質問

外国から物を輸入するとき、FOB Los Anjeles $3,000とCIF Yokohama $3,000では価格面でどちらが安いのでしょうか?FOBとCIFについては調べてみて、CIFの方が輸入者負担が少ないことはなんとなくわかったんですけど、ちゃんと理解しきれていなくて、こうなるとわからなくなってしまいます(;_;)こんな初歩的なことでごめんなさい。。誰か教えてくれませんか?

通報する

回答 (4件)

すみません。まだ締め切っていないようなので、ひょっとして基本的な部分で困っているのかな?と余計な一言です。

外国からものを輸入するときにかかる費用は、大まかに
1.ものの値段 (COST)
2.輸送費   (FREIGHT)つまり海上運賃・航空運賃など
3.保険料   (INSUANCE) になります。
もちろん、その他に通関業者の取扱料、輸入消費税、等々の費用もありますが...

先の回答者が既に答えられていますが、
FOBは、Free On Board (貨物の本船渡し~ものが船に積み込まれてから以降の費用、つまり輸送費・保険は受け荷主の負担)
C&Fは、Cost & Freight(ものの値段と輸送費が荷送り人の負担~保険は受け荷主側の負担)
CIFは、Cost, Insurance & Freight(全て荷送り人側の負担~受け荷主は届いたものを受け取るだけ)
といった形になります。

参考までに書き込んでみました。

会社で輸入業務を行っています。
他の方が仰っている通りですね。

おそらく、CIFとFOBの意味はご理解されていると思いますが、
CIFはCost, Insurance and Freight(費用、保険、輸送料を含むもの:運賃保険料込み条件)で、
FOBはFree on Board本船渡しというものです。
すなわち、ロス出港以降の輸送料、保険料などは、
あなた持ちとなります。
一般に、輸入者にとって得なのはCIFと言われていますし、
今回の場合、どちらも金額が同じなので、
絶対CIFで3000ドルの方がお得ですね。

CIF Yokohamaの方が安いです。CIFはCOST=FOB+Insurence+Freightですから、FOBの契約で$3000に対して保険料と海上または飛行機貨物運賃を乗せて支払う事になります。

同じ品物なのであれば、
CIF Yokohama $3000
のほうがお得だと思います。

FOB Los Angeles
ロスで引き渡し、それ以降の輸送費用とリスクは輸入者もち。

CIF Yokohama
横浜までの輸送費用と保険料込み値段

このQ&Aは役に立ちましたか?69 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ