『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

初めて質問します。よろしくお願いします。

結局ジョンはビートルズ時代にハマったドラッグといつ手を切ったのでしょうか?
解散後のシングル「コールドターキー」の前でしょうか。
やめたのなら何をきっかけとして?ヨーコさんのアドバイス?

「失われた週末」時代は無茶苦茶な生活をしていたとも聞くし。
ポールがダコタハウスを訪ねる映画で、ヨーコさんに隠れて嬉々とした表情でマリワナを吸うシーンもありましたね。まあこれはフィクションでしょうが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



Johnのドラッグに関する話は諸説紛々(「完全に手を切った」「晩年までヘロイン中毒だった」など)です。Seanが産まれて(75年)からはほとんど公に姿を現してないですから、その辺りからは真相がわかりづらくなくなっているせいですが。

はっきりしているのは、少なくともSeanが産まれるまではドラッグを常習していたということです。マリファナはもちろんコークやヘロイン等も(コークに関しては「あれはくだらない」と言っていましたが)。
「Lost Weekend」では、無茶苦茶どころではなかったようです。周りにいた人間も人間でしたし。

Sean誕生以降は頻繁に日本に訪れています。これは私の憶測ですが、この時期にも麻薬(マリファナ程度も含めて)を常習していたとしたら、日本へも持って来ていたと思います。海外とは違い日本で入手することは簡単ではなかったでしょうし。それならば空港で見つかっていたのではないかと思います。ただでさえ彼等は2人とも麻薬不法所持の前科がありますし。ですから、この時期にはかなり手は切れていた可能性があります(上手く隠して持ち込んだのかも知れませんが)。あくまでも私の憶測ですが。

Paulも当時はマリファナ常習してましたから、ダコタでJohnと吸うというのも「フィクションだ」とは言い切れないと思いますけど・・・。まあ、私は、手を切っていようがいまいが、John LennonとPaul McCartneyがドラッグをやっていたって別にいいじゃないかと思っていますので。

ちなみに、「Cold Turkey」はThe Beatles解散前のリリースです。

この回答への補足

simpkinさん、ご回答ありがとうございます。なんだか妙な話題ですけど、ジョンのファンですから、おとしめるような意図はありません。
実はやはり故人でジョンともライブ共演したフランクザッパのことを調べていました。この人はドラッグ使用には反対して、ドラッグをめぐって自分のバンドのメンバーを首にしたとか。
じゃあ「サムタイム」のときのジョンはどうだったのかなあ、とふと疑問に思ったのです。

ミュージシャンは素敵な曲を演奏してくれればいいんだし、ファンはそこら辺は暗黙の了解事項としておいたほうがいいんでしょうね。

それにしてもキースリチャードさん元気ですね。

補足日時:2004/09/25 00:12
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジョン・レノンだけ格別に人気があるのはなぜですか?

ビートルズのメンバーも半分になってしまいましたが、今でも根強いというか無条件に人気があるのは間違いないと思います。
かねがね疑問に思っているのですが、ビートルズの中でジョン・レノンだけが格別に人気があるのはなぜなんですか?作詞してるから?ボーカルだった(ですよね?)から?いい詩ももちろんあるけど、たいしたことないのも多いように思うんです。ビートルズの音楽は、どっちかいうと作曲をしているポール・マッカートニーの手柄なんじゃないのかなあ、と思うのですが、この認識は間違っているでしょうか。
音楽以外に人間的な魅力が特別強いんですか?反戦運動の影響とか?
私には不良少年でデビューした、オノヨーコに翻弄されたというイメージが強すぎて、あまりいい印象がないんですが、ジョン・レノンの魅力、教えて下さい。

Aベストアンサー

冷めた回答が多いようなので、ン十年にわたってビートルズおよび、レノン、マッカートニーのソロ時代の曲にも親しんできたものとして、やや思いいれも交えつつ答えてみます。

ビートルズの曲についてはよくレノン・マッカートニーと書かれていますが、これはジョンが作詞、ポールが作曲という分担をしていたという意味ではありません。特に初期の曲は二人が共同作業で作ったものも多いので、二人をまとめてレノン・マッカートニーと表しています。レノン・マッカートニーとされている曲の中にも、実際にはどちらか一方が100%作っているものも多くあります。Please, Please MeやA Hard Day's Night、Ticket to Rideなどはレノン100%の曲、All My Loving、Yesterday、Let It Beなんかはマッカートニー100%の曲です。

一般的に言ってポールの曲はメロディアスなラブソングが多いので、日本で好まれている曲はポールのものが多いと思います。一方、ジョンの曲はA Hard Day's NightやHelpの頃から既に自分の悩みや内面を歌ったものが多く、ラブソングにしても自分の感情を赤裸々に歌っています。

人がジョンの歌に魅かれるのは、彼の歌の中にいい感情も悪い感情も含めて彼の内面がさらけ出されているからではないでしょうか。ポールのラブソングというのは時にHey Judeのようにyouとsheで表される他人の恋愛や頭の中で作ったような恋愛を歌っているのに対し、ジョンの歌はいつもIとyouの関係で恋愛を歌っています。ポールの作る明るいsilly love songsをジョンは嫌っていました。

ジョンは父にも母にも捨てられた過去を持ち、マザコンでヤク中で皮肉屋で、アイドルであることに満足できず必死でもがいているような人生を送りました。特にソロになってからのジョンの歌はシンプルでありながら彼の心の中をそのまま見せてくれるようなものが多く、生々しい魅力があります。彼の生涯を追ったドキュメンタリーである「イマジン」は彼の実像のわかるよくできた映画です。

熱狂的なファンによって撃ち殺されたジョンですが、ポールのファンがポールを殺すとようなことは有り得ないと思います。そのような点でもジョンが持っていたカリスマ性を過小評価することはできないのではないでしょうか。

冷めた回答が多いようなので、ン十年にわたってビートルズおよび、レノン、マッカートニーのソロ時代の曲にも親しんできたものとして、やや思いいれも交えつつ答えてみます。

ビートルズの曲についてはよくレノン・マッカートニーと書かれていますが、これはジョンが作詞、ポールが作曲という分担をしていたという意味ではありません。特に初期の曲は二人が共同作業で作ったものも多いので、二人をまとめてレノン・マッカートニーと表しています。レノン・マッカートニーとされている曲の中にも、実際にはどち...続きを読む

Qコカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっ

コカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっていればもうやりたいと思わなくなるものなのでしょうか?

彼が昔やっていたことを知りました。
昔の話は聞かないようにしていましたが、先日少しだけ話をしてくれました。
私はただ彼の話を何も言わず聞くことしかしなかったので細かい情報も分からない状態で
す。
「よく辞めれたね」と言ったら、「コカインはきつかった」とだけ言っていました。
当時どのくらいの摂取量でどのくらいの期間やっていたのかは分かりません。
自分自身やったこともないし、知り合いにやっている人(やっていた人)もいないので、全くわからないのです。
それを聴いて引くと言うより、心配になりました。

彼は最低でも4,5年前から辞めているとは思います。

全くやりたいと思わない期間が何年あっても、年数に関係なく突然やりたくなるものなのでしょうか?

またどういった方法で辞めましたか?

辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正しいのでしょうか?

全くやりたいと思わなくなることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

質問の通り、辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正でしょう、あえて言うなら今は使って居ないというべきでしょうか。

薬物依存の怖いのは、今は使って居なくて、普通に生活できて居ても、生活の中で極度なストレスや、偶然で有っても、薬物が手に入る環境に措かれた時だと思います。

心が弱っている時や、悩みを抱えている時、本人の意思で制御する事は大変難しい様です、現にその様な環境で再使用をしてしまう人を何人も見てきました。

もし貴女が私の身内で相談を受けていたなら、私は彼が過去に殺人を犯し服役していたと言う話しならば、罪を償い更生しているのなら、其れをとがめたり交際に反対はしないでしょうが、相談者さまの彼氏の様な状況で有れば、交際事態を反対します。

殺人は本人の心しだいで再犯する事が防げますが、薬物は其処が非常に難しいからです。

特に自分はもうやらないと言う人が危険です、常に再使用の恐怖を持った人の方が再使用率は低い様に経験から感じます。

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

...続きを読む

Qジミー・ペイジはギターがどれくらい下手なのか

レッド・ツェッペリンが大好きです。
ツェッペリンを聞いて、その後洋楽を聴くようになったのですが、まだメンバーの名前も顔も知らない聞き始めのころ、「この人はギターが下手なのではないか」とふと思いました。
その後、ジミーペイジはギターが下手だという評判をあちこちで聞くようになり、自分の感想は的外れでないらしいとわかったのですが、彼はどれくらい下手なのか、そんなに下手なのになぜセッションギタリストとして重宝されていたのか、そうしたことが疑問に思えてきました。
私はギターどころかどんな楽器も弾けない上に音痴です。なのでそんな人にもわかるように教えてくださるとうれしいです。
念のため。レッドツェッペリンは大好きですし、ジミーペイジも大好きです。Heart Breakerで、ペイジのソロをはらはらしながら聞くのも好きです。

Aベストアンサー

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈な事柄なのでありますよ(笑)

さぁ「禁じ手」を破ってこの問題にメスを入れてみましょう!!!

まずペイジがセッション・ギタリストとしてその名を轟かせていたのが
ヤードバーズ加入以前の話ですから、65年以前の話ですね。クラプトンが抜けたヤードバーズに
ジェフ・ベックの推薦でベック共々ペイジは加入しました。
ベックがサイド・ギタリストとしてペイジを推薦したわけです「みんなジミーの事知ってるだろ?あいつ俺の後輩なんだ。入れようぜ!。」
ってな感じです。
ポイントがここにあります。スタジオ・ミュージシャンで、すでにプロデューサーの経験もある
ペイジは先輩ベックにサイド・ギタリストに打ってつけと目されたのです。
同世代の有名な「ソロ・ギタリスト」として名が上げられるのが、ベック、クラプトン、ジミヘン、リッチー・ブラックモア、サンタナなど超ギタリスト達がいっぱいおります。
でもこの人達は「ソロ」ギタリストとしての印象が非常に強いです。インプロヴィゼイション、アドリヴ・タイプのギタリストですね。

ペイジのギターはこういうギタリスト達とは異なります。
彼のギターは、楽曲やバンド・アンサンブルの中で本領を発揮する、言わば「アレンジ・メイク・ギター」
の巧者だと言えるのです。
バッキングやリフ、サウンド・メイク、Zepが今でも偉大なのは、ペイジの巧みなアレンジ力と
他の3人の力、至福の化学反応の結晶だからだと断言できます。

60年代初期のセッション・ギタリストは、過激なギター・ソロも速弾きもそんなに求められません。
要は楽曲にマッチしたバッキングであればいいのです。
ペイジの才能はそのニーズに答え、数をこなす事により鍛えられ、磨かれ、名声を得るに至ったわけです。

ベックは後輩ペイジの才能を認めつつ、自分のギターをより際立たすためには、ペイジの
バッキングやアレンジに長けたギターが必要だとわかっており、あえて「サイド・ギター」で
ヤードバーズに加入させたのです。

速弾きみたいな運指がらみ、テクニックがらみの事を言うとペイジのギターの腕前には???が
ついてしまう・・かもしれません。
しかしペイジには楽曲クリエイターとしての才能が他のギタリストより群を抜いて秀でている・・
これは揺るぎ難い事実です。

リッチー・ブラックモア先生が
「ペイジは本当にクレイバー(利口)なギタリストだ。みんな(ペイジのギターの腕前について)
色々言ってるけど、昔から本当に上手いギタリストだ」
と事あるごとに誉めております。私はうんうんとうなずいてしまいますね、この言葉には・・。

長くてごめんなさい、書き足りないくらいだけどこの辺にしときますね。

参考になれば幸いです。

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈...続きを読む

Qビートルズのメンバーはどうやってピアノ演奏を身につけたんでしょう?

中学時代からビートルズが好きでした。大人になって聞いてみても、その音楽には色あせない魅力を感じています。

ところで、彼らの曲には、ピアノが強烈なアクセントとなって曲のイメージを決定づけているものがたくさんあります。

中にはプロデューサーが弾いていたりすることもあるようですが、彼らのプレイに限ってみても、素朴なバッキングから技巧的なものまで様々ですね。しかも、かなりのセンスも感じます。

貧しい出で立ちだったと聞きますので、幼少から英才教育を受けたようにも思えません。一体、彼らはミュージシャンとしてのキャリアのいつ頃から、どうやってピアノを練習していったのでしょう?

どなたか、彼らのピアノや楽器演奏習得に関するエピソードをご存知のかたがおみえでしたら、お教えください。

Aベストアンサー

アンソロジーを読んでみると、1958年にThat'll Be The Dayのデモ録音をしたころは、またポールは満足にピアノを弾けなかったようです。
最初にハンブルグに行って『カイザーケラー』に出たときに、持って行ったポールのギター『ロゼッティ・ソリッド7』が壊れてしまい、ギターなしになってしまったので、ステージにあったピアノを弾くしかなくなってしまい、その結果、ピアノが上達した、らしいです。
ギターを持たずにハンドマイクだけでステージに立っているポールの写真もあります。
1960年にハンブルグに行ったときは、ポールはジョンの持っていた『ホフナー・クラブ40』を借りており、ジョンは『リッケンバッカー』に変えています。
トップテンクラブでも、ピアノを弾いて歌っているポールの写真があります。
その後、スチュが抜けるとベースに専念するようになったようですが、『キャバーン』のステージにもアップライトピアノがあり、EMIスタジオにも当然グランドピアノがあり、ピアノに親しむ機会は多かったでしょう。
ジョンは『ヘルプ』のころからレコーディングでピアノを担当することがあるようになりました。
ジョージもリンゴもある程度は弾けるようですよ。
『レットイットビー』の中では、ポールとリンゴがピアノの連弾をしたり、ジョージとリンゴが『オクトパスズガーデン』のコード進行をピアノを弾きながら打ち合わせています。
ご存知とは思いますが、『リボリューション』のピアノソロはニッキー・ホプキンスが、『ゲットバック』のピアノソロはビリー・プレストンが弾いています。

アンソロジーを読んでみると、1958年にThat'll Be The Dayのデモ録音をしたころは、またポールは満足にピアノを弾けなかったようです。
最初にハンブルグに行って『カイザーケラー』に出たときに、持って行ったポールのギター『ロゼッティ・ソリッド7』が壊れてしまい、ギターなしになってしまったので、ステージにあったピアノを弾くしかなくなってしまい、その結果、ピアノが上達した、らしいです。
ギターを持たずにハンドマイクだけでステージに立っているポールの写真もあります。
1960年にハンブルグに...続きを読む

Qジョンレノンの死から40日後に発表されたオノヨーコの意見広告の内容を知りたい

ジョンレノンの死から40日後にオノヨーコが新聞に出した意見広告の内容を詳しく知りたいです。
概要だけは聞いたことがあって、「暴力は武器の中にあるのではなくそれを使う人間の中にある」みたいな内容だったと記憶しているのですが。
英語の原文でも構いませんので、詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。今回のご質問にかんしての回答になるとは思いませんが、ご参考までに書かせていただきます。

 まずお探しのオノ・ヨーコのレノン射殺後に出された意見広告ですが、たしかにその広告は存在し現実にメディアとして世に流布しました。しかしそのときの新聞そのものか、あるいは直接アメリカへ渡ってニューヨークタイムスの既刊のマイクロフィルムを探さない限り、ちょっと不可能ではないかと思われます。

 オノ・ヨーコの意見広告は「ヨーコ&ショーン」の署名で出された、父親を凶弾によって奪われた母子の感動的な会話をそのまま文章化したものですが、じつはそのときその場にはレノンと前妻のシンシアとの間にうまれたジュリアンもいたのです。しかしオノ・ヨーコはなぜか意図的にジュリアンと抹消し、自分の子であるショーンだけを前面に出したというわけです。

 つまりこの感動的な物語はヨーコの恣意的な思惑が働いたもので、ある意味捏造と言ってもよいものだったというわけです。この事実が発覚した時点で全米の各メディア(インターネットも含めて)は、この広告自体の存在を掲載、もしくは記録にふさわしくないものとして扱っているため、幾ら手を尽くして資料を探そうともしても目的地に行き着かないということなのです。

 とはいえ、あなたもかなりのレノンファンのようですから、もしこの事実をすでにご存知でしたら、下らぬことを長々と書いてしまったことをお詫びします。

「ジョン・レノンに恋して」(河出書房新社)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/cheerfultime/sankou.html

 こんばんは。今回のご質問にかんしての回答になるとは思いませんが、ご参考までに書かせていただきます。

 まずお探しのオノ・ヨーコのレノン射殺後に出された意見広告ですが、たしかにその広告は存在し現実にメディアとして世に流布しました。しかしそのときの新聞そのものか、あるいは直接アメリカへ渡ってニューヨークタイムスの既刊のマイクロフィルムを探さない限り、ちょっと不可能ではないかと思われます。

 オノ・ヨーコの意見広告は「ヨーコ&ショーン」の署名で出された、父親を凶弾によって...続きを読む

Q自宅での大麻所持は、なぜばれるのですか?

プロテニスプレーヤーと元AV女優が大麻の所持で逮捕されてしまいました。この手の事件が起こるたびにいつも疑問に思うのですが、自宅で大麻を所持したり、栽培したりして逮捕されてしまう人というのは、なぜやっていることがばれてしまうのですか?

Aベストアンサー

昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが
「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。

大麻に関しては、捕まるのは
・売人(または拡散者)
 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。または、
 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。
・通報
 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。
・偶発
 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。そこから芋づる式に。

以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に
気づかれたため)もあるそうです。
でも、割合的に一番多いのは「売人や拡散者」の自供から芋づる式に
検挙される事だそうです。
自宅栽培にしても、どうしても種子を手に入れなきゃいけませんから。

その次は「通報」だそうで、通報者の多くは
家族や兄弟などの近親者が圧倒的だそうです。
それから、近隣住人。大麻はやはり臭いがきついので気づかれる事
が多いのと、
ラリると夜中に大声をはりあげたりフラフラと外に出る事も多く
やはり近隣に気づかれるケースが少なくないそうですよ。

それから、毎年大麻で捕まるのは1800~2100人ぐらい。
でも実際やってるのはその10倍だそうで
人口5000人に一人の割合だそうです。
大都市だとその比率は増え、地方だと減るそうで、
世田谷区だと、人口80万人なので160人ということになりますが
実際は1600人以上だと推測してるそうです。

昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが
「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。

大麻に関しては、捕まるのは
・売人(または拡散者)
 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。または、
 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。
・通報
 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。
・偶発
 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。そこから芋づる式に。

以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に
気づ...続きを読む

QQUEENについて

最近よくQUEENについて質問させていただいてるのですがまたよろしくおねがいします。

1.Bohemian Rhapsodyの歌詞の大まかな意味は??
2.なぜWE WILL ROCK YOUの後WE ARE THE CHAMPIONSが流れるのでしょうか??
3.QUEENのメンバーは皆仲がよかったのでしょうか??

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

こんばんワ、書かせて下さい。

1.ママ、たった今人を殺してしまった
 あいつの頭に銃を向け、引き金をグイと
 引いた、奴は死んだ
 ママ、始まったばかりの人生を、僕は簡単に捨てて
 しまったんだ!
 ママ~oooh泣かせようと思ったんじゃないんだ!
 だから、明日、僕が戻らなくても、1人でがんばっ て!そう・・何事もなかったようにね・・

ボヘミアン・ラプソディ・・世紀の名曲ですね・・
おそらく何百回、何千回と聴いたと思いますが、
何度聴いてもため息がでるほど、ゾクゾクするくらい、好きです。
歌詞は非常に切なく、悲しい歌です。
憎い相手を殺してしまった男が最愛のお母さんに
別れを告げ、神と悪魔の裁きを受けるというような
歌詞です。あまりに有名なオペラ部は、神曲をも
彷彿とさせる、裁き、審判を歌ってます。
しかしこの一世一代の名曲を際立たせてるのは、最後
激しいロック部が終わった後の、

~だけど、結局たいしたことじゃないのさ・・
 みんなも知ってる、本当さ・・
 風がどっちに吹こうがね・・~

という歌詞で終わりを迎えるからなのでしょう・・
・・フレディ・マーキュリー・・天才です・・。

2.77年発売6枚目のアルバム「NEWS OF THE WORLD」
 (邦題「世界に捧ぐ」)のオープニングを飾るのが「We Will~」続いて「We Are The Champions」です。
当時この2曲でシングル・カットした時、非常に
珍しいケースですが両A面扱いでした。
続けて聴くと歌詞の意味と当時の音楽状況(パンク
台頭時で、QUEENの評価は少々下がり気味でした・・)
において、QUEENが世界に高らかにROCK宣言とも言える力強い表明をなし、甦ったと言ってもいい曲なのです。
「We Will~」はパンク連中、世上を皮肉り、
そしてQUEENとしてのアンサーソングが「伝説のチャンピオン」なのです。
だからこの2曲は表裏一体、一心一体なのです。
(ちなみに「We Will~」はブライアン、「~      Champions」がフレディの作曲です。

3.結論からいうと仲が良いバンド、だった部類です。若き日のバンドは合宿みたいな共同生活してた時期もありますし、特にフレディとロジャーは若き日に
ケンジントンで古着屋を経営してたのは有名です。
ただ時が経つにつれ、コンサートがはねると、打ち上げや、何かの記念パーティ以外は完全別行動、又、
「ホット・スペース」が失敗したのを機に、かねて
からくすぶっていた、印税問題で仲はこじれにこじれ
83~85年頃は解散寸前だったんですよ。
しかし、「ライヴ・エイド」の大成功とフレディの
病気の問題などでバンドは初期の頃の結束を取り戻したのです。

だけどQUEENブーム再熱すごいですね!「JEWELS」
100万枚突破ですもんね!
かねてからのQUEENファンには感涙の出来事です。

長々すみません。
参考になれば幸いです。

 

こんばんワ、書かせて下さい。

1.ママ、たった今人を殺してしまった
 あいつの頭に銃を向け、引き金をグイと
 引いた、奴は死んだ
 ママ、始まったばかりの人生を、僕は簡単に捨てて
 しまったんだ!
 ママ~oooh泣かせようと思ったんじゃないんだ!
 だから、明日、僕が戻らなくても、1人でがんばっ て!そう・・何事もなかったようにね・・

ボヘミアン・ラプソディ・・世紀の名曲ですね・・
おそらく何百回、何千回と聴いたと思いますが、
何度聴いてもため息がでるほど、ゾクゾクするく...続きを読む

Qビートルズの良さが分からない(アンチではありません)

私は16歳の女です。
最近ふとビートルズの音楽はどういうものなのか聴いてみたいと思い、ベストを買いました。
「THE BEATLES 1」を聴いたのですが、ビートルズの良さがさっぱり分かりません。

ビートルズの魅力は何ですか?

Aベストアンサー

例えば、ビートルズは現代のロックの原点。
例えば、イヴ・サンローランは現代のファッションの原点。
例えば、手塚治虫は現代の漫画の原点。
そう言って、まず間違いはないでしょう。

1960年代の人から見れば
ビートルズの音楽も、サンローランのファッションも、手塚治虫の漫画も
まさに「革命」でした。
でも、今は2007年。
革命からすでに半世紀近くが経過しました。
かつての「革命」も、今では立派な「常識」あるいは「普通」です。
ですから今はじめて聞いてみて、その「良さが分からない」という意見も
分かるような気がします。
(でも、ビートルズ以降革命のない今のロックはある意味退屈です。)

ビートルズの歴史的「偉業」をあれこれ書くのは簡単です。
でも、それはビートルズの「魅力」とはちょっと違いますよね。

> むしろ「ビートルズは素晴らしい!」とか言える現代人は変
なんて意見もあり、その気持ちも分かりますが
私は最近になって、やっぱり「ビートルズって素晴らしい!」って
本気で思ってるんですよね。

例えば「無人島に10曲だけ好きな曲を持っていけるとしたら何を選ぶか?」
なんてこと、時々考えませんか?
私はよく考えるんですけど、必ずビートルズが1曲入るんですよね。
しかも結構違う曲が入るんです。
最近は「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」と「オクトパス・ガーデン」が大好きです。
昔は全然好きじゃなかったんですけどね・・・我ながら不思議。
(蛇足ながら「オクトパス・ガーデン」はオアシスがライブで
「Whatever」に続けて歌うことがありますよね。その影響かしら?)

あらためて考えるビートルズの魅力って
やはりメロディ・メーカーとしての素晴らしさなんだろうなと思います。
そして、時代によって、気分によって、必ず抜群にフィットする曲が
(少なくとも私の場合は)あるんですねぇ。
だから、もう30年以上聴いてますけど、飽きないし、いまだに発見があります。
(一番好きなビートルズのアルバムも、ころころ変わりますし。)

ただね、「THE BEATLES 1」は、彼らのアルバムとしては良くないよ。
後から編集したベスト盤だし。オリジナル・アルバムには敵わない。
1960年代後半から70年代前半というのは
1枚1枚のアルバムを凄く大切に作っていた時代だから
今みたいに直ぐにベスト盤を出さなかったし
ベスト盤にしてしまうと魅力が半減してしまうのです。
ですから、出来れば
●サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド
●ホワイト・アルバム
●アビー・ロード
●レット・イット・ビー
の4枚は「アルバム」で聴いて下さい。
そうすれば、何か良さに気づいて頂けると思うのですが・・・

例えば、ビートルズは現代のロックの原点。
例えば、イヴ・サンローランは現代のファッションの原点。
例えば、手塚治虫は現代の漫画の原点。
そう言って、まず間違いはないでしょう。

1960年代の人から見れば
ビートルズの音楽も、サンローランのファッションも、手塚治虫の漫画も
まさに「革命」でした。
でも、今は2007年。
革命からすでに半世紀近くが経過しました。
かつての「革命」も、今では立派な「常識」あるいは「普通」です。
ですから今はじめて聞いてみて、その「良さが分からない」と...続きを読む

Qビートルズ好きなら他に誰を聞きますか・・・?

私は、ビートルズ好きの父親の影響で、幼稚園の頃からTHE BEATLESを聴かされ、自身もハマり、ビートルズのCD,DVD、書籍などを集め続け、気がつけばビートルズ以外の音楽をほとんど聴いてこないまま大学生になってしまった者です。

私自身、ギターなどをやるわけでもなく、専門知識は全くないくせに、中学生ぐらいのときからどこか「ビートルズの音楽性は素晴らしい」「ビートルズは神だ」的な考えを持っており、他の音楽にビートルズほどの聴く価値はない、と決めつけている節がありました。

もちろん現在もビートルズは私にとって大好きな存在ですし、一生聴き続けていくことでしょう。ですが、必ずしもビートルズだけが唯一普遍のロックの王様なわけではないだろうし、当然ながら他にもビートルズに(私の価値判断の中で)匹敵・あるいは超えるアーティストはこの世界にいる可能性が十分あると思うようになりました。

私もそろそろ音楽の幅も広げていきたいのです。
今まで聴いた洋楽は(ビートルズメンバーのソロ除く)、、、カーペンターズ、アヴリルラヴィーン、ほかは
父親はストーンズが好きでしたが、私はドハマリはしませんでした。兄はクイーンを聴いており、こちらはものすごく好きで、現在も楽しく聴いております。あと、洋楽で知っているのはレッドツェッペリンくらいです。
邦楽ではブルーハーツ、ハイロウズ、スピッツ、ジュディマリ、ミスチル、ゆずくらい。最新のJ-POPはあんまり聴いていません。

私が特に好きなビートルズの楽曲は
 I'll follow the sun
Till there was you(カバーですが)
★In my life
★Here, there and everywhere
 For no one
 The fool on the hill
 Blackbird
 I will
 Something  などのしっとりしんみりじんわり系

 Misery
 Please please me
★Nowhere man
 I should have known better
 Octopus's garden
 Ob-la-di, ob-la-da
 Here comes the sun などポジティブな曲調系
 
 あとは
★Strawberry fields forever
 Revolution


などです。他にも超ありすぎるのですがこのぐらいで。★マークは私にとってのベスト4なので私の価値基準はだいたいこんな感じなんで、参考にしてください。長くなりましたが何かオススメの曲やアーティストいらっしゃいましたら、どうか皆様教えていただけないでしょうか。。周りにビートルズファンがおらず、困っております。

私は、ビートルズ好きの父親の影響で、幼稚園の頃からTHE BEATLESを聴かされ、自身もハマり、ビートルズのCD,DVD、書籍などを集め続け、気がつけばビートルズ以外の音楽をほとんど聴いてこないまま大学生になってしまった者です。

私自身、ギターなどをやるわけでもなく、専門知識は全くないくせに、中学生ぐらいのときからどこか「ビートルズの音楽性は素晴らしい」「ビートルズは神だ」的な考えを持っており、他の音楽にビートルズほどの聴く価値はない、と決めつけている節がありました。

もちろん...続きを読む

Aベストアンサー

 ビートルズで特に好きな曲や『父親はストーンズが好きでしたが、私はドハマリはしませんでした』『兄はクイーンを聴いており、こちらはものすごく好きで、現在も楽しく聴いております』・・・を勘案しますと、あまりストレートなロックはお好みでは無い様な。(御質問であげられている曲は、ビートルズの中でも比較的『歌謡曲っぽいモノ』ですね。例外でツェッペリンが上がっていますが、ビートルズやクィーンと同様にお好きですか?ツェッペリンと言っても曲によりますが、総じてイマイチなのでは。アヴリル・ラビーンを聴かれている、というのはちょっと不思議ですが。)

 っと(勝手に)解釈して、比較的ポップでクリーンなバンドを上げておきます。

※まずカーペンターズ・・・は既に出てましたか。

※同じイギリスで探すと・・・マン島出身のバラードグループ、ビージーズ(BeeGees)
 日本では『'70~80年代ディスコソングの王様』の様に思われていますが、実はそれ以前がスゴイんです。
 とりあえず1曲上げるとすると、そうですねぇ、“Melody Fair”(邦題は・・・あの『小さな恋のメロディ』)かな。『これはスゴイ名曲だ!』と言っても誰も反対はしないでしょう。(TVやラジオ、或いは店舗のBGMでもいいですが、必ずどこかで耳にしたことがあるはずです。日本に於いて、ビートルズやローリンズ・ストーンズなどと同様『全く聞かずに育つのは難しい』洋楽の一つです。)

※次は『ビートルズ・スタイルの』アメリカンバンド、ザ・バーズ(The Byrds)。今日では『ビートルズ(ブリティッシュ・ロック)とボブ・ディラン(フォーク)の中間』と評価されています。代表曲の1つ“Mr. Tambourine Man”(邦題ミスター・タンバリン・マン)は、現在では西海岸ロックの名曲としてその名を留めています。(この曲も、『日本に於いて全く耳にせず育つのは難しい』名曲です。)
 うーん、ビートルズファンにはこのバンドは結構お勧めかも。

※『ストーンズがイマイチ』と言うことで、気に入られる可能性は低いですが・・・ビートルズ、ストーンズと同時代に登場した『英国労働者階層限定英雄的バンド』ステイタス・クォー(Status Quo)も一応紹介しておきます。このバンドはストーンズ同様現役で、いまだにアルバムを出し続けています。今や『国宝バンド』の様相を呈して来ており、日本で言うところの『演歌の大御所』的存在です。
 具体的に曲を上げるとすると・・・“Burning Bridges”“Rocking all over the world”辺り。バグパイプの曲の様なギターフレーズと抜群のエイトを刻むサイドギター、他愛もない歌詞など、『思想的アピールの強い』ビートルズや『不良的アピールムンムン』のストーンズがイマイチ押し切れなかった『ノーテンキでノリノリのダンス・ロック』の部分を全面に押し出したブリティッシュロックバンドです。オヤジどものノリを見ろ!って感じ。

※さて次はアメリカに戻って、サイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel ) いくらなんでもこれは御存知でしょう。彼らも『日本で育つには避けて通れない洋楽』ですね。
 1曲上げるとすると、当然“Sound of Silence”・・・もぅ何も言う事はありません。

※最後にも一つ、ブリティッシュ・ロックなヤツを。ザ・フー(The Who)です。
 彼らもビートルズと同時代にデビューしたバンドで、ギターのピート・タウンシェンドはポール・マッカートニーの親友です。(ビートルズの2人がリッケンバッカー製のギターとベースを使い出したのは、このピートの影響です。)
 ビートルズやストーンズが放ったメッセージ、『ヒッピームーブメント』『ドラッグカルチャー』などに対し、イギリス独特のカウンターカルチャー『モッズ』を牽引したバンドです。若者の文化を作り上げた音楽という点では、ビートルズやストーンズ、或いは後に『パンク』文化を作ったセックス・ピストルズと並ぶ『伝説的バンド』と言えるでしょう。後にクィーンのフレディ・マーキュリーにより完成を見るロック・オペラというジャンルを最初に打ち立てたのも彼らです。
 曲を上げると・・・そうですね~、“Who Are You”なんかは特に有名ですねぇ。同世代のビートルズやストーンズ、それに上述したクォーより一段複雑なアレンジ構成を取り入れており、後のツェッペリンやディープパープルといった『ブリティッシュ・ハードロック』の登場を予感させます。

 ビートルズで特に好きな曲や『父親はストーンズが好きでしたが、私はドハマリはしませんでした』『兄はクイーンを聴いており、こちらはものすごく好きで、現在も楽しく聴いております』・・・を勘案しますと、あまりストレートなロックはお好みでは無い様な。(御質問であげられている曲は、ビートルズの中でも比較的『歌謡曲っぽいモノ』ですね。例外でツェッペリンが上がっていますが、ビートルズやクィーンと同様にお好きですか?ツェッペリンと言っても曲によりますが、総じてイマイチなのでは。アヴリル・...続きを読む

Q男性に質問!職場に好きな人が居る方。心理。

男性に質問!!(既婚可)職場恋愛って…(片思い限定)仕事で毎日好きな人と働けるって幸せですよね!
毎日会えるし、今日も頑張ろう、今日はどんな事を話そうってウキウキしちゃいますよね!
でも相手が連休だったり、私が連休だったり、シフトが2日合わなかったり、相手とスレ違いで会えなくなると俄然やる気がなくなってしまいます。。
相手は今何してるかなー、とか考えすぎて何も手に付かなくなったりすることもしばしば…
これって女性特有の心理なんでしょうか?男性も好きな人に会えない(片思い限定)日が続いたりするとつまらなくなったりするものでしょうか?
私は2日会わないともう辛いです。休みなんてイラね~とすら思ってしまいます。何か用事作って会社に行く方法はないかな…とか。会いたくて仕方なくなるし、頭の中はその人の事でいっぱい。。両想いとか彼氏になってしまえばそんな事もないのですが…
あ、聞きたいのは男性も好きな人に毎日会いたいって思うものなのか、と何も手に付かなくなって何もかもがつまらなくなってしまう私に何かいいアドバイス下さい。

Aベストアンサー

ありますよ。
朝、気になる人を見かけたから始まって
挨拶できた。ちょっと雑談できた。帰るとき声をかけてくれたとかとか....
些細なことですけどね。本当にそれだけでも嬉しいですね。
その代わり、書いてあるように、休みが合わなくて会えなかったり
長期休み入ると悲しくなったりね。

朝から帰りまでの間、一日接点が多いとモヤモヤして告白したい!
と思っていたりします。もちろん仕事中も考え事をしていたりね。
それが今日でしたけどね。

ただし、仕事中切り替えはしていますよ仕事に支障をきたさないようにね。

参考まで....


人気Q&Aランキング