『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

DVDを見てすっきりしないところがあるので質問させてください。
フロドはなぜエルフやガンダルフ達と共に旅立ったのでしょうか?
エルフの乗る「最後の船」ということはもうホビットの村には戻ってこないつもりなのでしょうか?
冒険好きのビルボのように、ただ単に、旅行(冒険)に行くという意味?
 友人は、フロドが滅びの山で一時的にでも指輪を自分の物にしようとした自責の念から村を離れるんじゃない?と言ってます。
みなさんはどのように思われますか?

A 回答 (5件)

この映画は「原作を読んでいること」を前提としていますので、原作を読んでいないと、理解できない部分があります。



以前私がここで書いた解答を下にコピーしました。間違いがあったところは訂正しております。



ネタバレがあります。

小説をこれから読もうという方は、
つまらなくなるので読まないほうが良いかも知れません。
ぜひ読まないでください(^^;


原作、その他を読まないと絶対に分からないのですが、エルフたちとともに中つ国の西にある「アマン」という島へと向かいました。長くなるので詳しい説明は避けますが、まあエルフの聖地だと考えてください。
エルフは寿命で死ぬことがないので、人生に疲れたりするとアマンを目指します。
指輪所持者だったフロドも疲れ果てていました。スメアゴル(ゴラム)のように指輪所持者だったものは長命を得ますが、同時に精神的ダメージを蒙ります。
普通ならエルフ以外はアマンへの船に乗ることはできないのですが、叔父ビルボ同様、フロドは指輪所持者としての傷を癒すため(説明が簡単すぎ?)、アマンへ行くことを許されます。
ガンダルフは、神の使い(映画の時代より大昔、中つ国の危機を救うために使わされました)なので、アマンに行くことに何の問題もなかったと思われます。

なぜみんながアマンを目指したか・・・
エルフたちもガンダルフもフロドも、疲れきっていた…
いわゆる「燃え尽き症候群」ですね。
簡単に片付けすぎですね(^_^;

一説によりますと
実は指輪の消滅が「神話の時代の終わり」だったからだとも言われます。
神ではなく、人(エルフ、ホビット、オークなど)の支配する、新しい時代がやってきていたのです。
その辺縁にフロドたちは生きていました。
世界を支配していた魔法的な象徴のすべては、消え去るべきであったのでしょう。ガンダルフもフロドもそれを理解し、中つ国から去ることにしました。

ほんのすこしの間、指輪を所持したサムは、というと、最後にはアマンへ向かうことになります。
本当に少しの間の所持でしたので、ダメージは小さく、彼はホビット庄で長い人生を送りました。しかしながら指輪を所持者であった苦しみが、結局サムをアマンへと向かわせるのです。
サムがホビット庄を去ったことで、すべての指輪の所持者が中つ国から去って、中つ国の神話がすべて終わりをむかえました。、(レゴラスとギムリはもっと後でアマンへ向かいました…)

長文ですが、語りきれない部分が多いのです。ぜひ原作を読んでいただいて、自分なりの回答をお持ちいただければと思います。
実のところ、私は映画でのフロドの荷う指輪は、原作の指輪よりも軽く感じました。指輪はもっと重苦しくフロドを痛めつけます。それを支えるサムのけなげさ……
フロドがかっこ悪い、という人もいるのですが、私はフロドは「喪失」の英雄だと思います。(指輪の仲間は母国での名誉や地位、幸せな家庭を得ますが、フロドだけはホビット庄での名誉もなく、指を失い、体と心を病んで、ついには国を去って行きます)

今これを書いていて、原作はすごいと改めて思いますね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

たしかに、あれだけ長いお話を映画にしたので省略しないとならないところもでてくるんですね。
指輪を持つことが(短期間のフロドにとって)そんなにダメージを与えてるとは思わなかったので、何年もたってから旅立つなんてどうしたのかなーと思ったんですよね。

・・・ということは、物語の中では、世界は中つ国だけではないということですよね。サウロンは中つ国だけを支配しようとしていたんでしょうか?もしかして全世界?

ぜひ原作を読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/16 09:38

#1です。


指輪物語の世界は
「指輪物語」(追補編も含む)
「ホビットの冒険」
「シルマリルの物語」
を読むとほぼすべてを理解できます。

1)惑星の中央に中つ国(Middle-Earth)が 創造神であるエル(イルーヴァタール)のしもべたちによって作られました。
この中つ国にすべてのものが生まれます。
(エルフもドワーフも中つ国で生まれました。)
中つ国は世界の中心であり、そのすべて といっても良いと思います。

2)アマンは悪神(メルコール、後のモルゴス。サウロンの主)の支配下となった中つ国に住むのをあきらめた神(ヴァラール)が住むことにした島です。
エルフは死んでもその魂がアマンに渡り、そこで暮らします。(人間として復活し、中つ国で暮らしたエルフもいます)生きたまま渡れる天国みたいなものです。

3)エルフたちはヴァラールに誘われてアマンに移住しましたが、旅の途中で中つ国の西にとどまった者(レゴラスの一族です。エルロンドの先祖もそうです)、ヴァラールを恐れてアマンに行こうとしないものが、中つ国に残りました。後にアマンから中つ国に帰還したエルフもいます(エルフの奥方、ガラドリエルがそうです)。

4)アマンにいるヴァラールが、サルマン、ガンダルフなどの魔法使いを遣わしました。

5)アマンと中つ国の間には無数の島があり、魔法で行き来できないようにされています。おそらくヴァラール、エルの許しのあるもがそこを無事に通れるのでしょう。

6)ヴァラールはアマンから軍勢を中つ国に送ったことがありますので、軍勢が西の海を渡ることのできる方法を見つけられれば、サウロンはアマンまで軍を送ったかもしれません。

7)映画の舞台となった「指輪戦争」は中つ国の北西部で行われた戦争です。巨大な象ににた「じゅう」(ムマキル)はサウロンの支配下の南方の種族が連れてきました。また東もサウロンの支配下にあり、軍を派遣していました。

おおよそこのような感じです。疑問はとけたでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しいお話ありがとうございます。
原作を読んでみることにしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/10/01 14:15

no.1の方のお答えでほとんど回答が出てしまっていると思いますが、補足で・・・。


フロドが旅立った理由は、指輪を持っていたことで受けた痛手、ナズグルの首領に黒の剣でアモン・スールで刺された一生消えることのない傷(一作目で裂け谷でガンダルフが「あの傷は一生癒えることはない」と言っていますし、三作目の最後の方でフロドがホビット庄でナズグルに刺された傷が痛むと言っていましたよね)を癒すことができるのは、エルフたちの船が行く神々の国に行くことだけだったから、です。
原作を読むと、シェロブに刺された傷、そしてゴラムに噛まれた指の傷もまたフロドを蝕んでいたということがわかります。
フロドが指輪によって受けた傷というのが、映画だと少しわかりづらいかもしれません。フロドは指輪を持ち続けることによって、程度の差はあれ、ゴラムと同じように指輪に執着するようになってしまいました。その指輪を失った空虚さを埋めることは、中つ国に留まって今までどおりの暮らしを続けることでは決してできないことだったと考えられます。
フロドの前に指輪を長年持っていたビルボについても同じことで、灰色港に向かう馬車の中でさえ、「わしの指輪にもう一度触りたい」と言葉を漏らしていました。一度指輪を持って執着してしまった者にとっては、指輪を失った喪失感という傷は一生消えないのです。
だから、唯一その苦痛を癒すことのできる神々の国へ渡り、そして二度と中つ国には戻っては来ないのです。

また、映画では原作とは少し違う解釈をしていると思いました。
no.2の方が「不死の国へ行く」=「あの世へ逝く」ということをおっしゃっていますが、映画ではまさにそのような解釈をしていると私は思います。
ガンダルフがピピンに死後の世界について語るその光景が、まさに原作でフロドが最後に見るアマンの光景の描写そのままなのです。主題歌INTO THE WESTでもこのガンダルフの台詞と同じ歌詞が出てきます。
原作とは少し違う解釈なのですが、フロドたちが「あの世」へ行くということは、他の仲間たちもいつかはフロドと再会できる、という解釈にもつながると思うので、これもまた良いのではないかと私は思っています。
(原作どおりだと、西へ向かわなかった仲間たちとは永遠に会えないことになってしまいますから・・・)

ちなみに映画ではサムはエルフたちの国へは行かないのではないかと私は思っています。
原作でサムが西へ行く理由も、指輪を持ったことによる苦痛が癒えなくてというよりは、フロドに会いたかったからじゃないのかな、と思えます。もし映画の「西へ行く」=「死」なのだとしたら、エルフの船に乗らなくてもいつか再会できるのだとも考えられるからです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
フロドも傷をおっていたんですね・・・・。
短期間だったので、ゴラムほどではないと思っていましたが。
エルフの国では癒されるというので納得がいきました。映画の中で中つ国に住んでいたエルフたちは、サウロンが滅んでいないことを知っていたので、残っていたのでしょうか?いろんな種族の上にさらに神が存在するのですね。
奥が深いです。
がんばって原作を読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/16 09:50

原作を読んでいませんが、私の同じような疑問に詳しい方から説明してもらったことです。



エルフは元々中つ国の住人ではないのだそうで、
その船で行く国がエルフの世界だそうです。
ガンダルフは神の階級の中の一つに位置する者で、中つ国の問題をおさめるために使わされた中の一人だそうです。その一人にサルマンも入っていたそうです。

中つ国に平和が訪れたのでもうそこに留まる必要が無い為エルフは全員自分達の国に帰るのだそうで、その最終便の船だそうです。
フロド達がエルフの国行く理由は先に回答されているように、指輪の影響によって蝕まれた体を癒すためで、もともと帰ってくる予定はなかったと思います。
また、レゴラスはその船には乗らず中つ国に残り、旅の仲間であったアラゴルンが生をまっとうしたあとに戻ったそうです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私と同じような疑問を持った人がいたんですね~~。
周りにロードの映画ファンはたくさんいましたが、みんなあまり疑問に思わなかったみたいで、きいても、ピンとくる答えじゃなかったので、ここで質問させていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/16 09:44

おもしろいです。

この質問。
#1さんの回答、かなり興味深く読ませていただきました。
ありがとうございます(^-^)

すでに詳細な正しい回答が出ていますが、
おもしろいので参加させてください。

私は原作を、まだ読み終えていません。
映画を見たときは、本に手をつけてすらいませんでした。
なので、原作を読んでいないものとしての解釈を書かせていただきますね。

私はこう解釈しています。
フロドはもう、戻ってこないのだと。

というのも。
最後にホビット庄に戻ったフロドは、
「今でも傷が痛む」と言っていましたよね。
そのフロドが、「最後の船」に乗っていく先が
「不死の国」。

不老不死の身をもつエルフや、
賢者であるガンダルフが、不死の国へ行っても、
また戻ってこられるのはわかります。
でも、フロドは限りある命を持つ、ホビット。
限りある命の者が「不死の国」へ旅立つということは、
こちらの世界で言う、「あの世へ逝く」のと
同じようなことなのかな、と。

#1さんの回答を読んでいると、
若干違っていたことがわかりましたが。
いかがでしょうか?

原作のほうも、世界観が壮大で、奥が深くて、
面白いですよ。
時間があったら、読んでみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私も映画で見て、「最後の船」というのがひっかかっていたんです。もう戻ってこないのかなーーと。
冒険好きのビルボのように、また戻ってきた執筆するのかと思ったら、本をサムに渡しちゃうし。

ぜひ原作を読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/16 09:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロード オブ ザ リングに詳しい人へ

ロード オブ ザ リングを1から3まで見たのですが、細かな設定がよく分かりません。
今さら感もあるのですが、誰か教えてください。

エルフは不老不死なのですか?

で、その力が消える前に船で海を渡って行くのですか?どこへ?

海の向こうに行くとどうなるのでしょう?永遠に生きるのですか?

その割には、アルウェンがアラゴルンと結婚しても、アルウェンはアラゴルンの死んだ後も長く生き続けなくてはいけないというのは、どういうことなのでしょうか?
不死の力はなくなっても、長く生きるっていうことでしょうか・・・?

文章はうまくありませんが、とりあえずその辺りの設定がよく分からなくて、腑に落ちないのです。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エルフは色々と便利な設定がありまして。
原則不老不死です。自然死しないという意味です。
人間と結婚すると有限になってしまいます。でも長生き。ハーフエルフは、成人の時に不老不死か有限か選択するそうです(エルロンドのこと)。

海の向こうとは西の至福の島。神の僕である精霊たちが住むところです。そもそもは、はるか古代中つ国が出来たころ、中つ国が戦乱で荒らされたために、当時住んでいた精霊やエルフの大部分が移り住んだ島です。

その後エルフ達は何度か中つ国を訪れたり、残った子孫たちが内部で血みどろの争いをしたり、サウロンの上司と戦ったりしながら、節目節目には中つ国に愛想をつかして島に引き上げています。
でその際にエルフに味方した一部の人間(アラゴルンの先祖になります。彼はややエルフよりの長寿の血が流れています)は、"西の至福の島"モドキを与えられ、大繁栄を極めることになるのですが、驕りたかぶった彼らは本家"西の至福の島"をも侵略することとなり、これに怒った精霊により世界が大没落してしまいます。そして“至福の島”はこの世から切り離され、決して人間の手に届かない所に移ります。
つまりはあの世でしょうかね? あるいは別次元? この辺までが神話の時代の話です。

でその後、指輪物語の序盤で語られた"最期の同盟”戦争が起こり、戦後エルフ達の多くは“至福の島”へと旅発ちましす。世界から切り離されていてもエルフだけは特別扱いで渡れるのなのだそうです。さらにその後の指輪物語で語られたように、唯一と言っていいほど僅かながら残っていたエルフ達も皆、島に引き上げたのです。
最後の最後まで残っていたのはおそらくレゴラスでしょう。アラゴルンが死ぬまで(結婚が80歳ぐらいで死んだのは200歳ぐらい)は中つ国に残っていたそうですので。

どういうところなのかは、一言で言うと人間には関係のないところにある神・精霊がいる場所。天国に近いところでしょうね。悩みも争いの無さそうなのでそれこそ永遠に生きそうです。
ちなみにガンダルフもここから派遣された人(人じゃないですが)です。

この辺の細かな設定どころか、ストーリーの大部分がばっさりと省略されていますから。原作知らない人には訳わかんないでしょうね。私も原作を読んだのはずいぶんと昔ですが。

エルフは色々と便利な設定がありまして。
原則不老不死です。自然死しないという意味です。
人間と結婚すると有限になってしまいます。でも長生き。ハーフエルフは、成人の時に不老不死か有限か選択するそうです(エルロンドのこと)。

海の向こうとは西の至福の島。神の僕である精霊たちが住むところです。そもそもは、はるか古代中つ国が出来たころ、中つ国が戦乱で荒らされたために、当時住んでいた精霊やエルフの大部分が移り住んだ島です。

その後エルフ達は何度か中つ国を訪れたり、残った子孫たちが...続きを読む

Qロードオブザリング1 での  ガラドリエルとフロドのやりとり

ロードオブザリング1で、みんなが寝てる時、フロドとガラドリエルだけで会い、旅が失敗したときの様子を水の上から見る、みたいな場面があります。そこで、フロドが指輪を差し出し、ガラドリエルが豹変した後、ガラドリエルが元に戻って「試練に勝った!」って言うシーンがあるのですが、あそこの意味が何度見てもよく分かりません。誰か、教えてください。

Aベストアンサー

ひとつの指輪は強大な力を持っていて、それはたとえどんな種族の心も誘惑し、蝕んでしまうんです。
ガンダルフが指輪を受け取れないといったのも、指輪の力にまけてしまうからです。
そもそも指輪はサウロンの悪の心を反映したものなので、良い事に使おうと思ってもそう簡単にはいきません。
持つものの醜い欲望などをむきだしにしてしまいます。
ガラドリエルはエルフの女王として偉大な力をもっていて、ひとつの指輪の支配下にある力の指輪のひとつであるネンヤの指輪をもっています。(水鏡のシーンでフロドにみせていたものがそれです)
冒頭のシーンで説明されてたように他にも指輪はいくつかあるのですが、それらをすべて支配してしまう力をもつひとつの指輪は、ガラドリエルの心さえも誘惑してしまいます。
ガラドリエルは不思議な存在であり、善と悪が共存したような不思議な魅力をもったエルフでもあるので、その指輪を手に入れたが最後、おそらく恐ろしい力を発揮し、エルフの世界を存続させるためには悪もいとわないようになってしまうという恐ろしさを彼女自身自覚しています。
なのでフロドが指輪にたえられずガラドリエルに託そうとしたとき、一瞬その誘惑に手を伸ばし、恐ろしい形相を垣間見せてしまいましたが、彼女は自分自身の良心、尊厳に心のなかで戦い、その誘惑を必死におさえました。
それであのCGの形相がおさまっていつものガラドリエルに戻り、自分が指輪に手を出さなかったことにほっとした、ということになります。
ひとつの指輪はそれを含めたほかのすべての指輪を支配する力を

ひとつの指輪は強大な力を持っていて、それはたとえどんな種族の心も誘惑し、蝕んでしまうんです。
ガンダルフが指輪を受け取れないといったのも、指輪の力にまけてしまうからです。
そもそも指輪はサウロンの悪の心を反映したものなので、良い事に使おうと思ってもそう簡単にはいきません。
持つものの醜い欲望などをむきだしにしてしまいます。
ガラドリエルはエルフの女王として偉大な力をもっていて、ひとつの指輪の支配下にある力の指輪のひとつであるネンヤの指輪をもっています。(水鏡のシーンでフロ...続きを読む

Q「ロードオブザリング/王の帰還」で分からないところがあります

先日テレビで「ロードオブザリング/王の帰還」を見て、面白かったのですが、
最初や途中をちらほらと見落としてしまいよく分からない箇所があります。
ネタバレサイトも探してみたのですが上手く見つけきれないので、どなたかご存知の方がいましたら教えて頂きたいです。(どれかひとつでもいいので)
どうぞよろしくお願いいたします。

1・ゴラムと指輪(いとしい人)との関係。
2・大きな戦闘シーンで、アラルゴン達が船から連れてきた亡霊戦士?(緑色のゴーストっぽい)はどういった人たちで、アラルゴン達とどんな関係なのか。
3・敵の大ボス・サルマンはどうなったのか。
(最初のほうを見逃したのですがそこで誰かに殺されたんでしょうか・・?)

Aベストアンサー

色々お答えが出ていますが、補足方々改めて・・・
映画と原作で設定が違うところがありますので、映画の設定でお答えします。

1.指輪はもともと冥王サウロンが作ったものでしたが、アラゴルンの祖先、ゴンドールの王イシルドゥアがサウロンを倒した際に手に入れました。
が、イシルドゥアが帰国途上にオークに襲われ、大河の中に沈んでしまいます。
その大河の中の指輪を、ホビットのデアゴルが拾いますが、それを見た友達のスメアゴル(後のゴラム)が指輪の魔力に捉われ、指輪を手に入れたい誘惑にかられてしまい、デアゴルを殺害して指輪を手に入れます。
スメアゴルは指輪の魔力に蝕まれ、500年の長きに渡って生き続けますが、変わり果てた姿のゴラムになってしまいました。
指輪はその後ゴラムが落としたところをフロドの養父ビルボが偶然拾い、フロドの手に渡ります。
ゴラムは指輪を失いながらもなお指輪の魔力に捉われていて、フロドを案内しながらも指輪を自分のものにしたいと常に願っていました。

2.もともとはサウロンの側についていた山の民でしたが、その後アラゴルンの祖先であるゴンドールの王イシルドゥアに、サウロンと戦う時には召集に応じると誓言をしました。
が、いざ召集がかかった時に応じなかったため、イシルドゥアに、「ゴンドールの王の血を引くもののために誓言を果たさない限りは永久に安らげない」という呪いをかけられ、肉体が朽ちても成仏することのできない呪われた幽霊集団になってしまいました。
イシルドゥアの子孫アラゴルンの召集に応じて戦ったため、ようやく安らかな死を迎えることができたわけです。
ちなみに原作では海賊船を乗っ取るところまでで解放されていて、ペレンノール野までは行ってませんでしたが・・・

3.先日放映された劇場公開版では、オルサンクの塔の中に閉じ込められたままで、木の鬚たちエントが監視し続ける、という設定になっています。
他の方も挙げられた、DVDのスペシャルエクステンディッドエディションでは、オルサンクを訪れたガンダルフたちとの対面の後、グリマに刺されて死にます。
原作では木の鬚を説得してグリマと共にオルサンクを逃げ出し、ホビット庄を支配しますが、帰ってきたフロドたちに人間の手下たちを倒され、最後にはやはりグリマに刺されて死にます。

色々お答えが出ていますが、補足方々改めて・・・
映画と原作で設定が違うところがありますので、映画の設定でお答えします。

1.指輪はもともと冥王サウロンが作ったものでしたが、アラゴルンの祖先、ゴンドールの王イシルドゥアがサウロンを倒した際に手に入れました。
が、イシルドゥアが帰国途上にオークに襲われ、大河の中に沈んでしまいます。
その大河の中の指輪を、ホビットのデアゴルが拾いますが、それを見た友達のスメアゴル(後のゴラム)が指輪の魔力に捉われ、指輪を手に入れたい誘惑にかられて...続きを読む

Qハリー・ポッターとロードオブザリング

ハリー・ポッターに出てくるドビーというチビの
気持ち悪いやつに似たのがロードオブザリングにも出てきませんか?
両者は何か関係があるのですか?

Aベストアンサー

ハリーポッターシリーズの作者ローリング氏は確かに学生時代に「ロード・オブ・ザ・リング」の原作「指輪物語」を何度も読んでいるそうですが、両方の原作を読む限りではドビーとゴラム(ゴクリ)は特に似ているとは感じません。
映画化された時に似たようなルックスになったのは全くの偶然だと思います。ゴラムが本格的に登場した「二つの塔」とドビーが初登場した「秘密の部屋」の公開時期はほぼ同じですので、どちらかの映画のスタッフがどちらかを真似たり影響を受けたりしたということもないと思います。

Qロード・オブ・ザ・リングの原作本を読むなら何処の本?

 こんばんわ、過去の質問を見ましたが、私の聞きたい事ににぴったりだと言える物がなかったので、重複するかもしれませんが質問させていただきます。

前日映画の方を見てきました。 以前原作を読んで映画を観に行ったとき
微妙な台詞の違い(最後の決め)や演出を省略した映画に落胆し
先ず映画>小説というサイクルで行く事に決めました。

映画の方は、ストーリーとしてはやや展開が古いかな?と思いましたが
それでもかなり楽しめましたし、ファンタジーの好きな自分としては十分楽しめました。

そこで、次の公開も先ですし、原作が面白いという話しを聞き、読んでみようと
思うのですが、同時に大作で、古い為に翻訳された本も多く 読む本によっては
面白さがかなり違うと聞きました

 しかも中小の本屋に入っている最近の本は 余り出来が良くないよー
と言う話しも聞いたので

出来たら好い本を読みたいと思い質問させてもらいました。

 現在売っている or 手に入る 指輪物語の本で 一番良いのはどれでしょうか
余り高価になると手が出ませんが、どうかアドバイス御願いします。

 こんばんわ、過去の質問を見ましたが、私の聞きたい事ににぴったりだと言える物がなかったので、重複するかもしれませんが質問させていただきます。

前日映画の方を見てきました。 以前原作を読んで映画を観に行ったとき
微妙な台詞の違い(最後の決め)や演出を省略した映画に落胆し
先ず映画>小説というサイクルで行く事に決めました。

映画の方は、ストーリーとしてはやや展開が古いかな?と思いましたが
それでもかなり楽しめましたし、ファンタジーの好きな自分としては十分楽しめました。

...続きを読む

Aベストアンサー

 またpsssです。

>文庫版全9巻(人の為の9巻)=「旅の仲間」「二つの塔」「王の帰還」の
>3部(これが映画化)と解釈してよろしいのですね?
>んで
>ハードカバー全3巻(エルフの為の3巻)=映画とは別の話
>ソフトカバー全5巻(ドワーフの為の5巻)=映画とは別の話

 これは違いますよ。
ハードカバーや文庫では、本自体の大きさと活字の関係で、巻数が変わっているだけなのです。

 原作は3冊で「旅の仲間」「二つの塔」「王の帰還」で全てです。
 日本版の新版を出す時に、
ハードカバーを原作と同じ3冊の体裁に、
ソフトカバーを5冊に分冊し、
文庫版を9冊に分冊したわけです。
 その分け方の理由が、リングの数に合わせた、ということらしいです。

 旧版は、ハードカバーも文庫も各巻上下分冊の全6冊でした。
これは、文庫版は6冊に収めるため、ハードカバーをそのまま縮小したもので、
字が細かく、大変読みづらいものでした。(私はこの版を持っています)

 ですから、今集めるのなら、文庫9冊と追補版(スフトカバーらしい)を購入すればよいと思います。

 ちなみに、指輪が発見され、フロドの養父ビルボの手に渡る話は「ホビットの冒険」という童話で語られています。「指輪物語」と共通の登場人物も大勢出ています。
 また、そもそもの世界の始まリ(神話時代)から、サウロンとの戦争辺りまでの古代史は「シルマリルの物語」(シルマリリオン)で語られています。
 興味がわいたら読んでみるのもよいかもしれません。

あ、そうそう、執筆された順番は「ホビット」「指輪物語」「シルリリオン」の順番です。あくまで、「ホビット」は著者が自分の子供の為に書いた童話ですので、日本でも、そういう扱いで、やさしい文章で訳されています。

 またpsssです。

>文庫版全9巻(人の為の9巻)=「旅の仲間」「二つの塔」「王の帰還」の
>3部(これが映画化)と解釈してよろしいのですね?
>んで
>ハードカバー全3巻(エルフの為の3巻)=映画とは別の話
>ソフトカバー全5巻(ドワーフの為の5巻)=映画とは別の話

 これは違いますよ。
ハードカバーや文庫では、本自体の大きさと活字の関係で、巻数が変わっているだけなのです。

 原作は3冊で「旅の仲間」「二つの塔」「王の帰還」で全てです。
 日本版の新版を出す時に...続きを読む

Qロードオブザリング、王の帰還のラストについて。

ロードオブザリング、王の帰還のラストについて。

前々から気になていたロードオブザリング三部作をやっと見ましたが
ラストで考えてもよくわからないシーンがあるので
投稿させて頂きました。


ラストのシーンで、フロド達がホビット村に帰りますが
ホビット達から何のねぎらいの言葉もないのは何故でしょうか?

アラゴルンの国では、英雄の様に皆から感謝を受けていたのに・・。

ホビット村の人たちからは迷惑そうな嫌な顔をされていた様に感じました。


そして酒場のシーン。
ホビット皆が明るく騒いでいるのに
4人は静かに元気無く落ち込んでいるのは何故でしょうか?

外の世界で苦しい出来事を体験し、昔の様に
無邪気に明るく過ごせなくなってしまったという事でしょうか?

それとも、ホビット村の無関心さにがっかり?していた・・?


ちょっと昔の映画なので、回答してくださる方がいらっしゃるか心配ですが
映画を見てから気になっているので、どうかよろしくお願い致します。
失礼します。

Aベストアンサー

元来、ホビットは一作目の冒頭で説明(ビルボの声で)があるように、食べることやのんびりすることなど、穏やかな生活を好む種族で、外の世界のことには無関心な種族です(いい意味で)

争いごととは無縁で、みなが幸せの中で暮らしている感じです。
なので、映画では、先の方がいうようにフロドたちが指輪をめぐって戦っていることも知りませんし、外の世界で何か怖いことが起きていようとも、それに気がつくにはホビットは純朴すぎる種族なのです。

ただ、これは映画上だけの話で、そもそも原作だと、サルマンは王の帰還の冒頭では死にません。
ホビット庄にまで手をだし、フロドたちが帰ってきたとき、村はサルマンの手によってあらされている状態です。なので、フロドたちがかえってきたときにホビットたちが何事もなく自分達の生活を送っているのは映画上だけの設定です。

嫌な顔をしていたというよりは、突然正装したフロドたちがちょっと颯爽とした風貌で帰ってきたので、何かよくわからない顔をした、といった感じでしょうね。

酒場のシーンは、色んなことがあわさってあのような感じになるのだと思います。
単純に落ち込んでいる、という感じではないと思います。
長かった旅を振り返ることや、無事に元通りの世界になりホビット庄に帰ってこれた感傷にひたっているのもあるでしょうし、その中で何もしらなかった純朴すぎるホビットたちが外の世界のあらゆるものや悪など、純朴だったころには知らなかったいろんな世界にふれて、子供が大人に成長してく過程で感じるような酸いも甘いもといったような複雑な気持ちに似ているのではないかと思います。
質問者さんがいうように、無邪気なだけではいられない、というのも一理あると思います。
事実、フロドは指輪の傷によって、決して癒されることのない深い傷を追わされ、今までと全く同じような生活が難しくなり、ラストに不死の国に旅立っていくわけなので・・・

元来、ホビットは一作目の冒頭で説明(ビルボの声で)があるように、食べることやのんびりすることなど、穏やかな生活を好む種族で、外の世界のことには無関心な種族です(いい意味で)

争いごととは無縁で、みなが幸せの中で暮らしている感じです。
なので、映画では、先の方がいうようにフロドたちが指輪をめぐって戦っていることも知りませんし、外の世界で何か怖いことが起きていようとも、それに気がつくにはホビットは純朴すぎる種族なのです。

ただ、これは映画上だけの話で、そもそも原作だと、サルマン...続きを読む

Qロードオブザリング 二つの塔の意味。

 4日かかってようやく「二つの塔」をみたのですが、ポケー(゜д゜)と
みていたので疑問に思いました。なぜ「二つの塔」なんでしょうか?

 とてもくだらない質問でスミマセン…。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 これは、二つの塔とはオルサンクの塔とバラド=ドゥアの塔を指します。
 でも名前だけぽんと言われてもわかりませんよね。
 これは劇中でも説明が少々あったかと思いますが、暗黒の勢力のそれぞれの親玉が陣取るのがこの二つの塔なのです。
 もっとも恐ろしい敵、サウロンのまぶたがなく、炎でふちどられた目が居るのがバラド=ドゥアの塔(第一部でもっともよくわかると思います)。エルフの一派の言葉で暗黒の塔を意味するそうです。
 サウロンに寝返り、あわよくば(というか彼はその気で)指輪を奪いサウロンの座に自分でつくつもりの魔法使い、魔法使いイスタリ達の最上位にいたはずの白の会議の主宰者サルマンの本拠地がオルサンクの塔。アイゼンガルドの中心部に位置する塔です。一部でご覧の通り、緑豊かな、森に囲まれた土地だったようですが・・・。位置としてはローハンの西になります。
 旧版の小説や「シルマリル」では「イセンガルド」と表記されています。
 「二つの塔」とは、この二つの塔が手を結び、サウロン側の勢力が増していつでも人間とエルフ(&その他ののんきな種族)に攻撃準備OKだよ、という危機的状況を意味するようです。起承転結で言うと、敵が強くて風雲急を告げる以下次号を待て!みたいな感じでしょうか。

 ただ、今ではこの解釈ですが、トールキン自身は「二つの塔はミナス・モルグル(ゴンドールがモルドール監視のために建てて後にモルドールに飲み込まれた、元ミナス・イシル)とオルサンクをさす」とも言ったとか。
 彼はこの解釈にはこだわっていなかったとも聞きますが、原作である小説では「ミナス・モルグルの塔とサルマンの拠点オルサンクの塔で二つの塔」とはっきり書かれています。(第一部終わり、二部の紹介の部分)
 理由はこの二つの塔を舞台に話が進むからとのことだそうです。ですから、オルサンクとバラド=ドゥアをさすようになったのは映画以降ですね。
 ちなみに三部ではミナス・ティリスというところもでてきます(*^^*)。

 こんばんは。
 これは、二つの塔とはオルサンクの塔とバラド=ドゥアの塔を指します。
 でも名前だけぽんと言われてもわかりませんよね。
 これは劇中でも説明が少々あったかと思いますが、暗黒の勢力のそれぞれの親玉が陣取るのがこの二つの塔なのです。
 もっとも恐ろしい敵、サウロンのまぶたがなく、炎でふちどられた目が居るのがバラド=ドゥアの塔(第一部でもっともよくわかると思います)。エルフの一派の言葉で暗黒の塔を意味するそうです。
 サウロンに寝返り、あわよくば(というか彼はそ...続きを読む

Qロードオブザリング/王の帰還 黒門前でのアラゴルンについて

先日ロードオブザリング/王の帰還を観て思いもかけず感動して涙がこぼれ、もう一度リピートして映画館に足を運びました。 

原作を読んでいないので、分からないことは色々あるのですが、特にとても気になっている箇所があります。

黒門前でアラゴルンがサウロンに「エレスサール」と呼びかけられ、しばらくサウロンに引き込まれるようになってしまうのは何故なのでしょうか??
(一瞬、突然サウロンの方に寝返ってしまうのかとヒヤッとしました。)
映画の中ではとても重要な箇所のような雰囲気をかもし出しているので、とても気になります。
「エレスサール」がアラゴルンの王になった時の名前
という所まではわかっているのですが。

これから原作をボチボチ読んでいこうと思っていますが、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

「エレスサール」(エレサール、エレッサル)がアラゴルンの即位後の名前であることはご存知との事ですので、由来等は省略します。

「エレスサール」の名前は、はるか昔、ゴンドールやアナリオンが滅亡し、王家が衰退していった頃から、悪を打倒し王家を中興するものの名として予言されていました。つまり、アラゴルンという名は仮の名であり、馳男(韋駄天)と同様の通称・あだ名であったと言えます。

さて、洋の東西を問わず、魔術をかける際には、相手の「真の名」を用いることになっています。ご指摘のシーンは、予言された名である「エレスサール」を用いたサウロン(指輪)の呼びかけにこれまでよりも強く反応したことによって、映画の中でもこれを「真の名」であることを表現したものではないでしょうか。

Q「ロード・オブ・ザ・リング」面白いですか?

こんにちは。パトリラワーディです。

無類の映画好きな私ですが、恥ずかしながら「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは観たことがありません。

理由は、まず私自身が長編映画が苦手ということ。それから、シリーズものって、1つ観ると全部観なきゃと思ってしまってイヤなのと、あとは、シリーズもの、イコール、後になるほど面白くない、というイメージがあって、どうも苦手なのです。

これまでのシリーズもの映画で、心から面白いと思えたのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズだけです。
ハリポタは「賢者の石」「秘密の部屋」両方観ましたが、それほど好きじゃないなぁと思ったので、「アズカバンの囚人」はあまり期待してないし、マトリックスも全部観たけど面白かったのは最初だけで続編はいらない、と思ってしまいました。
そういうトラウマ(?!)があって、「ロード~」にも拒否反応を起こしてしまいます。

でも、周りの人たちはみんな「絶対観たい!!」と言っているし、映画サイトの観たい映画の投票ランキングも、圧倒的に「ロード~」がトップなので、「なんでそんなにみんな観たがるんだろう??」と、思ってしまいます。
私は映画館で働いているのですが、最近はお客さんからも「ロード~」関連の質問をかなり受けます。それだけみんな観たいと思ってるってことですよね。

そういう今の現象が、観てない私には不思議でなりません。そんなに面白いんでしょうか? 観る価値はありますか? どれだけ面白いか、皆さん教えてください!

こんにちは。パトリラワーディです。

無類の映画好きな私ですが、恥ずかしながら「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは観たことがありません。

理由は、まず私自身が長編映画が苦手ということ。それから、シリーズものって、1つ観ると全部観なきゃと思ってしまってイヤなのと、あとは、シリーズもの、イコール、後になるほど面白くない、というイメージがあって、どうも苦手なのです。

これまでのシリーズもの映画で、心から面白いと思えたのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズだけです。...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは♪
ロード・オブ・ザ・リング 見てください!
見ないと映画人生損損!

何が面白いって…
箇条書きでいいですか?(笑)

・特別な力をもっているわけではない人々もが、懸命に戦う姿に心をうたれる

・旅先で仲間をみつけ、助け、助けられ、その輪が広まっていくさまがゾクゾクする

・戦う人々のそれぞれの活躍シーン(見せ場)が必ずある。そのときの表情がまた凛として良い!

・戦闘シーンに血沸き肉踊る!
「うわっ きたきたきたーーーーー!」って感じのシーン、クライマックスで堪能!(わけ判りませんね…)

・多彩な登場人物がとっても魅力的。ただし、肝心の主役と、悪役のキャラがちょいと弱い。
その分、脇はかなり良いです!


たしかに長いですし、人間関係がはっきり把握しきれないのですが、飽きることはないんじゃないかと思われます(*^_^*)

それに、この作品は三部作をはじめから謳っていますから、シリーズごとに質をおとしていくような(『マトリックス』のような)心配はないと思われます。

まあでも百聞は一見にしかずです。
ぜひ見ていただきたいです♪

こんばんは♪
ロード・オブ・ザ・リング 見てください!
見ないと映画人生損損!

何が面白いって…
箇条書きでいいですか?(笑)

・特別な力をもっているわけではない人々もが、懸命に戦う姿に心をうたれる

・旅先で仲間をみつけ、助け、助けられ、その輪が広まっていくさまがゾクゾクする

・戦う人々のそれぞれの活躍シーン(見せ場)が必ずある。そのときの表情がまた凛として良い!

・戦闘シーンに血沸き肉踊る!
「うわっ きたきたきたーーーーー!」って感じのシーン、クライマックスで堪...続きを読む

Qロードオブザリング

こんにちわ。

ロードオブザリングを1~3まで全て見たのですが、いまひとつストーリーがわかりません。
なのでもう1度見ようと思っていますが、その際に知っておいたほうがいい事等あったら教えてください。
それと、どういうストーリーなのかも教えてください。

Aベストアンサー

ロード・オブ・ザ・リングス(指輪物語)は、スケールがあまりにも大きいので、見えてこない点もあるかと思います。

整理すると、

主人公の目的:
一つの指輪をそれが作られた滅びの山に捨てて、力の指輪を壊すこと。

なぜ、指輪を捨てるのか?:
指輪の創造主以外には使えない上に、指輪は意思を持っているために、持ち主のもとに帰ろうとしている。
一つの指輪は、サウロンの力を封じ込めて作られた為、これを壊すことで、サウロンの力の大半を永久になくすことが出来る。(事実上、滅ぼせる)

そもそも指輪とは?:
サウロンが中つ国の種族に大して、持ちかけた一つの試みによる。
エルフには3つ、ドワーフには7つ、人間には、9つの力の指輪(魔法の指輪)を渡して、それを使うことで、よく中つ国を統治できるとサウロンがエルフに持ちかけ、エルフがそれに応じて指輪を作った。
しかし、サウロンはエルフが作った指輪を超える力の指輪で、それを全て支配するのが実は本当の目的。
エルフが作った力の指輪は、サウロンの想像以上に強い指輪だったために、サウロンは、全てを支配する指輪を作るために、自分自身の半分以上を指輪に封じるコトで、最強の力の指輪を作った、これがフロドが捨てる指輪(一つの指輪)。
しかし、一つの指輪を作った際に、元々サウロンを信用していなかったエルロンドらに、目的を感づかれ、エルフはいち早く、3つの指輪を隠した。
それを知った、サウロンは怒り、エルフと人間を攻撃する、それに応じサウロン対人間エルフの連合軍で戦争が起きる。
その戦いで、アラゴルンの祖先が、サウロンから一つの指輪を奪い、そして、サウロンを倒す。

サウロンとは?:
元々は、エルフと対立した魔王モルゴスの部下
モルゴスが滅んだ時にうまく立ち回るコトで、信頼を得て、力の指輪を作らせるコトに成功する。

ホビットとは?
中つ国でのんびり暮らしている小さい種族、足の裏に毛が生えているために、いつでも裸足。
また、毛が生えているために忍び足が得意。

ガンダルフとは?
太古より中つ国を見ている神の使いに近い存在。
人間からは、イスタリと呼ばれる。
ミスランディアとも呼ばれる、サルーマンも同様の存在。
中つ国の第3紀に海を渡りやって来て、サウロンが再び復活した時のために準備をし、指輪を調査する。
サルーマンは、指輪を調査していくうちに、自分の物したくなりサウロンの側にまわる。

エルフとは?
中つ国で最初の種族、寿命が無いので、不老不死。

ドワーフとは?
金属加工が得意な種族で、背が低く頑強。

オークとは?
かつて、エルフだったものが、拷問の末に邪悪に変化した種族。

バルログとは?
太古に存在してた邪悪な存在、サウロンと同等の存在。

エントとは?
中つ国でも古代から存在している種族、木に似た風貌どおりで、木に近い。
タダ、恐ろしく気が長いので、挨拶だけで日が暮れるような「エント語」を使う。
ほとんど動かないので、木と全く区別が付かない場合も。
怒る事はほとんどない。
ちなみに種族の女性が遠くへいなくなったために、種族の存亡の危機にある。(行き先は不明、いなくなったのは太古の昔、現在はまったく不明)

細かいところは、まだまだ有るのですが、簡単にこのくらい。

ロード・オブ・ザ・リングス(指輪物語)は、スケールがあまりにも大きいので、見えてこない点もあるかと思います。

整理すると、

主人公の目的:
一つの指輪をそれが作られた滅びの山に捨てて、力の指輪を壊すこと。

なぜ、指輪を捨てるのか?:
指輪の創造主以外には使えない上に、指輪は意思を持っているために、持ち主のもとに帰ろうとしている。
一つの指輪は、サウロンの力を封じ込めて作られた為、これを壊すことで、サウロンの力の大半を永久になくすことが出来る。(事実...続きを読む


人気Q&Aランキング