少人数制制度を学校が取り入れた場合の、メリット*デメリットを教えてください。

A 回答 (4件)

デメリットであげられていませんでしたが、


コストの問題も大きいように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

メリットはまさしく教師の眼が届きやすくなり、学級管理がしやすくなる点です。

教師が、早く全員を把握できるようになる為、授業の進行も容易になり、いじめやけんかの早期発見にもつながります。しかし、その反面デメリットとしては、児童、生徒の友達(クラスメイト)としての交流関係が狭く限定されてしまうことです。低学年の中は、クラス単位以外での活動もが少ない為、当然クラス以外での友達関係は形成されにくくなります。そんなとき、クラスメイトの数が少ないということは、友達の選択肢も少ないという事になり、積極的ではない子供には、不利な状況が生まれることになります。これは、少子化の問題でもあります。ただし、うまくいけばクラスの団結心につながる可能性もあり、現場次第と言って過言ではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。本当に感謝です。また、質問したときは、よろしくお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

専門家でないので詳しくないですが、


学習上は少ない方が理想的であるように思われます。
例えば極端聴衆が多い場合である講演などを想像しても、
語り手は聞き手の知識の最大公約数に合わせるような内容しか言いませんから内容はごく平凡で在り来りの内容になってしまいます。
少ないと、その分行き届いた授業ができると思います。
また少ない場合、体育の授業などが困るかと思われます。
できることが限られてくるし切磋琢磨したくてもできないような状況になるかも知れません。
競争心を育むという意味では、あまり少なすぎると授業ものんびりしたものになってしまうんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。例があって、助かりました。また、質問したときよろしくお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

◆Naka◆


メリットは明らかですね。
つまり生徒一人当たりの先生の割合が大きくなることです。
通常30人クラスで、ある授業で先生が一人で見ていたとすると、生徒一人当たりの先生は1/30人になりますが、これが20人クラスになれば、1/20人になり、単純計算で一人一人の生徒が1.5倍よく見てもらえる、ということになります。
これは学科クラスだけでなく、ホームルームにおいても同様です。
もちろん先生も楽になるでしょう。
特に学科授業においては、おちこぼれが出にくくなるはずです。

さて、デメリットですが…
・先生の質が低下する…数を揃えなくてはならないため。
・カリキュラムの進行を一致させにくい…同じ学年の同じ教科を、複数の先生の手に委ねることにより、進度、内容に差ができやすくなります。
・当然教室の個体数も増やさざるを得ません。
・クラスの大きさと反比例して、子供たちが依存的になる可能性もある。

こう見てみると、デメリットが多そうですが、少人数教育のメリットはそれらを全て補って余りあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。関係者さんからの意見が知れて、本当に助かりました。また、質問したときよろしくお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ