質問

百人一首の1字決まりのものを、「むすめふさほせ」としてまとめてありますよね。この、「娘房干せ」っていう言葉自体は、どういう意味なのでしょうか。

通報する

回答 (4件)

ただ単に、この7文字を覚えやすいように語呂良く並べただけでしょう。
martinbuhoさんのおっしゃるような、韻を踏んだ意味に取らなくても、一般にある単語で、文章らしく聞こえる並び(娘(よ)房(を)干せ)が、覚えやすいので一般に広がったんじゃないかと・・・・。

この回答への補足

私もずっとそう思っていたのですが、あるところで、「『むすめふさほせ』は、その意味を若い子に教えるのはちょっと抵抗があるかも」、という言葉を聞き、始めてその意味を考えてみた次第です。

暗記のために自分が覚えやすいひらがなを使うのは歴史上の重要な年や電話番号で
経験済みですね。娘房干せも、これを最初に言い出した人は関係者には直ぐ理解できる言葉と思ったのでしょうね。

房とはブドウの房、ミカンの小さな袋の一つ一つのことですが、人間や動物の乳房も指しますので(娘さん、いい天気だから上半身を脱いで乳房を干しなさいよ)というような意味でしょう。

この回答へのお礼

そう、つきつめれば、「房」の意味がわからなかったのです。そういう意味だったのですか。ありがとうございます。

すみません。投稿してしまってから、ふと思ったのですが、
↓のような事は、とうにご存じで「娘房干せ」という言葉
そのものの意味の事を、おっしゃっていたのでしょうか?
ごめんなさい。それならば、存じません。 m(_ _)m
私は単に「憶え方」だと解釈していました。

30分くらい眺めていて、どなたも回答がないなぁ~と思い、
ついつい、でしゃばって投稿してしまった次第でした。
本当に申し訳ありません…汗。

この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。でも、NO.1で、わざわざすべての歌を書いてくださりありがとうございました。

初めまして、こんばんは。

一字決まりの歌の、初めの音を並べると「むすめふさほせ」になります。

 む 「村雨の露もまだひぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮れ」
 す 「住の江の岸に寄るなみよるさへや 夢のかよひぢ人目よくらむ」
 め 「めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の
    月かな」
 ふ 「吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ」
 さ 「さびしさに宿を立ち出でてながむれば いづこも同じ秋の夕暮」
 ほ 「ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる」
 せ 「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」

このQ&Aは役に立ちましたか?9 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集