「夏も近付く 八十八夜 (トントン)」
から始まる「茶摘み」と言う歌がありますよね。

最近ふと思い出し、1人で何となく手遊びをしようとしたのですがいまいちやり方を覚えていませんでした。
検索しても手遊び歌を動画で紹介するサイトにもこの歌は置いておらず、数件出た文章の解説で基本の動きは何となく思い出せたのですがトントンの辺りが理解出来ません。
恐らく地域差、年齢差もあったりするのでしょうが、ご存知の物で構いません。
やり方をご存知の方は手遊びの詳細を始めから解説して下さいませんでしょうか?
(見たサイトでは「左手を上にして右手で自分と相手の左手を交互に叩く~」と言ったような書き方をされていました)
よく知ってそうな祖父母は実家なので、気軽に聞きに行くことが出来ないんですよねぇ…。

A 回答 (1件)

私の知っている限りでは夏も近づくの所は手を合わせて右を叩いて、自分の手を合わせて左を叩く、ただ両方の手を交互に、右手を握って相手の左手に乗せる。

というのが思い出しました。やはり地域とか時代で変わっているようです。だも八十八夜の後は両手を高く上げてとんとんとお互いの手を叩く動作はしていましたね。
書店で児童書に手遊び関係の本があると思います。
    • good
    • 1

この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
こういう遊びについて載せた本というのが出ているのですね!頭にありませんでした。
また書店や図書館で探してみたいと思います。情報有難うございました。

お礼日時:2008/06/08 18:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

【長谷川豊】「褒めるだけじゃダメなんですよね……」

東洋経済オンラインからこちらの記事をご紹介します。 ■「褒めて育てる」でダメになった日本の若者 ~エセ欧米流が子どもの生命力を歪めた~ (http://bit.ly/1Vqy43a) 東大教授の榎本博明さんの新書「ほめると子ど...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ