アカギというアニメで、鷲巣がイーピンでロンと言って上がろうとしたのですが、隣の安岡って人もロンで上がり、鷲巣は怒っているシーンがあります。
これは安岡のロンが鷲巣より優先されるからですか?また麻雀の上がりに優先順位はあるのですか?私は麻雀にあまり詳しくないので、教えてください!

A 回答 (2件)

ワシズ麻雀はの特殊ルール



1.牌の半分が透明牌
2.専用卓使用で、手掴みで自摸るので、ゴム手袋使用
3.双方二人組の組麻雀(仲間の差し込みは血が抜かれない)
4.ダブル・トリプルのロンがない、(上家優先)

ご質問は、一筒で鷲巣と安岡のダブロンで、安岡が上家だったので、鷲巣のアガリが無効になった訳です。

ま~そもそも赤木と安岡はコンビなので、コンビ打ちで差し込みは普通です。
    • good
    • 0

頭はねでしょうね。



上りには優先順位があります。ロンの場合、東南西北の順で、自分より先にツモする人が優先です。その卓でダブロンアリというルールであれば、同時のロンはすべてが有効となるものと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ「アカギ」に出てくる鷲巣麻雀牌(透明の牌)で遊んだ方

インターネットなどでよく売られている、アニメ「アカギ」に出てくる鷲巣麻雀牌(透明の牌)で遊んだ方みえませんか?
本家である市川屋のものは良質ですが、値段がとても高いため、類似品(透龍牌や三透牌、鷲巣麻雀牌などと呼ばれているものです)を検討しています。
これらの牌を使って実際に遊んだことのある方の感想を聞きたいです。類似品は透明度が低く、相手の牌が結構見にくいという話を聞いたことがあるので、特に透明度という観点から不便ではないかどうかを中心にご回答いただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こういう質問があることにビックリしましたが。
実際に「鷲津牌」を使って麻雀をしたことがあります。
なお買ったのでなく麻雀大会の賞品としてもらったものなので本家のものか類似品かはわかりませんが、大会主催者は竹書房からもらったというので、本家のものである可能性は高いです。

対面の牌はまるわかりですが、下家・上家の牌は確かに見にくいです。
しかしこれは透明度の問題ではなく、絵柄以外が完全透明で牌の横からも見えるために、横からの像と正面からの像が重なってしまうためだと思います。
後ろから手や黒い布などを当ててもらったら、ある程度見やすくなりました。
この点はたぶん、他の類似品でも同じでしょう。

それよりも気をつけたいのは、時間がかかる点です。
局が終わるたびにティッシュの空き箱に牌を全部入れ、そこから配牌を取り出しドラ表示牌を取り出し、一枚ずつツモを繰り返し…とやったのですが、東風戦だけで1時間と少し。
配牌を各自取り終えるまでが、予想以上に時間がかかります。

また手袋もセットになっていたのでそれを右手にはめて使いましたが、材質が薄く盲牌しようと思えばできてしまいます。
手袋は厚手のものを、自前で用意したほうがいいかもしれません。

鷲津牌で麻雀をしたのは結局一度きり。
打つ前の準備と配牌、この2つが手間取るのがネックです。
あまり頻繁に使うことはないでしょうから、それほど資金に余裕がなければ安いものを買ったほうがいいと思います。

こういう質問があることにビックリしましたが。
実際に「鷲津牌」を使って麻雀をしたことがあります。
なお買ったのでなく麻雀大会の賞品としてもらったものなので本家のものか類似品かはわかりませんが、大会主催者は竹書房からもらったというので、本家のものである可能性は高いです。

対面の牌はまるわかりですが、下家・上家の牌は確かに見にくいです。
しかしこれは透明度の問題ではなく、絵柄以外が完全透明で牌の横からも見えるために、横からの像と正面からの像が重なってしまうためだと思います。
...続きを読む

Q麻雀漫画、アカギ、23巻における疑問。

皆さん、こんにちは。

麻雀漫画、アカギ、の23巻、南一局四本場でのことです。

親は赤木、鷲頭は北を切ってのダブリーをしました。

このとき赤木の手

5m 6m 4p 5p 6p 7p 5s 6s 7s 7s 北 北 北 で入っています。

m=まんず p=ピンズ s=そうず、ということでよろしくおねがいします。

ここで赤木が鷲頭の北をカンをすれば、可能性という意味でまだいくらかよかったのではないでしょうか?

北をカンして、リンシャン牌で、4m 7m 4p 7p 4s 7s、とどれかツモってくれば、三色が十分狙えたように思えます。 安岡に差し込ませるなりなんなり。

ただ、その時の安岡の手が確か記載されていなかったと思うので、安岡の手次第では、差込ができないなら鷲頭にただツモの回数を与えてしまうだけのようにも思えないことはないです。

しかしながら、赤木がカンした後、安岡にもツモがあるわけですから、少なくとも可能性として、気になってしまいます。

ただ鷲頭にダブリー一発させるぐらいなら、北カンして三色という選択施もあったのではと。

麻雀素人考えですが、どうぞご教授のほどよろしくおねがいします。

皆さん、こんにちは。

麻雀漫画、アカギ、の23巻、南一局四本場でのことです。

親は赤木、鷲頭は北を切ってのダブリーをしました。

このとき赤木の手

5m 6m 4p 5p 6p 7p 5s 6s 7s 7s 北 北 北 で入っています。

m=まんず p=ピンズ s=そうず、ということでよろしくおねがいします。

ここで赤木が鷲頭の北をカンをすれば、可能性という意味でまだいくらかよかったのではないでしょうか?

北をカンして、リンシャン牌で、4m 7m 4p 7p 4s 7s、とどれかツモってくれば、三色が十分狙えたように思えます。 安...続きを読む

Aベストアンサー

アカギVS鷲頭ですが、アカギはほぼ全ての局で鷲頭に対しまっすぐ勝負にはいってません。
鷲頭は、まず超超強運ありきなので、まっすぐいったら負けます。
アカギは鷲頭の超超強運を戦術の中に織り込んで、それを逆に利用しています。
(国士テンパイした鷲頭が必ずヤオチュウ牌を引く、と確信してた場面や、
南3局の鷲頭がマンズ、ドラを引き続ける場面など)

さて、件の場面ですが、落ち目だった鷲頭が高笑いと共にWリー。
「当然裏も乗って」と発言しています。
そうです、ここはそういう流れなのです。『ほぼ確実に』裏が乗るのです。
カンすれば99%リーツモチートイドラ8の3倍満ツモ確定です。
アカギは死にます。
北カンは鷲頭の強運を戦術から外した打ち方です。
北カンは昇龍の勢いの鷲頭に真っ向からぶつかる打ち筋です。
直感と心中するアカギの打ち方ではないです。

鷲頭が日和ってツモ狙いで回してくれればアカギにもチャンスはあったでしょう。
最善手を指されればアカギは100%負けるのです。それが鷲頭巌です。
だからこそ、最善手を打たせない麻雀、これがアカギの基本戦術となるのです。

アカギVS鷲頭ですが、アカギはほぼ全ての局で鷲頭に対しまっすぐ勝負にはいってません。
鷲頭は、まず超超強運ありきなので、まっすぐいったら負けます。
アカギは鷲頭の超超強運を戦術の中に織り込んで、それを逆に利用しています。
(国士テンパイした鷲頭が必ずヤオチュウ牌を引く、と確信してた場面や、
南3局の鷲頭がマンズ、ドラを引き続ける場面など)

さて、件の場面ですが、落ち目だった鷲頭が高笑いと共にWリー。
「当然裏も乗って」と発言しています。
そうです、ここはそういう流れなのです。『...続きを読む

Q麻雀でリーチすると周りが警戒してロンされないように

するって聞いたことあるんだけど、別にリーチしなくてもロンされないように捨て牌には常に気をつけるから一緒だと思うんだけど違うの?

Aベストアンサー

>捨て牌には常に気をつけるから一緒だと思うんだけど違うの?

マージャンを45年やってますが、常に気をつけてるわけではありません。
気をつけるのは、
1.リーチがかかったとき。
2.一つか二つポンやチーをしてテンパイしたような感じの時。
3.リーチかけてないけど、だまりこんでいたり、ツモ切りが多くなったり、煙草の火をつけたり、なんか怪しいときはちょっと気をつけます。

リーチは
1.まずリーチの1翻。
2.一発の1翻。
3.裏ドラの存在。これが一番大きいです。ただのピンフーだけなのにリーチ、一発、裏ドラ1個だったら満貫とチップ二枚とられます。リーチかけなかったらピンフーのみの千点でチップなしです。ものすごく違うでしょう。だからリーチがかかったら気をつけます。

Qオンライン麻雀でのロン・ツモ

ネット麻雀での話しなのですが

ポンやチーをしたりすると役がつきにくくなったり
リーチできなくなるというのは知っているのですが

リーチできなくても
自分の待ちの最後の1牌を誰かが捨てるとロンできる場合もあります。
(私の経験では、回数によらずポンしかしてない時はできました。
手もコーツ?の時)
コーツって3つの同じ牌の組み合わせのことで良かったですよね??

で、ネット麻雀をやり始めたばかりの時に
ポンもチーもしていた時に3回ぐらいポンもチーもして、
後1つくれば上がりという状態だったのですが(もちろんリーチはできませんでした)
他の3人がその待っている牌を捨てたときにロンボタンは光らず
ロンできませんでした。

それはそういうものだと思えても更に驚いたことがありました。
その待っている牌が自分の番に自分にきたんです。
なのに、ツモできなかったんです。

3×4と雀頭が揃っているのにもかかわらず、
上がれなかったのはすごい悔しかったです。

どうしてでしょう?ロンはできないのはまだ理解できますが
ツモさえできないのは意味分かりません(ちなみにこのネット麻雀は
大手ゲームサイトです)

で、その後ネット麻雀の経験を重ねて
ポンのみだったらロンできるというのも分かりました。

また、カンだったら手打ちがコーツではなく
ジュンツ?(2・3・4とか)でもロンできるというのも分かりました。

で、それならポンのみでロンできるのなら
チーのみでもOkだろうと思って(ポン・カン・チーのどれか1つだけやり続けるのなら大丈夫と思ってます)

やってみたら、ツモもできずまた最悪な思いをしました。

チーは私も打っていて
よく他の人がチーをしますが
私はチーをして、待っていた牌がきてもロン・ツモできた覚えはありません。

どうしたらチーしてもロンとかできるんですか?

後、チーとかポンしてツモさえできないのはなぜでしょう?

こういうチーとかポンとかカンとかしてのロン・ツモについて
簡単に教えてください。

ネット麻雀での話しなのですが

ポンやチーをしたりすると役がつきにくくなったり
リーチできなくなるというのは知っているのですが

リーチできなくても
自分の待ちの最後の1牌を誰かが捨てるとロンできる場合もあります。
(私の経験では、回数によらずポンしかしてない時はできました。
手もコーツ?の時)
コーツって3つの同じ牌の組み合わせのことで良かったですよね??

で、ネット麻雀をやり始めたばかりの時に
ポンもチーもしていた時に3回ぐらいポンもチーもして、
後1つくれば上がり...続きを読む

Aベストアンサー

マージャンには色々なルールがありますが、四人打ちで普通の現代マージャンなら、どんなルールの場合でも変わらないのが、「イーハンしばり」という条件です。
「イーハンしばり」とは、「役」が最低一個ないと上がれない、という約束事です。
.それに照らして、質問の場合で、なぜ上がれなかったを説明します。

>ポンやチーをしたりすると役がつきにくくなったり、リーチできなくても自分の待ちの最後の1牌を誰かが捨てるとロンできる場合もあります。

Re:ポンやチーをした場合でも、「イーハン」以上の役が確保できていればアガれますが、ポンやチーをすると無効になる役もあります。まず、その違いを勉強しなければなりません。

>(私の経験では、回数によらずポンしかしてない時はできました。手もコーツ?の時)
コーツって3つの同じ牌の組み合わせのことで良かったですよね??
Re:そのとおりです。すべての組み合わせが「コーツ」であれば、泣いても泣かなくても必ず上がれます。これは「トイトイホー」という、「リャンハン」役です。「リャン」=両=「2」のことです。「両ハン」とは「2役」という意味です。もし、まったくポンチーせずに、最終最後まで自力で四組完成させると、「スーアンコ」という大変難しい役
三組を自力で完成させると、「サンアンコー」という役になり、他の場所はなにであっても良い。チーがあってもよい。

>ポンもチーもしていた時に3回ぐらいポンもチーもして、
後1つくれば上がりという状態だったのですが(もちろんリーチはできませんでした)

Re:あと一つで上がりという状態を、「テンパイ」といいます。

>他の3人がその待っている牌を捨てたときにロンボタンは光らず
ロンできませんでした。

Re:それは、「無役=むやく」と言って、役が一つもない状態で、「イーハンしばり」をクリアできていないからです。
一番簡単な役は、「タンヤオ」という役です。ポンチーしている牌が、「タンヤオ牌=万・ピン・ソウの各々2から8までの牌」だけであれば、「タンヤオ」という役がつくので上がれます。でたらめにポンやチーしても上がれません。2~8のみを狙ってポンチーすれば上がれます。

>その待っている牌が自分の番に自分にきたんです。なのに、ツモできなかったんです。3×4と雀頭が揃っているのにもかかわらず、上がれなかったのはすごい悔しかったです。どうしてでしょう?ロンはできないのはまだ理解できますがツモさえできないのは意味分かりません(ちなみにこのネット麻雀は大手ゲームサイトです)

>これは、やはり「無役」だからです。「無役」の場合は、他人の牌でも自分のツモ牌でもあがれません。
ツモって上がれるのは、「メンゼンチンツモ」と言いますが、「ポンもチーもしていないときのツモあがり」が条件です。
他人の捨て牌を貰わずに、最初から最後まで自力で完成させたときには、それだけで「イーハン」がもらえます。
>で、その後ネット麻雀の経験を重ねてポンのみだったらロンできるというのも分かりました。

Re:それが、前述の「トイトイホー」という役ですね。

>また、カンだったら手打ちがコーツではなくジュンツ?(2・3・4とか)でもロンできるというのも分かりました。
Re:他人がポンしている牌に、プラスもう一枚を加えて「カン!」と言ったとき、その牌が当たり牌だったら、「チャンカン」という「イーハン役」なので、本来は「無役」でも「チャンカン」だけでロンできます。
また自分がカンした場合、一枚余計に牌をくれますが、偶然その牌が当たり牌であれば、「リンシャンカイホウ」という役になり、やはり、「無役」であっても上がれます。

>で、それならポンのみでロンできるのならチーのみでもOkだろうと思って(ポン・カン・チーのどれか1つだけやり続けるのなら大丈夫と思ってます)
Re:そのお考えは間違いです。ポンのみなら「トイトイホー」という役ですが、チーのみという役はありません。

>やってみたら、ツモもできずまた最悪な思いをしました。チーは私も打っていてよく他の人がチーをしますが私はチーをして、待っていた牌がきてもロン・ツモできた覚えはありません。どうしたらチーしてもロンとかできるんですか?
Re:チーやポンをしても、「イーハン」が認められる役を覚えなければなりません。
たくさんありますが、
まず「タンヤオ」。これは先に説明しましたが、ポンでもチーでも良いが、端っこの牌(1と9)や、白発中、東南西北が混じらないように集める。
「イッキツウカン」一種類の数牌を、上がったときには1から9までつながっているように、「123」「456」「789」という姿に完成させる「9枚役(=9枚そろっての役)」この9枚が最終的に揃っていれば、他の牌は何でもよい。「ロン」と言ったときに、9枚が完成するのでもよい。
「サンショク」マン・ピン・ソウの三種類の牌を使う9枚役だが、マンズで「123」、ソウズで「123」、ピンズでも「123」などのように、三色の牌をすべて同じ数字で揃える。これも、この9枚が出来上がれば、他の部分は関係がない。最後にツモって完成でもOK,「ロン」と言った瞬間に完成でもよい。

>後、チーとかポンしてツモさえできないのはなぜでしょう?
これは、先にも説明しましたが、「無約」だからです。「ツモ」のみで上がれるのは、ポンもチーもしていないときです。
ただし、最終最後の一枚、これでゲームセットになる1枚なら、自分の番でツモっても他人が捨ててくれてもアガれます。
最終最後の一枚が偶然にして自分のツモのときで、それでアガれた場合は、「ハイテイツモ」と呼ばれています。
また、他人がゲーム最後の牌を捨てたとき、偶然にしてそれが当たり牌だったときは、「ハイテイロン」または、「ホウテイアガリ」と言い、これらは「イーハン役」ですから、「無役」であっても上がれます。
実力重視のネットマージャンは、基本は「アリアリルール」なので、適当にやっていても「無役」になる可能性は低いのですが、「運」を重視した、「カンサキ」というルールの場合は、さらに「無役」になる可能性が高くなります。
上に書いた「有効役」の説明でも、ルールによっては、「それは無効です。」という場合もあります。

また、ご質問にはないですが、「役牌」というのがあり、これがポンできれば文句なしに上がれます。
具体的には、「三元牌」すなわち、「白」・「発」・「中」のいずれかを3ヶ揃えコーツにする。
場の風、すなわち、東場における「東」、南場における「南」をコーツにする。
自分の風、すなわち、現在の自分が「南家」なら「南」、北家なら「北」、西家なら「西」、親すなわち東家なら「東」をコーツにする。
これら「役牌」のコーツがあれば、他の部分は何でもOKで上がれます。
「ロン」と言ったときに完成でもOKですし、ツモって完成でもOK、それでアガリです。

他にも得点の高い約、低い役が色々ありますが、それは他の回答を参考に序々に覚えて行ってください。
通信マージャンの場合、システム的に間違いということはまず絶対になく、上がれないときには必ず正当な理由があるので、そのときの状況を書き留めて、こちらのコーナーで尋ねればよいと思います。

なお、「ドラ」牌一枚につき、「イーハン」というのは、「オマケ役」であり、それだけで上がれる権利としての、「役」にはカウントされませんので注意してください。

マージャンには色々なルールがありますが、四人打ちで普通の現代マージャンなら、どんなルールの場合でも変わらないのが、「イーハンしばり」という条件です。
「イーハンしばり」とは、「役」が最低一個ないと上がれない、という約束事です。
.それに照らして、質問の場合で、なぜ上がれなかったを説明します。

>ポンやチーをしたりすると役がつきにくくなったり、リーチできなくても自分の待ちの最後の1牌を誰かが捨てるとロンできる場合もあります。

Re:ポンやチーをした場合でも、「イーハン」以...続きを読む

Q麻雀で、リーチ後「ロン」出来ない理由

麻雀覚えたての超がつく初心者です。ネットの麻雀解説ページでルールを覚え、パソコンのゲームで練習しています。
1人でゲームをしていて、一つどうしてもわからない事があります。

「リーチした後、他者が欲しい牌を捨てたのに、ロンが出来ない」時ってどういう場合ですか?

例えば、メンゼンできてリーチして、「筒子の2・3があるから、イーピンかスーピンが出ればあがれる」という時に、他者がスーピンを捨てても「ロン」出来ずにスルーしてゲームが進んでしまう、という事があります。出来る時と出来ない時の違いがわかりません。

色々調べましたが、見逃しているのかどこを探してもわかりません。
麻雀を知っている友人もいないし……雀荘に女1人で行くのもちょっと怖いし(偏見?)。

どなたか、初心者にもわかるように教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく「フリテン」か「リャンハン縛り」だと思います。
「フリテン」とはご質問の場合、自分でイーピンかスーピンを捨てている場合でツモ以外上がれません。
「リャンハン縛り」は「連荘」などで二つ以上役がないと上がれないものです。
(例えば「リーチ」のみなら上がれません。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報