キリスト教や仏教、ギリシャ神話に日本神話等などをモチーフにした漫画でおススメなものありますか?

ちなみに以下の漫画は読んでいます。

・聖☆おにいさん
・ブッダ(手塚治虫)
・仏ゾーン
・シャーマンキング

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

■北欧神話


あしべゆうほ「クリスタルドラゴン」
あずみ椋「緋色い剣」
幸村誠「ヴィンランド・サガ」
木下さくら「魔探偵ロキ」

■仏教
河本ひろし「天空戦記シュラト」
峰倉かずや「最遊記」
ジョージ秋山「シャカの息子」

■インド神話
高田裕三「3×3EYES」
横山光輝「マーズ」

■日本神話
水樹和佳子「イティハーサ」

■キリスト教
水星茗「エチエンヌ・シリーズ」

■その他
巻来功士「ゴッドサイダー」キリスト教・仏教他多数
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さま、回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/15 15:50

伊藤勢の


「ニルヴァーナ・パニック」
「ドラゴン・ロアーズ」
「陰陽頭 賀茂保憲」

士郎正宗
「仙術超攻殻ORION」

大野安之
「精霊伝説ヒューディー」

高遠るい
「みかるんX」
「SCAPE GOD]

祭丘ヒデユキ
「シャングラッド神紀」

後藤 寿庵
「アリシア-Y」
    • good
    • 0

【日本神話】


☆樹なつみ「八雲立つ」
☆潮田弘子「無明童子」

【ギリシア神話】
☆冬木るりか「アリーズ」
☆車田正美「聖闘士☆星矢」
☆あき「オリンポス」

【北欧神話】
☆藤島康介「ああっ女神さまっ」

【中国神話】
☆高山しのぶ「ハイガクラ」

【仏教】
☆CLAMP「聖伝」
☆やまざき貴子「ZERO」(菩薩や天部がモチーフ)

【キリスト教】
☆赤名修「勇午 ロシア編」(ロシア正教がテーマ)
☆由貴香織里「天使禁猟区」(キリスト教における天使と悪魔)
    • good
    • 0

アリオン


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA% …(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

ピグマリオ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B0% …

キリスト教に関しては旧約聖書がらみとなると結構あるような気がします。
    • good
    • 0

「孔子暗黒伝」諸星大二郎


 モチーフは主に東洋の各種神話。その要素を分解して再構成して自分の世界を作ってしまっている快作。
    • good
    • 0

花輪和一


「不成仏霊童女」
「刑務所の前」
「護法童子」
どれも一筋縄では行かない作品で、読み応えがあります。
    • good
    • 0

里中満智子


(マチコの漢字が違うかもですが)

『ギリシャ神話』

とても分かりやすい。
長大で複雑なギリシャ神話ですが、とてもうまくまとめてくれています。作家の創作部分が少なく(創作した所は創作したと書いています)、原典をそのまま再現するスタンスですので、エッセンスもしっかりとらえてくれています。

それと、
女性の作家のためか、絵がとても色っぽいです。
ギリシャ神話もある意味「エロス」がテーマだったりします。露骨には表現せず、でも雰囲気を感じさせてくれますね。
    • good
    • 0

仏教、とくに密教がらみのバトル漫画で荻野真「孔雀王」



少女漫画が嫌いでなければ、ギリシャ神話やアイヌ神話などをモチーフにしたファンタジーの山岸凉子「妖精王」

やはり少女漫画になりますが、修験道がらみのラブコメで岩本ナオ「町でうわさの天狗の子」
    • good
    • 0

3×3EYE'S (サザンアイズ) 


インド神話がモチーフの作品です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手塚 治虫氏の作品に毎回登場する、豚のようなキャラは?

 鉄腕アトム、火の鳥、ブラックジャック、etc…
手塚氏の手がけた作品の多く(全作品ではどうかわかりませんが)で、
豚のような顔につぎはぎがあり、ひょうたんのような形をしたボディの
キャラクターがちょい役でしばしば出てくるのが気になります。

 手塚プロダクションのHP(http://www.tezuka.co.jp/)にアクセスし、
トップを飾るフラッシュを読み込む際にもいきなり上記のキャラクターが現れるのですが、
あの豚の顔をしたキャラクターの正式名称は、公式では一体なんていうのでしょうか?
(正式名称に関する設定がないようでしたら、通称でも構いませんが)

 小さい頃からこのキャラクターの存在がとても気になって仕方ないのですが
何か特別な意味があったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

「なにか」というと諸説あるようで・・・
研究ページ見つけちゃいました。

手塚さんの漫画の作り方というのは「スターシステム」といって、
頭の中に「劇団」みたいなものがあって、
ロック(黒サングラスの悪役専門の青年)やヒゲオヤジ、アセチレン・ランプ、ハム・エッグ、スカンクといった「俳優」に作品ごとに「役」を与える・・・といったものだそうです。

ヒョウタンツギもその「団員」の一人(?)ですね。
小説で、ヒョウタンツギが主役を張っているものもあるとか・・・
私も未見ですが、読んでみたいですね。

参考URL:http://www.scn-net.ne.jp/~yato/hyoutan/theory/theory.htm,http://ja.tezuka.co.jp/studio/character/star01.html

Q手塚 治虫のオススメ。

いつもお世話になります。
手塚 治虫の漫画で、あなたの「オススメ」を、教えてください。

僕は、ブラック・ジャックが好きなんですが、それ以外、あまり読んだ事がないんです。
なんか難しそうなやつとかあるじゃないですか。

なので、「これ、以外に面白い」ってやつを教えていただきたいのです。
※例えると、「火の鳥」なんて、なんか難しそうなイメージがあるんですが…。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つまり、アトムの最後が三種類あったと思います。太陽に突入して蒸発するという最後と、時間を過去に遡って、自分の誕生の時点まで戻り、話が円環になるというのと、もう一つは何だったでしょうか。
 
  『三つ目が通る』というのも、わたしは非常に好きです。和登さんという女性が非常に格好いいです。これも時代が出ていて古いですが、奇想天外な話が次々に出てきます。「三つ目族伝説」などを、世界の色々な伝承と結びつけて、非常に説得力があります。本当に「三つ目族」はいたのではないかとわたしなどは思ってしまったのですが、最後の巻のなかのインタビューで、「あれはみんな作りごとです」とあっさり言っていたのには驚きました。しかし、「作りごと」ではないと思います。作者がそう言っても、そう思えない、面白い話です。
 
  『ワンダー3』というのもシリーズですが、たいへん面白いです。
  『ジャングル大帝』というのは、ずっと大昔アニメだったので、大長編のような気がしますが、長編は事実ですが、三巻本ほどです。
 
  『アドルフに告げる』も、非常に広範囲な社会的・民族的問題を扱っていて、また非常に面白いです。手塚氏の戦争体験が記されているのだと思います。
 
  別格として、サファイヤ・フォン・シルヴァーランドが主人公の少女コミックの傑作『リボンの騎士』がありますが、これは、男性が読むとどうなのか、分かりません。たいへん感動した話ですが、少女漫画です。
 
  『プライム・ローズ』という長編もあります。非常に興味深いシチュエーションから始まり、意外な展開となる冒険ロマンSF漫画です。
 
  作品がたくさんあり過ぎて、これが、という風に絞れないです。短編で傑作があるのですが、「怪奇サスペンス傑作集」などに入っているかも知れません。
 

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つ...続きを読む

Q今更ですがシャーマンキングの終盤で

シャーマンキングなんですが、31巻で作者が何か問題があったとかであわててます。 で、32巻では中途半端で終わってしまってます。リアルタイムで読んでないので、何がなんだかさっぱりわかりません。 一体何があったのでしょうか?

Aベストアンサー

シャーマンキングは打ち切りで終わりました。そのため、夢落ちのような中途半端な形で終わっています。
ただ、今販売されている完全版の最終巻では、書き下ろしの最終回が載るらしいので一読の価値はあるかと思います。

参考URL:http://okwave.jp/qa3741764.html

Q星座をモチーフにした漫画・アニメ・ゲーム

閲覧ありがとうございます。
学校の自由課題で星座について調べることになりました。

そこで、十二星座をモチーフにした作品(サブカル系)を検索したのですが、なかなか出てこず・・・・
神話をモチーフにしたものならたくさん出てきたのですが、十二星座限定となるとあまり無いのでしょうか(´・ω・`)
皆様の知っている作品を教えて頂けませんか?
漫画・アニメ・ゲーム・その他なんでも構いません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

聖闘士星矢はすでにご回答があるようなので、
その他となると「えびてん」ですね。

聖闘士星矢は名称を覚えるのに最適です。
おひつじ座を覚えたら、=アリエス
それが守護するのが白羊宮とか
芋づる式に記憶に残ります。

現代のメディアにこだわらないのであれば
そのものずばりギリシャ神話を学んではいかがでしょう?
星座に出てくるモチーフの意味がわかって楽しいです。

Q聖☆おにいさんについて

「荒川アンダーザブリッジ」を最近読み面白かったので、同じ作者が書いている「聖☆おにいさん」を読みたいんですが、聖教や仏陀、キリストについて詳しくないと笑えませんか?名前程度しか知らなくても、笑えますか?
もし、キリスト等について知っていたほうが笑えるなら、予習しようと思っているのですが、その場合は、仏陀のWikiとかをちょっと目を通すくらいで大丈夫でしょうか?

読んだ方(出来れば、宗教等に詳しい方とそうでない方両方の意見が欲しいです。)回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もちろん、聖書や仏教の教えに詳しいほうが笑えますよ。パロディで元ネタを知らないと笑えないのと同じです。

>>もし、キリスト等について知っていたほうが笑えるなら、予習しようと思っているのですが、その場合は、仏陀のWikiとかをちょっと目を通すくらいで大丈夫でしょうか?

うーん、やっぱりもうすこし詳しいほうがいいと思いますけどね。私は、イエスについては、マンガや映画のパッションとか、イエスの幼少のころ、エジプトやインドでの修行時代のことを書いた本を読みました(子供時代や修行時代の話は、霊界通信モノですが)。また、仏陀も手塚先生や里中満智子先生のマンガや映画とか、伝記っぽいものとか、弟子の阿南のことを書いた本とか、目を通していたので、とても面白く読んでいます。

なお、友人は、霊能力があるので、両者の偉大さを直接感じているせいか、「これ、面白いよ」と薦めても読まないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報