ゲーム会社の社員(サウンド・クリエイター)が自社ゲーム・ソフトの作曲をした場合、著作権は会社に帰属してしまい、その社員に著作権料は入ってこないのでしょうか?作曲者が社外の人間の場合は、著作権はその社外の人のままであったり、ゲーム会社が著作権を買うのだと思うのですが、ゲーム会社の社員の場合はどうなのでしょうか?自分に置き換えてみると、せっかく自分で作曲したのに、会社が作曲したことになるなんて耐えられないような気がするのですが・・・。自分が作った曲は、やっぱり自分の分身だったり子供のようだったりすると思うので。でも、フリーとして独立してやっていくのはたいへんなので、社員という安定した立場・収入と引き換えに我慢するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

著作権法の第十五条に以下のような取り決めがあります。

会社と特別な取り決めをしておかないと著作権は自動的に会社に行ってしまうようです。

-----
著作権法第十五条(職務上作成する著作物の著作者) 法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を除く。)で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。

二 法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。
----

作り貯めした曲は個人で発表する分にはよいのでしょうけど、もし会社の仕事としてゲーム用の曲に割り当ててしまうと、「これは入社以前に作った曲だ」と主張しても、上記の「職務上の著作物」に看做されてしまうと思います。

ゲーム会社で作曲を担当している友人がおりまして、彼の曲を収めたCDを見てみますと確かに(C)マークは会社のみに付けられていました。
ただ著作権こそ会社に帰属しているようですが、作曲者としての名前はちゃんと記載されていました。交渉次第の部分ですが「作曲者としての栄誉」をきちんとクレジットしてもらうことは十分可能だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 会社と特別な取り決めをしておかないと著作権は自動的に会社に行ってしまうようです。

「自動的に」というのがミソですね。
そのような仕事をする場合は、事前によく確認・交渉すべしということですね。

> ただ著作権こそ会社に帰属しているようですが、作曲者としての名前はちゃんと記載されていました。交渉次第の部分ですが「作曲者としての栄誉」をきちんとクレジットしてもらうことは十分可能だと思います。

会社としては、作曲者への「ねぎらい」や「意欲づけ」を意識してのことなんでしょうね。
でも、それがあるのとないのでは、だいぶ違いますね。

実際の条文や具体例をあげてご回答いただき、ありがとうございました。
よく分かりました。

お礼日時:2001/05/06 17:31

はじめまして


私は、Webサイトのプログラマーです。
元同僚のプログラマーも、同じ事を言っていました。
そのときは、給料をもらっている時間に作った成果品について、不平があったようですが、それについては、会社に帰属という形をとっていただきました。
Richard2001さんの場合の、会社の資産で作ったものではないものについては、帰属させない方法もあります。
ゲームの製作会社等に、音源を供給しているところに、音源を置き、販売するという形です。
ただ、それだと、音響ミュージシャンとして、さまざまな人に楽曲を利用していただける分、ご自分の製作されているゲームについてのみに、使用できるという形ではありません。
ただ、利用先から、特定名で依頼を受けるようになったら、副収入くらいにはなるのではないでしょうか?
収入というより、自分の内から発生する「音」で他の人に何かを残したい!というのなら、お勧めです。
参考に、これから音源を配信する、Webサイトを紹介します。
それにしても、ご自分の作られた曲が、ゲームになるなんて、うらやましい限りです。

参考URL:http://www.liveblitz.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

作曲家は、それぞれのポリシーに合った形態を選んだり作ったりして創作活動をしているのですね。なお、「音源を配信するWebサイト」については、さっそくちょっと見てみましたが、自分も応募してみたいと思いました。貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/05 02:04

はい、ゲーム会社の社員です。



ゲームでは、CGだろうと音楽だろうと、ゲーム自体だろうと、
全て著作権は会社に帰属しています。社員には帰属しません。

これは、ゲームに限らず、ソフト会社でも同じだと思います。
すくなくとも、会社に社員として勤務し、会社から給料をもらい、
会社の資産と資源で作成した限り、会社のものだと思います。

労働の成果として音楽が出来あがったと言うだけですね。

じゃーたとえば、私はゲーム企画ですが、
「自分で企画して出来たゲームが自分の著作物だー、」
「会社辞めたら、以降は売上の数%だから、数千万円だーよこせ!!」
などといい始めたらえらいことになります。

しかしながら、一方で特許などは、個人に帰属することもあります。
会社の方針によるかもしれないですが、ウチでは特許は個人に(複数名が一般)
帰属しています。

こんなんで、ちょっとは参考になれば良いのですけどね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では、学生時代に作り貯めした曲を入社して提供しても、会社のものになってしまうんですね。なんか複雑な気分です。私は多少作曲をするのですが、曲自体は何か別のところ(その人が持っている精神世界?)から来るような気がするのです。でも、会社なら「いろんな人と影響を受け合ったり、いろんなアイディアを出し合ったりして、一人では絶対にできないような良いものを作ることができる」という代え難いメリットがあるのでしょうね。貴重なお話、どうもありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2001/05/04 02:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインストゥルメンタルの作曲家に。

こんにちは。
サントラやCM音楽などの
ピアノ曲の作曲家になりたいなと思っています。
バンドやシンガーソングライターなどの募集はよく見かけるのですが
ピアノ曲の募集や、オーディションみたいなものがあれば
ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっとハッキリ覚えて無いですが、サウンド&レコーディングという雑誌
の(確かリットーミュージック主催)のなんとかいうオーディションが
あります。(CM作家の岩崎巧で知られています)ピアノ曲という訳では無くインスト全般ですが..
その他ピアノ系の雑誌なんかが主催してるかも。色々な出版社に問い合わせてるのも手かも?

あとはCM音楽制作会社等にテープ送るなりしてアポイントをとってみてはいかがでしょう?
たぶんその方が早いです。
ピアノ曲のオーディションというのはたぶん少ないしあっても、YAMAHAのJなんとかっていう感じのものになってしまうと思います。
まず仕事をしちゃってから認められる方がはやいでしょう。 
がんばって下さい。

Q自分のホームページでコピー曲の配信は著作権違反?

自分のホームページで映画サントラやポップス等のコピー曲(楽譜を自分で手入力でのMIDI曲集)の配信は著作権保護法に違反しますか?
違反でなければデジタルコピーが出来ないようにして載せたいです。

Aベストアンサー

語弊がありそうですからきちんと答えておきますと、
演奏すること自体は違法でも何でもありません。
自分で楽しむ為や練習するためであれば許可もいりません(当たり前です)。

ただし、それを公開する(ウェブ上で流す、観衆の前で演奏する等)には、地権利者への申請と使用料の支払いが必要です。
具体的には「作詞」「作曲」「編曲」の権利者ですね。この3つに関しては、JASRACがほぼ全てを委託管理していますので、簡単な申請と使用料規定に沿った支払いさえすれば自由に使えます。全く難しい事ではありませんし、権利料もさして高くありません。
詳しくはJASRACの使用料規定を見てもらえば分かりますが、例えば非商用(無料)の場合10曲1万円/年で許諾を得る事が出来ます。
ストリーミングであればもう少し安いですが、MIDIやMP3の場合にはコピー不可自体が無理なので、通常のダウンロード配信と言う事になります。

誤解していただきたくないのは、権利者の立場からすれば「どんどん使って欲しい」と言う事です。使用料さえ払ってくれるなら使ってくれた方が嬉しいのは当たり前です。特にカバーなんて大歓迎でしょう。

また、これはあくまでカバーの話です。市販CD音源の場合には、著作権とは別に原盤複製権(著作隣接権の一部)という強力な権利がありますので個人で許可を得る事はまず不可能です。

最後に、先述の様に「デジタルコピー出来ない様にして」というのはなかなか個人レベルでは難しい話です(MIDIにそういう機能があれば別ですが)。閲覧者のPCで鳴ってる時点で理屈上はコピーされてる訳ですから。この点についてはあまり悩まずに諦めた方が早いかと思われます。

語弊がありそうですからきちんと答えておきますと、
演奏すること自体は違法でも何でもありません。
自分で楽しむ為や練習するためであれば許可もいりません(当たり前です)。

ただし、それを公開する(ウェブ上で流す、観衆の前で演奏する等)には、地権利者への申請と使用料の支払いが必要です。
具体的には「作詞」「作曲」「編曲」の権利者ですね。この3つに関しては、JASRACがほぼ全てを委託管理していますので、簡単な申請と使用料規定に沿った支払いさえすれば自由に使えます。全く難しい事ではあ...続きを読む

Q作曲家になりたい....

ころころ夢が変わってしまいますが
作曲家になりたいと思っています。
そこで、どのような道をたどるのでしょう?
ポップスから吹奏楽曲etcも手がけるのは無理でしょうか?
同人というものに強い憧れを抱いていまして
同人グループを組んでやってみたいのです。
音大などに行くべきでしょうか?

そんな簡単なものじゃない。あきらめろ。etcの返信は
此処では募集してませんので...
耳が腐るほど言われてきましたので重々承知ですから。

Aベストアンサー

作曲家と言ってもいろいろあります。
芸術音楽の作曲家、大衆音楽(ポップス等)の作曲家など、
作曲する曲によって様々です。

もしも、音大に行こうとするなら、
どのジャンルを専門的に勉強したいか、それを決める必要があります。
最近は、音大の作曲科の中にもいろいろなジャンルのものがあります。
東京音大ですと「映画・放送音楽コース」や「ポピュラー・インストゥルメンツコース」がありますし、洗足学園にも「ロック&ポップスコース」などが出来たそうです。
しかし、音大に行くためには大学に入ってからも困らないぐらいの知識と実力が必要です。
(これがない場合は受験で落ちますが…)
それから、お金もだいぶかかります。


ちなみに、ポップスの作曲家は旋律とコードを考えるだけで、
あとはアレンジャーといわれる編曲家が私たちが聴いている作品に仕上げる場合が多いようです。
逆に吹奏楽曲や管弦楽曲などを手がける作曲家は全て自分1人でこなします。

プロの作曲家というのもおそらく売れない人は本当に売れないので、大変な道だと思います。
単純に楽しみたいのでしたら、アマチュアの作曲家の方が自由がきくかもしれません。

作曲家と言ってもいろいろあります。
芸術音楽の作曲家、大衆音楽(ポップス等)の作曲家など、
作曲する曲によって様々です。

もしも、音大に行こうとするなら、
どのジャンルを専門的に勉強したいか、それを決める必要があります。
最近は、音大の作曲科の中にもいろいろなジャンルのものがあります。
東京音大ですと「映画・放送音楽コース」や「ポピュラー・インストゥルメンツコース」がありますし、洗足学園にも「ロック&ポップスコース」などが出来たそうです。
しかし、音大に行くためには大学に...続きを読む

Q著作権について

自分で聞きたいアーティストの曲をCDからPCへいれ加工、アップローダーへUP、携帯電話からダウンロードして聴くとします。この場合、著作権侵害になるのでしょうか?
なるとしたら自分自身なのか、それともそのアップローダーからその音楽をダウンロードした不特定多数のユーザーなのか、またはアップローダーの管理人なのかどうなんでしょう?
その辺を詳しく知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アップロードした本人ですね。
「頒布権」「公衆送信権」の侵害に当たると考えられます。

Qなぜ女性の作曲家は少ない?

こんにちは。劇伴音楽の作曲家を目指している女子です
将来はドラマ音楽などの作曲家を目指しているのですが
女性で劇伴作曲をされてる方って男性に比べて圧倒的に少ないですよね?
歌手やピアニスト、シンガーソングライター等では女性も活躍しているのに
なぜ作曲家は男性が圧倒的に多く、女性は少ないのでしょうか。
また、女性が作曲活動をするには歌が歌える必要があるのでしょうか。


また、私は今の所J-POPの作曲は興味が無いのですが
J-POPの作曲家の方が収入が多いという話も小耳に挟みました。
それと、劇伴の作曲はJ-POP作曲やアーティスト活動の傍らでやるものだという
話も聞いたのですが本当でしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近の傾向としては、女性の劇伴(いわゆるサントラ)作曲家も増えてきています。
むかしは、まったくと言ってイイほどいませんでしたけど。

有名なところでは
大島ミチルさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E3%83%9F%E3%83%81%E3%83%AB

菅野ようこさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E9%87%8E%E3%82%88%E3%81%86%E5%AD%90

勝木ゆかりさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/S.E.N.S.

海外だとアカデミー音楽賞を受賞しているレイチェル・ポートマンが有名です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3

女性と男性の比ですが、劇判の作曲家自体が、いわゆるポップスなどの音楽関係者にくらべ圧倒的に数が少ないということもあります。
短絡的ですが、J-ポップなどの曲は数分のもの1曲で、それがひとつの作品(もしくは仕事の完成)となりますが、劇判だと数十曲を作らねばなりません。
さらに劇判はCDになってもほとんど売れません。劇判の大ヒットって聞いたことないですよね。ジブリ作品のように主題歌だけがヒットすることはありますけど。
アカデミー音楽賞を獲ったような有名な作曲家の作品でもサントラCDの発売は3000枚~500枚限定とかその程度しか作られないものが大半を占めます。

そうなると劇判の作曲家で食っていくこと自体がかなり大変です。
製作サイドも音楽にあまり費用を回せませんので、ギャラも世界的に見たら日本の劇判作曲家は安いです。

担当する作品によっては小編成のものから、大オーケストラのものまでバラバラですし、なかにはロック色の強い劇判を求められたと思えば、次はジャズだったり民族音楽系だったりと、ジャンルもばらばらだったりします。
曲数も多いので、仕事の完成までにかなりの時間を要します。そのわりにお金では報われない……。

>劇伴の作曲はJ-POP作曲やアーティスト活動の傍らでやるものだという
>話も聞いたのですが本当でしょうか?

これは非常に稀な例だと思います。
というか、同じ作曲でもかなり仕事内容は違うので、どっちもこなせる作曲家やアーチストはそんなにいませんし。
「さくらん」という映画の劇判は椎名林檎さんでしたが、たぶん手がけたのはこの1作のみだと思います。他にはJーポップ系のアーチストでパッと思いつく方がいません。

多くの劇判作曲家は音楽大学で作曲の基礎理論を学んでいます。
劇判作曲=敷居が高い、ってところもあるんじゃないかと思います。
ちなみに菅野さんは文学部出身なので音楽大学畑の出じゃあありませんが、人気のある作曲家です。

最近の傾向としては、女性の劇伴(いわゆるサントラ)作曲家も増えてきています。
むかしは、まったくと言ってイイほどいませんでしたけど。

有名なところでは
大島ミチルさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E3%83%9F%E3%83%81%E3%83%AB

菅野ようこさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E9%87%8E%E3%82%88%E3%81%86%E5%AD%90

勝木ゆかりさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/S.E.N.S.

海外だとアカデミー音楽賞を受賞しているレイチェル・ポートマンが有名です。
http://ja.wikipedi...続きを読む

Qポッドキャスティングの著作権

ポッドキャスティングで取り込んだ楽曲の著作権は誰に帰属しているのですか。

Aベストアンサー

著作権自体はメディアが変わったからといって、移り変わるものではありません。
作詞、作曲、編曲はもちろん、原盤権、演奏権などの各種権利もそのままです。
ただ、「番組」という著作権が新たに発生し、「上乗せ」されると思えば良いです。

Q声楽家兼作曲家

こんにちは!

声楽家であり、作曲家である人に興味があります。おすすめの作曲家を教えてください!

またプロの声楽家ほどではないけれど、作曲するときは歌いながら(鼻歌程度も含む)作曲していたような作曲家がいれば教えてください!

お願いします!

Aベストアンサー

声楽家、というのとは少し違うと思いますけど、
作品への「経験の反映度」が声楽家兼作曲家と同じ、
という意味では、声楽教師だったトスティが参考にはなるでしょう。

それから、初期バロックの作曲家というのは、
カッチーニやら、カヴァッリやら、
声楽家で作曲家でもありましたね。
その頃は今のような分業制ではなかったからですが。
そういう形態はモーツァルトやベートーヴェン、
果てはリストやショパンあたりまで続きました。
逆に、専業作曲家というのもそのあたりから出没してます。

Q著作権について

音楽で著作権があるものと、ないものの違いは何ですか?
ないものはHPなどに乗せてもお金を払わないでよいのですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

#1のりくです。お礼いただきありがとうございます(^-^)

MIDIに関しての質問はこちらのカテゴリで構いませんよ(^^)
音楽配信、には変わりないでしょうし(笑)

>>ご回答から考えると、クラシック音楽は自由に載せても大丈夫ということですよね?

世間一般で言われているクラシック音楽は通常著作権が切れていますので、原曲を忠実に再現するという目的や、自分で原曲をもとにアレンジする、というのでしたらMIDIを制作しても問題はありません。すでに他の方がアレンジしたものを元に打ち込む場合、そのアレンジャーさんの著作権は有効になりますので注意が必要です。(つまり、ふつーにクラシック音楽を打ち込むときはあまり関係がないということですね)

----
(余談)
私は高校の吹奏楽部に入っているのですが、音楽はクラシックとポップスの2つに分類されると何度か聞いたことがあります。
この考えからいくと、吹奏楽のオリジナル曲は過半がクラシックという事になる感じでして。今年発表されたばかりの新譜でクラシック、というのもあることになるわけですが(笑) (日本国歌君が代はクラシックですよね。)
----

まぁ、ともかく、中世ヨーロッパのオーケストラ向けの曲とかは間違いなく著作権は消滅しています(笑)
バッハ、ベートーヴェン、ショパンといった有名なクラシック音楽の作曲家の曲はすでに何百年も経っているわけですから、著作権は消滅しています。

なお、今後最近の流行の曲を打ち込みたいなどと思った場合には、そのあたりの権利関係の調査が必要になると思いますので次のデータベースで調べられることをお勧めいたします。
[JASRAC | J-WID (JASRAC作品検索サービス)]
http://www2.jasrac.or.jp/
こちらでは、その曲の著作権者は誰か、その著作権は著作権管理団体(JASRACなど)に信託(委託)されているのかどうか、などが分かります。
ここで無信託と表示された楽曲の場合、著作権者に直接交渉しなければなりません(^^;
また、外国の楽曲の場合でもJASRACが提携している著作権管理団体に信託されている楽曲の場合、JASRACに著作権使用料を支払えば済みます。

ちなみに、MIDIの公開に際して著作権使用料の支払いが生じた場合、日本音楽著作権協会ネットワーク課にてお調べください。非常に分かりやすく説明されております。
[JASRACネットワーク課]
http://www.jasrac.or.jp/network/index.htm

以上、また何か分からないことがありましたらご質問ください。
それでは(^-^)

参考URL:http://www2.jasrac.or.jp/

#1のりくです。お礼いただきありがとうございます(^-^)

MIDIに関しての質問はこちらのカテゴリで構いませんよ(^^)
音楽配信、には変わりないでしょうし(笑)

>>ご回答から考えると、クラシック音楽は自由に載せても大丈夫ということですよね?

世間一般で言われているクラシック音楽は通常著作権が切れていますので、原曲を忠実に再現するという目的や、自分で原曲をもとにアレンジする、というのでしたらMIDIを制作しても問題はありません。すでに他の方がアレンジしたものを元に打ち込む場合、...続きを読む

Qジャズ作曲とクラシック作曲について

今、日本の音大の作曲科を受験するために勉強をしている者です。高3です。最終的には、ジャズ作曲の勉強をしにアメリカの大学に行きたいと思っています。
日本の音大で作曲を勉強するとなるとクラシックの作曲を勉強することになりますよね?
日本の音大でクラシック作曲の勉強をすることは、将来ジャズ作曲を勉強することにどのような事がどれくらい役立つのでしょうか?

今のところ日本の音大に行くつもりですが、日本の音大に行かずに、アメリカの大学に行くという案も少しあります。
ですが、作曲の知識がまだとても浅いのと、語学に自信がありません。

Aベストアンサー

日本の音大でもジャズ科・ジャズコースを設けている大学はいくつもあります。この回答の下の方に参考までにいくつかの大学のホームページをリンクします。ただ、「ジャズの作曲だけ」を勉強するコースというのはありません。

そもそもジャズというのは、インプロヴィゼージョン(即興演奏・歌唱)をメインに聴かせる音楽なので、他人が作曲した譜面をもらってその通りに演奏・歌唱するということはほとんどやりません。なので、ジャズの作曲だけを専門にしているプロの作曲家という方もいないのではないかと思います。

(一部、ビッグバンドジャズは、ジャズの中でも作曲家が比較的きっちり譜面を書くタイプの音楽ですが、作曲者は大抵ビッグバンドのリーダーで自分でピアノを演奏することがほとんどです。)

(少人数のジャズでは、ミュージシャンが自分でオリジナルの曲を書いたり、有名な曲のメロディを借りて来て自分でジャズ風のコード進行にアレンジして曲の骨格を決めた上で、演奏自体はアドリブでどんどん崩していきますので、作曲家に曲を書いてもらうということはしません。)

…ということで、もしジャズの世界を志すのであれば、なんらかの楽器の演奏家としてジャズのアドリブ演奏の要素を理解して演奏できる技術の方が重要で、クラシックの作曲の勉強はほとんど役に立たないというか路線がだいぶ違う気がします。今、実際に何かの楽器でジャズ演奏には取り組んでいますか?であれば、その楽器でジャズ専攻で受験する方が正解だと思いますけども。

<ジャズ科・ジャズコースがある音大の例>

洗足学園音楽大学 音楽学部 ジャズコース
 http://www.senzoku.ac.jp/music/school/course/jazz/

国立音楽大学 音楽学部 演奏・創作学科 ジャズ専修
 http://www.kunitachi.ac.jp/education/college/perform/jazz.html

昭和音楽大学 器楽学科・声楽学科(ジャズ・ポピュラー)
 https://www.tosei-showa-music.ac.jp/university/college/jazz.html

尚美学園大学 芸術情報学部 音楽表現学科 ポップス&ジャズコース
 http://www.shobi-u.ac.jp/faculty/music/course/jazz.html

日本の音大でもジャズ科・ジャズコースを設けている大学はいくつもあります。この回答の下の方に参考までにいくつかの大学のホームページをリンクします。ただ、「ジャズの作曲だけ」を勉強するコースというのはありません。

そもそもジャズというのは、インプロヴィゼージョン(即興演奏・歌唱)をメインに聴かせる音楽なので、他人が作曲した譜面をもらってその通りに演奏・歌唱するということはほとんどやりません。なので、ジャズの作曲だけを専門にしているプロの作曲家という方もいないのではないかと思い...続きを読む

Q著作権

ホームページのBGMとしてラグタイムのスコットジョプリンの曲を楽譜を見てmidifileを作ったものを使用した場合、著作権違反になるのでしょうか。彼は1917年に死去しています。よろしくお教えください。

Aベストアンサー

作曲者のスコットジョプリンの権利は消失してますね。
ですので、その楽譜がアレンジされた物でなければ問題ありません。

もし、誰かがアレンジした物なら、その編曲に関して新たな権利が発生しています。

著作権の有無を調べる場合はこちらで。
http://www2.jasrac.or.jp/

参考URL:http://www2.jasrac.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報