10年以上前に見たドラマです。
(ていうか、20年前に近いかも)
2時間ものと思います。
家庭のある古尾谷雅人に、原田美枝子が付きまとう内容です。
まだ『ストーカー』という言葉はありませんでした。
一般的でなかったのか、私が知らなかっただけなのか。。
ラストシーンは、狂気の原田美枝子の演技にゾッとしたのが忘れられません。
どなたか、このドラマについて覚えていらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

検索 ドラマ」に関するQ&A: ドラマの検索

A 回答 (3件)

おはようございます。



ドラマでなく映画で、主演は原田美枝子さんではなく黒木瞳さんなのですが『略奪愛』ではないでしょうか。

ストーリーもほぼ同じで、古尾谷さんも出演されています。
91年の作品なので『10年以上前』でもあります。

覚えているラストシーンは
古尾谷さんが自宅に戻ると、妻である万田久子さんを殺害した黒木さんが洗濯物を畳みながら「おかえりなさい」と微笑み、古尾谷さんが固まっている、というものでした。結構怖かったです。

DVDも出ていますので、下記URLでご確認下さい。

もし違うモノでしたらゴメンなさい。

http://marusade.at.infoseek.co.jp/text/textj_1.h …

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005O …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ここの住人の方は、皆さん本当に優しくて涙が出そうです、ichienさんもikadevilさんも。。。
誠にありがとうございますm(_ _)m謝謝!!

映画『略奪愛』、内容はまさに同じな様ですね!!
私の記憶が、映画のテレビ放送だったのかもしれないとは考えていませんでした。
てっきりドラマと思い込んでいるのですが。(違うかも)
’91年と’93年はそれぞれ私の人生の1位2位を争う大きな転機の年です。
もっと以前、たぶん中学生か高校生の頃で、
(宝塚にほど近い関西在住で一家で宝塚歌劇ファン。現役の黒木瞳も知っている頃と思われます。)
古尾谷雅人ってかっこ良いな、この人原田美枝子っていう人なんだ、きっれいだ~!!と強く思いました。
その後、石橋凌の奥さんなんだぁと思う度にこのドラマが心の片隅にあります。

>違うモノでしたらゴメンなさい。
きゃ~~~(≧∇≦)
そんなこと、おっしゃらないでください(涙);;

『略奪愛』映画制作の際、古尾谷雅人が起用されているってことに、何かを感じています。
大変感謝しております。

お礼日時:2003/09/26 21:50

こんにちは。


映画「略奪愛」に内容が似てるっていうので思いついたんですが、
88年にフジテレビで放送された2時間ドラマ「となりの女」ではないでしょうか?
主演は原田美枝子さんと奥田瑛二さんだったので、違うかな???
No.1さんが参照されてるテレビドラマデータベースで検索出来ますので
確認してみて下さい。

参考URL:http://www.tvdrama-db.com/

この回答への補足

’88年にこのようなドラマがあったのですね。
しかも、今度は原田美枝子が同じキャスティング。
覚えておこう、再放送があったらぜひ見たい!!
(難しそうだけど)

奥田瑛二は、’88年でしたらすでに『金妻』や『男女7人・・』などでしっかり存じていますので、古尾谷雅人の覚え間違えは、やはりないように感じています。。。
でもでも、ご親切にご丁寧にありがとございました!!

補足日時:2003/09/27 20:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉ~!!ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/27 20:09

今晩は。


 テレビドラマデータベース
http://www.tvdrama-db.com/
の情報は、古いものになると欠落が多かったりして、信用がおけないことも有るのですが、現在これ以上の情報源は有りません。
 それで、ここで二人が共演している作品を捜すと、
・1979 探偵物語 第5話『夜汽車で来たあいつ』
・1984 無邪気な関係 第1話 
・1993 間違えられた男(これのみ単発です)
この3作しか見つかりません。

 内容がほとんど判りませんから判断できませんが、『間違えられた男』の可能性も有るし、『探偵物語』かもしれないし、これ以上は答えられません。
 ただし、2時間ものという、ことなら単発の『間違えられた男』(参考URL)になりそうです。

 直接知っている人が現れると良いですね。

参考URL:http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECN …

この回答への補足

ドラマの内容で、断片的ですが覚えていることです・・・

古尾谷雅人は団地に住んでいます。
原田美枝子は古尾谷雅人のことを異常なまでに想っていて、今で言うストーキングをする日々なのです。
ギラギラした女性ではなく、とってもうつろで、気味が悪い感じです。
ハッキリ覚えているラストシーンは、ストーキングがエスカレートした原田美枝子が、ついに古尾谷雅人の団地の部屋に入り込んでいて、帰宅した古尾谷雅人がゾッとする。。
夕陽の差し込んだ薄暗い部屋の真ん中に座り込んだ原田が、(ここがうろ覚えですが)洋服ダンスの服を辺り一面に散らかしているのです。
(想い人の古尾谷の服を出していたとか、奥さんの服を一枚ずつ切り刻んでいたとか。。とにかく、気味悪いラストでした。)

補足日時:2003/09/26 00:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、丁寧なご回答を賜りまして感謝いたします。
ご紹介のサイトにはないようです(・_・、)
古尾谷さんと原田さんが主演です。
また、’93年よりもずっと以前であることが確かなんです。。。

しかも私が見た時で、すでに再放送だったかも知れない気がしてきました。
でもでも、ありがとうございました!!

お礼日時:2003/09/26 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q覚えている方!古尾谷雅人と原田美枝子のドラマ

10年以上前に見たドラマです。
(ていうか、20年前に近いかも)
2時間ものと思います。
家庭のある古尾谷雅人に、原田美枝子が付きまとう内容です。
まだ『ストーカー』という言葉はありませんでした。
一般的でなかったのか、私が知らなかっただけなのか。。
ラストシーンは、狂気の原田美枝子の演技にゾッとしたのが忘れられません。
どなたか、このドラマについて覚えていらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

おはようございます。

ドラマでなく映画で、主演は原田美枝子さんではなく黒木瞳さんなのですが『略奪愛』ではないでしょうか。

ストーリーもほぼ同じで、古尾谷さんも出演されています。
91年の作品なので『10年以上前』でもあります。

覚えているラストシーンは
古尾谷さんが自宅に戻ると、妻である万田久子さんを殺害した黒木さんが洗濯物を畳みながら「おかえりなさい」と微笑み、古尾谷さんが固まっている、というものでした。結構怖かったです。

DVDも出ていますので、下記URLでご確認下さい。

もし違うモノでしたらゴメンなさい。

http://marusade.at.infoseek.co.jp/text/textj_1.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005OO8J/249-1866282-6905144

Q20年以上前のドラマの主題歌を教えて!

20年以上前に放送していたドラマ(多分、久世光彦さんプロデュースのドラマだと思う)の主題歌で、歌詞の中に次のような部分があります。
「せ、っし、するするすれせよ」
「愛せない、愛します、愛する、愛する時、愛すれば、愛せよ」
「愛は心のフルコースだから・・・」
この歌の題名と歌っている人の名前が分かったら、教えてください。

Aベストアンサー

1979年のTBS系ドラマ「熱愛一家・LOVE」の主題歌「愛は心のフルコース」です。歌っていたのは「SHOTGUN」で、作曲は筒美京平さんだったようです。

私も国語の授業中にこの歌を思い出しては、一人で笑ったりして…歌詞が印象的でしたよね。

Q愛を乞うひとの映画を見ました。 衝撃的すぎて、途中で気分悪くなりながらも最後まで見ました。 見終わっ

愛を乞うひとの映画を見ました。


衝撃的すぎて、途中で気分悪くなりながらも最後まで見ました。

見終わって、涙が止まらなくなりました。結局どんなに酷い親でも子供は無条件に愛してますよね。


でも、それが伝わらない、思うように愛されない。一番愛してほしい人に愛してもらえないから、憎さも何倍も強くなる。


でも、最後のシーンで主人公がやっとお母さんとお別れできたと言っていたことが、母にされたことは許せないけど、

愛してほしかった、辛かった、憎かった、寂しかったそんな感情にけりをつけられたことを言ってるのかなと思いました。

私は虐待されなかったけど、人格否定されたり常に怒鳴られたり、父親も母親も未熟な親だったのだなと思います。


親にされたことは私はずっと恨んで許せません。それは、親のこと好きだから余計に許せないんだろうなと思いました。

そんな感情にちょっとだけ映画の主人公と重なりあった気がして、涙が止まりませんでした。



私は子供がほしくありません。毒親の連鎖を止めるには、私が子供作らないのが一番かと思いました。


結局人に愛されるということから見放されてる人生なのかと思いました。
絶望もするけど、これも私の生き方なのかな、、、


全部手に入る人はいませんよね。

愛を乞うひとの映画を見ました。


衝撃的すぎて、途中で気分悪くなりながらも最後まで見ました。

見終わって、涙が止まらなくなりました。結局どんなに酷い親でも子供は無条件に愛してますよね。


でも、それが伝わらない、思うように愛されない。一番愛してほしい人に愛してもらえないから、憎さも何倍も強くなる。


でも、最後のシーンで主人公がやっとお母さんとお別れできたと言っていたことが、母にされたことは許せないけど、

愛してほしかった、辛かった、憎かった、寂しかったそんな感情にけりをつけ...続きを読む

Aベストアンサー

私も毒親に悩まされ親子の縁を切りました。
母親の事が好きだからこそ、憎み、恨み、許せません。
でも私は子供は欲しいですね。
生まれてきた子には沢山の愛情を注いで、大好きな人と温かい家庭を作るのが夢です(^-^)
子供に対しても一生無償の愛を持てる自信があります。
だって大好きな人との間にできた子供が可愛くないはずがないですもん。

Q20年以上前のドラマ

むか~~し見たドラマを探しています。

ストーリーはこんな感じ

製薬会社に勤めるサラリーマン(滝田栄)が現代の日本橋から江戸時代にタイムスリップしてしまいます。そこで主人公は「仙人様」と呼ばれ、暮らすことになりました。この時代は脚気が流行っていました。その患者を救うため主人公は科学知識を駆使し、米ぬかと酢でビタミンB1を抽出して飲ませます。
これを知った悪徳商人(?)も米ぬかで脚気の特効薬を作ろうとしますがうまくいかず・・・

江戸の町では背の高い滝田栄が驚かれることや、主人公が書いた化学式がまるで魔法の記号のように見えるのが印象的でした。
なんと言うドラマだったのかわかる方教えてください

Aベストアンサー

石川英輔の 「 大江戸神仙伝 」 ですね。
金曜ロードショーでTVドラマ化されたと思います。
原作は講談社から発売されており、今年、第七作の 「 大江戸妖美伝 」 が刊行されました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061831178/249-4673692-0124367?v=glance&n=465392

Q映画「火宅の人」の主題歌

1986年公開の深作欣二監督の映画「火宅の人」の主題歌(作詞:阿久悠、作曲:井上堯之、歌:嵯峨美子)を入手する方法を教えてください。せめて、歌詞だけでも。

Aベストアンサー

EPレコードでしたらオークションに出品されています。
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%81%AB%E5%AE%85%E3%81%AE%E4%BA%BA+EP&aq=-1&oq=&x=0&y=0&ei=UTF-8&tab_ex=commerce&auccat=&slider=0

CDも出品されているとよいのですが…現在はみあたりませんでした。
気長に待つといつか巡りあえるかもしれません。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m130501554

Q10年以上前のドラマで

工藤静香と菊池桃子(姉)
が姉妹の役で
確か保阪ナオキがどちらかの恋人役で
三角関係になっている、といった感じの
ドラマのタイトルと
主題歌と
だいたいの内容
最後はどうなったのか
(特に知りたいです)が
分かる方、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

そうですよね、記憶って意外に曖昧なんですよね。
100%とか言っておきながら、他人にこうだったって言われると急に曖昧になる。。。(笑)

ボクシングでは死ななかったですね。
街中(どっかの建物の中だったかな?)で誰かに刺されて死んだんです。
その刺された経緯まではさすがに。。。

参考になれば。。。

Qラファイエ(カネボウ)のCMで原田美枝子さんが着ているブラウス・・・

「しなやかに歌って」がバックに流れる、カネボウ化粧品の「ラファイエ」編で原田美枝子さんが着用されているモーヴピンクのフリルのブラウスがとても素敵です。あんまり素敵なのでポスターの前で立ち尽くして見ていたら、化粧品カウンターのスタッフさんに不審がられました。どこのブランドの品か、ご存知の方がおられましたら、是非是非教えてくださいませ!

Aベストアンサー

そのCMは分からないんですが、CMの衣装ならそのために作ったものかもしれませんよ。ブランドものじゃなくて・・・
2年位前までやっていたお昼の番組で、あの有名人が着てたものが気になるとか着てみたいという視聴者のリクエストに答えるコーナーがあって、関係者の人に聞くと“あれはこのCMのためにつくったので同じのはないんですよ~”ってパターンけっこうありましたよ。

Q10年以上前のドラマのタイトル

こんにちは。
10年以上前にTVでやっていた番組のタイトルを教えてください。
たぶんオムニバス形式で放送しており、内容はうろ覚えですが下記のよ
うに記憶しております。

・赤ちゃんを育てるゲームを夫婦でしている。
・赤ちゃんがゲームの途中病気になり治療費が必要ということで、その
 夫婦が治療費をだす。
・ゲームは期限が切れたので終了してしまう。
・最後に、見知らぬ紳士が子供(夫婦が育てていた赤ちゃん)を連れて
 夫婦のマンションを訪ねる。
(結局ゲームの中の赤ちゃんは実在していた)

以上のように記憶しております。
野村宏伸さんと永作博美さんの「赤ちゃん養育ソフト」
(世にも奇妙な物語)だと思っていて、最近見る機会があったので
見ましたが内容が違っていました。

ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結末はご質問に書かれていた物とは全く違うと記憶しています。
確か…

死んだ娘(ナミと言う名前だったような…)、の生まれ変わりと信じてネット上で育てた子供の誕生日を祝う辺りで夫とのやり取り等で逃避していた現実を認識して立ち直る…様な…だったかな?
最後に、納得して単なるネット上の存在でしかないと悟った時に、そのネット上の赤ん坊が何か重要な一言を言って感動した様な…?
「ママありがとう」
とかそんな言葉を…

うろ覚えです。

兎も角、やはり何かの魂が…的な終り方だったと思います。

Q『火宅の人』に出て来る浅草の「黒白」「白白」とは?

壇一雄の『火宅の人』です。

文脈から推測するに、浅草で興行か何かをしている職業の名前かと思います。
花屋敷や映画と並んで書かれていましたが、内容の詳しい描写はありません。

銭湯で声を掛けてきた男が誰だったか分からず、後から「黒白の白の方だ」と思い出すシーンがあるのでコンビで活動しているのだと思います。

ご存知の方がいらっしゃればお教え願います。

Aベストアンサー

ご参照ください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2746958.html

Q10年以上前のドラマ

お昼休みにみんなで昔のドラマの話になりました。
オリンピックということもあり「スワンの涙」で盛り上がってたのですが
1人が「その時間帯でサッカーとかバスケットの話もあったよな?」
と言い出しサッカーのドラマだったタイトルは見つけたのですが
どーしてもバスケットボールのドラマのタイトルが思い出せません。
言い出した人はだんだん自信がなくなってきて
「記憶違いかも・・・」と言い出す始末です。
私もむかぁ~しに見たような気もするのですが
タイトル及び出演者が思い出せません。
その人が言うには「月曜の夜7時半からやってた」と言っています。
こちらは全員大阪在住ですので東京でもこのドラマをやっていたかどーかは
マッタクわかりませんのでこの時間でやっていたかも
はっきり言って怪しいものなのですが・・・
どなたかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

月曜ドラマランドでやっていた「胸さわぎの放課後」とか。
1983年 出演は少年隊、宇沙美ゆかり です。

(「スワンの涙」が1989年だから、ちょっと古いかな?
もっと古いので 近藤真彦が主演の「ただいま放課後II」もありますが)

関西なら「赤いバッシュ」(1987年)かな?(こっちの方が時期が近い。でも、放送時間が金曜だったらしい)
出演は山本香織、寺田農とかです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報