最新閲覧日:

リース契約と信販契約は、仕組みが似ていると思うのですが、
どこが違うのか明確に教えてください。
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

リース契約:


リース物件の所有者はリース会社である。
盗難、火災、風水害、ゴキブリなどの保険がリース期間中ついている。
リース満了の際は返却又は再リースと選択できる。
再リース希望の際は最リース契約をしてから開始となる。
最リース料は1年間で(月額×12)÷10である。
リース物件はリース会社からの貸し出しになる為全額経費で落とせる。現金価格が20万円以上である事。

信販契約(割賦):

クレジットである為所有権は契約者になる。
盗難、火災、風水害、ゴキブリなどの保険が割賦期間中ついている。(ついていない所もある。)クレジットなので満了後は契約者の物になる。全額経費で落ちない(原価償却)現金価格は20万円以下でも可。

だいたいこんな感じでしょうか。
何が知りたいのか教えて頂ければもう少し詳しく書き込めますが…
      
    • good
    • 0

リース契約は、リース会社に買い取ってもらったものを、月々いくらの賃貸で借りるようなものです。

所有権はいつまでもリース会社のものですが、支払いが滞ると、残金を一括で支払うようになります。
また、リース期間も品物によって、法律で何年と決まっています。
信販は所有権は買った人になります。単純な分割払いです。ただし、信販会社が物を担保にする場合もあります(車の場合は、支払い完了までの所有権は信販会社ですね)。
扱う物により、期間、所有権などが違ってきます。
    • good
    • 0

リース契約:


原則として中途解約が出来ない。
中途解約する場合は残金を一括して返済する。(リース物件も返却する)
再リースでリース期間を延長できる。
電気的故障はリース会社の費用負担で修理できる。
リース終了後は返却しなければならない。

信販契約:
中途解約が出来ない。
クレジット契約終了後は自分のものになる。

簡単ですがこんなところでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報