【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

死ぬまでこの人のことは許せないだろう、と思う人はいますか?
もしいたとして、それでもいつか許せたら、許せる自分でありたい、と思ったりしますか?
いつかその人の存在を忘れることができたら、それも許したことになると思いますか?

ご回答、お願いします。

gooドクター

A 回答 (11件中1~10件)

ずううっと死ぬまでもやもやしたまま忘れないだろうという人は何人かいます。


まあ、これが怒っているとか恨んでいるという感情なのかもしれません。
激しく人を憎んだり恨んだりという気持ちは長く続かないのですが、
袂を別ってからも、その人がそれからどうなっていくのかはじいっと見つめ続けます。

されたことは忘れないし、後々の警戒は怠らない、全てを許せるわけではないけど、
まあいいやと思えるようになったのは、ここ数年のことです。
年をとってきて相手のことがよく見えるようになってきて、
相手の育ちからくる性格や能力的なこと、その時とった行動の理由などが
理解できるようになると、自然に腹がたたなくなってきました。
それに、自分が自分の理想どおりの行動をとれないことが多々起こってきて
人のことはとやかく言えなくなってきたので、世間に自分を許してもらう代わりに
自分も人のグレーな部分には目をつぶることができるようになりました。

何年も前ですが、私は埒のあかないことに際限もなく強制的につき合わされ、
お金にもならない、ただ疲れるだけのことに時間を無駄に奪われたことがあります。
期間は4年くらい、週に2回から5回、合計にして何百時間という時間です。
そんな経験がある私は、自分の時間を損なうのを大変嫌います。
人のことを恨んでいるのは埒のあかないことで
埒の明かないことを考え続けるというのは自分の時間を損なうことです。
嫌いな人のために自分の時間を一秒たりとも無駄にしたくないですし、
嫌いな人のことを考えるよりも自分の時間の方が大事なんです。
ただ、人を恨むというのは、黒い愉しみを感じる面もありますので、
他人が愉しみの範疇で誰かを憎んだり恨んだりするのなら好きにすればいい。
願わくば、その矛先が私に向きませんように、とは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
witwineさんは自分の中で折り合いをつけられたんですね。
感情と理性、感情に流されて黒い愉しみに囚われないよう気をつけねば・・・

お礼日時:2015/07/07 09:43

死ぬまで許せないのは、「過去の自分」。


どんなに嘆いても、失ったものは手に入らない。取り返しのつかないことをしてくれたよ。
許せる自分にはなりたくない。
もしそうなれば、「過去は水に流しちゃえ」などと自分に甘い人間なってしまうから。
存在を忘れることは出来ないだろうし、仮に忘れたとしてもそれが許し、のシグナルになることは断じてあり得ないだろう。

自分を殺せれば、許したことになるのかもしれない。
そのとき、神はわたしを許してくれるのだろうか?

質問者様がどのような意図で、今回のご質問をされたのかは、わたしにはわからない。
ですがこれだけは言える。
誰かを許す許さないに関わらず、最終決定権はあなたに託されるということだ。
そして、その権利をもつということは、それに対して責任をもつこととイコールだ。

もし、その責任が多すぎる、つまり誰かを許せない事ばかりだとしたら、あなたにはそれ相応のリスクが生じるのではないだろうか?
わたしの場合、許せないのは過去の自分であり、許す許さないの権利は現在の自分に帰属している。
だから、責任は現在のわたしにあるのであり、未来のわたしでも過去のわたしでもないのだ。
そう考えたら正直、責任など持たないほうが良いのではないか?
だから余計なお世話かもしれないが、最後に戯言を述べておく。
別にあなたにそうしろと強制しているわけではなく、参考程度に受けとってほしい。
「許せない誰かを持つのはやめよう」
「はやく許したほうが、今のあなたがより幸せになれるのではないだろうか」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>「はやく許したほうが、今のあなたがより幸せになれるのではないだろうか」
頭では理解していても心が・・・自分の心を殺してまで許したいとは思わないし・・・
darkkaiougaさん、お互いに幸せになりましょう。

お礼日時:2015/07/08 11:14

姑。


早くくたばりますように。
死んだらきっと泣く。嬉しくて。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
昨日は七夕でした。願い事はきっと叶うでしょう(-人-)

お礼日時:2015/07/08 10:06

>死ぬまでこの人のことは許せないだろう、と思う人はいますか?



1名います。

>もしいたとして、それでもいつか許せたら、許せる自分でありたい、と思ったりしますか?

この1名に関しては、該当しないです。

>いつかその人の存在を忘れることができたら、それも許したことになると思いますか?

たぶん・・・たぶんですが、痴ほう症等記憶に障害を持たない限り忘れないと思います、が自分にとって(戒めとして)絶対に忘れてはならない事です。
忘れた事=許した事 にはならない。

もし、この1名が自分の目の前に現れた時、自分の心の中にある闇の部分が一気に・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私の中にある殺意に気づいた時、私はその人から遠く離れました・・・冗談です。
その時自分がどういう行動にでるか、考えると怖くなる時ありますよね。

お礼日時:2015/07/08 05:45

別に大変な人生でもないですが、まぁなめられ易かったと思います。

でももうどうでもいいんです。もう怖いものなんてないので。許せない人は許さなくていいし、でも正直もうどうでもいいんです。私よりももっともっと理不尽な思いをして死んでいった人は沢山います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>もっともっと理不尽な思いをして死んでいった人は沢山います。
人生そんなものかなぁと思ってはいますが、やはり言葉にするとキツイですね・・・
misawaiokoさん、ご多幸をお祈りいたします。またまた余計なお世話ですね(汗)

お礼日時:2015/07/08 04:32

私を裏切った先妻のことは、やはり許してないですね。

私が自分が幸福になることに何の躊躇もないのは
ある意味、先妻を許していないからでしょう。
本当は先妻がこの幸福を味わうべきだったのに馬鹿だなぁと思います。
許せる自分?女房に2年も不倫されたコキュの自分がまず情けない。こういう負け犬は俺の人生に
無関係。
いつかその人のこと忘れる?忘れないよ。私の青春の思い出なんだから。忘れられないから許せない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
愛情から始まっている憎しみは厄介ですよね。
「・・・許せないってことは愛してるってことなんだ」映画の中でexhibitionistさんと似たような状況にある男が言うセリフなんですけど、その時妙に納得しながら観ていたのを思い出しました。

お礼日時:2015/07/08 04:26

〉死ぬまでこの人のことは許せないだろう、と思う人はいますか?



大勢います。

〉もしいたとして、それでもいつか許せたら、許せる自分でありたい、と思ったりしますか?

全く思いません。

〉いつかその人の存在を忘れることができたら、それも許したことになると思いますか?

そうですね。。私は、そういう人とは絶縁しているか、あるいは同じ職場などの場合は永久に無視しますから、換言すれば相手は私にとっては存在しない、死んでいるのと同じですから、せいせいしています。そんな人に憎しみという感情のために自分の貴重なエネルギーを使いたくありませんから。

一方で、全人類を大らかな温かい気持ちで受け入れられる、器の大きい人間こそが真に尊敬に価するし、そういう人間を何人か知っていますが。。私にはそういう人間にはなれない不束者である自覚も持っています。キャパシティは人それぞれの背景により限りがあるのは仕方ないですね。自覚があるだけマシだとは思いますが。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
haiji1996さんのように抹殺した人間が私にも少なからずいます(笑)
でも死んでくれないヤツがいるんですよね・・・強~い憎悪を糧に生き続けるヤツ。

お礼日時:2015/07/08 04:07

> 死ぬまでこの人のことは許せないだろう、と思う人はいますか?



死ぬまでって事は死んだら許すって事とも捉えられてしまいますが、死んでも許しませんし許すつもりの無いヤツは居ます。

> それでもいつか許せたら、許せる自分でありたい、と思ったりしますか?

決して許すつもりは有りませんからその様な事は思いませんし、それに値する事をされましたからね。

> いつかその人の存在を忘れることができたら、それも許したことになると思いますか?

忘れると言う事はそれ程の事だったのでしょう。
でも許した内には入らないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私は誰かを憎んだまま死にたくなくて、全てを水に流して死ねたらいいなぁと思ってます(笑)
人の心はままならないですけどね。

お礼日時:2015/07/07 10:23

何人がいますけど、許さなくていいと思っています。

まぁ忙しくしてれば、そのうちに忘れられる時も来るでしょう。忘れることと、許すことは違うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>何人がいますけど
misawaiokoさんは大変な人生を歩んでいらっしゃるんでしょうか??
陰ながら、ご健闘をお祈りいたします。余計なお世話ですね(汗)

お礼日時:2015/07/07 10:00

>死ぬまでこの人のことは許せないだろう、と思う人はいますか?



いました。もう死んでしまったので今は、いません。

>いつかその人の存在を忘れることができたら、それも許したことになると思いますか?

あまり積極的な意味ではありませんが、そう思います。
今の今までそいつの存在を忘れていましたから、結果としては許したも同じです。

ただ、それは状況によると思います。
私の場合はそいつの存在自体が許せないものでしたので、存在がなくなって忘れられました。
が、その人の行為などが許せないものだとすれば、その人の存在がなくなっても許せないかもしれません。

>もしいたとして、それでもいつか許せたら、許せる自分でありたい、と思ったりしますか?

思いません。と言うか、いつか許せるようなものなら最初から憎みません。
本心を言えば、そいつの死体にナイフでも刺したい思いでした。

---

ご質問文の「死ぬまで」が相手のことではなく「自分が死ぬまで」と言う意味でしたら
的はずれな回答になってしまいますので無視してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>「死ぬまで」が相手のことではなく「自分が死ぬまで」と言う意味でしたら・・・
たまにドラマで「アンタのことは死ぬまで(死んでも)許さない!」ってセリフを聞くと、相手が?自分が?と思うことがあり、世間的にはどっちなんだろう?と思っていました。
私的には、幸せになって相手より長生きしてこそ許せるんじゃないだろうか?と思うので、「死ぬまで」は相手かな・・・。
XR500さんは潔いですね。

お礼日時:2015/07/07 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング