プロが教えるわが家の防犯対策術!

素朴な疑問なんですが、
なぜパーマは「あてる」「かける」と2種類の言い方があるんですか。
あてるとかけるじゃパーマの内容がちがうんですか?

以下自分の想像です。
あてる→オバサンパーマ、おじさんパーマ、ソバージュなどの古いパーマ
かける→ふんわりオシャレ系やデジタルパーマなど?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No3です。



そうですね、今でも関西圏の方は「パーマをあてる」という方が非常に「多い」です。
20代前半くらいの層あたりから「かける」を使う人がそこそこ出てきたそうです。
しかし、普段家で家族が使っている「あてる」の方が馴染みがあるのか「かける」はまだそこまで市民権を得ていないようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気になったので自分でも大阪市在住の友達にきいたら「私も妹もパーマ当てるはいわへんよ」とのことでしたが・・・・・・

お礼日時:2015/01/21 13:15

京都や大阪などの関西地域では「あてる」が一般的。


関東では「かける」が一般的ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたにも同じこと聞きますが、今も関西圏の人はパーマはかけるじゃなくて、あてる、といっているのですか?

お礼日時:2015/01/13 17:29

私は 大阪 47歳です



母や私は 「あてる」「今日、パーマ あててん」ですが

甥っ子(若者は)「 かける」と、言ってますね~

年代でも変わってくるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年代ですか。
たしかにまわりであてるを使う人はいません。

お礼日時:2015/01/13 17:28

厳密に言うと内容が違うということになるでしょう。



昔のパーマは、ハンドコテを使っていました。
このコテは動詞的に、「当てる」を使用できるために「パーマをあてる」という言い回しが一般的でした。

一方「パーマをかける」ですが、これは最近では薬剤を使用してウェーブ等をだします。
従って、薬剤を使用することから「かける」になったと考えられます。
麻酔などの薬剤なんかが「かける」を使いますよね。

このように厳密に言うとですが、内容が異なります。
パンチパーマなどのコテを使用するパーマは「あてる」で良いのではないでしょうか。


また、おおまかにですが地域的に関西圏(大阪、京都)あたりでは「あてる」が一般的で、その他の地域では「かける」が一般的です。

マイノリティ、マジョリティで別けるのならば、「あてる」がマイノリティで「かける」がマジョリティです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では今も関西圏の人はパーマはかけるじゃなくて、あてる、といっているのですか?

お礼日時:2015/01/13 17:27

あてる・・・は、関西弁かな?


地域により言い方が違うだけで、実は同じ意味かな?
とも思いますが

本来パーマは あてる ものでした。

熱した棒に髪の毛を巻きつける → あてる
これが、亜硫酸水素ナトリウムを用い加温(40~50℃)することで
パーマがかかることを誰かが発見してからは
パーマをかける、に変わります。

パーマの内容としては同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱した棒、恐ろしいですね、
内容は一緒ですか。

お礼日時:2015/01/13 17:26

昭和のパーマ機の使い方が 当ててのパーマの かけ方だったからだと 思います



http://radjalopy.blogspot.jp/2013/01/33.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと良く理解できあmせん。

お礼日時:2015/01/13 17:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーマをあてる?かける?

私は大阪に住んでいます。私はパーマは、
“あてる”と言います。もちろん周りもそう言います。
でも、嫁はパーマを“かける”と言います。
嫁は東北出身です。大阪に出てきて初めて“あてる”
と言ってるのを聞いてへんだなあと思ったそうです。
一体どっちが正しいのでしょうか?
またどこの地域では“あてる”と言って、どこの地域では“かける”と言うのでしょうか。
いろんな方にお聞きしたいです。

Aベストアンサー

 a_820さん、こんにちは。
 私は東京の人間ですが、パーマは「かける」と言います。共通語でも「パーマをかける」と言うことになっています。しかし、「パーマをあてる」という言葉を聞いても意味は分かりますし、特に違和感はありません。
 「パーマをあてる」は主に大阪、京都を中心とする関西圏で使われる言い方です。その関西を中心として西は岡山県から広島県の一部、東は三重県伊勢地方から愛知県の一部にかけて「パーマをあてる」という言い方が点在しています。
 「パーマをかける」という言い方は主に静岡県と石川県のあたりを結んだ線より東側から北海道にかけてと、中国地方、九州地方などに分布しています。
 北海道でも南部の一部地域では「パーマをあてる」という言い方が存在し、四国地方や九州地方では地域によって「パーマをかける」、「パーマをあてる」の二つの言い方が混在しています。
 言い換えると、「パーマをかける」という言い方が日本の広い範囲に分布しており、「パーマをあてる」という言い方はその真中に割り込んで存在していると言えます。
 martinbuhoさんがおっしゃっているように、「かける」、「あてる」という言い方の違いはパーマネントの歴史と関係しており、本来パーマは「あてる」ものであったのが、後に「かける」ものへと変わったために、「パーマ」に使われる動詞も変化したのです。「パーマをあてる」という言い方は「パーマをかける」という言い方に比べて歴史のある言いかたです。関西地方で発展した「パーマをあてる」技術が西へ東へと伝播して行く過程の中で生まれたのが「パーマをかける」という言い方です。ですから、どちらも正しい言い方です。

 

 a_820さん、こんにちは。
 私は東京の人間ですが、パーマは「かける」と言います。共通語でも「パーマをかける」と言うことになっています。しかし、「パーマをあてる」という言葉を聞いても意味は分かりますし、特に違和感はありません。
 「パーマをあてる」は主に大阪、京都を中心とする関西圏で使われる言い方です。その関西を中心として西は岡山県から広島県の一部、東は三重県伊勢地方から愛知県の一部にかけて「パーマをあてる」という言い方が点在しています。
 「パーマをかける」という言い方...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング