「エイリアン3」の最後でリプリーとその体内のエイリアンは死んだはずなのに、「エイリアン4」では、生きて登場します。これについて、質問です。

質問1: 「エイリアン4」のリプリーは、死んだリプリーの血液を利用した作ったクローンという設定のようですが、もし、血液を利用したのなら、何故、死んだリプリーの記憶が残っていたのでしょうか?

質問2: 「エイリアン3」で、エイリアンはリプリーと一緒に死んだはずなのに、何故「エイリアン4」では、たくさん養殖されていたのでしょうか? 現地での再調達でしょうか?

質問3: 「エイリアン4」のリプリーは、人間とエイリアンの両方の特徴を持っているようですが、これは、科学者が遺伝子操作をしたのでしょうか?

A 回答 (2件)

こんにちわ。


質問1:エイリアン3で剃った髪の毛からクローンを作ったとと思ったんですけど、違うのかな?記憶に関しては設定がもの凄い未来なので、クローン技術もかなり発展してるとしか考えられません。

質問2:8人目でやっと完成されたクローン(4のリプリー)が出来て、その体内に宿っていたクイーンエイリアンから実験用に何匹か産まれさせてます。実際最初は3匹くらいしかいなくて、クイーンが解放されてから、もの凄い数のエイリアンが生まれていたはずです。

質問3:リプリーのクローンを作った本当の目的がエイリアンクイーンの確保で、エイリアンは人間等の体内で成長するから、ゲディマン博士とかが遺伝子操作をしたのではないのでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

結局、脚本の段階で、リプリーの位置づけに対するはっきりした方針を持たなかったみたいですね。

クイーンエイリアンって、よくわからなかったんですが、リプリーの体内で育ったんですか。それで、
クイーンエイリアンができると、人間の体がなくても育つ? 逆に言うと、それまでは、人間の体がないと育たない? あー....、何だかさっぱりわからなくなりました。もう一度見て、勉強しなおします。

お礼日時:2005/12/05 23:12

物語として記憶が無いリプリーがエイリアンと対決するストーリーでも面白いと思います。


しかし、アメリカの映画は正義が必ず勝みたいなストーリーが少なくないのでストーリー上仕方が無い事なんでしょう。
欧米の映画はどちらかと言えばスピルバーグの様な「ある日突然のアクシデント」と「本当にこれで終わり」みたいな映画が多いと思います。
「エイリアン」を初めに作った製作側の意図で何でもありは可能なのだと思います。
リプリーとエイリアンは一緒に死んだとしてもエイリアンの総人口も戦士だったようなので他の星に点在していたのかもしれません。
もしかすると進化したエイリアンも存在するかも知れません。
本来、SFは決められた視野で設定できる物でもありませんし、エイリアンをスイスの天才芸術家H.R.ギーガーのデザイン画を元に作られた事でエイリアンというキャラクターが出来上がったのでキャラクターがゴジラでもMr.スポックでも宇宙水爆戦のメタルナミュータントでも何でもいいのです。
後は自分で勝手にディテールを付けて想像していけば構わない物語と思います。
リプリーに子供がいて、その子供がリプリーのあだ討ちをするストーリーになったら「ジョーズ」になってしまいます。
空想科学読本みたいな視野の狭い解釈は私は感心しないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

「エイリアン4」が物語として失敗した原因は、リプリーの出自をあやふやにしてしまったことにあると思います。アイデンティティがはっきりしないので、せっかくバスケットボールで超人的力を見せたのに、それを人間のために使うでもなし、エイリアンのために使うでもなし、時々薄笑いを浮かべるだけの中途半端なキャラクタになってしまいました。本来なら、人間でもないエイリアンでもない異邦人としての激しい心の葛藤を描くことも出来たはずですが、それも出自があやふやで、演じる役者も感情移入に困ったと思います。主人公がその有様なので、周りも、どっち付かずで、しっかりした対抗軸を持たないストーリ展開になり、おまけにエイリアンの赤ちゃんまで、プライドを失った情けない顔に成り果て、わが子に泣くリプリーの堕落は、ほとんどディズニー・アニメ並でした。ちょっと酷評過ぎたかな。ディズニー・アニメ的には結構楽しめました。

お礼日時:2005/12/05 23:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画『エイリアン』シリーズの時系列について

今年の8月4日に映画『エイリアン』シリーズの最新作『エイリアン: コヴナント』が日本を除く世界各国で公開予定となっていますが、まだこの『エイリアン』シリーズを観た事がありません。
『プロメテウス』などを含めた『エイリアン』シリーズは公開順に観るべきか、それとも現時点で公開された作品を時系列順で観るべきか教えて下さい。
もし、時系列順で観るべきなら時系列順も教えて下さい。

Aベストアンサー

邦題は『エイリアン:コヴナント』ではなくて『エイリアン:コヴェナント』ですね。5月中旬に世界各国で公開され、日本では9月公開予定。

映画を公開順に観てる人が多いので、その順で勧める人が多いでしょう。かくいう私もそうです。なお、映画を時系列順に並べると、以下のようになるのでしょうか。

【前日譚シリーズ】
(1) 2012年公開 『プロメテウス』(監督:リドリー・スコット)
(2) 2017年公開 『エイリアン:コヴェナント』(監督:リドリー・スコット)
(3) 制作予定  『エイリアン:コヴェナント2』(題名未定)
(4) 制作予定  『エイリアン:コヴェナント3』(題名未定)

【本編シリーズ】
(5) 1979年公開 『エイリアン』(監督:リドリー・スコット)
(6) 1986年公開 『エイリアン2』(監督:ジェームズ・キャメロン)
(7) 1992年公開 『エイリアン3』(監督:デヴィッド・フィンチャー)
(8) 1997年公開 『エイリアン4』(監督:ジャン=ピエール・ジュネ)
(9) 制作予定  『エイリアン5』(監督:ニール・ブロムカンプ)

なお、エイリアン・シリーズを追うだけならば、プレデター絡みの映画は観てなくても支障はないでしょう。余裕があれば後で観ればいいと思います。エイリアン・シリーズが未来を舞台にしてるのに対し、プレデター絡みの映画はどれも現代を舞台にしてると思うので、『プロメテウス』より前という事になるかと思います。

(P1) 1987年公開 『プレデター』(監督:ジョン・マクティアナン)
(P2) 1990年公開 『プレデター2』
(P3) 2004年公開 『エイリアンVS. プレデター』
(P4) 2007年公開 『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』
(P5) 2010年公開 『プレデターズ』

http://alienanthology.wikia.com/wiki/Alien_Universe_Timeline

邦題は『エイリアン:コヴナント』ではなくて『エイリアン:コヴェナント』ですね。5月中旬に世界各国で公開され、日本では9月公開予定。

映画を公開順に観てる人が多いので、その順で勧める人が多いでしょう。かくいう私もそうです。なお、映画を時系列順に並べると、以下のようになるのでしょうか。

【前日譚シリーズ】
(1) 2012年公開 『プロメテウス』(監督:リドリー・スコット)
(2) 2017年公開 『エイリアン:コヴェナント』(監督:リドリー・スコット)
(3) 制作予定  『エイリアン:コヴェナント2』...続きを読む

Q「エイリアン4」の奇形女性はリプリーのクローンか?

「エイリアン4」で、復活したリプリーが、奇形胎児標本室で発見した奇形女性(「私を殺してくれと頼んだ女性」)は、レプリーのもう一人のクローンの出来損ないだったのでしょうか? その女性の顔がリプリーに似ているような気もするし、そうでないような気もして、よくわかりませんでした。

Aベストアンサー

小説版も読みましたが答えは、そのとおりです。

クローンは多数作られて、一番純度が高いのが主役のリプリーでした。
それでも、血液や体力が混ざってますが。

よく考えてみると、エイリアンよりもリプリー自身をクローン兵として
量産するほうが利用価値がありそうだったのは秘密です(笑)

Q「エイリアン2」は戦争映画

「エイリアン2」という映画には、海兵隊が出てくるから、
映画のジャンルとしては、戦争映画と言って良いのでしょうか。

Aベストアンサー

一般に、戦争映画というのは、現在および過去の地球上での戦争です。
史実、架空は問いませんが、そこに出てくる物は、一応時代考証がされています。

エイリアン2は、戦うために軍隊をだしていますが、SFです。
スターウォーズと同じです。

Q「エイリアン4」でゲディマン博士とレプリーがエイリアンにめり込む理由

「エイリアン4」で、ゲディマン博士とレプリーがクイーン・エイリアンの体にめり込んでいましたが、あれは、どういう意味があったのでしょうか?

質問1: レプリーがめり込むことは、クイーン・エイリアンにとって何らかのメリットがあるように見えたのですが、具体的には、どんなメリットがあったのでしょうか?

質問2: ゲディマン博士は、何故、クイーン・エイリアンの体の中にめり込んでいたんでしょうか? 不思議なのは、ゲディマン博士自身が、その事を何故か喜んでいたように見えたのですが、ゲディマン博士にとって、あんなところにめり込んでいることに、どんな意味があったのでしょうか? しかも、結局、生まれてきた赤ちゃんエイリアンに食われてしまうのですから、実際には危険だったはずなのにです。

Aベストアンサー

クイーン・エイリアンの体ではないと思います。
クイーンは部屋全体を粘液状のモノでコーティングして巣にしており
巨体を支えるために自身の身体も巣と一体化させていた。
リプリーや博士は部屋の壁に貼付けられていたのだと思いますよ。

博士はまあ一種の変態野郎です。単に子供の餌用に蓄えられていたと
思いますが、エイリアンの研究に人生を賭けた博士にとっては、間近
でクイーンの生態が観察出来るので本望だったのでしょう。

クイーンはリプリーを母親として記憶しています。自分の新しい子の
出産にリプリーを立ち会わせたのは、おばあちゃんに自慢の孫を見せ
たかったからでは? でも孫は母を殺す鬼子でしたが。

Q映画で、「エイリアン3」「ミミック」っぽい。

映画「エイリアン シリーズ(特に、エイリアン3)」「ミミック」「ブレードランナー」
などのような、「汚らしい」映像のSF映画、洋画を探しています。
主人公がどんどん汚れていって、舞台も工場の跡地や地下などのような、リアルな映画。
みなさんのおすすめを、教えてください。^^

Aベストアンサー

タルコフスキーの「ストーカー」(汚いのにタルコフスキーの透明感あり)
リュック・ベッソンの「最後の戦い」(とにかくほこりっぽい)
モリー・リングウォルドとマイケル・アイアンサイドが出ている「スペースハンター」(本来は3Dだったが、2D公開、モリー・リングウォルドが汚い姉ちゃんで出演)

「マッドマックス」のシリーズなんかもその範疇かと

Q「エイリアン4」でエイリアンの体内にめり込んでいた男性はだれか?

「エイリアン4」でリプリーがエイリアンの女王の体の上に落ちてめり込んでしまう場面がありましたが、そのとき、近くに、やはり体がめり込んで頭だけ出している男がいました。その男は、エイリアンを恐れている様子もなく、生まれてくるエイリアンを「美しい」とか言って叫んでいました。彼は、一体何者でしょうか? あの場面の前に登場したことのある人物でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
彼はゲディマン博士といって、リプリー&エイリアンのクローン開発の責任者です。リプリーの体内からクイーンエイリアンの胎児を取り出したり、ガラス越しにエイリアンに濃厚なキスをしているシーンに出てきましたよ。

Q映画「エイリアン」のエイリアンの位置づけ

映画「エイリアン」のエイリアンの位置づけ
「エイリアン」を観ているのですが、エイリアンの位置づけがわかりませんので教えてください。

質問1:2で、エイリアンクィーンがいましたが、普通のエイリアンは卵を産めないのでしょうか?(蟻や蜂のような構成なのでしょうか?)
質問2:プレデターから産まれてプレデリアンということは、寄生する動物によって、姿や能力が変わったりするのでしょうか?
質問3:エイリアンは、ただ殺しているのでしょうか?それとも、食べているのでしょうか?
質問4:1で、リプリーが乗った船が、生命反応があるからと、エイリアンのいる星に偶然着陸したようになってますが、物語的には、「エイリアンを捕獲するため、すべて仕組まれていた」と解釈していますが、合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

オリジナル公開版ベースで話をすると

1 Cinefexに記載された(いきなり裏話)、第一作のカットされたシーンには、ノストロモ号の船長等がエイリアンにとらわれ、そこからチェストバスターが出てくるシーンがあったとそうです。ですから、当初の設定では通常のワーカーエイリアンにも繁殖能力はあるとされていたと考えられます。2でマザーエイリアンの設定が出てきたので路線修正したのでしょう。
ただ、エイリアンコロニーのベースとなった昆虫のコロニーでは、女王を失うと、ワーカーが女王に変化する例もあります。

2 その通りのようです。3でドッグエイリアンが登場しているし、4でリプリーエイリアンもでましたね。ジョーンズ(猫)に規制しているという噂が公開当初流れていましたから、キャットエイリアンもありえたかも知れません。

3 本来(1の頃)は、繁殖のためのチェストバスターの餌(ヤドリバチにおける青虫のようなもの)という位置づけでしたが、上述のようにこのシーンはカットされてしまい、食べるのか殺すだけなのか解らないような位置づけになっています。スタージョッキーのミイラもチェストバスターに食い破られた状態で見つかっています。
2では繁殖のシーンがLV-426の移民団絶滅として描かれています。
なお、エイリアン対プレデターシリーズでは、エイリアンの生態はかなり歪曲されているので参考にしない方がいいかも。

4 そのように考えられます。ただ、信号を発していたのはスタージョッキーの難破宇宙船だった筈なので、「もし見つかったら連れ帰れ」という探索指令がすべての宇宙船に隠されていたのではないかと思います。ノストロモ号は、貨物宇宙船であり、他にも会社の貨物宇宙船があったはずですから。その点で、ディスカバリーのHALに与えられた指令とは違うと思います。

VHS媒体しか手元になく、すぐに確認できないのでうろ覚えで失礼。

オリジナル公開版ベースで話をすると

1 Cinefexに記載された(いきなり裏話)、第一作のカットされたシーンには、ノストロモ号の船長等がエイリアンにとらわれ、そこからチェストバスターが出てくるシーンがあったとそうです。ですから、当初の設定では通常のワーカーエイリアンにも繁殖能力はあるとされていたと考えられます。2でマザーエイリアンの設定が出てきたので路線修正したのでしょう。
ただ、エイリアンコロニーのベースとなった昆虫のコロニーでは、女王を失うと、ワーカーが女王に変化する例もありま...続きを読む

Q007カジノロワイヤル:ヴェスパー、なんで死んだの?

カジノロワイヤルで、ヴェスパーがエレベーターから逃げようとしなくて死んでしまったのですが、なぜボンドの助けを拒んだのかがわかりません。

Mが事の真相をボンドに語っていたような気がしますが・・・うろ覚えです。
なぜ拒んだかの理由を、お願いいたします。

お願い:慰めの報酬はまだ見ていないので、そのことについては何も書かないでください!
”おもしろかった”とか”おもしろくなかった”とか、一言もです。どうかお願いします!

Aベストアンサー

 ちょっと待ってください!全然違いますよ~っ ヴェスパーは罪の意識で自殺したのです。彼女は本当に本当にボンドを愛してしまいました。でもそのボンドを(恋人を助けるためとはいえ)騙さなければならなかった。
 その心痛は、ボンドが換金のパスワードを「vesper」としていたと知ったときにヴェスパーの表情に浮かびます。助かったとしても恋人とボンドの間で心が揺れるのは必定ですしね。
罪の意識から潔く死を選んだのです。
エレベーターに自ら鍵をかけて・・・
 ヴェスパーをマネー係としてボンドに送るというMI6の情報はホワイトにもれており(理由は「慰めの報酬」でわかります)ホワイトは事前にヴェスパーを手の内にしていたのです。
 つまり、ヴェスパーの恋人(=ペンダントをくれた人物=カジノロワイヤルには出てこない=慰めの報酬に登場)はホワイトの人質にとられており(これも真相は「慰めの報酬」・・で)ヴェスパーはボンドの行動を監視するよう指示されていたんです。
 ボンドに出会ったばかりのヴェスパーはこの任務を果たすのみで行動していました。 それが、だんだんとボンドに惹かれていくのは・・ヴェスパーの誤算でした。
 ボンドが拷問のときに殺されなかったのはヴェスパーが「私がパスワードを聞き出してみせる」と、新たにホワイトに提案したからです。それがボンドの命を救うたった一つの方法だったのです。
 でもそのときまでにはヴェスパーはボンドに恋していて、ボンドと恋人とホワイトの取引のはざまで苦しみ続けていました。
 携帯をおいて行ったのはわざとです。ホワイトの手下から連絡が入れば
ボンドが気づいて尾行してくると計算してのことです。(案の定、ボンドがMとの電話中にヴェスパーのケータイにメールが届きます。)
 お金をホワイトの手下に渡して恋人を助けたいという気持ちと、ボンドに気づいてもらい悪人たちを捕まえてほしいという気持ちとのジレンマの中での行動です。いずれにせよ、ヴェスパーは命を捨てるつもりでいたのです。果たしてヴェスパーを悩ませた恋人とは・・?「慰めの報酬」を観てのお楽しみです。
 

 ちょっと待ってください!全然違いますよ~っ ヴェスパーは罪の意識で自殺したのです。彼女は本当に本当にボンドを愛してしまいました。でもそのボンドを(恋人を助けるためとはいえ)騙さなければならなかった。
 その心痛は、ボンドが換金のパスワードを「vesper」としていたと知ったときにヴェスパーの表情に浮かびます。助かったとしても恋人とボンドの間で心が揺れるのは必定ですしね。
罪の意識から潔く死を選んだのです。
エレベーターに自ら鍵をかけて・・・
 ヴェスパーをマネー係としてボンド...続きを読む

Q「エイリアン」クラスのSFホラー映画

「エイリアン」クラスのSFホラー映画があれば教えてください。
1990年以降で。
怖いSF映画であればOKです。

Aベストアンサー

エイリアンほど面白くは無いですが、そこそこ楽しめる映画です。

「フィースト」  予告編をどうぞ。
http://www.feast-movie.jp/

「スリザー」   英語オフィシャルサイトから予告編をどうぞ。
http://eisei.livedoor.biz/archives/50423864.html

「ジェイソンX] あのジェイソンがエイリアンと戦います。
http://www.geocities.jp/buttai_xyz/jasonX.htm

「ブロブ・宇宙からの不明物体」
http://miroku.sakura.ne.jp/movie/mv032/index.htm

「ザ・ネスト」
http://hobby.gray-japan.com/movie_n/animal-panic/n_animal-panic-025.html

まだご覧になっていなければ、ぜひご覧ください。

Qタイトル:軍事物:最後にミサイルで死ぬ

軍隊もので特殊部隊かなにかの部隊(または班)の映画のタイトルを教えてください。

冒頭・・・班の中で、リーダーが部下たちに武装解除させられ、リーダ格を剥奪されます(階級社会の軍では、これは偉いことですよね)

途中・・・そんな状態で潜入活動が始まります。途中、仕掛けか罠かで危険な目にあいます。

終わり・・・リーダー格を剥奪された人は、最後にミサイルか何かに当たり、爆死する。というストーリーです。

これくらいしか覚えていません。。。

Aベストアンサー

初めまして。

質問の内容を読んで思い浮かんだのは、クリスチャン・スレーターとジョン・トラボルタが出演している「ブロークン・アロー」(1995年に公開されたアメリカ映画。)です。
核ミサイルを搭載したステルス戦闘機が墜落し、核弾頭が盗まれる、というストーリーです。

詳細は、リンク先をご確認ください。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10546/comment.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報