タイトルに書いていますように、
US盤とUK盤で曲数が違うのは何故でしょうか?
keaneの1stアルバムを例にとると、
US盤よりUK盤のほうが1曲多く、
(さらに国内版では、UK盤より2曲多いのですが)

keaneがイギリスのアーティストだからUK盤がひいきしているのでしょうか?
仮に、keaneがアメリカのアーティストだとすると、
US盤のほうがUK盤よりも同じか多いかになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国の違いというより、契約の問題ですから、基本的にUKとUSの区別はありません。


全世界同じ内容で発売されるCDも多数あります。

国によって発売日が異なる事が多いので、その場合は付加価値を付ける意味でボーナスの曲数が異なるケースがあります。

一般的に、日本盤は価格が高いので、安い輸入盤より少しでも多く売る目的で、発売日を早くしたりボーナスを増やしたりします。
UKとUSの違いも、上記と同様の理由によると思われます。
US盤よりもUK盤の方が割高です。
http://homepage3.nifty.com/stop-rev-crlaw/faqs/m …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/31 18:13

keaneの1stアルバムの価格を調べてみました。


全て、アマゾンでの価格を今日付けレートで換算しました。
US盤:$8.99=\1,055
http://www.amazon.com/Hopes-Fears-Keane/dp/B0002 …
UK版:£5.97=\1,332
http://www.amazon.co.uk/Hopes-Fears-Keane/dp/B00 …
日本盤:\1,470
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000H5TYZA
思ったより日本盤が安いですが、それでもUSやUKより若干割高です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/31 18:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUS盤とUK盤

こんにちは。
日本盤が発売されていないCDで、輸入盤を買おうと思っているのですが、US盤とUK盤どちらにしようか迷っています。

音質やその他(CDにビニールがかかっているかなど)の面で、どちらがいいでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたらお教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アナログの時代ならUK盤の質が良かったみたいですが、デジタルになると殆ど差を感じませんね。
パケは欧米でもCDプレスがアジアなんて事も稀にありますから、そうなると何が何やら・・・。
一部メーカー(主にEMI)では、UK(EU)盤をCCCDにして、US盤をCDDAで発売するケースがありますから、最近の選択肢はCCCDが基準になるのではないでしょうか。

Q海外アーティストCDの輸入盤と国内盤

何か違いがあるのでしょうか?
例えば、輸入盤は壊れやすい等何でもいいです。

Aベストアンサー

国内盤は
日本語の解説が入っているとか
ライナーノートが入っているとか
場合によってボーナストラックが入っているとか
その程度の違いです。
私は輸入盤の方が総じて安い場合が多いのでそちらを購入します。

Q不可解!日本盤より高い輸入盤@大手外資系ショップ

表題のとおりです。大手外資系ショップで、日本盤より高い輸入盤を見て、不思議に思うこと10年。日本盤は、以下の2点において輸入盤より優れているといえるのに、どういうわけなのでしょうか。また最近ではまともになってきてるのでしょうか。宜しくどうぞ・・・。


(1)日本盤は、大抵輸入盤より充実してます。たとえばブックレットの日本語解説や、わざわざ聞き取った歌詞とその対訳など。ボックスセットになると、日本語ブックレットはもう小さな書籍という感じでひとつの楽しみであることが多い。

(2)最近では日本盤は輸入盤より音がよくなってきているようです。
とくにビクターなんかはジャズの日本盤に関しては、長い能書きをつけて、くどいほどリマスタを改めて名盤を売ってます。

Aベストアンサー

こんばんは。

いえいえ、僕の方こそ読解力に問題が有ったかもしれません。

質問文を読んで、「輸入盤のが高い?んなわけないだろう」というところから始めてしまいまして。

「論点がすれている」と書いたのは、輸入盤と国内盤として比べるのであれば、通常流通品で比べないと意味が無いと考えたからです。
リマスターすれば(エンジニアの差がかなりあるとは言え)、音がクリアになるのは当たり前ですから。
そういう意味では、「日本側の趣味」であって、海外には海外独自のリマスタータイトルもあるはずだ、と。うまいことそれぞれが独自にリマスターしたタイトルがあると比較可能なのですが、これは国の違いというよりもエンジニアの問題もかなりありますからね。CD発売当初、邦楽でもリマスター盤が結構出回りましたが、中には「おいおい変わんないどころかバランス悪くなってるぞ」という代物もありました。

また、僕は正直ジャズは聞きかじる程度で、とてもじゃないですが、ジャズファンの深遠なる知識やこだわりにはついていけません。ソニーロリンズなんかも一応、持ってますが、うんちくはまるで語れません(苦笑)。ですから、そこはふんふんなるほど、とうなずくのみです。


ナイスプライスについてもおっしゃる通り「企画もの」という意味合いにおいてです。僕自身過去の名盤を求める機会は多々有るので、お世話になる事だってあります。ただ、過去の音源を再発するにあたって低価格を実現できる事は当然といえば当然であり、向こうで同じような企画をすればさらに安くなる可能性があるため、除外すべきではないかと思った訳です。

と、今、@Tower.jpでレニーの価格を調べてみましたが、確かに旧譜はほとんど価格差がないですね。
これなら僕も国内盤を買うでしょう。

ボックスものについては、同じ企画の国内盤と輸入盤をすぐには見つけられなかったので保留とさせて下さい。でも、確かにありそうだとは思います。

で、元の話に戻しまして、
「何故、過去の輸入盤タイトルは値上がりしているのか?」
について考えてみます。
確かに、旧譜がほぼ同じ値段なのは疑問ですから。
詳しくは関係者にでも聞いてみないと分かりませんが、再販制度との絡みはありそうです。
本来、国内レコード会社からすれば、輸入盤そのものを禁止したいところだけど、法律的な後ろ楯が無い、そうこうしているうちに輸入盤はすでに国内盤とほぼ同数が販売されている。小売店との関係は良好でなければならない。その辺からの苦肉の策なんじゃないかなと。
輸入盤の最大の利点は安さの他に早さ。一足先に聞く事が出来る。そして一番売れるのはもちろん新譜。
だから新譜を見逃す代わりに、一定期間を過ぎた旧譜は国内盤とほぼ同価格で売ってくれ、という協定があるような気がします。

また、ご存じのように輸入の方法には大きく二種類あって、国内レーベルによる正規輸入といわゆる並行輸入。
恐らく新譜は並行輸入で、旧譜は正規輸入なのではないでしょうか?

どうでしょう。外してるかな....?

ジャズ系の特殊なものについては僕もよくわかんないです。

こんばんは。

いえいえ、僕の方こそ読解力に問題が有ったかもしれません。

質問文を読んで、「輸入盤のが高い?んなわけないだろう」というところから始めてしまいまして。

「論点がすれている」と書いたのは、輸入盤と国内盤として比べるのであれば、通常流通品で比べないと意味が無いと考えたからです。
リマスターすれば(エンジニアの差がかなりあるとは言え)、音がクリアになるのは当たり前ですから。
そういう意味では、「日本側の趣味」であって、海外には海外独自のリマスタータイトルもある...続きを読む

Qukとus?

ukとusってなにが違うんですか?というかなんですか?

Aベストアンサー

質問が簡便に書かれすぎていて、どういった場合に使われる用語か分かりませんので当たっているかどうかは分かりません。

インターネットなどのトップドメインに使われる国を表す2文字ドメインなら
usは米国(United America)
ukは英国(United Kingdom)
を表します。

QUS・UKベスト10

ベスト10に入っている曲すべてを試聴できるサイトありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

UKランキングが入っているかはわかりませんが、UKで有名なCOLDPLAYは私も好きでしょっちゅう聞いているので、UKで上位は、USAでも知られているのではということでご紹介します。YAHOOのLAUNCHというサイトをお勧めいたします。私の愛用サイトです。行ってみてください。

参考URL:http://launch.yahoo.com/musicvideos/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報