昨日(H20.9.10)入ったお店で流れていたラジオで興味深い話を聞いたのですが、途中からで詳細が分かりません。
幸田露伴が、去り際に○○するようでなければならない
もしくは、去り際に○○なようではだめだ
といったというフレーズが耳に残っています。

昔の方の情緒というか、すごく日本的なことばだなと感じました。

上に書いていることと全く違っていたり、似たようなフレーズかもしれません。
断片的にでもかまわないので、何か情報をお持ちでしたら教えてください。
関西方面のラジオでした。ご存知の方教えてください。

A 回答 (1件)

ラジオを聞いたわけではないのですが、露伴のなかでもおそらく一番有名なエピソード「あとみよそわか」のことだと思います。



これは露伴の娘の文(あや)のエッセイ「こんなこと~あとみよそわか~」に出てくるもので、母親を早くに亡くした文が十四歳になったとき、露伴自らが家事全般を文にしつけるのです。博覧強記の露伴の家事は、それは徹底したもの、かつ論理的で伝統にものっとったものでした。

その露伴が、掃除を終え、そこを立ち去ろうとした際に、「あとみよそわか」という呪文を唱えよ、と教えます。「そわか」は「娑婆呵」、お経らしく聞こえるようにつけただけの特に意味のない文言だそうですが、要は「あとみよ」、つまり、後ろを振り返って、やり残していることがないか、うっかり見落としていたことはないか、最後に確認することを仕上げにするように教えたのです。
さらに呪文にして、意識せずともそうやって振り返って確かめることで仕上げをすることを身につけさせようとしたのです。

ですから、

> 幸田露伴が、去り際に○○するようでなければならない

というのでしたら、去り際に「振り返ってみる」「あとを見る」が適当ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • お気に入りの俳句、短歌を教えてください

    国語の時間に習ったはずの「短歌」や「俳句」、解説された内容や意味は覚えていないのに、なぜか耳に残って、いまでも諳んじられるものがありませんか? 今回はそんな、記憶に残るお気に入りの一首・一句についてのQ...

  • 家の中の鳥、海亀スープ、傑作だと思ったなぞなぞ

    子どもの頃によくやったなぞなぞやクイズ。いま思えば頓智やユーモア満載の世界で、大人でも楽しめる秀作も少なくなかったように思います。教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。 「『これは傑作だ!』...

  • そんな方法があったのか!百人一首の覚え方

    百人一首を、授業で暗記した経験をお持ちの方も多いと思います。ただ読むだけでは、中々覚えられずに苦労した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。教えて!gooには、以下のような相談が寄せられて...

  • 小説をうまく書くコツを教えて欲しい!

    小説を読んでいると、その面白さに入り込んでしまい、時間すら忘れて読み続けることがあります。そんな小説に魅せられ、自身で書いてみようと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。教えて!gooには、小説...

  • 童謡「森のくまさん」で「お嬢さんお逃げなさい」と言ったのは?

    「ある日♪森の中♪くまさんに♪出会った♪」ではじまる森のくまさんは、遠足やピクニックなどで誰もが歌った思い出がある曲ではないでしょうか?そんなアップテンポな童謡「森のくまさん」について教えて!gooにはこん...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ