老健センターに入所中の介護度5の父に
ミキサー食による食事介護の最中、担当者が交代のため
一時席を外し、その間に喉に詰まらせ窒息状態になり死亡しました。

当初は、仕方がないことと思っていましたが
介護に従事する人に聞いたら、介護度5の患者に対して
食事中に一時的にも一人にすることはありえないとの話を聞き
そのことに関し、介護ミスの責任を問うたところ
細々とした声で介護ミスを認め、後日改めて
センターとしての答えを持ってきますとの対応で帰られました。
数日後再訪時のセンターとしての答えとして

「介護になんら問題はなかった」

「席をはずしたのも2,3秒であり、誤嚥に対する
 適切な処置(吸引機の所まで担架に乗せて運んだ)もしたので
 ミスはない。裁判でもなんでもしてください」

と開き直りの対応となり、一度目の訪問時に認めたミスも
そんなことはいった覚えもないとの口うら合わせとなり、
人間性を疑うばかりの対応でした。

侘びの言葉も一言もありませんでした、対応者は施設長・介護士でした。
対応者の豹変ぶりに驚くばかりです。このまま泣き寝入りすることも
納得できず、どのような対応をしたらこのセンターの
隠蔽体質を反省させることができるのでしょうか。

A 回答 (1件)

あなたのなさりかたがうかつでしたね。



 最初の時が勝負でした。そのときに相手が
自白していたのであれば、それを客観的な証
拠として残しておき、それからツメをすべき
でした。

 今となっては、相手が知らぬ存ぜぬで通さ
れてしまっては、かなり難しいと考えて下さ
い。

 しかしあえてということであれば、まずは
ことをさておいても客観的な証拠です。すべ
てはそこから始まります。医療過誤であると
いうことを立証できる証拠を集めて下さい。

 応援しています。
    • good
    • 0

この回答へのお礼

ありがとうございます。
出来る限りのことをやるつもりです。

お礼日時:2006/05/03 21:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

注目の記事

星飛雄馬は右利きだった!――子どもの利き手を無理やり変えたら違法行為?

言わずと知れたスポ根(スポーツ根性)漫画の金字塔「巨人の星」。その主人公である星飛雄馬が投げる「消える魔球」は、当時のおもちゃ野球盤の構造まで変えるなど、テレビアニメの影響もあって大きな社会現象となっ...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ