アニメなのに、何に制作費用がそんなにかかるの???もっとアクション映画とか、(車が何個も燃えたりとか)スケールのでっかい映画にお金がかかるのは分かるけれど、アニメ・CG・日数・などなどにかかる費用が、あんな莫大なのが分かりません。気になって、ここ最近寝れません、ほんとに寝てません、顔色が悪いと、みんなに言われます、接客業にさしつかえます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

No.9の方の


>ジブリでは、そんなアニメーターの待遇を少しでも良くしようと

これをさらに補足する感じで、ウィキペディアの「ジブリ」のページから引用↓
--------------------
当初は作品ごとにスタッフを集め、完成と共に解散する方式を採っており、アニメーターの給料も歩合制だったが、後に人材育成のためにアニメーターの給料を固定給制にするなど、高品質で安定した作品作りの拠点とした。
--------------------

…で、結局一番お金がかかるのは、他の方のおっしゃるとおり「人件費」だと思います。
いくらデジタルを導入しようとも、作業をするのはコンピュータではなく人間に変わりはありませんから。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ジブリ
    • good
    • 1

 No.8のmotsmilさんのお話は信ぴょう性があると思います。

と、言いますのも私の友人が10年程前にアニメーターをやっていましたので。
 当時、ある人気アニメの動画を担当していた彼女の給料は10万円を少し出る程度。たしか交通費込みと言っていた気がします。毎日残業ばかりが続き、最後には体を壊してこの仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。
 専門学校を卒業した人をこんな給料で酷使する所って普通ないですよね?
 彼女は「手塚さんのおかげで、この業界の労働条件は劣悪なものになった」と嘆いていました。きっとアニメーター間での語り種になっていたのだと思われます。

 ジブリでは、そんなアニメーターの待遇を少しでも良くしようと考えていると聞いたことがあります。

 同時に声優さんへのギャラの値段もひどいものだったと聞いています。
 ちょっと古い話ですが、アニメーションが再放映される時には、その声を担当した人にお金が支払われるシステムを作ろうと声優の方々が立ち上がったという記事を新聞で読んだことがあります。その後、どうなったのかは知らないのですが・・・だれかご存知の方はいらっしゃるでしょうか。
    • good
    • 0

こんにちは。

一言でいってしまえば、人件費なんですが、これでは、他の人の意見と変わりませんから、私が聞いたことのある話を書いておきます。国産アニメの第1号は?と聞かれたら、どう答えますか?当然「鉄腕アトム」ですよね。では、鉄腕アトムを作ったのは?「虫プロ」ですよね。では、虫プロを作ったのは?手塚治虫です。なんかくどくどしいので単刀直入に言いますが、手塚治虫さんが昔、アニメを製作されていた当時、どんなに低予算でも「やりましょう!」などと言ったせいで、アニメ製作の予算自体が低く見積もられ、それがずるずると習慣になってしまったのです。スポンサーからすれば、「天才の手塚治虫でも低予算で製作を引き受けたじゃないか。じゃあ、他の連中は低予算で我慢しろ!」という言い分がいやでも成り立ってしまいました。だから、アニメの制作費はジブリが特別に高いのではなくて、他のアニメの制作費が低すぎるのです。自信はないですが、こんな話を聞いたことがあります。
    • good
    • 0

アニメといってもジブリのアニメは凄いんです。


ディズニーアニメは影があまりありませんよね。
でも、ジブリは違います。
それと、1秒間に数十枚の絵を使います。
で、製作に時間がかかる&人数がいるので、人件費が高いのでしょう。

ただ、私はジブリのアニメは嫌いですけど。。。
    • good
    • 0

私はただの映画好きなので、本当のところはわかりませんが、今回の「千と千尋…」に限って言うと「デジタルフィルム」なるモノを使っているそうです。

そういえば、色の発色なんかが他のアニメ映画よりキレイだったと思いませんか?つまり、その時々の最新技術を駆使して作られていると。日本のアニメ(ジャパニメーション)は世界でもトップなので…。
あと、非常にゴシップ的意見なので恥ずかしいのですが、声優にタレントや有名人を多用しているのも原因かな…と。
    • good
    • 0

『もののけ姫はこうしてできた』(確かこんな題名だったと思いますが)


と言うビデオが、発売されてます。全4巻くらいで。
(1本のアニメ映画で製作ビデオ4巻というだけでも、すごいと思うのですが。)
もちろん、レンタルもされてます。ジブリアニメのコーナーにあると思います。

ジブリアニメの製作現場が良くわかって、とても面白かったので、
良かったら・・・。
これを見ると、費用がいくらかかってもおかしくないとわかります。
アニメに特別な興味がない私でも、仕事をするという点での、良い刺激になった
ビデオです。
    • good
    • 1

普通のアニメーションですら凄くセル画は必要ですが、


ジブリの作品にはディズニーと同じだけのセル画のコマ数が
使われて居ます。
ジブリの絵がきれいなのは有名ですが、口の動きもちゃんと
発音と同じ動きをしている所も特徴です。
ジブリの作品などは大体、1秒動かす為に4枚のセル画を作って
動かしているわけです。
一秒に4枚と簡単に思ってもその4枚の中の一枚製作するにも
大変な労力がかかるわけです。
勿論、あれだけしっかりとした世界観を出そうと思えば
資料を探したり、その場所に行って観たりと言った地道な作業から
どうしても費用はかさみます。
多分、アニメーターの方は眠る暇もなく製作に関わっているだろうし、
声優さんについてもかなり厳しくリテイクを出されるので
何度も取り直すだけ日数がかさんでしまうのでしょう。
アニメは一本映画をつくるだけでも、声優、背景、アニメーター、
仕上げアート、撮影、音楽とありとあらゆる費用がかかります。
人件費と場所、資料、などあげて行くときりが無いですよね(笑)
    • good
    • 0

ボクは、アニメ製作関係者ではありませんが、多少経験があるので知っている事を幾つか教えます。


gukky-sさんは、アニメ映画が一体何枚のセル画をつかって作られているか知っていますか?
他の方も答えられているように、企画、デッサンやキャラクター設定、撮影や構成、脚本、編集、録音など。声優さんに有名俳優を起用することで、その方へのギャラも発生するでしょう。アニメ作りもかなりの人手を必要とします。
例えば、人物が口を開ける動作をするだけで、たったこれだけで、あくまでも予想ですが数十枚のセル画を描く作業になると思います。
それが約2時間もの作品を描き上げるとなると、想像を絶するセル画の数となるでしょう。
それに、色を何色使う事でしょう。画材って、意外と高いんですよ。機材なども含め。

それから、以前に「こちら亀有公園前派出所」という漫画を描いている方が、漫画の資料として出版者に「フェラーリ」という車を買ってもらったと聞きました。相当、高価な車です。この場合は連載している出版者が資料を揃えてくれたそうですが、ジブリの場合、自社で資料を用意するとなると、こちらもお金がかかるでしょう。
宮崎駿監督は、ものすごく細かい所にも、大変こだわって作品を作る人のようです。
動きや光などにも、より本物に近く作り上げると、テレビのドキュメントで言っていました。
その作業を、2年や3年間も複数のスタッフを抱え、(スタッフは睡眠時間や休日もなく、スタジオに入り浸りだそうです)
これだけでも、結構お金がかかりそうだと思いませんか?

それから、宣伝、広告やマスメディアとの接触にも、お金は掛かるでしょう。
たかが、アニメかもしれませんが、裏方さん達は想像を絶する努力をしているのです。

日本のアニメ映画は、今や世界レベルです。
それだけ、クオリテイーが高いという事にもなるのではないでしょうか?制作費も、それなりになるのは当然だと、ボクは思います。

以上です。これが回答になれば嬉しいのですが。
一日も早く、眠れるようになるといいです。
では、体調に気を付けてくださいね。
    • good
    • 0

おそらくほとんどが人件費だと思います。


アニメを作る人、音をつける人、声を入れる人などなど、結構な人数が制作にかかわっていると思います。
動画枚数が多ければ多いいほど、制作工程が複雑になればなるほど、大人数になるし日数も増えてくると思います。
CGソフトも一本、数十万から百数十万のソフトを数本使っているみたいです。
ソフトやハードの維持費もそこそこかかるかもしれません。

某アニメ映画では、3億の制作費のうちのほとんどを上の人が使い今度しまって実際に制作現場に下りてきたものがすずめの涙だったらしいというのを聞いたことがありましたが、ジブリではそういうのは無いでしょうね。
    • good
    • 0

アニメ製作に詳しくありませんので正しい解答かどうかわかりませんが、


多分大体は人件費なんじゃないでしょうか?
今回の「千と千尋の神隠し」はどうやら予定が大幅に遅れて韓国の製作スタッフに依頼したとか聞いています。
今までの映画でも「セル画の枚数が前回の作品に比べ大幅に増えている」とかいうのを聞いたことがあるので。

あとは、なんだかんだと新しい技術だとかも使っている様子ですし、CGといってもそれ相当のクオリティを目指せば時間もかかるでしょうし。(よい技術者は値段も高いでしょうし)
人間が動けば撮影できる実写のものとは違う部分にたくさん費用がかかるのでしょう。

私個人の想像ですので、あまり参考にならないかも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画を「制作」するのに、「製作」委員会?

映画の製作委員会ですが、なぜ「制作」する委員会なのに「制作委員会」と書いてはいけないのでしょうか?

辞書も見ましたが、製作と制作の正確な違いが、良く分かりません。

Aベストアンサー

「【製作】(2)映画・演劇・放送番組を企画立案し、作品を作ること。プロデュース。[注]放送・出版関係では「制作」を用いることが多い。」(「同音同訓異字辞典」柏書房)

自分のたずさわっている映画が創造的で芸術性を帯びたものであるとの認識にある立場からは、「映像作品の制作」と呼びたいでしょうし、総合的な娯楽興行ビジネスの立場に立てば「映画物品の製作」となるでしょう。

Q最近ジョジョとか 銀魂とかハガレンとか 実写化無理だろ的な作品 実写にしてますが なんでですかね?

最近ジョジョとか
銀魂とかハガレンとか
実写化無理だろ的な作品
実写にしてますが
なんでですかね?

ファンはどんな作品になっても
納得しないですよね。

親がキムタクファンなので
無限の住人見ました。
作品的には
まぁまぁ面白かった。
金返せとは
ならなかった。

でもあれは
チャンバラだから
見れた

SF漫画の実写はきついですよね?

Aベストアンサー

・原作があれば0からすべてを考えなくて良いから。
・一定のファンがすでにいるから
・若い俳優が余っているから

こんなところじゃないでしょうか。

Q製作と制作の違い

映画が好きで、最近よく鑑賞します。

よく〇〇(映画のタイトル)製作委員会と表記されていますが、どうも腑に落ちず違和感があります。

【製作】
道具や機械を使い物品を作ること。

【制作】
絵画や彫刻など芸術作品を作ること。

映画やテレビ番組は【制作】の方だと思うのですが、【製作】の方が最近特に用いられることが多いように感じます。

何故なんでしょうか?
私の認識が間違っているのでしょうか?

さほど普段から、正しい日本語を使っている自信がありませんので気になりまして・・・。

お分かりの方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問者様はおそらく、辞書で「製作」を引くと「制作」の意味も載っていることはご存知なのだろうと思います。

「制作」は「プロデュース」の意味で用いられますが、「プロデュース」に元来「作る」という意味はあるものの、何か形のあるものを作るというよりは、作ることを指揮したりアイディアを提供したりするというニュアンスの方が強いと思います。

秋元康はAKB48を「プロデュース」はしていますが、彼女等を「製作」しているわけではありません。
映画にしても、指揮したり全体のコンセプトを立案したり考えたりするだけのことは「製作する」というニュアンスからは離れていると思います。

映画やテレビ番組は、目に見えるものですので、形あるものと解釈することはできます。
その映像を実際に作った実働部隊あるいはその長を明確に表す言葉として「制作」よりは「製作」のほうがふさわしい、という判断なのだと思います。

Q宮崎アニメ(スタジオジブリ)の中で好きなアニメについて

皆さんは宮崎アニメの中で何が一番好きですか?
出来れば理由も添えて教えてください。
皆さんがどう思っているのか気になってしょうがありません。
ちなみに私はナウシカが好きです。あの世界観にひかれました。

Aベストアンサー

アニメ自体もちろん大好きです。
でもでも、音楽がまた最高です。
このまえNHKで井上あずみさんが「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」歌ってました。泣きました。
無条件に涙が出ます。CDで聞いてもビデオで見直しても、何度聞いてもなんだか涙が出るのを止められません。
ジブリの作品は本編の素晴らしさと音楽がニクイ程にマッチしていると思います。
(映画館でも何度、オープニングでタイトルと音楽がドッキングした瞬間にじわじわ~ってなってしまって、映画館の暗さに救われたことか(^^;))
今までの発表作品の中での一番は、選ぶのはとっても難しいですけど一番は「風の谷のナウシカ」です。
はじめて映画館で見たジブリ作品です。
時代背景、映像の綺麗さ、声優さんのキャスティング、どれもこれも当時中学生だった私の心を鷲掴みにするのに不足はありませんでした!!
宮崎監督も引退宣言を撤回されて、次回作の大まかな発表をされてましたね。嬉しい限りです。
「千と千尋の神隠し」がテレビで放映されるみたいです。
映画も見たし、DVDも持ってるけど、きっとまた見てしまうでしょう!!

アニメ自体もちろん大好きです。
でもでも、音楽がまた最高です。
このまえNHKで井上あずみさんが「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」歌ってました。泣きました。
無条件に涙が出ます。CDで聞いてもビデオで見直しても、何度聞いてもなんだか涙が出るのを止められません。
ジブリの作品は本編の素晴らしさと音楽がニクイ程にマッチしていると思います。
(映画館でも何度、オープニングでタイトルと音楽がドッキングした瞬間にじわじわ~ってなってしまって、映画館の暗さに救われたことか(^^;))
...続きを読む

Q制作と製作

制作と製作はどのように使い分けるのが最も良いでしょうか。いろいろな意見があり、今ひとつすっきりしません。

Aベストアンサー

言葉の意味から見ますと、手間の掛け具合で判断するのが適当かと思います。

制作絵画や彫刻などの作品を生み出す。"制"は余分な木の枝を刀で切り落として整えるという意味。
製作工業製品をつくる。"製"は"衣を制する"=衣服を仕立てるという意味。

http://www.geocities.jp/kw_jisyo/jisyo.html#mark_sa
「せいさく」の項参照。

Q昔の映画にはなぜ高峰秀子とか志村喬とか出てくるのか

昔の日本映画には、なぜ高峰秀子とか志村喬とかがよく出てくるのでしょうか。
自分の観た映画が偏っているのでしょうか。

Aベストアンサー

結論を言うと、彼らの作品が残りやすかったのと、ご覧になっている物が偏っているからだと思います。

昔は現在以上に、監督が贔屓にしている役者というのがいました。もっといえば、映画製作会社が贔屓にしている監督や役者がいたわけです。

したがって、例えば巨匠と謳われる黒澤明の作品を見れば、かなりの率で志村喬が出ています。一方で、やはり世界的に有名な小津安二郎監督の作品を見れば、かなりの確率で原節子と笠智衆が出ています。

さらに、現在まで愛されるほど中身が充実していて、しかもフィルムが劣化していない映画を撮った人や会社というと、それなりの予算を与えられたところですから、数が限られてしまいます。

その限られた数の製作者が愛した役者の数も限られていて、その限られた数の中で、質問者さんはそのお二人がお好みに合うのでしょう。

Qアニメにおける「製作」と「制作」の違い

エンドロールを見ていると「製作」と「制作」が出てきます。

詳しい違い、というか、関わり方の違いを分かりやすく教えていただけたら幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アニメの場合ですよね。私は出版の人間なので、ちょっと理解にずればあるかもしれません。
他の回答の方の内容と混ぜて理解すると分からなくなると思いますので、ご注意ください。

アニメを作る実作業を制作といいます。コンテンツ自身を作る作業です。絵コンテを作ったり、色を塗ったり、コマを撮影したりの作業です。この作業で出来あがったバラバラのものを繋ぐ作業を編集といいます。これら作業を管理・調整する作業を進行といいます。
カンタンに考えると、進行の人が管理するすべての業務を「制作」といってもいいかもしれません。
作業も制作といいますが、そういう役割も制作といいます。その場合は、具体的な作業をする人自身よりも、その作業をする指示をさす人を制作と呼びます。もちろん兼ねるケースもあります。
「現場」と言ってもいいかもしれません。

アニメを作ることを製作といいます。制作の人、作業も含みますが、それよりも広い部分を指します。実作業を行うためには、お金を集めたり、人を集めたり、広告をしたり、そのためのスポンサーを集めたりします。そういう実作業以外の作業も含めて製作とんでいるようです。製作という仕事は、全体を管理する役割を指すようです。ここが出版と違っています。
アニメで言う製作委員会は、この意味となります。
アニメを作る、そこから利益を得るためには、制作費の管理、著作権の管理など、お金の管理、権利の管理をする必要があります。アニメは制作だけでなく、公開する部分まで分業作業ですから、どこかの会社がその役割をするわけにはいきません。
そのため、そのアニメの「製作」に関わる人を集めて、権限や権利関係の代表をさせる必要があります。その仕組みを製作委員会とよんでいます。ここを、広告主やテレビ局がコントロールすることになります。広告主やテレビ局は、ここにお金を振り込むわけですね。

そして、狭い意味の製作もあります。具体的なコンテンツを、皆に配るために「形」にすることも製作といいます。アニメがもしいまのフィルムだとすると、原板のフィルムを作る部分と、その原板をもとにフィルムを増やす部分です。映像データをそのまま映す映画館が増えているので、そういう場合の製作がどういう作業なのかは想像できません。


新聞や本を作る方が理解はしやすいかも。
新聞を作ること自体を製作といいます。製作部門というと、編集部を含めた新聞をつくることに直接関わる部署を指します。営業、人事、総務、経理部門は含みません。
新聞を作るには、企画や企画会議が方針を決め、記者が記事を集め、書き、デスクがその記事を紙面のどの位置にどういう順にどういう意図で並べるかを決め、場合によっては、記事の差し戻しをし、出来上がった新聞原稿を「製作」が紙に印刷・梱包して、全国に配送します。ここで、「製作」と書いた以外の仕事が、工程としての「制作」ですが、狭義では、「制作」を最終的に管理・指示だししている「デスク」を役割としての制作と呼ぶこともあります。

アニメの場合ですよね。私は出版の人間なので、ちょっと理解にずればあるかもしれません。
他の回答の方の内容と混ぜて理解すると分からなくなると思いますので、ご注意ください。

アニメを作る実作業を制作といいます。コンテンツ自身を作る作業です。絵コンテを作ったり、色を塗ったり、コマを撮影したりの作業です。この作業で出来あがったバラバラのものを繋ぐ作業を編集といいます。これら作業を管理・調整する作業を進行といいます。
カンタンに考えると、進行の人が管理するすべての業務を「制作」といっ...続きを読む

Q「燃える秋」TV放送DVD化なし

1978年真野響子さん主演映画「燃える秋」が上映された。
Hi-Fi-Setが歌っていた主題歌が印象に残っている。
この作品は、TV放送もDVD化もされておらず“封印作品”化している。
なぜTV放送DVD化されないのだろうか?

Aベストアンサー

スカパーでは以前放送されました。
記憶では2回。1回目の放送年は忘れましたが、2回目は2005年1月。
残念ながら、HD放送はまだされてません。

Qホームページを作ることは【制作】【製作】【作成】【作製】どれ?

ホームページを作ることを何といいますか?
以下の4つのうちどれが適切でしょうか。
調べましたが、これと決めることはできませんでした。
【制作】【製作】【作成】【作製】

Aベストアンサー

迷ったときは検索です。

Googleで検索すると以下のようになりました。

ホームページ作成 2,020,000件
ホームページ制作 1,410,000件
ホームページ製作 137,000件
ホームページ作製 4,670件

なので、作成か制作。

個人的には、趣味で作るなら作成で、
仕事として作るなら制作かな。

Qアニメ衣装

北斗の拳のキャラクター衣装を製作販売しているところをご存知であれば、ご教授下さい。

東京近辺でお願い致します。

Aベストアンサー

オーダーメイドされるなら
COSPAが良いのでは?
http://www.cospa.com/order_made/order_made.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報