話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

現役医師が解説。あくびが出る理由は「脳の覚醒」にあった!

現役医師が解説。あくびが出る理由は「脳の覚醒」にあった!なかなか布団から出られない冬の朝。寝足りないことが多く、ついつい会社や学校であくびが出てしまうことがある。「教えて!goo」に寄せられた「くしゃみとあくびの印象」には、「僕の学校の怖い先生はくしゃみをしたときは仕方ないって感じなんですけど、あくびをすると、怒るんですよ」と質問者。
これに対しては、「あくびは脳が酸素をほしがるからするもので、仕方がないと思うのですが……」(8maami10さん)、「あくびの行為そのものでなくて、眠い←即ち集中していない(話を聞く気が希薄)と解釈してるのではないでしょうか?(中略)…出そうになったら舌で鼻の頭を舐める(ようにする)と止まるらしいです」(saru_1234さん)、「もしあくびをするにしても、口を手で隠すだけでも印象派変わってきますよ」(nittiさん)、などの回答が寄せられている。
確かに人前で大あくびをしている人を見てもあまり良い印象は受けないが、そもそもあくびはなぜ出てしまうのだろうか。All About家庭の医学ガイドで、脳神経外科医の菅原道仁先生に伺った。

■あくびのメカニズムは解明されていない!?


まずは、あくびが出る仕組みを聞いてみた。

「あくびの仕組みは正確にはわかっていないことが多いのが現実ですが、脳の視床下部でコントロールされているようです。あくびは人間だけではなく、犬や猫もあくびをしますし、私たちは子宮内でもあくびをしています。あくびは睡眠から覚醒に向かう時に出ることが多く、脳を覚醒する方向に作用します。また、脳の温度調節を担っているとの説もあります。また、ストレスや不安が強い時にそれを緩和させる目的であくびをすることがあります」(菅原先生)

視床下部とは、間脳の一部で自律神経系の中枢を担う部位。生命維持に必要な各機能をコントロールしている。あくびは睡眠を促進すると思いがちだが、実際は逆で、脳を覚醒するために出るようだ。また、あくびをすると顔にある筋肉が涙腺を押して、そこから涙を絞り出すのだとか。

「あくびは脳を睡眠状態から覚醒状態に変化させようとするときにあらわれます。起きなきゃいけないと思っているからこそあくびが出るのです。ですから、あくびは我慢しないほうがいいでしょう」(菅原先生)

我慢する必要は無いが、公共の場では手で顔を隠すなど、気を配ったほうが良いかもしれない。

■あくびはなぜ「うつる」の?


また、あくびをすると近くの人にもうつると言われている。経験のある人も多いだろうが、これはなぜなのだろうか?

「あくびがうつるのは、脳がその人に共感するからだという説が有力です。ですから、知らない人のあくびより親しい人のあくびのほうがうつるというデータもあります」(菅原先生)

なるほど! 確かに、電車で乗り合わせた人のあくびがうつった経験はあまり記憶にない。また、

「あくびは、見るだけではなくあくびについて考えたり、あくびの文章を書いているだけでもうつることが知られています」(菅原先生)

とのこと。筆者もあくびが止まらなくなってきた……。これを読んでいる皆さんはどうだろうか?

●専門家プロフィール:菅原 道仁(すがわら みちひと)
All About家庭の医学ガイド。現役脳神経外科医として、毎月1500人以上を診察。得意分野は脳血管障害、認知症治療、頭痛治療など脳神経外科全般のほか、抗加齢医学、予防医学、幼児教育など。日本健康教育振興協会会長。脳神経外科医専門医、抗加齢医学専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。

(酒井理恵)

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

12

みんなの反応

50

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ