子供のウルトラマンのCDを聞いていてふと思ったのですが、ウルトラマンタロウの歌詞に「タロウ!ウルトラマンNO.6!」というところがあります。
ウルトラマン→セブン→帰ってきたウルトラマン(ジャック)→エース→タロウ→レオという順番の記憶があります。となると5男のような気がするのですが・・・・。何故?ナンバー5じゃなく、ナンバー6なのでしょうか?
それともうひとつ、子供のころウルトラマンジャックと言ってなかったような気がするのですが、当時はただ、帰ってきたウルトラマンも初代ウルトラマンも同じ「ウルトラマン」だったような・・・。いつから「ジャック」という名が付いたのでしょうか?それとも当時から「ジャック」だったのでしょうか?
すごく気になってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ウルトラマンタロウは6男です。

ゾフィ、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンエースと続いてナンバー6です。
補足すると、ウルトラセブンのあとにセブン上司・(英名チーフ・オブ・セブン)が存在するのですが、後のスタッフ会談で、ウルトラ兄弟企画時に「居たことを忘れていた。」と暴露され、ゾフィより多く登場したのに、栄光のウルトラナンバーは与えられておりません。かわいそうに。

ゾフィはウルトラマン最終回にやってきた「宇宙警備隊員」で、ゼットンに敗れたウルトラマンに魂をあげて、彼とハヤタを蘇生させました。
彼が昇進し、「宇宙警備隊長」となり、ウルトラ兄弟の歴史が始まります。
本放送当時、ゾフィはラスト5分のみの登場だったので情報が混乱し、ある雑誌には、「ウルトラマンを倒したゼットン星人」と掲載され大爆笑でした。
ウルトラマンエース本放送時、「ゾフィ」を知らない幼年ファンが非常に多く、
円谷プロは意図的にゾフィのゲスト登場を増やして知名度アップを図っています。

さて、ウルトラマンジャックですが、もともとこれは、「ウルトラマンタロウ」の名前です。当時の雑誌2月号の新番組紹介で、「ウルトラマンジャック」と紹介されています。しかし、ハイジャック事件が起こり、ネーミングに不都合が生じ、改名され、「ウルトラマンタロウ」となりました。
これが、10年後、劇場版「ウルトラマンストーリー」制作時に、いつまでも
「帰ってきたウルトラマン」では都合が悪い。と、この名前をひっぱり出してきたのです。水木一郎が熱唱する「星の伝説」で、「ジャック」と叫ぶのが印象的です。

蛇足ですが、ウルトラの血縁関係は、まずウルトラマンキングがゾフィのおじいさん。ウルトラの父と母の実子がタロウ。タロウとセブンは従兄弟。セブンの母とウルトラの母が姉妹。エースはウルトラの父の養子。ウルトラマンと帰ってきたウルトラマンには、つながりはありません。しかし、「宇宙警備隊員」の、「ウルトラ兄弟」設定で、強く結びついています。後にウルトラ兄弟に迎え入れられるレオ・アストラ兄弟はL77星のプリンスで、双子です。アストラの姿が変わったのは、マグマ星人の拷問によるものです。で、そのアストラをマグマ星人から救い出したのが、始めに出てきた「ウルトラマンキング」です。

お解りになりましたでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました。とてもわかりやすく「謎」がとけました。

お礼日時:2001/12/06 12:55

ウルトラ兄弟といいはじめたのが、ウルトラマンエースからで、そのときから、ゾフィーが長男といってましたね。

そのときは5兄弟、タロウはそのあとだから、6兄弟ですね。(帰ってきたウルトラマンはセブンも登場しましたが、あんただれ?って感じでした)ゾフィーが長男になったのはあくまで推測ですが、ウルトラマンがゼットンにやられたあと、ゾフィーが一発でゼットンをしとめたあたりのエピソードを、あとになってつじつまがなんとなくあうようにしたのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
ウルトラマンがゼットンに敗れてゾフィーが来るというところは完全に忘れてました。
ゾフィーをいれて「6兄弟」というわけですね。

お礼日時:2001/12/06 12:58

当時も設定がいろいろ変更したりしているので一言で説明できないのですが


とりあえず設定としてはウルトラの父、ウルトラの母の子供としてはタロウは長男です。
セブンは養子ではなく、ウルトラの父の兄の子供(つまりタロウとは従姉妹)エースは養子と言うことになっています。
ウルトラ6兄弟は中国の古典や日本の任侠道にあるような「義兄弟」的な関係ではないでしょうか。
ウルトラセブン放映時には「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」の世界観はつながっていませんでした。
ウルトラセブン放映が終わって2年インターバルがあり
その後に始まった「帰ってきたウルトラマン」からウルトラ兄弟と言うような設定が始まります。
(ゾフィーは「ウルトラマン」の最終回に出てきますがそのときは「兄弟というような考え方は出てきません。)詳しく話すともっと長いのですがとりあえずこんなところで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
「話すともっとながくなりそう」とのことですが、とても興味深いですね。是非機会ありましたら教えてください。

お礼日時:2001/12/06 13:00

 nobuck137さん、はじめまして。

スコンチョといいます。(^_^)

>>ウルトラマン→セブン→帰ってきたウルトラマン(ジャック)→エース→
>>タロウ→レオという順番の記憶があります。となると5男のような気がす
>>るのですが・・・・。何故?ナンバー5じゃなく、ナンバー6なのでしょ
>>うか?

 初代のウルトラマンの兄貴分としてゾフィーがいます。ですから、ウルト
ラ兄弟(義兄弟ですが)ではタロウが六男格なんです。(^o^)


>> それともうひとつ、子供のころウルトラマンジャックと言ってなかった
>>ような気がするのですが、 

 テレビ放映中は「帰ってきたウルトラマン」というタイトルで、新マンと
か俗称で区別されてました。後に円谷プロからジャックという名前を正式に
発表したようですね。僕には、むちゃ違和感あります。(-_-;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。特に「帰ってきたウルトラマン」のことは凄く気になっていたので・・・・。確かに私の世代(30代)では「ジャック」は違和感感じます。

お礼日時:2001/12/06 12:57

一番上の、兄。


「ゾフィー」を忘れてません?

あ、ちなみに、「セブン」は養子です。(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
ゾフィーを確かに忘れてました!(でもゾフィーのことを子供に説明しても説明しにくい)
セブン、養子だったんですね。(そんなことが判る場面ってありましたっけ。)

お礼日時:2001/12/06 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ウルトラマンタロウ」の話

「ウルトラマンタロウ」で、観光地のホテルの社長が「ウルトラマンタロウのサインば欲しか」

と言い、皆が大笑いして終わる話があります。

これは第何話でしょうか。

検索しましたが、分かりませんでした。ご存知の方、ご教示ください。

Aベストアンサー

「"ウルトラマンタロウのサイン" 社長 ホテル」で調べたところ、
こんなページが出てきました。
http://ultrakentei.blog.fc2.com/blog-entry-1079.html?sp

ということで、12話の「怪獣ひとり旅」のようです。
http://shd.blog.jp/archives/36839048.html

Q『ウルトラマンレオ』と『ウルトラマンマックス』の「名作回」を教えてください。

古株のウルトラファンです。
現在、ファミリー劇場で『ウルトラマンレオ』と『ウルトラマンマックス』を放送しています。
『レオ』は本放送当時、最初の少しを観ただけで観なくなってしまい、その後、再放送時にそれなりに観たものの、いわゆる「イベント回」を観た記憶がありません。
『ウルトラマンマックス』は最終回近くしか観ていません。

我が家はケーブルテレビで、セットトップボックスに録画機能があるので、観ては消しで観進めているのですが、できればイベント回、名作回だけは、HDD/DVDレコーダーで録画したいと思っています。
イベント回は、Wikipediaや資料などから大体はわかるものの、資料だけに頼っては根本的な見落としをしそうです。(たとえば、あるイベント回の重要な伏線が別の回にあるとか)

そこで、これらに該当する回を、実際に観た方の視点からお勧めしていただきたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

36話「飛べ!レオ兄弟・宇宙基地を救え!」は、レオの世界観としては本当に異色でした。努力も根性も特訓もない、SF恋愛ドラマでした。

Mac長官のお嬢さんの婚約者に化けて恋愛感情をストレートに武器にして汚い手段をつかうアトランタ星人(スペクトルマン・蒲生譲二役の成川哲夫氏)に苦悩するゲン。アトランタ星人の陰謀を暴露するとお嬢さんの恋を壊す。それを恐れるゲン。

乙女心を知りたいと、百子に相談すると「好きな人が宇宙人でも構わない。」これは暗に、「おおとりさんが宇宙人だって私はあなたが好きです。」という百子さんにとっては深い意味があったのですが、さらに追い打ちをかけることに。

それをさりげなく救ったのがモロボシダン。なんと心憎い助け船。そして、「さあ、俺は知らんぞ。」
アストラは終盤助太刀に来ますが、アストラがいなくても充分見応えのある話でした。

レオでいつもイライラしていたのは、レオに応用力が無かったこと。特訓して覚えた技が一度限りでまた似たような技の特訓をすること。特訓しても成果が出ず、途中で放棄してダンにしごき倒されること。ダンの叱り方もその場限りのご都合主義で、前に言ったことと違う、という事が多かったこと。
ダンがゲンの特訓を他の隊員に機転を利かせた説明をしないので「お前ばかり隊長に特別扱いされやがって。」と特に明石隊員から恨まれていた事。
努力、根性、特訓の方向性が間違っている、と本放送当時から強く感じていました。見るのがこんなに苦痛なウルトラマンは始めてでした。

だから36話は「ウルトラマンレオがまともになった!」と、とても嬉しくなった話なのですが、ぬか喜びでした。

その後、おお、これは!と思えたのは、48話「大怪鳥円盤・日本列島を襲う!」です。円盤怪鳥サタンモア登場。ゲストが「スーパーロボットレッドバロン」紅健役の石太郎氏(岡田洋介氏)でした。ゲンがレクセンターに居た時の親友の裏切りの話で、ゲンに親友がいた事自体が衝撃でした。しかし、内容はどこかで見たような、と思ったら、ミラーマンの48話・「赤い怪鳥は三度来た!」(対ボアザウルス)の焼き直しでした。

残念なのは2話のナレーションで、「レオとマグマ星人の戦いは今始まったばかりなのだ」と言っていたのに、脚本家が複数で一本筋を通すことが出来なかったらしい事と、変にテコ入れしたのがたたって設定を忘れ去られ、30話で怪獣をお嫁さんにしたい、とストーカーと化しての再登場しか無かった事でしょうか。

前作「ウルトラマンタロウ」でタロウが東光太郎という地球人として生きることを選んでバッジをウルトラの母に返したので38話・39話でウルトラ兄弟との対決時、タロウがいない事は、おお、前の話を忘れてなかったな、と関心したり、34話で帰ってきたウルトラマンがダンのウルトラアイを修理の為持って帰ったのに一向に返却に来ない、その時に貰った怪獣ボール・セブンカーも一回しか出てこなかった、この話は本当はとても重要な話ではなかったのか、等々、頭を悩ましまくった「ウルトラマンレオ」ですが、それでもまた見てしまうのでした。

マックスはハードディスク内に保存してあり、編集しながらしっかり見るつもりです。一度全部ざっとみているのですが、語れる程覚えていないので、こちらはパスです。

36話「飛べ!レオ兄弟・宇宙基地を救え!」は、レオの世界観としては本当に異色でした。努力も根性も特訓もない、SF恋愛ドラマでした。

Mac長官のお嬢さんの婚約者に化けて恋愛感情をストレートに武器にして汚い手段をつかうアトランタ星人(スペクトルマン・蒲生譲二役の成川哲夫氏)に苦悩するゲン。アトランタ星人の陰謀を暴露するとお嬢さんの恋を壊す。それを恐れるゲン。

乙女心を知りたいと、百子に相談すると「好きな人が宇宙人でも構わない。」これは暗に、「おおとりさんが宇宙人だって私はあなた...続きを読む

Qウルトラマンタロウの主題歌が欲しい場合

ウルトラマンタロウの主題歌が欲しい場合、CDはどれを買えばいいでしょうか?

Aベストアンサー

他にも入ってますが、

コレですかね
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3T-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB-TV%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9/dp/B00005H0I2/ref=sr_1_19?ie=UTF8&qid=1358736094&sr=8-19

amazonを直接貼っただけですが

Qウルトラマンジャックについて。

ウルトラマンタロウの「ウルトラの命を盗め!」でウルトラマンジャックが登場します。その時の姿がオリジナルと違って手袋などが赤色の手袋になっていました。どうしてでしょうか。オリジナルの銀の手袋が無かったのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

同時期の特撮番組・仮面ライダーの影響で、2号は1号と明確に区別を付ける為に手袋とブーツが赤くなった、という設定を、この時だけ帰ってきたウルトラマンに当てはめてみた、という所でしょう。
元々この話はスケジュールになくて、次回作のレオの製作が間に合わないので1話分、穴埋めに作った話です。(だから話と登場人物がいつもより浮いている)現場スタッフで少し実験したかった、という感じです。
当時、リアルタイム視聴していて、ウルトラマン2世だから赤くしたんだな、でも似合わないなあ、と思いました。

逆に、仮面ライダーが後にウルトラ兄弟の設定をもらって、「仮面ライダーはみんな兄弟だ!」と言ってましたので、いい意味で刺激しあっていたのだと思います。

まさかウルトラマンの撮影現場で銀の手袋が無いなんてことは考えにくいです。意図的に変えてみたけどやっぱりこれ1回で止めた、と思うのが妥当なのではないでしょうか。憶測で申し訳ありません。

Qウルトラマンタロウ   ババルウ星人

円谷制作のウルトラシリーズの第7作ウルトラマンレオの
39話のエピソードで、地球と光の国を、衝突させようとする
ババルウ星人が、ウルトラ兄弟と一騎うちする描写がでますが
そこに、6番目の弟タロウの姿はなかったです。
ウルトラマンタロウの最終回で、東光太郎がウルトラバッヂを、
返還したのもそうだしm78星雲人タロウの存在が消滅したという
事でしょうか。

Aベストアンサー

ウルトラマンタロウの第1話で、東光太郎はウルトラマンタロウとしての命を与えられます。
東光太郎は、もともと地球人であり、ウルトラマンタロウの第1話から最終回までの物語の中でZATTの隊員兼ウルトラマンタロウとして地球上で活動していました。
第1話で、東光太郎に与えられたウルトラマンタロウとしての命は、M78星雲のウルトラマンたちが、勇敢な東光太郎に地球を侵略する怪獣や宇宙人から地球を防衛するための特別な命として与えられたものと解釈されます。
そして最終回では、ウルトラバッヂとともにウルトラマンタロウに変身する能力をウルトラの母に返還し、東光太郎のままバルキー星人をたおします。
それは地球人が自分たちで、地球を防衛することの大切さを説いたものでしょう。

ちなみに、ウルトラマンAの最終回ではウルトラマンAに変身する能力を与えられた一人の地球人である北斗星司がTACの隊員たちの前で変身し、ウルトラマンAとして地球を去りM78星雲の宇宙人となり地球を去ります。

しかし、ウルトラマンタロウの命を与えられた東光太郎は最終回にZATTを退団し、もとの風来坊にもどります。
ウルトラマンタロウの物語には、一人の地球人である東光太郎を最後まで地球人として描いたところにウルトラマンAの物語にくらべて地球人同士のつながりをより重視した物語性があます。

ウルトラマンタロウの第1話で、東光太郎はウルトラマンタロウとしての命を与えられます。
東光太郎は、もともと地球人であり、ウルトラマンタロウの第1話から最終回までの物語の中でZATTの隊員兼ウルトラマンタロウとして地球上で活動していました。
第1話で、東光太郎に与えられたウルトラマンタロウとしての命は、M78星雲のウルトラマンたちが、勇敢な東光太郎に地球を侵略する怪獣や宇宙人から地球を防衛するための特別な命として与えられたものと解釈されます。
そして最終回では、ウルトラバッ...続きを読む

Q手塚治虫のブラックジャックファンの方、このセリフ第何話だったか教えてください

手塚治虫のブラックジャックのワンシーンで
おばあさんが子供のために
毎晩、仕事をして
払い終えた後、倒れて
子供が、BJにむかって
「一生、かかっても診療代を払い続ける。」
といった
セリフを言った話は、
第何話だったか教えてください

Aベストアンサー

89話「おばあちゃん」だと思います。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/blackjack/list/

Q「ウルトラマンタロウ」での北斗星司

「ウルトラマンA」の最終回で、北斗星司は「人前で変身すると、二度と人間の姿に戻れない」というタブーを破り(子供やTACの隊員の前で変身)、地球を去ります。
 しかし、「ウルトラマンタロウ」(テンペラー星人の出る回、前後編)では、北斗星司の姿で出ていました。
 なぜ、人間の姿に戻れたのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ、人間の姿に戻れたのでしょうか?

そこはそれ。

大人の事情。という奴です。
まさかシリーズ化がここまで続くとは思わなかった。
新しく製作した連中は昔の話はあんまりしらなかった。。いやいや

昔のマンガの中では、「ウルトラの国でも随分とモラルに関する論争があった」
「法律の遵守がルーズになった」などという話もあったようななかったような。

Qウルトラマンタロウの主題歌の別バージョン。

某カラオケでウルトラマンタロウを選局すると、メロディが完全に異なり、歌い出しに苦戦。
1番が終わってから間奏の14小節が6小節に短縮されていて、すぐ2番に突入。2番が終わってから3小節で終わるはずが4小節の間奏が追加され、1番の後半をリフレイン。
という大幅なアレンジが加わっていて、「武村太郎・少年少女みずうみ」のつもりで歌うと、まったくタイミングが合わず、楽しいはずのカラオケで悔しい思いをしました。
これは原曲が正規バージョンではなくて他社メーカーのカバーだったのでしょうか。
ウルトラマンタロウの主題歌で、間奏が短くてラストに1番の後半をリフレインするバージョンを収録したレコードをご存じの方はレコード会社と歌手をお教え頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恐らくは別バージョンか、カラオケ製作会社が意図的にアレンジした物と推測します。

カラオケ伴奏の中には、オリジナルとはかけ離れたアレンジを行なっている物が存在しているのは、私自身何度か経験しています。個人的に昔のフォークソング(ニューミュージック以前の本来のフォーク)が好きで、それらをカラオケで歌う事がありますが、当時(今から40年ほど前)のフォークはギター1本での弾き語りのような曲が多く、そう言う曲の中にも名曲が多数存在します。そう言う曲をカラオケにする場合、ギターだけのカラオケと言うのでは、味気ないと思うのか、製作会社が勝手なアレンジを行ない、カラオケにしています。私の経験では岡林信康「チューリップのアップリケ」や、吉田拓郎「リンゴ」など、オリジナルではギターだけの演奏ですが、カラオケではそれ以外の楽器などを加えたアレンジとなっており、とても歌えるような代物ではありません。

今回の質問のケースとは少し趣が異なるかもしれませんが、それと良く似たケースのように思います。

こちらで少し調べて見ましたが、タロウの主題歌のカラオケにはショートバージョンが存在しているようですし、更に、カバーバージョンが各社から出ています。(CBSソニーからは子門真人、コロムビアからは三鷹淳、東芝レコードからは沢木順)オリジナルはビクター音楽産業の前身である「東京レコード」から発売されてます。(出典:Wikipedia)

ですので、このカバーバージョンがカラオケとして使われている可能性も考えられます。カラオケのメーカーがどこか分かりませんが、色んなバージョンが存在するのは確かなようですね。どこのレコード会社から発売されたものかは分かりませんが、少なくともオリジナルではないのは確かなようです。

私もカラオケ好きですので、機会があればタロウの主題歌をカラオケで歌ってみようと思います。当時、TVでしか聞いた事のない主題歌(1番しか知りません)が本当のオリジナルでしょうから、これと少しでも異なると感じるようなら、別バージョンと言う事になるでしょう。

今回の質問で私も別バージョンがあると言うのを知ることが出来て良かったと思います。

恐らくは別バージョンか、カラオケ製作会社が意図的にアレンジした物と推測します。

カラオケ伴奏の中には、オリジナルとはかけ離れたアレンジを行なっている物が存在しているのは、私自身何度か経験しています。個人的に昔のフォークソング(ニューミュージック以前の本来のフォーク)が好きで、それらをカラオケで歌う事がありますが、当時(今から40年ほど前)のフォークはギター1本での弾き語りのような曲が多く、そう言う曲の中にも名曲が多数存在します。そう言う曲をカラオケにする場合、ギターだけの...続きを読む

Qウルトラマンタロウの幼少期の映画

以前にスカパーか何かで見たのですが、ウルトラマンタロウが子供のときの話で、怪獣たちも子供たちが出てくるのですが、タロウ少年はいじめられっこでいつも怪獣の子供にやられていました。大きくなって平和を守るウルトラマンになる という映画を見たような気がします。
タイトルや詳しい内容がわかる方、情報をお願いします。

Aベストアンサー

「ウルトラマン物語」かもしれません。
昨年か一昨年に何かのテレビ番組(地上波)で、タロウと怪獣の子が追いかけっこをするシーンが放映されていたのを覚えています。
DVDも発売されているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17473/

Q曲のタイトルがわかりません(多分何年か前のアニメのOPだった気が・・・)

昔聞いた曲をふっと思い出して聴きたくなったのですが、分からなくなっているところが多すぎて困っています。
思い出せるのは

・歌詞に「・・・しまう前に」というフレーズが出てくる。
・アップテンポで、女性が歌っている。
・アニメのオープニングでした。時期は多分5年くらい前。ここ2、3年ではない。全体的に黒っぽい画面が多かった。

ということくらいです。
私自身、すべてがうろ覚えで、メロディーもうまく表現できずで、情報が少ないですが・・・もし心あたりがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ふたつのスピカのOPの 「Venus Say」 /Buzyではないでしょうか。

2003年のアニメですし。
アップテンポで「・・・しまう前に」が目立ってますし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報