「少年主人公と"人の言葉を喋る"人外コンビ」の友情とか絆がツボでして、
姿かたちも思考パターンも違う1人と1匹の交流、みたいなのが好きです。
ロボット、妖怪、幽霊、モンスター、など「人外」の括りは何でも結構です、
ぜひとも下記に挙げた作品以外にオススメがありましたら教えて下さいませ!

(ジャンルとしては漫画を選びましたが、アニメでも小説でも情報下さい)

▽傾向を察して頂けそうな、好きな作品リスト
ポケモン(人語を喋るキャラもいる)・デジモン・メダロット・陰陽大戦記・
うしとら・からくりサーカス・結界師・妖逆門・ぬーべー・夏目友人帳・
サンライズ系アニメ(勇者シリーズ、ワタル、グランゾート、サイバー
フォーミュラ)・PaPiPuペット…

除外として、グロい描写のあるもの、ホラーもの、
(女性が見るには厳しい)エロ要素のあるものは避けて下さると嬉しいです。
それと、上に挙げたとおり、いわゆる"ホビーアニメ"のノリが好きなので、
青年誌系の「見た目はグロいけど、言動から可愛いと評価を受けている
モンスター」は合わないかな、と思っています。
細かくうるさくて申し訳ありません、よろしくお願いします!

A 回答 (17件中1~10件)

もう出てるかな?っと思ってざっと回答を見てみましたが出ていなかったようなので回答させていただきます♪



アニメ「学校の怪談」 はどうでしょうか?

黒猫に妖怪が取り付いて(というか封印されてしまって)、しゃべります。私、こいつが大好きなんです!! 怪談といっても、子供向けのアニメで、ぬ~べ~テイストなのでそこまで怖くないです。ホラーは私もダメですが、このアニメは本当にお勧めです。
全20話のうちいくつかはyoutubeで見れるので(Daumでも見れますがDaumは少し重たいので画像が止まることがあります)、見て面白そうだと思ったらDVDを借りてみてはいかかでしょう? 

寄生獣は中学生のころに読もうとして一話目でトラウマになった覚えがあります。でも最近になって勧められて読破し、今では一番好きな漫画のひとつになりました☆ こちらもお勧めしておきます。
    • good
    • 1

#2です。

再び登場
アニメ
有馬啓太郎「月詠」使い魔の猫ハイジ
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/tsukuyomi/main_i …
呉由姫「金色のコルダ」音楽の妖精リリ
http://www.gamecity.ne.jp/neoromance/tv/corda/
コミック
辻よしみ「能瀬くんは大迷惑!」水の世界の住人タロとポチ他
山田南平「紅茶王子」紅茶王子多数
吉川うたた「すっくと狐」玄狐・唱
小説
久米康之「猫の尻尾も借りてきて」人工知能のニタカ
鷹見一幸「でたまか」電子人格のヴァル
嵩峰龍二「ソルジャー・クィーン」4本腕の巨人グレイ(不死の人工生命体、半人半馬の形態になる)
柴村仁「我が家のお稲荷さま。」土地神の狐
ひびき遊「天華無敵」精書G(人型の形態になる)
    • good
    • 0

ぬ~べ~読んだことあるならワイルドハーフも読んだことありますか?あれも面白いと思います。



天原ふおんさんの作品は好きです。読んだことありますか?なかなか良いと思います。少女漫画ですがこの人の作品はほんわか読めると思いますよ。
    • good
    • 0

「封神演義」を挙げたいのですが、太公望は実年齢はジイサンだし、そもそも仙人なので主人公自体が人外でした…(苦笑)



コンビとは言えないかもしれませんが、「幽遊白書」も少年主人公(中学生)と人外(妖怪や霊界の方々)の交流がありますね。
妖怪とチーム組んでバトルしたり。
…ただ、主人公も一度死んだ後復活したり霊力で攻撃してるので、完璧に「人」とは言えないかも。

少年主人公ではないですが、CLAMPの「カードキャプターさくら」も、さくらのパートナーとして人語(関西弁)を操るキャラが登場してます。
(カードの精霊の中にも、人語を操る精霊がいます)

友情とは違いますが「絆」という部分では、「セイバーマリオネット」シリーズも一応入るかもしれません。
移民の結果、男性しか存在していない星でのストーリーなので、一見女性に見えるライム達は人間ではなく女性型アンドロイドです。
(富士見ファンタジア文庫のはエロ要素がちりばめられてますので、もし見るならアニメの方がよいかも)
恋愛要素ありですが、主人公の男性を守るために戦ったり、男性が逆に彼女達を救おうとしたりという「絆」部分はあります。

小説や映画なら、ロアルド・ダールの「ジャイアント・ピーチ」も、少年が主人公で喋る虫達が出てきますね(数が多いのでコンビじゃないですが…)
    • good
    • 0

#2です。

締め切り前なので追加(猫ばかりですが...)
アニメ
「神秘の世界エルハザード」ヨロイ猫ウーラ
http://www.anime-int.com/works/elhazard/ova/03ch …
「魔法の天使クリーミィマミ」猫型妖精ポジとネガ
マンガ
中道裕大「ハルノクニ」人造の猫型兵器
http://websunday.net/rensai/set_harunokuni.html
高田裕三「万能文化猫娘」主人公が猫の脳を移植した人型サイボーグ
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/6046/b …
小野敏洋「ネコの王」
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/ …

小説
水月郁見「護樹騎士団物語」人語を話す猫(正体不明)が登場
新井素子「・・・絶句。」人語を話す猫とライオンが登場
    • good
    • 0

#2です。

既出でないものを追加
マンガ&アニメ
CLUNP「魔法世界レイアース」モコナが初登場
武内直子「美少女戦士セーラームーン」ルナとアルテミス
能倉裕一「王泥棒JING(KING OF BANDIT JING)」銃に変身する鳥キール
細野不二彦「GU-GU ガンモ」ガンモ
川崎のぼる「いなかっぺ大将」ニャロメ先生
手塚治虫「W・3(ワンダースリー)」ポップ(兎)、ブッコ(鴨)、ノッコ(馬)

小説&アニメ
結城光流「少年陰陽師」物の怪のもっくん

小説
三雲岳斗「コールド・ゲヘナ」女王の人格を移植した猫
鈴木鈴「吸血鬼のお仕事」使い魔猫のツキ
深沢美潮「デュアン・サーク」羽トカゲのチェック
深沢美潮「フォーチューン・クエスト」ホワイトドラゴンのシロちゃん
榊一郎「マジシャンズ・アカデミー」魔神タナロットと魔法杖のファルチェ(人型に変身可能)
清水文化「ラジカルあんてぃーく」妖精、精霊、付喪神多数
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、更にありがとうございますー!!

>「レイアース」「セーラームーン」「王泥棒JING」
わー懐かしい! 前2作品もアニメ見てましたが、王泥棒JINGはガツンとハマって
ボンボン時代に読んでました! 手放してしまったんですがまた読みたい…
新装版を集めなおそうかなあ(笑)。

>「GU-GU ガンモ」「いなかっぺ大将」
ちらっと子どもの頃にアニメを見た(再放送かも?)記憶があるんですが、
ちゃんと読んだことないですね…漫画って探せばあるのかな。

>「ワンダースリー」
手塚先生の作品はアトムとジャングル大帝しか読んだことがなく、こちらは
タイトルしか知りませんでした。先生の書かれる動物は可愛いので大好きです。
全集とか探せば収録されてるのかな、チェックしてみます^^

>「少年陰陽師」
小説版をパラッと見たらBLくさかったので棚に戻したことがあるんですが、
そんな可愛い名前の物の怪が出てくるんですか…ああやっぱり気になる(笑)

>「コールド・ゲヘナ」「吸血鬼のお仕事」「マジシャンズ・アカデミー」「ラジカルあんてぃーく」
mshr1962さんの紹介して下さる小説は未読のものが多くて、まだまだこんなに
あるんだとビックリです。本屋で探すのが楽しみです^^
ざっと検索してみた感じだと、コールド・ゲヘナが一番気になりました!

>「デュアン・サーク」「フォーチューン・クエスト」
既読でした。本当だ、ここの子達も人語を喋りましたね…!
深沢先生の話に出てくるモンスターは、どれも愛嬌があったり可愛かったり
するので大好きです^^

お礼日時:2006/10/20 16:10

●「百鬼夜行抄」


「夏目友人帳」がお好きなら絶対好きだと思いますよ。
ちょっと怖い話もありますが、ホラーにまではいかないです。
人外が見える少年律と、律の父親の死体に宿った妖魔、という不思議な父子コンビです。
人外の見た目は父親、長髪の青年、龍、の3形態です。

●「寄生獣」
既出ですけどおすすめです。
確かに怖い感じの描写はありますが、うしとらとかが平気なら大丈夫な範囲とは思います。
テーマが壮大で深いです。読み応えありますよ。
右手のミギーはかわいいです!

●「キノの旅」(小説)
喋るバイクと二人きりで、ちょっと不思議な世界を旅するお話しです。

●「ミルキーウェイ」「竜の眠る星」
ちょっと古い漫画ですが、清水玲子の「ジャック&エレナ」シリーズです。
ロボット同士なので人間と人外ではないのですが・・・。
ジャックが完全に男性で人間に近い感情を持つのに対し、エレナは無性体でかなりクールです。親友兼恋人という感じです。

●「グラマラス・ゴシック」
これもちょっと古いですが・・・。混沌とした未来の世界で賞金稼ぎをやってる青年と、脳だけが人間のサイボーグ少年、エンヤの話です。
ブレードランナーぽい世界観です。

この回答への補足

書き忘れました。
「百鬼夜行抄」も面白そうですね…! 読んだことのない作家さんなのですが
すごく興味を持ちました。少女漫画?のようなので、目をそらしたくなるような
描写がなければ大丈夫だと思います。龍形態が一番気になります(笑)

補足日時:2006/10/20 16:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、ありがとうございました!

>「寄生獣」
うしとらが大丈夫ならいけるでしょうか? 今度漫喫でチャレンジしてみます…!
ミギーはやはり可愛いという評価なんですね、そうなのか可愛いのかー(笑)

>「キノの旅」
既読でした! エルメスも好きですが、私はもっと陸が好きです(笑)。

>「ミルキーウェイ」「竜の眠る星」
調べてみたら、たしか友人が同じ作家さんの「輝夜姫」を読んでいたような…
借りてみます! 少女漫画はほとんど読まないので全然知りませんでした。

>「グラマラス・ゴシック」
たぶん「ゴシップ」ですよね…?(Amazonだとこれしか引っかからなかったので)
画像が見れないのでどんな雰囲気の作品なのか今は分からないのですが、
レビューにあった読み応えのありそうな設定の粗筋が気になりました^^

お礼日時:2006/10/20 15:51

えーと、回答見ると基本中の基本的な作品が挙げられてないので


ちょっとビックリしてますが・・・灯台下暗しってやつでしょうかね。

「ドラえもん」

そもそも藤子不二夫関係にはこのパターンは多いですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、ありがとこうございます!
できるだけ質問者である私が知らなさそうなもの=あえて基本から外れた作品を
皆さん紹介して下さったのかも知れないですね。
藤子先生の作品は好きで子どもの頃から読んでいます。ドラえもんだけじゃなく、
怪物くん・オバQ・21エモン・パーマン…私がこういうパターンの話が好きなのは
藤子先生作品の影響が大きいのかもしれません^^

お礼日時:2006/10/16 11:45

こんばんは。


グランゾート、大好きでした・・・!

「ARMS」がおすすめです。
http://www.shogakukan.co.jp/arms/
少年少女が自分の体に兵器を宿して戦うっていうお話です。
上手く説明できなくてスイマセン。

ご存知かもしれないですが、面白いので是非☆

この回答への補足

す、すみません、肝心のお礼を書き忘れてしまいました…汗
ありがとうございましたー!

補足日時:2006/10/16 11:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>グランゾート、大好きでした・・・!
周りはワタル派ばかりだったんですが、私はグランソゾート派だったんです。
なのであえてグランゾートに反応頂けたのが本気で嬉しいです!(笑)

>「ARMS」
あ、タイトルだけなら見たことあります! 確か友達がハマっていたような…怖そうな印象があったので手は出していなかったのですが、好きな作品が
かぶってる方にオススメされると読みたくなってきます(笑)。
結構巻数が出てるようなので、漫喫で読むのがよさそうかな…探してみます!

お礼日時:2006/10/16 11:53

「鉄腕バーディー」ゆうきまさみ


 主人公、千川つとむは廃墟巡りが趣味の平凡な少年であった。だが、とある廃墟で宇宙人の犯罪者と捜査官の争いに巻き込まれ、死亡に相当するダメージを受けてしまう。

 彼を「殺した」張本人である捜査官はやむを得ず彼の意識を自分の肉体に同居させて変身し、本来の肉体の修復を待つことになった。

 こうして時々「本来の体」である捜査官の仕事を手伝うことになった主人公は、やがて自分の回りにも犯罪者の手が伸びてくると積極的に関わることになる。

http://www.youngsunday.com/rensai/comics/birdy.h …

 こんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、ありがとうごさいます!
ゆうき先生の作品は「パトレイバー」と「じゃじゃ馬~」は借りて読んだんですが、
「鉄腕バーディー」の存在を知りませんでした。こんな作品も書かれてるんですね…!
今まで読んだ作品よりもシリアス色が強そうなのかな、二心同体という設定の話は
読んだことがないので楽しみです^^

お礼日時:2006/10/16 11:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ