ふと最近思ったのですが、日本では外人が日本語で書いた本が売られているのを目にします。そこである疑問が浮かびました。たとえば、アメリカで英語で本を出版した人とかはいないのだろうか? 英語に限らず外国語で執筆し、出版された作者を知っている人がいましたら教えてください。

A 回答 (5件)

イシグロ・カズオ著(英国)


The Remains of the Day

映画にもなり欧州ではかなり有名です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%81%AE% …
    • good
    • 0

そうそう、『武士道』は英語で書かれて、日本語に訳して日本で売ってるんですよね。



ちゃんと読んだことはないのですが、鈴木大拙
禅について英語で書いて紹介した人です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8% …

日本人ではありませんが、ウラジーミル・ナボコフ。
ロシア出身ですが、小説『ロリータ』を英語で書きました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9% …

ナイジェリア出身のチママンダ・ンゴズィ・アディーチェ
英語で小説を書いています。
ナイジェリアは英語が公用語で、しかも彼女はインテリ一家の出身なので(インテリほど英語を使うらしい)バイリンガルなのでしょうが、第一言語(母語)はイグボ(イボ)語だろうと思います。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309204796
私が読んだのはこれでなくて、Half of a Yellow Sun(半分のぼった黄色い太陽)

他にも誰か、中国人で英語の小説を書いた人がいたと思います。
女性だったと思いますが。。
郭小櫓(Guo Xiaolu)さんか。
意図的につたない英語で書いたそうなので、本当はもっと書けるのでしょう。オレンジ賞の候補に残ったそうです。
(このときの受賞がChimamandaのHalf of a Yellow Sun)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/cultur …
  ↓
でもこのへんは英語母語かバイリンガルが多そうなので、あんまり外国語という感じではないのかもしれません。
世の中、多言語国家は多いです。

小説ではありませんが、
心理学者の河合隼雄先生は英語で執筆したと読んだことがあります。
ドイツ語もお書きになったらしい。アメリカとスイスに留学経験あり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%90%88% …

南方熊楠も英語がうまかったらしいです。
本は出してはいないのかもしれませんが(わかりません)、雑誌の記事なんかは書いていたらしい。
日本人が外国語で小説を書くケースは多くないのかもしれませんが、学術的な文献とか、何かの研究書なら他にもけっこういるんじゃないでしょうか。
(多和田さんすごいですね)
    • good
    • 0

No.1の方と同じく、ちょっと古いかも知れませんが、前の五千円札の肖像画となった新渡戸稲造が英語で著した”Bushido: The Soul of Japan”は日本人の心を知る上に大変評判となり、いまだに古典としてその名が知られています。

日本では逆に日本語に翻訳されて出版されています。
    • good
    • 0

多和田葉子さん。

ドイツ語、日本語両方の言語でそれぞれ違う作品を発表していて、1993年には「犬婿入り」で芥川賞を受賞し、1996年にはドイツ語が母国語でない作家に贈られるシャミッソー賞(ドイツの文学賞です)を受賞しています。
    • good
    • 0

沢山いると思いますが、ちょっと古すぎますが有名な人では岡倉天心


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%80%89% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ