話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

正月に食べ飽きたという人必見! お餅使いきりアイデアレシピ

正月に食べ飽きたという人必見! お餅使いきりアイデアレシピみなさんはお正月にお餅をいくつ食べただろうか。焼いて醤油をつけたり、きなこやあんをからめたり、いろいろな食べ方があるが、まずは「雑煮」から食べたという人が多いだろうか。「教えて!goo」「あなたの好きなお餅の食べ方は?」と聞いたところ、定番の磯辺巻きの他にもアレンジされたアイデアが寄せられた。

■一番人気は磯辺巻き。納豆や砂糖をつけるという声も


「醤油と海苔の王道こそ至高」(zawayoshiさん)、「焼いて醤油まぶして海苔巻いて」(mirukudesuさん)、「醤油と海苔が好き」(ごまふあざらしさん)と、焼き餅にしょうゆをつけて海苔を巻く磯辺巻きが一番人気だった。さらに、「熱々の焼きたて餅にバターをのせて、海苔で巻いてしょうゆにつけて食べる!止まらないおいしさ」(goohmさん)のように、バターをプラスしてオリジナルな味で楽しんでいるという声もあった。

甘いもの派は、「電子レンジにかけてきな粉まぶして」(mirukudesuさん)、「砂糖醤油で食べる」(ムーミン村さん)や「すりつぶすのが面倒だけど、くるみが一番大好き。(次点はずんだもち)」(パレッティーナ3号さん)のように、ふるさとの香り漂うメニューを挙げてくれた人もいた。

そもそも正月に雑煮を食べるのは、年神様に供えた野菜や餅を煮て食べることで、1年のご利益を得ようとするためだという。しかし、買い込んだり、ついた餅が食べきれずに残っている、という人も多いのではないだろうか。そこで、日本で最初にパック入りの切り餅を開発した佐藤食品工業に、おいしく使いきるおすすめのアイデアを教えてもらった。

■いつものメニューにポン!手軽にボリュームアップ


「原料がもち米のお餅は、それ自体が素朴な味わいなので幅広い食材や調味料と相性がよいといえます。まずは、普段よく召し上がる料理に加えてみてはいかがでしょう。たとえば、オーブントースターでこんがり焼いたお餅をみそ汁に入れるだけで、手軽にボリュームアップできます。焼かずに入れる場合は、味付けする前に餅を割り入れ、柔らかくなるまで煮てからみそを入れてください」(佐藤食品工業)

言うならば、これはみそ味のお雑煮だ。また、カレーに加えて柔らかくなるまで煮ても、食べごたえのある一品になるそうなのでやってみよう。

「コンソメ仕立てもおすすめです。じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどの野菜をコンソメスープで煮て、仕上げにお餅を割り入れ、柔らかくなるまで煮るだけ。具だくさんにすれば栄養も豊富な一品になります」(佐藤食品工業)

主食と野菜が一緒に摂れるから、これなら朝食にもあいそうだ。前の晩にスープまで作っておけば、朝は餅を入れて煮るだけだから簡単だ。

■好相性のチーズでイタリアン風にも


「いつものメニューに飽きてしまった人におすすめなのが『カルボナーラ餅』です。作り方は、初めに卵黄1個分と生クリーム、粉チーズ各大さじ2を混ぜてソースを作ります。次に、4等分に割った切り餅2個分と、1cm幅に切ったベーコン20gを耐熱容器に入れ、浸るくらいの水を加えて餅が膨らむまでレンジで加熱します。残った水を捨て、作っておいたカルボナーラソースをからめます。最後に、塩と黒こしょうで味を整えれば完成です」(佐藤食品工業)

ソースさえうまく作ることができれば、柔らかくした餅をソースとからめるだけだ。さっぱり派のためにも、新感覚のレシピを教えてもらった。

「大根おろしでさっぱりといただけるのが『揚げ出し餅』です。鍋に、だし汁400ml、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1を入れてひと煮立ちさせたら、大根おろし200g分を加えて温めます。そこに、4つ割りにして揚げた切り餅2個分を加え、ざっと混ぜ、器に盛ります。小口切りのあさつき、千切りのしょうがをのたら完成です」(佐藤食品工業)

油のコクとしょうがの風味がきいた、小料理屋風の一品になるので、ちょっとしたおもてなしにも向くということだ。餅は揚げると膨らむので、いっぺんに鍋に入れてくっついてしまわないよう気をつけよう。

お餅というと正月だけのものと考えがちだが、普段のメニューに加えればおいしく、腹持ちもいい。いろいろな組み合わせを試して、餅を食べつくそう。

取材協力:佐藤食品工業

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

72

みんなの反応

230

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ