアンサー

 こんにちは。 あれ?以前にも巨塔がらみでお会いした気が・・・。またお邪魔します(^^)

 柳原は、財前達の思惑に気付いています。公式HPにも載ってましたよね。だからこそ、華子さんを家まで送った後、「はっ」と良心に耐えかねてタクシー飛ばして佐々木親子の姿を見守りに行ってしまったのでは。
 そう、彼は今、日本一悩める男なのでは(^^;)

 だから、原作でもこの先本気で華子さんを好きになることはありません。彼女の方はすっかりその気で柳原のアパートを訪ねたりしますが、柳原は彼女を見るたび、またまた良心の呵責に苦しむわけです。
 そんな柳原が一回だけ、勢いで華子さんと無理矢理関係を持ってしまいます。それは、愛情云々でなく、様々な感情が高まっての行動だった気がします。なので、終わった後、またまたまた良心の呵責に悩みます(^_^;)

 柳原が悩みから抜け出す道はただ一つ。法廷での財前のある一言がきっかけで、今までのもやもやを爆発させる彼ですが、その結果は下の回答者さんたちのとおりです。残念ながら、柳原と華子がいい感じになることはないんですよね。

 ただ、彼は自分の出した結論に決して後悔していません。ドラマだと、この辺に亀山君子が絡んでくるのかなあ?原作だと、亀山ナースは結婚して妊婦さんになってる設定ですから、それがないってことは、もしかするかも・・・??です!(^^)!
 

 こんにちは。 あれ?以前にも巨塔がらみでお会いした気が・・・。またお邪魔します(^^)

 柳原は、財前達の思惑に気付いています。公式HPにも載ってましたよね。だからこそ、華子さんを家まで送った後、「はっ」と良心に耐えかねてタクシー飛ばして佐々木親子の姿を見守りに行ってしまったのでは。
 そう、彼は今、日本一悩める男なのでは(^^;)

 だから、原作でもこの先本気で華子さんを好きになることはありません。彼女の方はすっかりその気で柳原のアパートを訪ねたりしますが、柳原は彼女を見る...続きを読む

Q白い巨塔の最後のセリフ

白い巨塔の財前の里見に宛てた手紙の中で、「しかばねがナンタラカンタラ・・・」ってありますよね?

何て言ってたか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは
いかが全文です。
財前、男前ですね。
-------
里見、この手紙をもって、僕の医師としての最後の仕事とする。
まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい。
いかに、がん治療についての愚見を述べる。
がんの根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは
今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであり、発見した時点で
転移やはしをきたした進行症例がしばしば診うけられる。
その場合には、抗がん剤を含む全身治療が必要となるが、
残念ながら、いまだ満足のいく成果にはいたっていない。
これからのがん治療の飛躍は、手術以外の治療法の発展にかかっている。
僕は、君がその一役を担える数少ない医師であると信じている。
能力を持ったもには、それを正しく行使する責務が
君にはがん治療の発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、がんによる死が、この世から無くなることを信じている。
ひいては、僕の屍を病理解剖の後、君の研究材料の一石として役立ててほしい。

「屍は生けるしなり。」

なお、自らがん治療の第一線にある者が早期発見できず、手術不能のがんで死す事を
心より恥じる。

こんばんは
いかが全文です。
財前、男前ですね。
-------
里見、この手紙をもって、僕の医師としての最後の仕事とする。
まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい。
いかに、がん治療についての愚見を述べる。
がんの根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは
今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであり、発見した時点で
転移やはしをきたした進行症例がしばしば診うけられる。
その場合には、抗がん剤を含む全身治療が...続きを読む

Q白い巨塔の最終回

再放送で初めて白い巨塔を見てハマりました!
それが、よりによって最終回をビデオに撮ったら最後の最後で途中で切れてました(泣)
財前が里見に送った手紙(遺書)の内容を教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

この手紙をもって、僕の医師としての最後の仕事とする。
まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい。
以下に、癌治療についての愚見を述べる。
癌の根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、発見した時点で転移や播種をきたした進行症例がしばしば見受けられる。
その場合には、抗癌剤を含む全身治療が必要となるが、残念ながら、未だ満足のいく成果には至っていない。
これからの癌治療の飛躍は、手術以外の治療法の発展にかかっている。
僕は、君がその一翼を担える数少ない医師であると信じている。
能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
君には癌治療の発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、癌による死が、この世からなくなることを信じている。
ひいては、僕の屍を病理解剖の後、君の研究材料の一石として役立てて欲しい。
屍は生ける師なり。
なお、自ら癌治療の第一線にある者が早期発見できず、手術不能の癌で死すことを、心より恥じる。

この手紙をもって、僕の医師としての最後の仕事とする。
まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい。
以下に、癌治療についての愚見を述べる。
癌の根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、発見した時点で転移や播種をきたした進行症例がしばしば見受けられる。
その場合には、抗癌剤を含む全身治療が必要となるが、残念ながら、未だ満足のいく成果には至っていない。
これか...続きを読む

Q白い巨塔の大河内教授の立場って…

どういう設定なんでしょうか?

年齢的に学部長より上だから、それで偉そうにしてるってのは
まあ分かるとして、東教授とは同い年ですよね?
でも、東教授は退官なのに大河内教授はまだ退官しないみたいだし…

あの人はどういう立場に設定されてるんでしょうか?

Aベストアンサー

大河内教授は、前医学部長という設定のようです。
国立の医学部長を務めると、定年は5年延びるとのこと。
確かに、印象通り大河内教授は最長老なのでしょう。
小説の引用だそうですが、東教授は『定年退官』、大河内教授と鵜飼教授は『退陣』。
(ドラマでも、『じきに大河内・鵜飼といった大物が退陣を迎える』というセリフがありました。)

医学部長を務めると、別格になるということでしょうか?
今回の再ドラマ化は25年前(?)10回くらい短い
みたいですね。
かなり省略している部分が多いのでは、と感じます。

ちなみに私は、前作の時代は小学生だから記憶にないし、原作もまだ読んでいません。
今回の唐沢くんのドラマを、ただただ楽しみに観ています☆

Q白い巨塔の鵜飼医学部長のすい臓ガンの見落とし、あのまま放置していたらどうなる?

いまさらながら白い巨塔(フジ 唐沢主演版)をDVDで見ています。
この話には序盤にすい臓ガンをめぐる話が出てきます。
「鵜飼医学部長が胃がんと診断した患者に対し、慎重派の里見助教授が何度も検査したところ、すい臓ガンも見つかった。
 そこで財前助教授に手術を依頼すると彼は一旦引き受けたものの、患者が鵜飼医学部長の患者であり、鵜飼教授はすい臓ガンは見落としていることを知ると
”鵜飼医学部長がすい臓ガンを見落とした患者を手術したら鵜飼教授の診断に異見したことになる。教授昇格を目の前にしてのトラブルはごめんだ。”
と途端に断る。
 結局は里見助教授が説得し、財前助教授もすい臓ガンの手術というめったにないチャンスを魅力に思い、鵜飼教授に対する適当な口実を思いついて手術を実行する”
という一件です。

もし、この場合、すい臓ガンを見落としていたらどうなったのでしょうか? ストーリー中で”すい臓ガンは手遅れになると手術不能になる”とまでいっていますが、もし手遅れで患者が死んだら誰の責任になるのでしょうか?

詳しい方、ご解説をお願いします。

閑話休題
東教授の娘役で出演していた矢田ちゃんが劇中で父・東教授から結婚の話題を振られた場面で、
「私は(医者である)お爺様ともお父様とも違い世界の方と一緒になりたいと思っています。」
と言っていましたが、一緒になった相手は「おクスリ大好き!」という、ある意味同じ世界の人でしたね。もう別れたけど。(現実と劇と混同してすんません)

いまさらながら白い巨塔(フジ 唐沢主演版)をDVDで見ています。
この話には序盤にすい臓ガンをめぐる話が出てきます。
「鵜飼医学部長が胃がんと診断した患者に対し、慎重派の里見助教授が何度も検査したところ、すい臓ガンも見つかった。
 そこで財前助教授に手術を依頼すると彼は一旦引き受けたものの、患者が鵜飼医学部長の患者であり、鵜飼教授はすい臓ガンは見落としていることを知ると
”鵜飼医学部長がすい臓ガンを見落とした患者を手術したら鵜飼教授の診断に異見したことになる。教授昇格を目の前...続きを読む

Aベストアンサー

見落としたすい臓癌を、その後どの時点で正しく診断できるかによるでしょう。
手術可能なすい臓癌を診断するのは非常に難しいのです。だから、すい臓癌の手術は滅多にないチャンスなのです。
見落としのために手術不能になり、患者が亡くなった場合、見落とした鵜飼医学部長の責任が問われるでしょうが、手術可能な時点で診断するには非常に高度な能力が必要です。誰が見ても明らかなほど進行してしまった時点でもまだ見落としたままなら、鵜飼医学部長の責任は重大ですが、ある程度進行して一般的な医療レベルで診断できるようになった時点で見落としに気付き、その時点ではすでに手術不能であったという事なら、医師として一定の責任はあるでしょうが、法的な責任が生じるかどうかは、微妙です。また、大学病院の教授が診断できなかったのだから、仕方がない・・・と言うような流れになることもあると思われます。
里見助教授のような有能な医師がいたことが、この患者さんにはラッキーだったと思います。

Q白い巨塔の若村麻由美さんについている『友情出演』について

白い巨塔に財前夫人役で出演されている若村麻由美さん。ずーーっと、『友情出演』て出てますけど、どうしてですか?『友情出演』とクレジットされる時って、わたしはチョイ役だけど出演者が有名な人または主演俳優さんと特別仲良しさんっていうイメージがあったんですが…若村さんは唐沢さんか江口さんと仲良しさんだからこういうクレジットが特別に出てるのでしょうか?でも、財前夫人役はレギュラーだし、こういう表記がおかしいと思うのですが…。

Aベストアンサー

こんにちは。
http://allabout.co.jp/entertainment/drama/closeup/CU20020212/
ここのサイトがわかりやすいと思います。役者の「格」が大きく関係しているようですね。

Q白い巨塔。(バカな質問でごめんなさい)

白い巨塔(2003)を再放送で見ています。
裁判のところで疑問を感じた事があります。
東教授は原告側の弁護士から証人尋問の以来を受けた際に「財前君は私の育てた優秀な外科医だ!」と言って断っていました。
しかし、後日に里見元助教授の所に訪問をし死亡した患者の手術日と自分の退官の日が一緒だったのに気付いた瞬間、怒りを露にしていました。その時に東教授は「たった一つの事で、そんな事を!」と激怒。
意思を変え、裁判に協力する事になります。

この”たった一つのこと”とは何なのでしょう?
退官日と手術日が重なった事とは違いますよね?

あと、財前教授のミスは最初に話を持ちかけられた時には知っていたはず。そして確執もありました。協力するなら最初の時に承諾すべきではないのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1です。

この間から、「白い巨塔」のビデオを第一話より見返していました。

問題の台詞ですが、

「そんなことのために・・・。
 そんなことのために患者ひとり死なせてしまったのか。。。」

でした。

東・前教授ははじめ、財前教授が誤診をしたかどうかが
裁判で問題にされていると思っていたようです。

佐々木傭平さんの肺の影は、実際はガンの転移であったのですが、
それを炎症性変化と誤診して、佐々木さんの手術に踏み切ったと
思っていたようです。

ふつうガンの治療は、転移があったら手術せず、抗がん剤や
放射線といった化学療養を行うようです。

だから、佐々木さんの肺の影が、ガンの転移かも?と疑われたのなら
手術は延期して、肺の組織検査をおこない、本当にガンの転移か
炎症性変化かを調べるべきだったのです。

財前教授は、肺の影を本気で炎症性変化と思いこんでいたわけでは
なく、ガンの転移の可能性もあると気づいていました。

それにも関わらず、また里見先生や柳原先生の「手術をする前に、
肺の検査をすべきだ」という忠告を頑として聞き入れずに、
「これは炎症性変化だ!」と主張して、財前医師は手術に
踏み切りました。

それは何が何でも12月26日に手術をしたかったからです。
もし、肺の組織検査を行って、手術はその結果待ちということなら
12月26日に手術ができなくなってしまう。。。

12月26日は、東・前教授の退官日で、最後の教授回診の日です。
いつもは教授回診というと、まるで大名行列のように何十人もの
スタッフを引き連れて教授は総回診を行います。しかしもし
教授回診の日、財前医師にオペが入れば、スタッフのほとんどは
オペにかり出され、東・前教授の最後の総回診は閑古鳥が鳴いたもの
のように、寂しいものとなってしまいます。

東・前教授との間に確執があった財前医師は、何がなんでも
前教授の最後の総回診の日にオペを入れたくて、佐々木さんの
食道がんのオペを強行したのです。

そしてその事実(東・前教授の最後の総回診の日を台無しに
したいがために、佐々木さんの十分な検査もせず、(必要のない)
オペを強行した事実)を里見医師より知らされて、東・前教授は
憤慨し、裁判の原告側証人に立つ決意を固めたのでした。 
   

NO.1です。

この間から、「白い巨塔」のビデオを第一話より見返していました。

問題の台詞ですが、

「そんなことのために・・・。
 そんなことのために患者ひとり死なせてしまったのか。。。」

でした。

東・前教授ははじめ、財前教授が誤診をしたかどうかが
裁判で問題にされていると思っていたようです。

佐々木傭平さんの肺の影は、実際はガンの転移であったのですが、
それを炎症性変化と誤診して、佐々木さんの手術に踏み切ったと
思っていたようです。

ふつうガンの治療は、...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Qよく理解できない「白い巨塔」のミッチー(及川光博)

ミッチー(及川光博)が、フジの「白い巨塔」に財前側弁護士役で出るみたいですが、ミッチーって裏でやっているTBSの「マンハッタン・ラブストーリー」に出てるじゃないですか。
たとえ、こっちが終わってからと言っても、それまで同時期に裏でやっていたドラマにほいほい出るのって、何か理解に苦しみます・・・・。
この瞬間も、「白い巨塔」のリハーサルや収録でもしてるのでしょうか?
それとも、ドラマを見て役作りしているのでしょうか?
何か、「マンハッタン」のスタッフや視聴者を馬鹿にしているみたいです・・・。

Aベストアンサー

真裏なのでライバルといえばライバルですが、放送上ミッチーの出演する時間が重なってさえいなければよしとされること、業界の暗黙の了解になっているのではないでしょうか。

このところのミッチーは、一時あった勢いも弱まってしまい、音楽も俳優もいまひとつぱっとしない状態だったように思います。
ミッチーや事務所にとっては、「マンハッタン」も「白い巨塔」もどちらもぜひ取りたい仕事だったはず。
だから事務所の管理ミスということはないでしょう。
というより、連続して話題のドラマに出るなんて、願ってもないチャンスだと思います。

放送時間が重なっていないということで、一応業界的には不義理はしていないということになるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング