質問

逆爪エンドのロードについて

逆爪エンドのロード(panaのfrc03)に乗っています。
エンドの調整ネジを左右目一杯締めた状態で、後輪をはめると、BB付近のフレームとリムの隙間が偏ります。(反フリー側が狭くなりフリー側が広くなります)

これはフレームが歪んでるということでしょうか?
歪んでいたならば直せるものなのでしょうか?

通報する

回答 (4件)

まったく関係ないです。
パナの精度のよさには定評があるので、フレームの芯が出ていない(正確にはゆがんでいるのとは別問題です)とは考えにくいですが、どうしても気になるならフレームビルダーに頼んで計測してもらってください。

ただ、芯が出ているフレームが乗りやすいとは限らないですよ。

正確にセンターの出たホイールが片寄り無く入る位置で止まるように“ねじ込み加減で調整しておく”わけで、一杯に締めておいて同じ長さになるようには作っていません。逆に目一杯ゆるめても同じです。
エンドの調整ネジというのはシャフト位置の位置決めを速やかにするためにあるわけです。
調整ネジの長さに合わせて工作しているわけではない(本末転倒で無意味です)。
狂いのあるフレームでも、狂いの無いフレームでも同じで、フレーム精度とは無関係です。
フォワードドロップアウトのエンドというのはつまり冗長性の高い作りになっているわけで、調整ネジ(位置決めネジ)はそれを補完するものなのです。

フレームセンターなどが自分で調べられず、なおかつ気になってしょうがないならお店で診てもらえばすぐわかります。

クロモリならエンドの平行を調整する工具があるので、ショップに頼んで調整してもらえばよいと思います。ただし、最近、この手の調整をやってくれるショップは少ない気がします。
フレームの芯を出すには定盤という大きな測定工具(台)を使うこともありますが、簡単な測定工具でもかなりの精度で確認可能です(下記URL参照)。

左右のネジを調整してホイルがフレームの中心に来るように調整すればよい話のような気もしますが。

フレームの狂いのほかに、ホイールのセンターが出ていない可能性があります。(オチョコ組が適正量されていない、等)
フレームのチェックは、きちんとする為には、定盤や、各種Vブロック、トースカンなど、設備が必要です。
オーダーフレームを作っている店でないと、正確には測れません。
エンドの幅と平行度を出す道具は、あるのですが、ヘッドパイプ、シートパイプまで含めた芯だしのチェックは、上記の設備が必要です。
かたや、ホイールのチェックは。センターゲージ一つで、できます。まずホイールのチェックからなさるのが、良いでしょう。

このQ&Aは役に立ちましたか?0 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピへのコメントで10人に1人に500円分のギフト券プレゼント!(先着2000名様)

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」で指定のオーダー3件にコメントした方先着2000名様の10人に1人にギフト券をプレゼント!
フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏の質問にも回答受付中!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集