プロが教えるわが家の防犯対策術!

タイトルの通りです。
国内盤(?)というんですかね。日本語の訳とアーティストを紹介した文が入っているCDには大抵最後にボーナストラックがありますよね?
あの曲はどこから持ってくるんでしょうか?それとも、アーティストの方がわざわざ日本用だけに歌っているんでしょうか?
どなたか分かる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

CDシングルのカップリング曲(昔風に言うと、シングルのB面)で、アルバム未収録曲がボーナストラックとなってアルバムに収録されることが多いように思います。


なぜ、日本盤にボーナストラックが多いかというと、海外盤との差別化を図るという販売上の戦略だと思います。

海外盤が普通に入手できるようになった現在では、価格の高い日本盤を売るためには、
・説明書きがある
・原語の歌詞カードが入っている
・歌詞の日本語訳がある
・日本盤だけのボーナストラックが入っている
といった特徴づけが必要なのだと思います。

シングルは日本盤が発売されないことが多いので、シングルのカップリング曲が日本盤のアルバムに収録されても、シングルの売り上げ減を心配する必要もないですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、海外盤の方がコストが低いですよね。私も歌詞の意味が分かるなら、なるべく海外盤の方を買いたいです。
最近買ったヒップホップのCDがあるんですが、ネットで英語の歌詞を見ても意味がわからないんですよ。スラングばっかりで。説明書きとボーナストラックにはあまり惹かれませんが、日本語訳だけには惹かれますね…。私の英語力が上げればいらないんですけど(涙)
レコード会社も売上げの為に必死ですねぇ。ありがとうございました!

お礼日時:2004/06/06 17:19

ボーナストラックは日本のレーベルが選んでいると思います。

前に好きだったアーティストが「どうして他の国のアルバムにはボーナストラックがたくさん入っているの?」というファンの質問に対して「向こうのレーベルが決めることだから、私には分からないわ」と答えてましたし。

あと、全く自信はありませんが、アーティスト側が日本のために入れようとしたり日本用だけにレコーディングすることはほとんどなかったように思います。日本でだけすごく人気があるようなアーティストはもしかすると日本だけのためにレコーディングしているかもしれませんが、今までそういう話は聞いたことがありません(^_^;)

ちなみに余談ですが、私は安易にCDの最後にボーナストラックを持ってくるの、アルバムの流れを悪くしている感じがして嫌いです(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですか、日本側のレーベルが選んでるんですね。確かに、日本好きなマライア・キャリーとかなら分かりますが、いろんなアーティストがボーナストラック付きでCD出してますから、アーティストの方が日本のためには選んでないかもしれませんね。
私も、あまりボーナストラックで好きな曲って、ないですよ。別にボーナストラックなくてもいいです(笑)曲の流れも重要ですからね!ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/06 17:30

アルバムを作るとき、たいていの場合アルバムの収録曲数より多くの曲を録音し、そのなかからセレクトしたものをアルバムに収録するんですね、普通は。



それで、その選考からはもれたけれどもアーティスト側もしくは日本側レーベルがいいと思った曲を日本版に入れる、のではないかと思います。

また、どこかのライブ音源やアコースティック版などをボーナストラックとしている場合もあります。

理解していただけたでしょうか。また何かありましたらどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど。多めに録音して、実際は選ばれなかったけれども、アーティストor日本側レーベルがいいと思ったらボーナストラックとして入れるんですね。知りませんでした。へぇ~へぇ~です!ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/06 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物があります

洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物がありますが最近これが米国側で問題になっている様でYouTubeにそのボーナストラックの曲が投稿されていて視聴した人のコメントを読むと「何で日本盤だけに入っているんだ」とか「ファンは日本にだけいるんじゃないぞ」といった内容の物が多く 中には「普段、日本語でしゃべってんじゃねーの」といったアーティストを非難するコメントまであり、それでCDは日本盤と輸入盤(主に米国盤,カナダ盤)との間に価格差があってレコード会社の強い要請もあり、日本盤にはボーナストラックが収録されている。という内容のコメントを投稿したのですが、何故か自分のコメントが全く表示されず(下手な英文のせいかもしれませんが)正確な情報が伝わらない、伝えられない事にもどかしさを感じます。ウィキペディアにもアルバムが各国で何万枚売れたとか、音楽チャートで最高何位になったとかは詳しく書かれているのにいくらで売られているかについては全く記述されていません。同じ商品(この場合音楽CDですが)が国によって違う値段で販売されている事を知られたくない何かがあるのかと思ってしまいます。自分の考えをどうやったら英語圏の人々、特に米国の人々に伝えられるでしょうか?些細な事ですがこのまま放っておくと日本人、日本国悪者論がますます広がってしまいそうな気がするので。

洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物がありますが最近これが米国側で問題になっている様でYouTubeにそのボーナストラックの曲が投稿されていて視聴した人のコメントを読むと「何で日本盤だけに入っているんだ」とか「ファンは日本にだけいるんじゃないぞ」といった内容の物が多く 中には「普段、日本語でしゃべってんじゃねーの」といったアーティストを非難するコメントまであり、それでCDは日本盤と輸入盤(主に米国盤,カナダ盤)との間に価格差があってレコード会社の強い要請もあり、日...続きを読む

Aベストアンサー

一応、以下のような良識あるサイトで相談してみてはどうでしょう。
http://www.japan-guide.com/forum/quedisplay.html

ただし、お気持ちはわかりますが、結局は#1さんがお書きになっているとおりで、質問者さんのような意見を伝えられるような国際社会では、みんながそんなこと、百も承知できちんと理解し受け入れていて、伝えきれない国際社会では、誰が何を言おうと誰も理解しようとしないし否定するのです。というか、厳密には、みんな実は理解しているんだけど、単に文句を言ってストレスを発散したいだけなのです。

で、ボーナストラックがあるのは、価格や売れ行きもさることながら、language barrierによるハンディをボーナストラックで補っているようなところはあると思います。それが悔しいなら、日本盤を輸入してもらえばいいのです。そして、文句を言う人の声が高まれば、日本盤の輸入(日本から見た輸出)も増え、日本盤を作っている人たちも儲かるのです。

余談ですが、「価格差があるからボーナスを付ける」というのは、消費者側から見たらおかしな理屈に聞こえるだろうと思います。「だったらボーナスは無しにして価格を下げてやれよ」という話にもなりかねません。

一応、以下のような良識あるサイトで相談してみてはどうでしょう。
http://www.japan-guide.com/forum/quedisplay.html

ただし、お気持ちはわかりますが、結局は#1さんがお書きになっているとおりで、質問者さんのような意見を伝えられるような国際社会では、みんながそんなこと、百も承知できちんと理解し受け入れていて、伝えきれない国際社会では、誰が何を言おうと誰も理解しようとしないし否定するのです。というか、厳密には、みんな実は理解しているんだけど、単に文句を言ってストレスを発散したい...続きを読む


人気Q&Aランキング