今は無き大映(株)が生んだ大スター、故・市川雷蔵と故・勝新太郎はライバルだったと聞きますが実際そうだったのですか?

また故・長谷川一夫は2人とどう関わってくるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前にも同じ質問をみました。


そのときには回答をしませんでしたが。

当人同士は、ライバルでもなかったと思いますよ。
ふたりの役柄と、人柄は全く違うタイプでしたからね。
昔は映画会社が、宣伝のために、そのように煽っていたこともありますからね。

市川雷蔵のほうが、最初の頃は主役を張っていましたよ。
勝新太郎のほうが、売れずに格下で、市川雷蔵が主役の映画に
準で出ていましたのでね。
デビューそのものは、雷蔵のほうが先でしたしね。

勝新太郎は、「不知火検校」ヒットがしたので売れだしたわけですね。
たしか、昭和36年頃ですね。
それまでは、二本立て映画のB級に出ていて、鳴かず飛ばすで
くすぶっていたわけです。あの感じで二枚目路線でしたので
売れなかったわけです。
会社が力を入れているA級映画はカラーでB級は、白黒映画というものでしたね。

市川雷蔵は、それ以前の34年ぐらいから、ずっと主役です。
で、勝新太郎は「不知火検校」のあと「座頭市シリーズ」「悪名シリーズ」
「酔いどれ博士シリーズ」「兵隊やくざシリーズ」で不動の役者に
なりましたね。

その頃、並行して、市川雷蔵は「忍びの者シリーズ」「殺し屋シリーズ」
「中野学校シリーズ」「眠狂四郎シリーズ」「若親分シリーズ」
「股旅ものシリーズ」単発で文芸作品などの映画もありましたね。
「破戒」とか「金閣寺」などですね。

昔は、映画のかきいれどきが、お正月、ゴールデンウィーク、お盆でしたし
封切映画が今のようにロードショーではなく、二本立でしたので
その時期には、市川雷蔵の映画が一本、勝新太郎の映画が一本と、同時に封切をされました。

ですので、そういう意味でライバルのように感じるのではないでしょうか。
それから長谷川一夫は、二人よりずっと上の人で別格です。

昭和31年、33年、34年頃、まだふたりがスターになる以前には、長谷川一夫主演の
映画に、格下で共演をしていました。
戦後からのずっとスターでしたからね。

かかわりという意味では、そんなところですかね。
で、二人がシリーズをもって俳優として売れている頃には
もう長谷川一夫は、大映映画には出ていませんでしたね。
舞台のほうにいってしまいましたからね。

こんなところで良いですか。
質問しますね。貴方は映画が好きなのかな?
なぜ二度にわたっても、質問したのでしょうか?

四歳ぐらいから映画が好きで、いつも映画館に通っていた
現在は、おじさんが答えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

邦画は好きです。特に1960年代ごろの大映と東映の映画は好きです。
大映は長谷川一夫が引退した後も市川雷蔵、勝新太郎、田宮二郎といったスターを擁し、倒産はしましたが、多くの映画を残しましたよね。

私は市川と勝の現代劇のほうに関心があります。時代劇より現代劇のほうが2人の個性が出ている気もしましてね。

お礼日時:2011/04/24 07:42

自分は、勝新さんの『座頭市』シリーズが大好きでした。


(^^)
少なくとも、勝新太郎さんから見れば、長谷川一夫さんは「憧れの存在」だったようですよ。
でも、当初は、長谷川一夫さんと同じようなメイクで、所謂「二枚目路線」で売り出したモノですから、
「お客は、サッパリ・・・」
で、売れずに苦労したようです。
彼の本領は、やっぱり「アウトロー路線」でしょうから・・・。

対する「市川雷蔵さん」は、早くから「スターの座」を確保してましたから、勝新さんは「ライバル視」してたんじゃ無いでしょうか?。

よく比較されるのが、市川雷蔵さんの『眠狂四郎』vs勝新さんの『座頭市』です。
『眠狂四郎』の雷蔵さんは、あくまで「静」のイメージで、円月殺法など、その太刀裁きは、「華麗」の一言・・・♪。
対する「勝新」さんの『座頭市』は「動」。
言ってしまえば「無手勝流」ですけど、ダイナミックなカッコ良さと、居合い斬りのスピード感が、私は大好きでしたネ~。
(カッコ良かったなァ~~~・・・(^▽^)♪)
出立ちも、「座頭市」の姿は、シリーズ当初は「丸刈り(スキン・ヘッド)」。
眠狂四郎のスッキリしたスタイルとは、まるで違います。
また、盲目で居合いの達人とは言え、座頭市は「ヤクザ」で、眠狂四郎は浪人姿とは言え「侍」。
「剣裁き」も、座頭市は、仕込み杖からの「逆手・居合い斬り」。
雷蔵さんとは、何から何まで対照的で面白いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シリーズものから完全に離れて、市川と勝の出演映画で好きなのはありますか?

私は市川は「破戒(1962年)」、勝は「不知火検校(1960年)」と「銭の踊り(1964年)」ですね。
田宮二郎が好きなのですが、「黒の超特急(1964年)」が一番です。

お礼日時:2011/04/24 11:27

了解です。

^^

東映も好きだったのですね。
岡田茂元社長は、映画人としては、とても良いのではないですか。
製作の下積みから、頑張って社長になった人ですからね。
映画は娯楽に徹した人ですが、本人は文芸物をやりたかったみたいですよ。

では^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもです。

お礼日時:2011/04/24 08:16

 市川雷蔵のウィキをよむと、なかなか面白いです。


参照してみてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%B7%9D% …(8%E4%BB%A3%E7%9B%AE)#.E5.8B.9D.E6.96.B0.E5.A4.AA.E9.83.8E.E3.81.A8.E3.81.AE.E6.AF.94.E8.BC.83
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

お礼日時:2011/04/24 07:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1971年に大映株式会社が、1993年に株式会社にっかつがそれぞれ倒産したとき、どう思われましたか?

1942年から1971年まで多くの映画を生み出し
1971年11月に経営危機で業務全面停止と従業員解雇、
翌12月に破産した大映株式会社。
また日本で最古の映画会社として、戦前は時代劇、戦後は多くの青春映画・アクション映画や「ロマンポルノ」の作品を残した株式会社にっかつ(旧:日活株式会社)。

質問ですが、
大映とにっかつが倒産したというニュースを聞いたとき、
どういう感想を持ったか皆様に聞かせてほしいんです。

後1986年に正式に閉鎖された大映京都撮影所につき
もし周辺に住んでおられた方がいましたら、
どう感じられ又どう環境が変わったかも教えてください。

Aベストアンサー

大映もにっかつもいきなり倒産した訳ではなくて、1年ぐらい前から危ない危ないと言われていたので…。
大映は一発大逆転を狙った「片足のエース」という実話感動ものがやっぱりコケて、その時点で「終わった」と思ったような気がします。
にっかつは「落陽」という、当時のにっかつを考えると身の丈合わない超大作を製作して、「ヤケになったか」と思ったものでしたが、これまた案の定やっぱりコケて、奇跡は起きなかったか、と思った記憶があります。
当時の映画ファンは、上記の鳴り物入りの勝負作が予想どおり不入りだった時点で、倒産は時間の問題と思っていたので、倒産のニュースそのものは来るべきものが来たか、という感じだったのではないでしょうか。

Q三浦綺音と勝新太郎について

どうして知り合ったか、という事や
三浦綺音の写真集を勝新太郎が撮影した理由
2人がつきあっていたかどうか、などの情報を
知っている人がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

付き合ってはいないと思います。ただ単に勝さんが好きなタイプの女優あるいは女性だったんではないでしょうか。
ちなみに勝さんは原田美枝子さんの写真集も撮っています。どうですか、二人ともタイプとしては似ているでしょ? (顔の雰囲気、長髪センター分け、胸が大きい)

Q市川雷蔵と田宮二郎が大映時代共演しなかったのは何故

市川雷蔵と田宮二郎が大映時代共演しなかったのは何故?

Aベストアンサー

推測ですが・・・

彼らの時代は五社協定の時代。
大映の専属俳優だったワケですが、
大映の中でも京都と東京の撮影所は
まるで別会社のように活動していました。

雷蔵は京都、田宮は東京の主演クラス。
京都は時代劇、東京は現代劇。
接点は一年一度のパーティくらいしかなかったと思います。

田宮が時代劇に出演したのは「座頭市」からくらいでしょう。

Q芸能人たちが勝新太郎は豪放磊落とし賛美しているが

たしかにある面、豪放磊落なのでしょうが、アヘンを所持していたり、コカイン所持したりと、弱虫であるとしかいえません。まったくの子供です。
芸能界から干されるべきであるのに、何が怖いのか現在の芸能人たちは「勝新太郎」について「賛美」するかのような番組作りを行っています。
まったく、理解ができません。
今も「ワイドショー30年史」という番組で取り上げています。
このことについて、どうお思いでしょうか?

Aベストアンサー

 要するに、芸術家(=俳優)として秀でていたからではないでしょうか。特殊な人なら何をやっても許される――某歌舞伎役者の隠し子騒動などがその例――という風潮が、果たして良いものかという疑問はあるものの、すごい人だったことだけは間違いないでしょう。
 あと、あの人が豪快だと言われるのは、昔の映画スターによくある、気前良く人に奢る、という点も大きいでしょう。一晩に数百万使ったとかワイドショーで言ってたような、言っていなかったような…(ごめんなさい、内容が正確でなくて)。
 私は個人的に、薬物使用については何も感じません(念の為に断っておきますが、私は薬物使用をした経験はありませんし、使うつもりもありませんからね)。使用したとしても、自分の体を傷つけるだけ、勿論、薬物中毒で人を殺傷すれば言語道断ですが、彼にはそれは無かったので許容の範囲内です。
 たぶん、そう思う人が多いから、許されているのでしょうね。大物スターのお茶目な一面、天才にありがちな致命的欠陥、そういう目で彼を見ている人が多いのではないでしょうか。

Q今はなき映画会社の大映のワンマン社長・永田雅一のエピソードを集めたく知っている方教えてください!

今はなき映画会社の大映のワンマン社長・永田雅一のエピソードを集めたく知っている方教えてください!

Aベストアンサー

1)昭和31年の大相撲夏場所初日、永田の寄贈した大映マークの化粧まわしを4横綱が全員つけて土俵入り。昭和天皇の耳に届いたという話を聞いた永田ラッパは「どうや、宣伝はこうやってするもんやぜ」と得意満面に吹きまくった。
 
2)業績と関係なしに大映のボーナスは映画業界トップでないといけないというのが永田ラッパの信念であった。昭和30年代はじめ、業績では松竹が稼ぎ頭。それで大映では松竹の労使交渉妥結を待って、松竹より上回った金額でボーナス支給を決めていた。松竹より先に妥結して、大映のボーナス金額が下回った場合は、後から追加支給された。これでは経営が傾いても仕方ない?
 
3)昭和30年、日経新聞対談記事で永田ラッパは「パリが大嫌い」「フランス人は真心がない、舌先三寸で世界を牛耳ってやろうと思っている」とフランスの悪口を延々と述べた事により、カンヌ映画祭組織委が激怒、大映から出品されていた「近松物語」「千姫」は落選。特に「千姫」は審査対象から外され上映すらされなかった。
 
4)昭和12年、所属していたプロダクション解散で行き先に困っていた森光子を新興キネマに迎えたのが永田ラッパ。後の文化勲章女優にとっては恩人の一人である。

1)昭和31年の大相撲夏場所初日、永田の寄贈した大映マークの化粧まわしを4横綱が全員つけて土俵入り。昭和天皇の耳に届いたという話を聞いた永田ラッパは「どうや、宣伝はこうやってするもんやぜ」と得意満面に吹きまくった。
 
2)業績と関係なしに大映のボーナスは映画業界トップでないといけないというのが永田ラッパの信念であった。昭和30年代はじめ、業績では松竹が稼ぎ頭。それで大映では松竹の労使交渉妥結を待って、松竹より上回った金額でボーナス支給を決めていた。松竹より先に妥結して、大映...続きを読む

Qハリウッドスターに向いていそうな夫なのですが

私の旦那さんは身長180センチ、格闘家真っ青のマッチョ体型で(体脂肪8%くらい)、とても若々しく(35歳ですが、28歳くらいに見えます)、和泉元やさんとシルベスター・スタローンとジャッキー・チェンを足して3で割ったような顔をしています。とても面白く、愛想も良く、妻の私が言うのも恥ずかしいのですが、笑顔が素敵でカッコいい人です。よく「俳優さんですか?」と声もかけられます。英語もペラペラで、現在長期のアメリカ出張で同行しているのですが、アメリカ人からも「アジアの映画俳優か?」と言われます。先日もそのように聞かれ、否定すると、「ハリウッドに行け。ハリウッドでウロウロしてたらスカウトされるよ」と言われました。
夫は就職先が何度も倒産するというツキのない人で、今は破格に安い給料(初任給より安いそうです)でコキ使われていますので、なれるものなら是非ハリウッドスターになってほしいと思っています。夫も俳優になるのはまんざらでもなさそうですが、「スカウトなんかされる訳がないし、仮にされたとしても経験もないし、デビューには至らないんじゃないの」と言っています。
そこで質問ですが、ハリウッドでは実際に街でスカウトが目を光らせているのでしょうか? 仮にスカウトされた場合、相手の話を信用してついて行って大丈夫でしょうか?
ハリウッドに詳しい方、よろしくお願いします。

私の旦那さんは身長180センチ、格闘家真っ青のマッチョ体型で(体脂肪8%くらい)、とても若々しく(35歳ですが、28歳くらいに見えます)、和泉元やさんとシルベスター・スタローンとジャッキー・チェンを足して3で割ったような顔をしています。とても面白く、愛想も良く、妻の私が言うのも恥ずかしいのですが、笑顔が素敵でカッコいい人です。よく「俳優さんですか?」と声もかけられます。英語もペラペラで、現在長期のアメリカ出張で同行しているのですが、アメリカ人からも「アジアの映画俳優か?」...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカには映画俳優協会SCREEN ACTORS GUILDという組織があり、そこへ所属しないとなかなか仕事が回ってきません。
またその組合への所属することもかなり困難なのだそうです。
日本人の役者で所属出来た方は数名しかいないと思います。

大半の役者がアクターズスクールのような有名な養成所の出身で、スカウトされてぽっと出てきたような方は皆無だと思います。
ニコールキッドマンのような俳優ですら場合によってはオーディションを受けて役にありつくこともあるそうですから、かなり厳しい競争社会です。
日本人の役は現地在住の日系人の俳優組合から優先されてキャスティングされることが多いようですし(主役級は別ですけど)、ハリウッドで頭角を現すのは並大抵のことではないと思いますよ。

参考までに俳優協会のHPです。
http://www.sag.org/sagWebApp/index.jsp

Q大映ドラマの主題歌

確か、何年か前に、麻倉未希さんが、大映ドラマシリーズで歌ってた例えば(スクールウオーズ)とか、その他いろいろ、懐かしのベストアルバムみたいなの。CDの タイトルわかる方どなたか居ませんか?

Aベストアンサー

80'sドラマ・ソングブックでは?

Q市川由衣さん

 YJ(ヤングジャンプ)のグラビアに出始めた頃からカワイイと思い,ひそかに注目していました。最近はグラビア以外でもずいぶんとメジャーになったようで,私も大いに喜んでおります。
 そんな市川由衣さんですが,テレビといえば,「ホットマン」,「恋するハニカミ」,「王様のブランチ」など毎日系の番組にしか出ていないような気がします。これは何か理由,事情があってのことなのでしょうか?
 私があまりテレビを観ないので,たまたま毎日系の番組以外で観たことないだけって可能性も否定できないのですが,御存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

TBS系のみなんてそんなことないですよ。

2002年にはテレビ朝日系でドラマ
「逮捕しちゃうぞ」に出演されてましたよ。
事務所の先輩原沙知絵さん、伊東美咲さん主演の
ドラマで婦人警官の役でした。

同じく2002年に日本テレビ系で「ごくせん」の
第7話に出ていたみたいです。
どんな役なのかはわかりませんがこのドラマも
伊東美咲さんが出られてましたよね。

2003年のテレビ朝日系「流転の王妃」では
竹野内豊さんと常盤貴子さんの娘役で
2004年のフジテレビ系「ワンダフルライフ」では
反町隆史さんと共演されてました。

所属事務所「研音」は先輩の芸能人が出ている
ドラマなどに出始めてだんだんと売り出していく
パターンが多いみたいですよ。

結構TBS系以外でも出演されてますよ。

Q今は無き大映(株)で活躍した故湯浅憲明監督について、どういう印象を受け

今は無き大映(株)で活躍した故湯浅憲明監督について、どういう印象を受けるか幅広くお聞かせください。

「ガメラシリーズの監督」と言う印象が僕は強いですが、皆様は?

Aベストアンサー

湯浅監督といえば、やはり「ガメラ」がもっとも一般的だと思います。お色気モノや高校生シリーズなどの作品もありますが、そっちの監督としてはあまり知られていないじゃないでしょうか?
余談ですがご本人は「ガメラ」を特に意識して子供向けの映画にはしたくなかったんじゃないかと思います。シリーズ初期と後期とを比べると残酷描写(ガメラの腕から血しぶきなど)が格段に違ってますもんね。♪がめら~♪なんて歌も使われてませんし。
子供を助ける場面は、動物が落ちてくるモノに対して反射的に手を出して受け取っただけ、と、確かそんなことを話されていました。


大映無き後は「刑事犬カール」「コメットさん」など子供や少年少女向けのTVドラマなども手がけてました。
大映の助監督時代にはかの溝口健二監督の作品にもついたそうです(赤線地帯だったかな?)。
4人目の助監督、つまり一番下っ端なので大変だったとか。

大柄で太い声の監督さんでしたが、同時代の大映出身の監督の中ではかなり優しい方だったと思います。スタッフにもよく気を配っていました。仕事でご一緒した中では好印象の監督のひとりです。
演技を付けるときにわざわざセリフを言うのが面倒なので「はい、ここでビーダラブービーダラブー(役者のセリフの擬音化??)とありました」なんてよくやってました。

湯浅監督といえば、やはり「ガメラ」がもっとも一般的だと思います。お色気モノや高校生シリーズなどの作品もありますが、そっちの監督としてはあまり知られていないじゃないでしょうか?
余談ですがご本人は「ガメラ」を特に意識して子供向けの映画にはしたくなかったんじゃないかと思います。シリーズ初期と後期とを比べると残酷描写(ガメラの腕から血しぶきなど)が格段に違ってますもんね。♪がめら~♪なんて歌も使われてませんし。
子供を助ける場面は、動物が落ちてくるモノに対して反射的に手を出して受け...続きを読む

Q市川かおり?さん

かなり昔「女の60分」という番組がありました。
その中にアタッカー?として出ていた市川かおりさんと
○○まゆさんというタレントがいました。この方達の
その後の消息をご存じの方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
「PCランド」と「女の60分」の市川かおりさんは同一人物です。
とうことで、#1の方の情報に間違い無いでしょう。

○○まゆ=山岸まゆさんですね。
あるHPの一文に「いいとも青年隊のひとりと結婚していた」(過去形ですね・・・)と書いてあったのを見かけました。
いいとも青年隊のひとりとは、消去法でいくとアツシ(久保田篤)さんでしょうか?(確認できませんでした。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報