【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

先ほど天鳳で、大明カンして嶺上開花であがったのですが、カンドラはめくられませんでした。

これは普通なのでしょうか?加カンでも同様ですか?

A 回答 (4件)

基本的には、その場毎の決めなので絶対のものではないと思いますが・・・



一般的には
暗カン⇒捨て牌の前にドラが加わる。従って、嶺上開花であがるとか放銃すれば新ドラをカウントします。
明カン⇒捨て牌が完了後にドラが加わる。完了後ですから、その捨て牌で放銃しても新ドラはカウントされない。
(明カンですから、鳴きカン・加カンです)

トラブルの元にもなりかねませんので、事前にルール確認をお薦めします。
    • good
    • 0

その場の「キメ」の問題ではあるんだけど, 個人的には疑問. 特に, これで符が「槓が成立した」値になっていたら, 明らかに矛盾して

る.
    • good
    • 0

「カンの成立」の時点について、ルールが色々あります。


「カン」は、リンシャンパイを持ってきて、不要パイを捨てて成立というルールもあり、リンシャンカイファであがると、「カンはまだ成立していない」として、あらたなドラパイをめくらない場合があります。そのようなルールの場合、カンをした人が不要パイを1枚捨ててから、カンが成立したとしてあらたなドラパイをめくります。捨てたパイが新ドラになって悔しい思いをするときもありますが、ルールであれば仕方がありません。もしリンシャンであがれば、当然新ドラをめくることはありません。カンが成立しないうちにあがってしまった、従って新ドラはナシという解釈になります。
    • good
    • 0

良くあるルールでは、暗カンはカンドラ先めくりで、明カンはカンドラ後めくりが主流でしょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麻雀の「カン」についての疑問

以下の麻雀講座のサイトを見て疑問に思ったことがあります。
http://mjan.net/introduction/kan.html

【質問1】暗槓,明槓で手順が違うのは何故?
このサイトの「カンしたら絶対にやること」の所を見てみると、暗槓と明槓の手順が次のようになっています。

暗槓の手順
・「カン!」と言い、牌を取り、右側に寄せる
・「槓ドラ表示牌」をめくる
・嶺上牌をツモる
・1牌切る

明槓の手順
・「カン!」と言い、牌を取り、右側に寄せる
・嶺上牌をツモる
・1牌切る
・「槓ドラ表示牌」をめくる

何故か暗槓と明槓で順番が異なるのですが、最終的には同じ結果になりますよね。
だとしたら、何故わざわざ暗槓と明槓で手順を変えるのでしょうか?


【質問2】「1牌切る」とは?
暗槓・明槓の手順に「1牌切る」とありますが、これはどういう意味でしょうか?
手牌から1牌捨てるという意味なのでしょうか?
だけど、嶺上牌をツモるのはカンで1牌足りなくなるからですよね。
だとしたら、嶺上牌を取っても1牌捨ててしまったら結局意味が無い気がするのですが・・・

以下の麻雀講座のサイトを見て疑問に思ったことがあります。
http://mjan.net/introduction/kan.html

【質問1】暗槓,明槓で手順が違うのは何故?
このサイトの「カンしたら絶対にやること」の所を見てみると、暗槓と明槓の手順が次のようになっています。

暗槓の手順
・「カン!」と言い、牌を取り、右側に寄せる
・「槓ドラ表示牌」をめくる
・嶺上牌をツモる
・1牌切る

明槓の手順
・「カン!」と言い、牌を取り、右側に寄せる
・嶺上牌をツモる
・1牌切る
・「槓ドラ表示牌」をめくる

何故か暗槓と明槓...続きを読む

Aベストアンサー

>何故か暗槓と明槓で順番が異なるのですが、最終的には同じ結果になりますよね。
だとしたら、何故わざわざ暗槓と明槓で手順を変えるのでしょうか?

>最終的には同じ結果になりますよね。
同じ結果にはなりません。最終的には、アガッたときの得点が大きく違うことになります。
これは、「カンドラ」がどの時点で発生するのかを決めるルールなので、特に、カン裏ドラもアリの場合には、得点(ドラの数=ハン数)に大きな影響があるので、開始前にルール確認をしておかなければなりません。

最近は「即ノリ」といって、「カン!」の発声後、四枚そろった牌を全員が確認したら新ドラ表示牌をめくります。「カン!」と発声した人は、新ドラを見てから、不要牌を1枚切ります(「切る」とは「捨てる」ことです)。普通は新ドラになった牌を早速に捨てたりしません。また、切った牌に「ロン!」の声がかかった場合は、上がった人に新ドラと、リーチ者のアガリならカン裏ドラも乗ってきます。また、「カン!」の発声者がリンシャンカイホウで上がった場合も、カンドラ(リーチならカン裏ドラ)が乗ります。
また、珍しい役ではありますが、「チャンカン」という役、すなわち小ミンカンのときに、加カンしたパイに「ロン!」の声がかかった場合にも新ドラが乗るのはおかしいという見方があり、この考え方に基づくと、暗カンは、「カン!」の発声があれば、普通は「ロン!」の声はかからないので、その時点で成立確定とし、小ミンカンは、「チャンカン」がありうるとして、カンドラ表示牌めくりをタイミング的に遅くするルールがあるわけです。これは、新ドラ表示牌がめくられているのに、アガッた人に新ドラが認められないという矛盾(トラブル)を排除するためです。

一方、「カンの成立」時点を、「カン!」と発声した人がリンシャン牌を補充して、不要牌を切る、切られた牌にだれも「ロン!」の声がかからない状態になったところを指すルールもあります。この場合は、「カン!」の発声者は、新ドラが何になったかを見ずに切ることになり、切ったあとにカンドラ表示牌をめくると、ズバリ今切ったばかりの牌がドラになり、悔しいこともあります。また、リンシャンカイホウでアガってもカンドラ&カン裏ドラも対象外になりますし、切った牌に「ロン!」の声がかかった場合も、カンが成立していない途中でアガッたということで、カンドラ&カン裏ドラも対象外となります。

このように、「カンの成立」をどの時点と見るかによって、カンドラ表示牌をめくるタイミングが変わるということで、一番早い「即ノリ」なら、「カン!」の発声時点、(もちろんカンは4枚の牌が間違いなく揃っていることを他の三人に示してOKを得なければいけません。なかには、二万をカンしたら、三万が一枚混ざっていたという錯誤、リーチしていて、大三元のヤバイ牌をツモったときに、幸い手牌にあったアンコの別の牌に混入して「カン!」と言って二枚だけを表に返すという悪意のイカサマを防止するためです)カンドラ表示牌がめくられている以上は、その後のアガリはすべてカンドラ&カン裏ドラの恩恵アリということです。

一番遅いタイミングで「カンの成立」を認めるのは、「カン!」の発声者が、不要牌を一枚切て、それに「ロン!」の声がかからなかったとき、としていますが、要は「カンドラ」&「カン裏ドラ」の発生をいつにするかの問題です。運の要素を強めるのが目的のインフレルールなら、できるだけ早く新ドラを発生させたいですし、逆に運の要素を排除したいというスタンスのルールであれば、カンの成立(カンドラの発生)を遅くしたいということになります。「カン!」という発声があっても、カンドラ表示牌がめくられるまでのアガリは、すべてカンドラ・カン裏ドラの対象外ということです。

また、麻雀の進行中は、手牌は13枚で、ツモったとき、ポン・チーをした時点(もちろんアガッたとき)ではいったん14枚で、不要牌を切ってまた13枚です。14枚になったときにカンをしてリンシャン牌を1枚引くので手牌はいったん15枚にもなり、1枚切らないと数が合いません。
下のサイトに詳しく出ています。

http://www2.odn.ne.jp/cbm15900/html/m18.html

>何故か暗槓と明槓で順番が異なるのですが、最終的には同じ結果になりますよね。
だとしたら、何故わざわざ暗槓と明槓で手順を変えるのでしょうか?

>最終的には同じ結果になりますよね。
同じ結果にはなりません。最終的には、アガッたときの得点が大きく違うことになります。
これは、「カンドラ」がどの時点で発生するのかを決めるルールなので、特に、カン裏ドラもアリの場合には、得点(ドラの数=ハン数)に大きな影響があるので、開始前にルール確認をしておかなければなりません。

最近は「即ノリ」と...続きを読む


人気Q&Aランキング