シールを何点か集めて応募する懸賞で、専用応募葉書などは、一枚で複数口の応募が出来ます。ってありますが、これってどうやって抽選してるんですか?
たとえば、4口を葉書4枚に分けて応募するのと、葉書1枚にまとめて応募するのでは、どちらが当選しやすいのでしょうか? 同じですか?
いま、懸賞のシールを集めていて、ちよっと気になったので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

色々ありますよ。



1 箱分け方法
 例えば四口までOKならば、一口のみ、二口~四口までの
 箱を作ります。その中から抽選し、一度選んだら、
 4→3、3→2、と言う具合に落としていく方法。
 按分されて抽選されるので確率的には同じらしい。

2 ナンバーリング法
 全ての葉書に番号(連番)を打っていきます。
 四口応募ならば、四つ押します。
 抽選は、番号自体で選びます。

その他もろもろ。

上記方法では確率的には同じになるはずです。

後は完全にコンピュータ登録してしまって、
何通出しても一つしか当選しないというのもあります。
これの口数を分けるのは単に50円切手で送れる重さに
しているだけですね。

だから、分けるならば家族名義を使っていくのが良いかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか、確率は同じなんですね。
口数を分けて、家族名義でがんばってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/15 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懸賞の2口応募・3口応募って一体どういう抽選方法なんですか

ハガキ一枚に複数口応募可 という懸賞をよく見かけます。
ハガキ抽選なら、大量に集まったハガキの中から
人間がハガキを選んで当てるという方法ですが、
この2口・3口抽選っていうのは一体どういう意味なんでしょうか。
たとえば、2口応募したら、そのハガキが選ばれたら
2個賞品が当たるという意味でOKなんでしょうか。
私の友達は、そうだと思っていたらしいです。
私はぜんぜん違う意味だと思っていました。
一枚のハガキに2口分で応募するということは→チャンスが2回になる
と思っていたんです。
(住所、氏名をコンピュータ入力し、それがダブルで登録されるので
チャンスが増えるのかな?と。。。)
どっちなんでしょうか。

Aベストアンサー

口数が増えるとチャンスが増えます。
両方当たる場合もありますね。

1枚のはがきが当たったら、二つもらえる、というのは違いますね。あなたの考えがあっていると思います。

Q懸賞で,一口応募と二口応募の抽選方法

前から気になっていたことなんですが・・・
ハガキに商品のシールを貼って応募する懸賞ってありますよね.

専用の応募ハガキがあって,シール6枚で一口,シール12枚で二口まで応募できる,という風になってたりします.

あれって,どうやって抽選しているのでしょうか?
例えば,キリン・ラガービールの復刻版ラガーがそうだったのですが,応募総数が数千万通以上あったそうで,一口と二口を分けているわけではないような気がします(あるいは機械処理で分けているのでしょうか).

ぼくの推測では,全部ひとまとめに抽選し,二口応募の人が当選したら,商品を2つ発送してしまう,というもの.これだと,期待値は2倍になります.

実際,ぼくは何通か二口応募したのですが,1回目の募集では4個当選し,2回目の募集では2個当選しました.いずれも偶数だったので,自分の推測が正しかったんじゃないか,と思っています.

他の抽選方法に,「二口応募の人が当選したら,とりあえず1つ分の当選にしておいて,再抽選に回す」という方法がありますが,これだと期待値が2倍にならず,一口応募が有利になってしまいます.

くだらない質問で恐縮なんですが,何かいいお考えとか,実際の抽選方法をご存知の方がいらっしゃいましたら,教えて下さい!

前から気になっていたことなんですが・・・
ハガキに商品のシールを貼って応募する懸賞ってありますよね.

専用の応募ハガキがあって,シール6枚で一口,シール12枚で二口まで応募できる,という風になってたりします.

あれって,どうやって抽選しているのでしょうか?
例えば,キリン・ラガービールの復刻版ラガーがそうだったのですが,応募総数が数千万通以上あったそうで,一口と二口を分けているわけではないような気がします(あるいは機械処理で分けているのでしょうか).

ぼくの推測では...続きを読む

Aベストアンサー

懸賞などでメーカーがただで物をあげると思ったら大間違い。応募者の住所、年齢、職業、電話番号などすべてコンピューターにインプットしてしまうのです。この時に口数も入力してしまうので何口応募したかはこの時点でわkります。その後、この名簿はめぐりめぐっていろいろなところに使用される(または売却?)のです。
抽選はよって公平に行われております。

Q懸賞のハガキを出すタイミングについて・・・

バーコードやアンケートetc・・・と
ハガキで応募する懸賞でポストに投稿するタイミングを知りたいのですが、
締め切り何日前などに良く当る等を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。再度書きこみます。
大量当選のものだったら、やっぱりインパクトではないでしょうか?
パソコンでの応募だったら文章しか無理になっちゃうんで、
はがきだったらいろんな色のペンを使って、カラフルに目立つように書いてみては?
でもゴチャゴチャしないほうがいいと思いますが・・・
分かりやすく、なおかつ目立つように・・・(難しいですね)
昔、おまじないか何かで「緑」色のペンで書くと当たるって流行ったことがありましたね。
あと、私適には、早めに出したほうが当選するような気がします。
根拠は、自分がそれで良く当たるから(笑)
住所を書くときも「○ー○○ー○ー○○○」じゃなくて
「○町目○○番地○号 マンション名○○○号」みたいに、
細かくキレイな字で丁寧に書いたほうが好感がもてそうだと思いません?
がんばってくださいね。

Qネット懸賞の抽選方法について

ネット上から応募する懸賞はどのような抽選方法なんでしょうか。
ハガキ・ネット応募どちらでもという場合の抽選方法、当選人数のふりわけ方など教えてください。

Aベストアンサー

 以前懸賞を実行する立場にあった時、懸賞メルマガに情報を流しました。そうしたら、配信された日には1000件以上の応募がありました。ちなみに一番良い商品はトヨタのビッツでした。 最終的にははがき・メールあわせて2万ちょっとの応募数になりました。

 さて、その抽選方法ですが、ビッツは人数当てクイズだったのでそのクイズがあたった方に、その他1500名にいろいろと当たりましたが、はがき・メールあわせて適当に抽選しました。その方法は、メールはプリントアウトし、はがきとあわせて抽選しました。その際特に割り合いは決めてませんでした。(※ご意見ご希望が記入されていたため、スポンサーに応募はがき・メールのすべてを渡すことになっていたため、メールは全てプリントアウトしてありました) なお当初の抽選予定は、応募すべてデータベース化し、通し番号を打ち、その番号で抽選する予定でしたが、予想以上に応募が来たため事務処理が間に合わず先の抽選方法になりました。

 ちなみに厳正な抽選というは、抽選をどうするかはあくまでも主催者側の考えなので、適当に当てることもあるし、記入されている文面等で選考される場合もあります。そのため「懸賞はがきを書くコツ」などが形成されてくるわけです。

 また発送業務だけを考えると、ネットで送られたデータをそのまま送付伝票に流用できるシステムであれば、はがき応募よりもネット応募の方が事務手続きは簡素化されるので、事務方はネット応募を優遇したいです。

 逆に、ネット応募ははがき代がかからない分、結構応募も多いし、またはがきのように「目立たせる・気持ちを込める」ことが難しいので、はがきとの競合の場合は多少なりとも不利になるような気もします。

 ただ、最終的には主催者の考え方次第なので、明確な回答を出せる方はいないのではないでしょうか。

 以前懸賞を実行する立場にあった時、懸賞メルマガに情報を流しました。そうしたら、配信された日には1000件以上の応募がありました。ちなみに一番良い商品はトヨタのビッツでした。 最終的にははがき・メールあわせて2万ちょっとの応募数になりました。

 さて、その抽選方法ですが、ビッツは人数当てクイズだったのでそのクイズがあたった方に、その他1500名にいろいろと当たりましたが、はがき・メールあわせて適当に抽選しました。その方法は、メールはプリントアウトし、はがきとあわせて抽選しました。...続きを読む

Q応募ハガキはどうやって当選とかを選ぶんですか?

タイトルの通り応募ハガキはどうやって当選とかを選ぶんですか?
ハガキのきれいさとかもあるんですか??

Aベストアンサー

以前、某大手ラジオ局でアルバイトをしていた者です。

数十枚ほどの応募ハガキの中から当選ハガキを選んで
いましたが、選び方はバイトに任されていました。

丁寧に書かれているハガキを選ぶことが多かったです。
たとえ文字がきれいでなくても、丁寧に書こうとして
書いてあるものはわかります。
目立とうとした派手なハガキよりは、どちらかといえば
地味で、丁寧に書かれているものを選んでいました。

また、どうしても当選したいからと一人で何十枚も
出しているハガキは、選ばないようにしていました。
大抵は一枚しか届いていないものが選ばれました。
(どうして?と言われても困るのですが・・・
 どちらかといえばあまりにも欲がみえみえの
 ギラギラしたハガキは避ける傾向があったのです)

で選んだハガキが、以前その番組で当選した人リストに
入っていないか確認して、当選したことがあれば、
別のハガキを選び直していました。

ただ当選していても、数年前だったり、大した物で
なかったりした場合は、そのままそのハガキを当選者に
選んでも良いことになっていました。

数年前でも「現金」などが当選していれば、二度と
当選ハガキとして選ばれることはありませんでした。
従って一度現金もしくは高額商品を当てたことがある
番組には、その後何度出しても当たらないように
なっていますので、ご応募の際にはご注意下さい。

(質問者様が一般的な日用品や食品の懸賞について
お知りになりたかった場合には的外れな回答だったかも
しれません・・・すみません)

以前、某大手ラジオ局でアルバイトをしていた者です。

数十枚ほどの応募ハガキの中から当選ハガキを選んで
いましたが、選び方はバイトに任されていました。

丁寧に書かれているハガキを選ぶことが多かったです。
たとえ文字がきれいでなくても、丁寧に書こうとして
書いてあるものはわかります。
目立とうとした派手なハガキよりは、どちらかといえば
地味で、丁寧に書かれているものを選んでいました。

また、どうしても当選したいからと一人で何十枚も
出しているハガキは、選ばないようにして...続きを読む

Q抽選で毎回当たる人と、何度応募しても一度も当たらない人

こんにちは。
私は仕事で、懸賞に応募した人の中から当選者を決める業務に携わっています。

当選の仕方は、よくテレビでやっているように、ハガキをなにかの入れ物に入れて、そこからランダムに取り出して当選者を選びます。

コメントをたくさん書いてくれていたり、小さい子供の名前で応募していたり(年齢を書く欄があるので)、家族全員の名前で別々に応募していたり、一人で何枚も応募したり、みなさん様々な応募方法で応募してくれていますが、当選者を決めるには、コメントに良いことがかかれているとか、何枚も応募してくれているとか、小さい子供からの応募だからとか、そのようなことは一切関係なく、厳正な抽選で行っているのですが、毎回同じ人が当選したりします。
後から全てのハガキを集計するので、どの人が何口応募してくれたかとか、家族などで住所が同じである応募はどのくらいあるかとか、全てわかるのですが、何百枚もあるハガキの中から、一枚しか応募していないのに毎回当たる確率というのはかなり低いと思います。
ですが実際抽選するとどうしても毎回当たる人がいたり、毎回何枚も応募してくれているのに絶対当たらない人がいたりして、不思議な気持ちです。
運のいい人と悪い人、ツキのある人とない人って本当にあるんだなって思ったのですが、みなさんはどう思いますか?
ただの偶然と言われればそうかもしれませんが、どうでしょうか?

※個人情報保護法の為、抽選後はすべてのハガキをシュレッタ-にかけます

こんにちは。
私は仕事で、懸賞に応募した人の中から当選者を決める業務に携わっています。

当選の仕方は、よくテレビでやっているように、ハガキをなにかの入れ物に入れて、そこからランダムに取り出して当選者を選びます。

コメントをたくさん書いてくれていたり、小さい子供の名前で応募していたり(年齢を書く欄があるので)、家族全員の名前で別々に応募していたり、一人で何枚も応募したり、みなさん様々な応募方法で応募してくれていますが、当選者を決めるには、コメントに良いことがかかれている...続きを読む

Aベストアンサー

ちょうど近々 このような質問をしようと考えていたところでした。

というのは、私自身 懸賞よく当たるのです。
質問者様の仰るように、何枚も応募したりはしないのですが、やはりコメントが重要なようです。

はがきには必ずコメントを書きます。それも丁寧に、読みやすく、ヨイショもあり。
今年に入ってからは9割の確率で当選してます。

質問者様のおっしゃる、運の良い人、悪い人ってあるのかも。 宝くじのように何百枚買ってもダメな人はダメですし、数枚買って1等当てちゃったりという話はよく聞きますよね。

それにしてもうらやましいお仕事です。やってみたいです!
(自分だったらコメントの良し悪しで決めてしまいそうです・・・!)

Q毎月抽選で、一口応募と複数口応募の疑問

毎月抽選を行っている応募シールが何口も貯まっているのですが、一枚の葉書に5口まで貼れるようになっています。

そこで疑問に思ったのですが、5口応募しても当選したら景品は1個ですよね?
一回の抽選で、同じ人が複数当選なんてことがあるんですか?
だったら、毎月一口ずつ応募したほうがいいんじゃないかと思うのですが。
一枚の葉書に複数口の応募ができる仕組がいまいちよくわかりません。くわしく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

5口応募すれば当選確率が5倍になるのでは?
応募をすべてパソコンに入力して抽選するような場合、5口分入力すれば当選確率は5倍です。

理屈の上では複数当選することもありえますが、大抵の検証は一度に複数当選した場合でも有効なのは1つだけ、という注釈がついてます。

確率からいえば(毎月同数の応募があったとしてですが)まとめても分けても同じです。

Q懸賞ハガキの抽選♪

 以前 ここの 懸賞ハガキの 抽選の 仕事をした方の うちわ話で
読みやすい ハガキや 印象のいい ハガキを 選ぶと 書いてたのを見ました♪
 しかし 懸賞の 抽選は 宝くじの 抽選のように 機械的に 公平に
行われていると 思っていたし そう あるべきと 思っています
 企業の PR関連の 抽選は やはり 機械的に アトランダムに 無作為に
選んでるわけでは ないのでしょうか?
当選しやすい コツ なんて あるのでしょうか? 

Aベストアンサー

大企業は別として、手作業で選んでいるところもかなりあるようです。
そして、書かれているメーッセージなども、参考にしているようです。
機械的に選ぶ場合は無理でしょうけど、手作業で選ぶ場合の、選ばれやすくするコツです。

まず、ハガキの書き方が大切です。
太いペンではっきりと丁寧に、読みやすい文字で書きます。努力して書いている思われる書き方をして、丸字や印刷文字は嫌われます。

次に応募券がある場合は、はがれてしまう危険性があるのでしっかりと貼ります。
そして、懸賞先へちょっとしたメッセージを書くのもコツです。ただ、あんまり長く書くと嫌われます。
簡潔、かつ丁寧に書きましょう。絵もオススメ。

次に重要なのは、ハガキの加工です。
「専用応募ハガキ」か、「官製ハガキ」を選べる場合は、、断然「官製ハガキ」をオススメします。
理由は「固い」から。固ければそれだけ印象に残りますし引かれやすいです(機械、手取りともに)

ハガキは「目立つほうがいいだろう」と思って、ハガキの周りを蛍光ペンでなぞったりしますが、これを逆手にとって、ハガキ周りを逆に「暗い色」でなぞります。これはかなり目立ちます。
また、ハガキの表面を「セロテープ」で覆うのも、きらきら光って目立ち、テープを張った分だけ、ハガキが固くなります。

又、私製はがきでも良い場合は、官製はがきよりも1ミリほどサイズを大きくします。これで、重ねたときにすこし飛び出ますから、目立ちやすくなります。

大企業は別として、手作業で選んでいるところもかなりあるようです。
そして、書かれているメーッセージなども、参考にしているようです。
機械的に選ぶ場合は無理でしょうけど、手作業で選ぶ場合の、選ばれやすくするコツです。

まず、ハガキの書き方が大切です。
太いペンではっきりと丁寧に、読みやすい文字で書きます。努力して書いている思われる書き方をして、丸字や印刷文字は嫌われます。

次に応募券がある場合は、はがれてしまう危険性があるのでしっかりと貼ります。
そして、懸賞先へちょっ...続きを読む

Q商品のバーコードを切って応募するタイプの懸賞について

懸賞で、商品についているバーコードを切りぬいて、何枚か一口で応募するタイプのものがありますよね。これについて、素朴な疑問がふとわきました。
1.懸賞の主催者側は、確かにその商品のバーコードかどうか、チェックをしたりするのでしょうか? バーコードってどれも同じように見えるので、調べないとその商品のものかどうかわからないですよね。自分の考えでは、当たったものに限り、専用POSか何かで一応チェックしているのではと思いますがどうでしょうか。
2.同じ商品なら、応募期間以外に販売された商品でもOKでしょうか? 例えばある商品について、毎年4~5月に懸賞を行ったとします。しかしその商品は当然、年間を通じて販売されているわけです。この場合、その年の懸賞が終わった6月~翌年3月まで商品のバーコードをためておいて、4~5月にそれを使って応募するということはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちはdonpikoさん

自分の知ってるメーカーでは、当たった葉書きのバーコードリーダーの読取り確認と目視での確認をしています。
理由ですが、バーコードは簡単に同じものがコピーできてしまいます。
目視で紙(セロファン)の材質を見ています。

バーコードは同じ商品であれば時期が変わっても変更されませんので
対象月以外に購入した商品のバーコードでも問題ありません。

Q懸賞はがきの1口、2口って

以前から疑問に思っていたことなのですが。

懸賞はがきに、バーコードや指定のマークなどを切り取って貼る場合、「葉書1枚につき、2口まで応募できます」などとかいてあることがありますよね。
よくテレビなどで、抽選箱の中から、当選葉書を抜き取って選ぶようすなどが映りますが、そうやって選ぶのだとしたら、葉書に貼られているのが1口分でも2口分でも、その葉書が選ばれる確率は同じになってしまい、2口貼る意味がないのではないでしょうか。

それとも、1口分の葉書と2口分の葉書からは、別々に当選葉書を選ぶのでしょうか。

どなたか、ご存知方、お暇な時に教えてください。

Aベストアンサー

同様に、インターネットでもはがきでも応募を受け付ける抽選って、どうやるのだろう?というのもありますよね。
以前、テレビでその謎に迫るという番組を見たことがあります。
その番組によると、専門の会社があって、そこでは、インターネットの応募、応募はがきに通しの番号を付けて、はがきには、その番号を次々とスタンプしていました。ここでは簡単な目視チェック(凄い熟練のワザでした)を行っていました。その番組では、具体的に2口の場合という話は出なかったのですが、おそらくスタンプを押すとき、2口なら2つの通し番号のスタンプを押すのではないかと思われます。
こうして、インターネット、はがきで通し番号がついたら、後は、電子的に抽選を行い、当たった番号のインターネット応募なり、応募はがきを探して(番号順に並んでいれば探すのは簡単))、最後に、応募資格を再確認して(記述間違い、漏れなどがないか)、当選が決まるようです。したがって、当選確率はどういう応募の仕方でも公平なようです。
抽選とはいっても、抽選箱からはがきを選び出すなんてことは、テレビの公開抽選でもなければやらないようですね。

同様に、インターネットでもはがきでも応募を受け付ける抽選って、どうやるのだろう?というのもありますよね。
以前、テレビでその謎に迫るという番組を見たことがあります。
その番組によると、専門の会社があって、そこでは、インターネットの応募、応募はがきに通しの番号を付けて、はがきには、その番号を次々とスタンプしていました。ここでは簡単な目視チェック(凄い熟練のワザでした)を行っていました。その番組では、具体的に2口の場合という話は出なかったのですが、おそらくスタンプを押すとき、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング