ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

節分になぜ鰯を食べるのか?

節分になぜ鰯を食べるのか?節分といえば豆まきのイメージが強い人も多いだろう。しかし、関西では節分に柊と鰯の頭を飾り、かつ鰯を食べる風習があるようなのだが、みなさんご存知だろうか。「教えて!goo」「節分の時に玄関に飾る柊」と、その風習に若干の恐怖を感じつつ、終わった後の処分について問いかける投稿を発見。そこで今回は、節分に柊と鰯の頭を飾り、鰯を食べる風習の意味、そして処分の仕方についてマナー講師の桜美月さんに聞いてみた。

■なぜ鰯を食べるのか?


まず、節分になぜ鰯を食べるのか。その習わしの意味について聞いた。

「節分に鰯を食べるのは、主に関西地方の風習です。節分は、旧暦の大晦日。その翌日が『立春』で、旧暦の元日にあたります。つまり新年を迎えるにあたって邪気を払うという意味で、鰯を食べます。この時期に獲れる鰯は脂がよくのっており、栄養も豊富。病気予防にも効果的と言われています」(桜さん)

なるほど。旧暦の大晦日、元日にあたることから、邪気を払うために鰯を食べるようである。

■ではなぜ柊と鰯の頭を飾るのか?


次に、柊と鰯の頭を飾る風習について聞いた。

「鰯を食べる地域では、その鰯の頭を柊に挿した『柊鰯』(ひいらぎいわし)を飾る風習もあります。これは平安時代からはじまったと言われています」(桜さん)

どのような由来で柊と鰯の頭なのだろうか。

「柊と鰯の頭を飾ることには意味があります。とがった柊の葉っぱは、鬼の目を刺すと言われており、鰯の頭は『鰯の頭も信心から』ということわざがありますが、鰯の頭のようにつまらない物でも、魔除けになると信じている人にとっては、ありがたいものになるというのが由来です。また鰯を食べる風習は、鰯を焼くときに出る煙と臭いが関係しています。鬼は鰯の臭いをきらっており、鰯を焼くことで出る煙と臭いで、鬼が家に寄りつかないようにするためです。すなわち、邪気が家に入り込まないように追い払うために、鰯を焼いて食べるんですね」(桜さん)

柊と鰯という組み合わせが唐突に思えた人もいるかもしれないが、ちゃんと意味があったのだ。

■柊鰯はいつ外せばいい?


柊鰯は、いつからいつまで飾っておくとよいのだろう?

「柊鰯は、節分(2月3日)から2月4日(立春)が一般的ですが、2月いっぱい飾っておくところや、小正月(1月15日)から立春(2月4日)までというところもあり地方によって違います」(桜さん)

外した柊鰯は、ごみとして捨ててよいのだろうか? お焚き上げは必要なのか?

「飾り終えた柊と鰯は、まず塩で清め半紙などに包んで捨てたり、半紙に包んで塩で清めゴミに出して捨てたりする方法があります。どちらでも地域に合わせるといいですね。燃えるゴミで大丈夫だと思いますが、ゴミの分別はこれも地域によって違いがあるので、それに合わせるといいでしょう。また一年間飾る地域もあるので、翌年のどんど焼きで処分する。あるいは、神社での焚き上げで処分する。ほかにも玄関先に埋める。灰になるまで焼いて玄関前に盛るという、方法もあります」(桜さん)

柊鰯は関東にはない風習のため、初めてその名前を聞いた人もいるかもしれない。日本古来の風習や由来を知ると、節分がより楽しめるはずだ。

■専門家プロフィール:桜美月

イメージアッププロデューサー、マナー講師。愛媛県松山市出身の元ミス松山。個人向け(東京と愛媛にて)・企業向けに立ち居振る舞い・ビジネスマナー研修講師として活躍。研修を受けた人数は、5000人。Webにてマナー記事連載執筆中。著書に『媚びてないのにかわいいシンデレラマナー』(主婦の友インフォス情報社)がある。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

3

BAD

NICE

みんなの反応

30

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック