こんにちは。
ファイルメーカーとアクセス、同じデータベースソフトらしいですけど、どうちがうのですか?
どちらを購入するべきか迷っています。教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

データベースシステム作成にとしてよく使われるFileMakerとAccessですが、どちらにもメリットデメリットはあります。

以下のサイトで比較がされています。

Yes! we can FileMaker Pro(ファイルメーカー)と Microsoft Access(アクセス)の比較
https://ywc.com/filemaker/?p=489#

A 回答 (7件)

まず自己紹介、私は自営業者。


プログラムを外注すると会社の粗利数カ月分が吹っ飛んでしまう弱小会社の為、MS-Access95を買い日曜プログラマーになって17年目。
この間、AccessVBAのおかげでIT投資を必要最小限に減らすことが出来、個人的には「MS-Accessは弱小企業の最強の味方」と思っています。
そして今、「Filemaker to GO」を使えばFilemakerProでiPad用タッチパネルアプリが作れる記事を読み、一週間前からファイルメーカーのプログラミングを勉強し始めました。

さて本題、「ファイルメーカーとアクセスのちがいについて」

専門教育を受けていない独学Accessプログラマーなので的外れな言葉かもしれませんが、
この2つの開発ソフトは文化が違います。

私のアクセス開発の手順はこんな感じ
1:保存するテーブル作成
2:そのテープルを表示するフォームを作成
3:そのテーブルを印字するレポートを作成
4:2つ以上のテーブルを元にしたフォーム、レポートを作りたい場合は、
  クエリ(仮想テーブル)を作成。
5:複数テーブルを元にしたCSV・固定長ファイルを作りたい場合は、
  クエリーを作成するかdlookupで読んでくる。

1週間だけの勉強ですが、ファイルメーカー開発は今までの私の手順が踏めません。
・入力画面が全部連結!非連結テキストボックスすら作れない。
・クエリー(仮想テーブル)が無いなんて・・・
・Recordset的なものをLOOP出来ないのかな?
・SQL文なら一発処理出来ることが、スクリプトステップなるステップを踏んで行かないと出来ないの?
・レポート機能が貧弱。VBAで裏から動的処理が出来るAccessのレポートはスゴくパワフル。
・ここを見れば全部書いたる的なプロパティウィンドが無い。
・非連結フォームが作れないファイルメーカーで、ボタンが並んだだけの初期画面がどう作るのかな?
・バーコード機能が無いのが困る

まるで、ファイルメーカーはテーブル単位で入力出力機能を作り、切り替えボタンでそれらを横飛するデータベース風なものに思えます。

ちなみに、ネットよく見かる、「ファイルメーカーはアクセスより勝れている」的書き込みって本当なのかな?
MS-Accessで10万行のレコードを連結フォームで表示させるとパフォーマンスが落ちます。
連結フォームしか作れない「Filemaker Pro」だと軽々スクロール出来るのかな?

AccessならWHEREでフィルタリングしたSQL文を非連結一覧表フォームのデータソースに動的指定できます。
VBAで下記のスクリプトを実行すればデータがリロードされます。
Me.RecordSource="SELECT * FROM 販売明細 WHERE 得意先コード='" & 探してるお店 & "'"

僕には、ファイルメーカーのLOOPも不思議に思えます。

LOOP
 IF(条件)
   処理
 ENDIF
LOOP END だったっけかな?

1万行あれば1万回LOOPしてIFで引っ掛けるの?
AccessならSQL文のWHEREでフィルタリングしたレコードセットを作り処理させます。

Dim cn As ADODB.Connection
Set cn = Application.CurrentProject.Connection
Dim rs As ADODB.Recordset
Set rs = New ADODB.Recordset
Dim StrJAN as String
Dim StrSQL as String

StrJAN =探してるJANコード
StrSQL ="select * from 販売明細 where JANコード='" & StrJAN & "'"
rs.Open StrSQL , cn, adOpenKeyset, adLockOptimistic

Do while rs.EOF=False
処理
rs.MoveNext
Loop

rs.Clos
cn.Close


とにかく、Accessプログラマーにとってファイルメーカーは異文化で難解です。

どこかの掲示板に書いてた「難しアクセス、簡単ファイルメーカー」の書き込みを信じ、すでに購入してしまった6万円の「ファイルメーカープロ12アドバンスド」
仕事に実践投入出来るタッチパネルシステムを作らねば経理がソフト代を払ってくれません(泣)

「アクセスならこうする」的発想ではファイルメーカー開発は無理そうですね!
「郷に入れば郷に従え」
「ファイルメーカーしてるんだからこう作る」的発想が出来るよう、もっと知識を詰め込まなければ思ってます。
そうしないと、僕の6万円が一生戻ってこないよ・・・

以上のことはすべて素人のサンデーAccessプログラマーの個人的意見です。
間違いがあればごめんなさい。
    • good
    • 27

データベース初心者ですが、同じくかなり迷いました。


Accessは、
(1)かなり知識が必要で即効性に乏しい。
(2)当然、エクセルとの互換性が優れるだろう..。
  ↑使っていないので想像です。

FileMakerは、
(1)初心者でもかなりの事が出来る。
(2)視覚的に理解し易い。
(3)画面デザインがしやすい。判りやすい。
  ↑但し現在奮闘中です。

FileMakerにして正解だったです。
ただソフトに詳しくなってくると、奥が深く悩む事も
多くなってくるのでしょうが..。
    • good
    • 10

 熟達してるというわけではありませんが、一応両方使っていますので、印象を書いて見ます。



ファイルメーカー
 元々マッキントッシュ用のソフトだったとの事で、マックとの相性がよいようです。Windowsでももちろん使えますし、マックとのファイル共有も出来るのは大変便利ですが、Windows上ではしょっちゅうクラッシュします。
 他の特徴は、既に何人もの方が書かれていますが、とにかく簡単なデータ管理ファイルを作るには非常に便利で、見栄えも整えやすいし、アクセスにくらべて簡単です。ただし、Windowsに慣れていると、用語の違いに戸惑うかも知れません。
 

アクセス
 マッキントッシュでは使えません。
 デザイン設計は少々面倒です。テーブル(データ一覧)、クエリ(検索、ソート画面)、フォーム(登録画面)、レポート(印刷レイアウト)などの機能をそれぞれ独立して作らなければなりません。ファイルメーカーの場合はフォームと表を一つづつデザインしておけば、そこから印刷、検索、ソートがメニューバー上の機能で簡単に出来てしまいます。
 ただし、入り組んだ処理をさせるにはアクセスの方が小回りが利きます。Visual Basic(プログラム言語の一つ)が標準で使えるようになっているため、一つのボタンに対して、いろいろな複雑な処理をプログラム(コード)で直接指定できます。

 結論としては、アクセスは玄人向きということでしょうか。
    • good
    • 11

単独使用なら絶対ファイルメーカー、SQLサーバー等とペアで


組まれる場合はアクセスをおすすめします。

現在、FileMakerPro5とAccess2000を用途に応じて
使い分けています。それぞれのメリット、デメリットを
独断と偏見で書きますので参考にしてください(ならないかも…)。

■FileMakerPro5
□メリット
・画面デザインがしやすい
・検索機能を組まなくて済みます
・集計速度が速いです
・(単体なら)なんでもできそう、と思えます
□デメリット
・ODBC経由での処理が遅くて使えません
・大規模になると作った人にしか構造が理解できません
・OSが落ちると確実に壊れます(たいていは修復できますが…)

■Access2000
□メリット
・Excelとの連携が楽です
・FileMakerでは複雑な処理が、クエリ一発でできたりします。
・固定長テキストを処理できます(めったにありませんが…)。
□デメリット
・フォームのデザインがやりにくいです
・検索機能などいろいろ組む必要があります
・FileMakerに比べ制限が多いです(レポートのオブジェクト数とか…)

という感じでしょうか。
両方とも最大ファイルサイズは2GBですが、
リレーション、リンクをはれますので実質制限はありません。
あとは好みの問題だと思います。

ということで、使い勝手の良さからFileMakerをおすすめします。
    • good
    • 5

 Access暦6年目です。

ファイルメーカーに関しては全然わかりませんので、Accessに関してだけ。

 まず何を作りたいかによると思います。個人レベルで蔵書管理だとか名刺管理、住所録などを作るのでしたらAccessのマクロやVBAを使用しなくても十分出来ます。テーブルで項目だけ作ってデータ入力用のフォームや印刷用のレポートなどはウィザードで作成できますので。私の担当しているユーザーでも何人か独学で名刺管理をつくった方もいらっしゃいます。

 htokitaさんがおっしゃっているとおり、メジャーっていうのはメリットではないでしょうか。本屋のパソコンコーナーに行くとAccessだけで数十種類の書籍が出ていますし、ネットでもメーリングリストや掲示板がいくつもあります。私が使い始めた頃は書籍も2種類くらいしかなく、頼りにもならなかったので掲示板で他の人にアドバイスしてもらったりして、独学で使ってきましたが、いい時代になったものです。

 VBAを駆使すれば、大規模なのは難しいですがC/Sシステムでクライアントが10数台程度までの企業の基幹業務システムも構築できます。
 Access単体の機能では、ファイル共有で問題がありますので、C/Sのシステムは危険ですが、Access2000からAccess本体のデータベース以外にSQL Serverライクなデータベースも添付していますので小規模なC/Sシステムでしたら十分機能できます。
    • good
    • 1

簡単に比較すると、



●ファイルメーカー
・あまり複雑なことが出来ない(割と単純)。
・データの管理・集計・抽出・印刷ができる。
・ファイルメーカー自体は小さい(アクセス比)。
・マイナーである。

●アクセス
・複雑なことが出来る反面、それなりの知識が必要。
・データ処理の機能はほとんど出来る。
 (大きなシステムも構築可能)
・アクセス自体は大きい(ファイルメーカー比)。
・メジャーである。

というところでしょうか。
個人的に使用するならファイルメーカーで充分かもしれません。仕事(就職)等に役立てたいなら、アクセスでしょうか?

ファイルメーカーは評価版がダウンロードできます。試してみたらいかがでしょうか?

htokitaでした。

参考URL:http://www.filemaker.co.jp/downloads/index.html
    • good
    • 3

 バージョンによって微妙に双方違いがあります。


 最新版での比較は、殆ど無意味で、使い方に依存して向き不向きがあるだけです。

 何をやりたいかによって、購入する方を選択する事をお薦めします。

以下は個人的な感想(あまりあてにならないかなぁ)
アクセスは、
 単体では殆ど何も出来ません。ある程度のアプリケーションの構築を目的とした物です。又は、他のOFFICE製品と組み合わせる事で、威力を発揮します。アクセスでデータを管理して、excelでグラフや集計をして印刷を行ったりする場合に便利です。

ファイルメーカは、
 (偏見かもしれませんが)データベースソフトではないと思います。単純なカード型のデータを保管するには便利ですが、大規模なデータを保持するのには向きませんし、結構手間がかかります。また、他のアプリケーションからの使用が考えられていないので、出来ない事が有る時に逃げ道がないので結構困ります。しかし、個人の情報(住所録や名刺管理)を行う場合には、結構簡単に作れるので、そういった用途には向くかもしれません。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMac版のMS ACCESSってあるの?

マイクロソフトのOfficeを調べていたんですが、Mac版の「ACCESS」が見あたりません。
Mac版「ACCESS」って存在しないんでしょうか?
単体だったら購入できるんでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いしま~す!

Aベストアンサー

マイクロソフトがMac版のAccessを開発しなかったのは
Macには、ファイルメーカープロがあるかららしいです。
ファイルメーカーはWindows版も存在します。
アップルワークスのデーターベース機能がその簡易版です。
ファイルメーカーとウェブオブジェクトの組み合わせはすばらしいと
以前、雑誌の記事でマイクロソフトの人が言ってました。
記憶が正しければ。

Q体験版の日数制限について

体験版をダウンロードしてみようと思うのですが、
大体どのソフトウェアにも日数制限(例えば30日間試用可能など)があります。
自分はダウンロードした事がないのでわからないのですが
日数制限を過ぎるとメーカーはどのような手段で使えないようするのでしょうか?
それとも日数制限というのは形だけでその後も試用可能なのでしょうか?
教えてください。
自分の考えでは一度ダウンロードしてしまえばもうパソコンに取り込まれてしまうのでずっと試用可能な様な気がするのですが。

Aベストアンサー

自分のシェアウエアにそういう機能を組み込んだことがあります。
初回実行時の日付を改ざんされないように暗号化してレジストリやファイルに記録します。たとえば30日制限だったら、毎回その暗号化して保存した日付を取り出して今日のシステム日付と比較します。30日以内なら正常に起動させ、それを過ぎていれば警告メッセージを出力して起動しないようにします。

コンピュータのシステム日付をバックさせて誤魔化そうとしてもダメなようにあらゆる手段を講じました(^^;

>ずっと試用可能な様な気がするのですが。

上のようなロジックが組み込まれているので、
起動しようとしても「試用期間は終わりました。さいならー」ってソフトは終了します。

でも市販ソフトでも日付を戻して起動するだけで(メっ)
動いてしまうものもあるし、一旦アンインストールして再インストールしたらまた最初から使えるものもあります。

余談ですが、
反対にシェアウエアでもなんでもない、パッケージに入った製品版のソフトウエアを使っていたらある日突然「試用期間は終了しました」となって動かなくなった、ソフトウエアエラー検出ツールを知っています。

自分のシェアウエアにそういう機能を組み込んだことがあります。
初回実行時の日付を改ざんされないように暗号化してレジストリやファイルに記録します。たとえば30日制限だったら、毎回その暗号化して保存した日付を取り出して今日のシステム日付と比較します。30日以内なら正常に起動させ、それを過ぎていれば警告メッセージを出力して起動しないようにします。

コンピュータのシステム日付をバックさせて誤魔化そうとしてもダメなようにあらゆる手段を講じました(^^;

>ずっと試用可能な様な気...続きを読む

QFileMakerで、フィールドの値が空欄だった時に0を返す計算式

ファイルメーカーで、フィールドの値が空欄だった場合に
数値の0を返し、"空欄ではなかった時はそのままの値を返す"
計算式を教えてください。

IsEmptyを使ってみたのですがうまく行きませんでした。

FileMaker Pro7を使っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結果=Case(IsEmpty(そのフィールド);0;そのフィールド)

QFilemakerで検索フォームを作りたい

Filemaker 11 Pro Advanced で、以下の様な機能を持つフォームを作成したいと思っております。

1.フォームがあり、そこに検索ボックスがある。
2.そこの検索ボックスで検索すると、データベースA上から該当するレコードを検索し、同フォーム上にリスト表示
3.そのあと、その検索結果のレコードをダブルクリックとかなんとかすると、そのレコードのいくつかの情報が、フォームに自動入力される。(このフォームに入力すると、データベースBに書き込まれるものとします)
4.さらに、入力者が追加情報をフォームに書き込んで終了。

Filemaker初心者なもので、1番から3番をどうやって実装するのかどうかがわかりません。
お手数ですがご教授お願いいたします。

また、Filemakerの入門レファレンスのWebや書籍があればそちらも教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

放置されていましたので、簡単に
1、2は基本的な機能です。レイアウトモードにし、検索したいフィールドを含むレイアウトを作成します。そのとき「レコードを表示」の選択をAにしておきます。データベースAを対象にするという意味です。
次に検索モードにし、該当するフィールドに入力すると、該当するレコードが表示されます。「リスト表示」を選ぶと該当するレコードがリスト表示されます。
3は、スクリプトを作って、ボタンに割り付けておけば可能です。

参考書として「FileMaker Pro大全」を使っています。古いです。
最近では少し新しい「FileMaker Pro大全 ver.7~9 edition」が出ているようです。網羅的に書かれた分厚い本です。
それ以降出版された本はチェックしてませんので、本屋さんででも確認ください。
FileMakerはバージョンが上がってもほとんど機能は変わりませんので、少し古いバージョンの本でも十分使えます。

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Qエクセルで多数のシートをまとめる方法

エクセルで10以上あるシートを一発でひとつにまとめる方法はあるでしょうか?

コピー&ペーストを繰り返すしかないのでしょうか…

仕事で明日やらなければならないので、
お分かりになる方、是非教えてください!

Aベストアンサー

まぁ既出回答にもあるように,10数回程度コピー貼り付けすることで,どうという作業ではないとは思います。

さておき。
ご利用のエクセルのバージョンが不明ですが,ご利用のOfficeのバージョンによっては

1.ワードを起動する
2.挿入のファイルからエクセルブックを指定する
3.添付図のようなダイアログが表示されたらラッキー成功です,ブック全体を指定して挿入する
4.Ctrl+Aで全体を選び,コピーして,エクセルの新しいシートに貼り付ける

と一発でできます。
添付図のようにならなかったときは,出来ません。

Qアクセスがエクセルより優れている点

エクセルはある程度操作ができるようになりました。現在、アクセスを勉強していますがアクセスがエクセルより優れている点が今一つ実感できません。そこで、アクセス派の方に質問です。
「この点は、アクセスの方が絶対優れているよ。」という使用例がありましたら教えてください。使わないと忘れてしまいますし、どんどん利用していきたいものですからよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Excel(に代表される表計算ソフト)とAccess(に代表されるデータベースソフト)の違いを一言で言うと,

「同一のものを同一のものとして識別できるかどうか」

ということになるかと思います。

 これだけじゃわかりにくいと思いますので,例を挙げてみます。

 例えば「職場連絡先一覧」という表と,「プロジェクト進行度管理」という表と,「プロジェクト予算管理」という表があったときに,「職場連絡先一覧」表に載っている山田太郎さんは,「プロジェクト進行管理」表のプロジェクトAとBの担当として記されている山田(太)さんと同じ人物である,あるいは「プロジェクト進行管理」表のプロジェクトAというのは「プロジェクト予算管理」表のproject-Aと同じものである,ということを,データベースソフトは意識することができるのです。

 ですから,例えば「プロジェクト予算管理」表からproject-Aを検索し,それを使って「プロジェクト進行管理」表から現在の担当者である山田(太)さんを検索し,さらにそれを使って「職場連絡先一覧」表から山田太郎さんの連絡先を(複数)取り出し,同時に「スケジュール管理」表から山田太郎さんが今日は出張であるという検索結果を得て,その結果プロジェクトAの現在の進行状況に対する問い合わせを山田太郎さんの携帯電話に対して行う,という様な処理を自動化できるようになるわけです。

 これが表計算ソフトだと,例えば「プロジェクト進行管理」表の山田(太)さんと「職場連絡先一覧」表の山田太郎さんが,同一人物なのか似た名前の別人なのかを,確実に弁別することは非常に困難です。

 もちろん,すごく手間をかければ表計算ソフトでも同様のことはできますが,上記のように複数の表を連携させる処理を行う場合,例えば同姓同名の人がいることを想定してプログラムを書かなければいけないなど,データベースソフトに比べるとどうしても処理が煩雑になります。

 また,なにをどれくらい同一のものとして扱うのかということも,データベースソフトでは細かく制御できます。例えば,「鉛筆」を単に「ボールペン」と区別できればいいのか,それとも「三菱の鉛筆」と「トンボの鉛筆」を区別したいのか,それとも「1月20日に納品された三菱の鉛筆」と「2月8日に納品された三菱の鉛筆」を区別したいのかに応じて,その識別の粒度を変えることも,データベースソフトなら可能になります。

 もちろん,こうしたデータベースの能力を活用するためには,十分注意を払ってデータベースを設計する必要があり,したがって事前の準備にかかるコストは表計算ソフトより大きくなります。

 ですから「同一のものを同一のものとして識別する」必要があるような,柔軟で複雑な処理を頻繁に行う場合はデータベースソフトを,単にあるデータを表として整理するだけのシンプルな用途には表計算ソフトを,というように使い分けるものではないかと思います。

Excel(に代表される表計算ソフト)とAccess(に代表されるデータベースソフト)の違いを一言で言うと,

「同一のものを同一のものとして識別できるかどうか」

ということになるかと思います。

 これだけじゃわかりにくいと思いますので,例を挙げてみます。

 例えば「職場連絡先一覧」という表と,「プロジェクト進行度管理」という表と,「プロジェクト予算管理」という表があったときに,「職場連絡先一覧」表に載っている山田太郎さんは,「プロジェクト進行管理」表のプロジェクトAとBの担当と...続きを読む

Qexcelからexcelへの差し込み印刷

お世話になります。

excelでwordへの差し込み印刷をよく利用するのですが、
同様に、
excelのデータをexcelに流し込んで印刷する方法はありますでしょうか。

excelの名簿のデータを
excelの表のフォーマットに流し込んで
1人づつ印刷したいのですが。

お分かりの方いらっしゃいました教えてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
Xの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,2,FALSE)
Yの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,3,FALSE)
Zの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,4,FALSE)

---
結果

送り状

住所山田 三郎
氏名東京都江東区

品物かばん

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
ここで
VBE画面で標準モジュールに
Sub test01()
For i = 1 To 2 '人数分
Range("H1") = i
Range("A1:G20").PrintOut '印刷範囲は各人同じとする
Next i
End Sub
を張り付け、実行する。
山田、植田分の紙が2枚印刷されました。
これは質問者はVBAの経験も無いでしょうと、最低限にしてあります。
VBAを勉強してください。
別ブックにある名簿を対象などは複雑になるので避けています。

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

...続きを読む

QACCESSに同時アクセス(編集)をしたい

教えてください。
ACCESSのDBに複数のユーザが同時にアクセスして、
データを追加・編集したいのですが、
やはり、不可能でしょうか?

Aベストアンサー

マイクロソフトのアクセスに同時に複数のユーザが同時にアクセスして
データベースを操作することは可能です。いくつかの方法がありますが、
昔私が簡便に行なっていた方法は「テーブルのリンク」です。

あるコンピュータにアクセスでdb1という名前のデータベースを作って
ここにデータを格納しておきます。

他方で別のコンピュータに、アクセスでdb2という名前のデータベースを作ります。

このdb2というデータベースのメニューで

「ファイル」->「外部データの取り込み」->「テーブルのリンク」

というのがありますから、最初に作ったdb1をたどり、リンクしたいテーブルを
選択します。

こうすることにより、db2にdb1のテーブルがリンクされ(リンクテーブルと
呼ばれます。アイコンが通常のテーブルと違います。)、db1に格納された
データをdb2で編集することができます。

db2で、db1からのリンクテーブルを元にクエリーを作成することもできます。
リンクテーブルに対してできないことはテーブル構造の変更くらいで
他のことはだいたいできると思っていいかと思います。

このような形をとれば、ローカルエリアネットワーク内の複数のコンピュータ
から同時に同じアクセスデータベースにアクセスすることは可能かと思います。

このやり方にはおそらく問題もあるだろうと思うのですが、昔私がやって
いた頃は、特段支障もなく業務を行なうことができました。問題は、これを
読んだ他の誰かが指摘してくださるかと思います。

同じレコードに複数ユーザが同じタイミングでアクセスするとややこしい
ことになります。これを回避するためには、db2にワークテーブルを備えておき、
リンクテーブルからレコードを一度db2に格納し、編集を終了したのちに
リンクテーブルのレコードを削除し、ワークテーブルで編集したレコードを
リンクテーブルに追加する、などのルーティンをマクロやVBAで構築するのが
よいかと思います。私はそのようにしていました。

他に、ADOを使う方法などもあります。方法はいくつかありますから、
少し研究してみるといいですよ。(^-^)

マイクロソフトのアクセスに同時に複数のユーザが同時にアクセスして
データベースを操作することは可能です。いくつかの方法がありますが、
昔私が簡便に行なっていた方法は「テーブルのリンク」です。

あるコンピュータにアクセスでdb1という名前のデータベースを作って
ここにデータを格納しておきます。

他方で別のコンピュータに、アクセスでdb2という名前のデータベースを作ります。

このdb2というデータベースのメニューで

「ファイル」->「外部データの取り込み」->「テーブルのリンク」
...続きを読む

QAccessで画像を整理することもできますか??

すみません。未熟者なので教えてください!!!お願いします。
植物の専門家が描いた植物の画像が300近くあります。それをスキャナでとりこみました。
そのものを植物の名前、○○科、大きさ、などなど植物の名前を検索すると、スキャナで取り込んだ画像がでできたりするようにしたいのです。

それってアクセスを使うとできますか??また、アクセスで可能ならばテーブルやら、クエリやら、フォームやらいろいろありますが何を使えばよいのでしょうか??

すみません、初歩的なことかも知れませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>それってアクセスを使うとできますか??
問題なく出来ます。抽出しフォームで表示するのは簡単です。
ただ抽出の仕方で抽出条件が変わるのでそのへんだけちょっと難しくなるものもあるのでどの様に抽出するかで簡単かちょっとだけ難しいかくらいで出来ると思いますよ。

まずテーブルのフィールドはID・名前・種類属性・サイズ・PhotoなどにしてPhotoのフィールドはOLEオブジェクト型にします。
ID:主キーとなるコードや番号など(オートナンバーでも良い)
名前:植物の名前
種類属性:何々科何々属の種別
サイズ:大きさ
Photo:フィールドをOLEオブジェクト型 
こんな感じで
名前や種類・大きさなどを入力しPhotoのフィールドにオブジェクトの挿入でビットマップイメージで取り込んである画像を指定します。
このテーブルを使って抽出しますが抽出は1つのフィールドに対してのみならクエリを作り抽出条件を入れれば簡単に出来ます。
試しに検索は後としてテーブルを作りフォームのウィザードでそのテーブルを指定して単票フォームを作ってみれば良いと思います。簡単に出来るんだ と思うはずです。
>植物の名前を検索すると・・
クエリで名前フィールドの抽出条件を作ればできます。

そのクエリやテーブルを使いフォームの新規ウィザードを使って単票型のフォームを作れば表示するフォームも簡単に出来ます。
なので どの様に検索するか(名前で検索する検索フォームを作るのか?とか名前を全て入力して検索するのか?名前の一部だけで検索できるようにするのか?など)などの構成を考えて作っていけば良いと思いますよ。

>それってアクセスを使うとできますか??
問題なく出来ます。抽出しフォームで表示するのは簡単です。
ただ抽出の仕方で抽出条件が変わるのでそのへんだけちょっと難しくなるものもあるのでどの様に抽出するかで簡単かちょっとだけ難しいかくらいで出来ると思いますよ。

まずテーブルのフィールドはID・名前・種類属性・サイズ・PhotoなどにしてPhotoのフィールドはOLEオブジェクト型にします。
ID:主キーとなるコードや番号など(オートナンバーでも良い)
名前:植物の名前
種類属性:何々科何々属の種...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報