例えば、宇宙がどうとか明晰夢とか考えていたら不思議な気分になれますよね

そんな感じの漫画ってありませんか?
漫画以外でも良いです
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

既出で申し訳ないですが、漆原友さんの『蟲師』、


絵柄に抵抗がなければ、山本ルンルンさんの『ミス・ポピーシードのメルヘン横丁』、
小説の『プラトニック・チェーン』なども不思議な感覚になれます。

良き書と出会えることをお祈りしています♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁 というお話は
絵柄も可愛らしいですね!
有難うございました

お礼日時:2009/04/18 22:04

山下和美さんの「不思議な少年」という漫画はご存知でしょうか?タイトルの通り不思議な少年(わたしの感覚では神様に近いと思います)が人間の人生に関わるお話です。

一話完結で読みやすいと思いますよ。読後はとにかく不思議な気分になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一話完結って良いですね
有難うございました!

お礼日時:2009/04/18 22:02

回答番号:No.6で回答した者です。



ごめんなさい、『蟲師』の作者:漆原さんのお名前が途中で切れておりました。
正しくは「漆原友紀」さんです。失礼いたしました。
    • good
    • 0

手塚治虫『火の鳥』


生命・宇宙・自然の神秘とはまさにこのことかなぁ...と、読んでる最中にほのかに考えました。この「ほのかに」がポイント。ガンッっと強い衝撃を受けるというよりは心の底からわきあがってくる不思議な感じがあります。ちなみに気をつけて読むとわかることですが、火の鳥は作品全体を通して時間が大きくループしています。ループの完成にはあと『火の鳥 現代編』が必要だったわけですが、構想のみで終わってしまったようです。火の鳥は未完の大作ですね。

CLAMP『CLOVER』
CLAMPは少女マンガ…不思議なんて関係ないのではとお思いになるかもしれませんが、少女マンガ大嫌いな私の時間をとめた作品です(良い意味で)。それほど静謐で不思議な雰囲気が作品を満たしています。ある大きく不思議な力をもった人間たちの悲しみを描いた切ないストーリーです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも有名な先生ですね!
詳しいご解説有難うございました

お礼日時:2009/04/18 22:05

諸星大二郎


「栞と紙魚子」シリーズ「夢見る機械」「不安の立像」

小田扉
「そっと好かれる」「こさめちゃん」

花輪和一
「刑務所の前」「水精」

しりあがり寿
「箱舟」「夜明け」

おおひなたごう
「銀河宅配便マグロ」

不条理系、トリップ系、SF系、各種取り揃えてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんどうも有難うございます!

お礼日時:2009/04/18 22:06

世にも奇妙な漫★画太郎

    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べてみますと、独特な絵柄で話も面白そうですね!
有難うございました

お礼日時:2009/04/18 22:07

藤子F不二雄さんのSF短編集なんてどうでしょうか??


ドラえもんなどとはまた違ったマンガで面白いですよ♪
「これってどういうことだろう?」など考えれば考えるほど不思議な気持ちにさせてくれるマンガだと私は感じました!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドラえもんだけでも時々不思議な感じになります
是非読んでみたいと思います
有難うございました!

お礼日時:2009/04/18 22:08

 「蟲師」という漫画がおすすめです。

自身読んでいて不思議な気分になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

名前は聞いたことあります!
以前から読んでみたいと丁度思っていたんです。
今度読んでみます
有難うございました

お礼日時:2009/04/18 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーガレット系の漫画で不思議な感じの読みきり漫画

マーガレット系の雑誌(マーガレット、デラックスマーガレット、別冊マーガレットなど)に掲載されていた、不思議な感じの読みきり漫画の作者さんってわかる方いらっしゃいますか?
なんか独特な絵を描く方で高野苺さんの絵にそっくりなのですが、彼女とは作風が全く違って……。
作風は、なんか困ってたり悩んでたりする人に不思議な人が何かを与えて、その人を幸せにしてあげるんだけど、最終的にその人は不幸になっちゃったり、ちゃっかり幸せになっちゃったりするような感じの話しです。なんか意味わかんなくてすみません。夢の話とかあった気がします。後覚えてないけど、もしかしたら双子系の話もあったかもしれません。

分かる方、教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

姫神ヒロさんの「幸福屋」ってマンガですかね?
高野苺さんてピンとこないんで、どんな絵かわかりませんが。

Q学園アリスとかラストゲームとか流星レンズみたいな恋愛漫画教えてください!

学園アリスとかラストゲームとか流星レンズみたいな恋愛漫画教えてください!

Aベストアンサー

orangeや赤髪の白雪姫みたいな感じのやつでしょうか?

Q手塚治虫先生の漫画で、例えば「ヒゲオヤジ」のような・・・

手塚治虫の漫画はどれもすばらしく、今出ている漫画を全部読破したいと思っています。
ところで、あれだけの作品数があれば当然登場するキャラも膨大な数になりますよね。しかしその中で、いくつかのキャラだけがいろいろな作品の中に登場します。
作品ごとに名前は違いますが、彼らは「一般名」とでも言えばいいのでしょうか、ある決まった名前ももっています。それらが知りたいのですが、いいサイトを知りませんでしょうか。
公式サイトにいってみて、いくつか分かったんですが、一般名を持つキャラでまとまっていないので、探すのが大変です。それらがまとまっているサイトがあったら教えてください。

参考までに、次に一般名の例をあげておきます。

・タイトルにも書きましたが、ヒゲオヤジ
・アセチレン・ランプ
・ハム・エッグ
・ピピ
・サファイア
・ヒョウタンツギ
・ロック・ホーム   など

ちなみに、いま気になっているキャラが、「おむかえでゴンス」のあれです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サイト情報じゃないんで、回答になってないんですが、
秋田書店から出ている「Black Jack 300 stars' encyclopedia」という文庫本にほとんどのキャラクターが載っていると思います。(本屋さんで文庫版ブラックジャックの近くに置いてます。あれば…)

これはブラックジャックの未収録作や、登場したキャラクターの解説本なんですが、「ブラックジャック」は手塚作品の中でも特におなじみのキャラクターが違う配役で何度も何度も登場します。ですから、この本を見るとそのおなじみのキャラクター達の解説がしてあるので、彼らの情報がほとんど分かります。

Q包茎の皮を手術後に食べるそんなネタの漫画

阿佐ヶ谷ロフトで性転換手術後の「ペニス」と「睾丸」を食べるイベントのニュースを見て
ふと思い出したんですけど、人体を食べるネタの漫画とか映画とかあったなぁと、、
漫画「東京大学物語」で出産の時の胎盤をわさび醤油で食べる描写あったなぁと、、
映画「ハンニバル」で生きてる人の脳みそをその人、自身に食べさせる描写あったなぁと、、
この二つは確認とれたんですけど、ギャグ漫画で包茎手術した後の皮をしゃぶしゃぶで
食べさせる医者の描写があったような記憶があるんですが、何の漫画だったか思い出せません
1990年代の前半の漫画でこんな感じの有ったと記憶してるんですが。
漫画に詳しい人思い当たる人よかったら教えてくださいよろしくお願いします。

結構無意味なアホな質問ですいません、、包茎  皮  食べる  漫画 でぐぐったのですが
全然検索に引っ掛からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内田春菊さんの初期の頃の作品にありましたよ。
今すぐタイトルを思い浮かべることができないのですが、「へんなくだもの]だと思います。

お医者さんじゃなくてモテナイ男性が好きな女性にチンジャオロースにして食べさせるといった内容でした。

Q漫画の不思議?

漫画家の多くは原案し、作画も自分でするのが一般的ですが、原作と作画が別々になった漫画も滅法増えてますよね!この場合原作家はどのようにして作画する漫画家に意志を伝えているのでしょうか?いつも二人一緒に同じ部屋で話し合いながら描いているのですか?またこのコンビってどうやって決めてるんでしょうねぇ?編集者が勝手に組み合わせるんですか?こういうのって、原作には原作家のイメージがあるでしょうし、漫画には漫画家の表現したいことがあるでしょうし、お互いの意地がぶつかって喧嘩にならんのですか?よほど意志の疎通がうまく行かないとコンビは組まないと思うのですがどうなのでしょう???

Aベストアンサー

御質問がありましたのでまた書き込ませていただきます。

>私はいわば職人の世界と思っていましたが、違うんですか?
友人の漫画家の話では、どちらかというと職人というよりは製造機械というイメージでした。夢のない話でしたが、書きたくなくても人気が取れるような作品をムリヤリ捻り出すその苦労話は聞いていて痛々しかったです。もちろん天才作家は職人なのでしょうが、そんな人は一握りでしょうね。

>一般人よりは裕福な生活をしてると考えてましたがどうなんでしょうか?
それはコミックス(単行本)の印税が全てだそうです。どんなに連載が長くてもコミックスが出ないと生活費、アシスタント費などで赤字になることもあるそうです。友人がやっと食えるようになってきたと言ったのはコミックス5巻くらい出た頃だったでしょうか。新人作家さんは連載する際雑誌社から借金をすることも多いらしいです。

>そうなると原作家もサラリーマンということなんですか?また疑問が湧いて来ました。
友人は漫画家だったので原作作家のことはよくわかりませんが、例えば今サッカーブームだからサッカー漫画を作れと雑誌社から言われて、渋々原作を書いている人もいるだろうと思います。その姿はサラリーマンに近いのでは無いでしょうか。

原作者と漫画家の取り分は作家の地位によって違うらしいですが、基本的には五分五分らしいです。聞いた話なので確かではないですが。
私ももっと夢のある所だろうと思っていましたが、友人を見ていて大変だなと見直さざるをえませんでした。

御質問がありましたのでまた書き込ませていただきます。

>私はいわば職人の世界と思っていましたが、違うんですか?
友人の漫画家の話では、どちらかというと職人というよりは製造機械というイメージでした。夢のない話でしたが、書きたくなくても人気が取れるような作品をムリヤリ捻り出すその苦労話は聞いていて痛々しかったです。もちろん天才作家は職人なのでしょうが、そんな人は一握りでしょうね。

>一般人よりは裕福な生活をしてると考えてましたがどうなんでしょうか?
それはコミックス(単行...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報