何気なく本屋で手に取った、樹なつみ作「OZ 完全収録版」、とても素晴らしい作品で、一気に読破してしまいました!内容も考えさせられるもので、大好きな作品になりました。
 お聞きしたいのはこの作品のラストの1019の行動についてです。ムトーがリオンに撃たれ、1030に殺されそうになったときに、1019がムトーを助けますよね。ここからの言動をみると1019はムトーが好きだった、ということになるのでしょうか?
 また、シャトルで生き残っていたムトーが助け出される場面で、将軍たちの会話「現在 このプログラミングを行った人物の行動を追跡しているのですが」・・・で自殺・犠牲行為うんぬんと言っているのですが、どういうことなのでしょうか。ここの会話の意味がいまいちよく理解できないのです。
 私の読解力が足りないせいだとよくわかっているのですが、このままでは感動のラストもぼやけてしまいます。もしわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。また、「OZ」の好きな所もお聞きしたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは。

私もOZ大好きです♪同じ作品が好きな人が増えて嬉しいです♪

 私も#1さんと同じで、はじめに出た大判しか持ってないのですが。。。

 19は、ムトーのことが好きだったと思います。(ただ、自覚していたかどうかは謎ですが)
 ご質問のシーンで、19は「機械にまでキスしてやる気はない」というムトーの言葉に衝撃を受け、パメラプログラムが目覚めたと言っていますよね。
 また、19は、パメラのふりをしていたのにムトーに19だと見抜かれた時に涙を流し、「自分の行動が分からない。人間に近づくということは、より不完全になることなのか?」と言っていますね。
 本来、機械に衝撃、記憶障害、自分の行動が分からないってことはないと思うんです。でも、19は、ムトーのことを愛することによって、機械としては不完全に、でも「人間」により近しくなっていったと思います。(#1さんの言うとおり、ムトーへの愛が19を人間にしたという解釈だと思います)

 また、最後の将軍たちの会話は、まったく#1さんの言うとおりだと思います。
 ロボットは自殺できないはずはずなのに、安全なはずのシェルターから外に出て行った(おそらく、ムトーの望みがOZの所産を無に帰すことだったので、その望みをかなえるためには、自分自身も抹消しなくてはならないと思ったのでしょう)19の行動は、機械としては理解不能ですが、愛する人のためには命も捨てるという人間としての行動だと思います。将軍達の会話から、19は、人間として死んだんだなと思いました。
 (因みに、ロボットが自殺できないっていうのは、アシモフのロボット3原則の一つだったと思うのですが、ロボットものでは基本的な設定ですね)

 OZの好きな場面は、まさにご質問の将軍たちの会話部分です。
 人間により近づくことを渇望していた19が、最後にムトーに受け入れられ、自分の命を賭してムトーの望みを叶える。その行動をトレースした人たちは、19のことを人間だと考えるんです。。。。。「望みが叶って良かったね。でもすっごい哀しいよ19」って、すっごい泣きました。

 因みに、私が持ってる単行本4巻のラストには、OZがビデオ化されたときの監督さんが、その辺のシーンの解釈を書いていますが、完全版には載ってないですか?(大体上に書いたような内容になってると思いますが)

 
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 「OZ」を好きな方はたくさんいるのですね!私は新参者ですが、やはり嬉しいです。
 望んでいた人間の心を手に入れることによって、人を愛することを知ったが、それゆえに愛する人の望みのために自分を抹消しなければと思い、それを実行した、ということですね。わたしももう一度読み返したらきっと泣いてしまいますよ。1019・・・
 やはり好きな場面はあのシーンですか。わたしも皆さんのおかげで1019の思考が理解できたので、ラストが一番ですね。泣けます。
 また、完全版にはラストの解釈は載っていませんでした。でもおかげで皆さんから詳しい、感情のこもった解説をして頂けて良かったです。
 丁寧な解説、ありがとうございました!

お礼日時:2005/05/15 18:02

No2さんが、アイザック・アシモフの「ロボット三原則」について触れられているので……



これは、アシモフが彼のライフワークであったロボットものを書いている中で、作品中に登場させた、未来におけるロボットの行動規範になる規則なのですが、以後、ほとんどのSFで当然のように認知されていったものです。

アシモフ以降のSF作品におけるロボットは、この三原則が組み込まれていると当然のように思われています。



ロボット工学の三原則

第1条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第2条 ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が、第1条に反する場合は、この限りではない。

第3条 ロボットは、前掲第1条および第2条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。
 
    アイザック・アシモフ「我はロボット」より



ところが、リオンは人間の命など大切だと思っていなかったですから、この三原則を「人間→リオン」に書き換えてロボットに組み込んでしてしまい、リオンの命令ならば人をも殺せるロボットを作り上げてしまったのですよね。

アシモフについては、彼の作品が数年前から2作、アメリカで映画化されているのでご覧になったことがあるかも知れません。
『アイ,ロボット』『アンドリュー(TVの地上波でもこの間放送されましたね)』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アイザック・アシモフ…#1のjoy-netさんから初めてお聞きして、興味を持ったのですが、丁寧に解説していただき、ありがとうございます。
 彼の作品を読むことによって「OZ」など、ロボットが登場する作品の理解が深まるのですね。「ロボット工学の三原則」とても参考になりました。確かに1019など、OZに登場するロボット達にも通じていますね。
>ところが、リオンは人間の命など大切だと思っていなかったですから・・・
 なるほど、納得です。アシモフの作品を読んでいるとそういう深い解釈が出来るのですね。
 アシモフの映画作品は名前は知っているものの、残念ながら見たことはないのですが、是非見てみたいと思います。
 皆さんのおかげで「OZ」への理解が深まって、ますます大好きな作品になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/05/15 18:15

私も大好きな作品です。

といっても完全版の方は読んでいないのですが、おっしゃったシーンは元の作品にもちゃんとありました。

私は、この作品の中で、自分というものの存在に悩んでいた1019が「心」を持つようになり、「人として」ムトーを愛したのだと思いました。
そして、そんな自分の事を認めてくれたムトーへの感謝と愛によって、

>「現在 このプログラミングを行った人物の行動を追跡しているのですが」・・・で自殺・犠牲行為うんぬん

の部分では、自分=1019が、この世に存在してはいけないのだと思い、自殺行為をおこなったのだと思いました。

また、1019を機械としか思っていない彼らに、機械としては意味不明に思える行動だと語らせることで、これを読んでいる読者には、これこそが1019が機械ではなく人間としての心を持ち、そのように行動した証だと伝えているのだと思いました。

私が好きなSF作家に、アイザック・アシモフがいますが、彼の作品には、このような自分の存在に悩むロボットがよく出てきます。それを踏破しているのかなぁと思っていました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 1019は人間の心を持った、というのがポイントなのですね。だからこそムトーを「人として」愛し、そして機械にはありえない犠牲行為を行った・・・1019、泣かせますね。
 やはりこの作品の大きなテーマはロボットにあると思いますが、遠い未来にこんな自我を持ったものが生まれるのかと考えるとなんだか複雑な感じがします。
 アイザック・アシモフの作品は読んだことが無いのですが、「自分の存在に悩むロボット」興味深いですね。是非読んでみたいと思います。
 丁寧な解説をありがとうございました!

お礼日時:2005/05/15 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画を無料で読めるサイトにたどり着いてしまいました

漫画を買おうと通販サイトを探していたら無料で全巻読めるサイトにたどり着いてしまいました。

もちろんそこでは読みません・・・
読んだら最低な人間になってしまう。
でも何か複雑です、自分は買ったりお金払って漫画喫茶に行ったりしてるのに多くの人はそうやって無料で読んでるのかな・・・と
もし皆さんがほしい漫画を買えるサイトを探していて無料で読めるサイトを見つけてしまった場合どうしますか?
買いますか?それとも誘惑に負けて無料で読んでしまいますか?

Aベストアンサー

人間性の話ですよね。ただそれだけ。それ以上でもそれ以下でもない話。

漫画喫茶も行きませんし、私は立ち読みもしません。

なお、ご存知かどうかわかりませんが、書籍のダウンロードも、漫画喫茶で読むのも、ブックオフで買うのも、著作権者にとっては、同等の行為ですよ。この点は、動画や楽曲と違います。

Qラスト、ギロチンで処刑される作品を思い出せない

マンガだったかアニメだったか記憶が朧なのですが
割と古い作品だと思います。

ストーリーの最後、女性キャラがギロチン刑にあうのですが、
最後の最後にボンネット?スカーフ?を剥ぎ取られて投げ捨てられ、
首に刃が落ちてくるところの描写は直接なかった代わりに、
勢いよく落ちてきた衝撃の風圧で
ふわふわ浮いていた上記の布がひらっと向きが変わったシーンが
とても印象的でした。

ぱっと思いつくのはベルばらのマリーアントワネットですが、
原作マンガ・TVアニメとも、こんな感じじゃなかったです。
何の作品だったか、思い出せなくてイライラしてます。
ご記憶の方、なんていう作品だったか教えてください。

Aベストアンサー

もしかして
「ラセーヌの星」ではないでしょうか?
1975年頃にTVで放送していたアニメです。

Q無料漫画のサイトとひょうじされたのですが・・・

検索すると、「無料漫画紹介」とでたのでそのサイトで、漫画をダウンロードしたのですが、あれって本当に無料なんですか?(いまさらですが)

Aベストアンサー

無料と書いていたなら無料です。
もし有料なら、お金を払わないとダウンロードできない仕組みになっているはずです。

Q人気長期連載作品のラストで映画のスタッフロールのような演出をやったら、後日別の作家から「先を越された」と言われたのは誰?

どこかの雑誌か何かで以下のようなエピソードを聞いたのですが、作家名、作品名を忘れてしまいました。

************
ある著名漫画家が自分の長期連載作品の最終話のラストで、スタッフの名前や関係者の名前を並べて、まるで映画のエンディングのスタッフロールのような演出をし、好評だった。
その後、業界内のパーティーに出席した際、別の著名漫画家から、
「私も自分の人気長期連載作品の終了時には同じような演出効果を狙っていたが、最終回の到来が予定よりも延びてしまい、あなたに先を越された。とてもくやしい。」
というコメントをもらった。
************

この二人の著名漫画家とそれぞれの人気長期連載作品名を教えてください。

Aベストアンサー

言われた方は少年ビッグコミックに1979年から1986年に掲載された新谷かおるの「エリア88」で、
言った方は1978年から1987年に少年サンデーに「うる星やつら」を掲載していた高橋留美子と言われています。

なお、この「エリア88」での映画のエンディング風スタッフロールが好評だったため、
以後、長期連載作品の最終回・最終ページにスタッフロールを入れる手法が定着しました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A288

Qネット上で無料で漫画がとれるサイトを教えてください!

最近使っていたサイトが凍結してしまって困っています!
なので無料で漫画がとれて漫画を検索も出来るサイトを教えてください!

あとわかる人はこの質問にも答えて欲しいのですが、
漫画をとれるサイトでUnfortunately, the link you have clicked is not available.
残念ながら利用できませんってよくあることですか?
そこの所もわかる方は教えてください・・・

Aベストアンサー

著作権違反のアングラサイトですから見つかって撤去されたのでしょうね。
禁止事項の違法行為(著作権等の侵害に関わる投稿)にあたりますので、ここでの質問も出来ません。

漫画家は漫画が売れて飯が食えるのです。
無料で見ることを続けていると漫画家が食えなくなって誰も漫画を描かなくなりますよ。

禁止事項ガイドライン
http://service.okwave.jp/cs/prohibition/

Q同じ作家さんの作品でも「この作品が好きで、この作品が嫌い」って事ありますか?

漫画家さんは、いろいろな漫画を出していますが、同じ人の作品でも、あれが好きで、これが嫌いって言う経験を教えてください。
話がつながっている、何とかの続編はやめてください。
例、グラップラー刃牙→バキ
キン肉マン→二世
ジャングルはいつもハレのちグゥ→ハレグゥ
南国少年パプワ君→PAPUWA、等です。
また続編じゃなくても、シリーズになっているものもだめです。
例、パタリロ→パタリロ西遊記
ドラゴンボール→ネコマジン等
同じ作品の序盤と後半もやめてください。たとえばドラゴンボールの初期が好きで、後半(アニメで言えばZ)が嫌いと言いった感じ。

Aベストアンサー

まあ、長くやってる漫画家さんのだと結構あると思いますよ。
初期の作品が好きで現在のは駄目とか、その逆のパターンとか

私の場合、漫画家での選別でなく作品の傾向といったほうがいいですね
ギャグ(特に下ネタ)のみというのは好きではないです。
永井豪
好き「デビルマン」「手天童子」等
嫌い「オモライくん」「キッカイくん」「イヤハヤ南友」等
市東亮子
好き「やじきた学園道中記」「BAD BOY」
嫌い「ラーメン・ラビリンス」「バトルフィンガーファイブ」

Qネットで読める無料漫画っていうか・・・

なんかパソコンで読める無料漫画とかあるじゃないですか

BLとか恋愛系とかの奴

あーいうの読んでみたいんですけど
どう検索したら出るのか
どのサイトにいけば見れるのか?

わかんないんですよ・・・

素人さんの漫画サイトとかでもいいので

よかったらおしえてください!!

無料でしっかり読めて、違法にかかってないサイト・・・
よろしくおねがいします(`・ω・´)

Aベストアンサー

要望に添える自身はありませんが…

 http://www.webcomicranking.com/

どうでしょう。

QOzの完全版について

樹なつみさんのOzの完全版に未収録の番外編があると聞きましたが何巻にのってますか?

Aベストアンサー

コミックスに未収録の番外編は、2~4巻に各一本ずつ、計3本収録されています。
2巻:ETERNAL LOVER
3巻:PARADISO
4巻:HOT BLOOD

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/07143870

Q無料でいろんな漫画が立ち読みできるサイト

無料でいろんな漫画が立ち読みできるサイトがあると聞いたのですが、なかなか見つかりません。誰か教えてください。(特にジャンプ系などが)

Aベストアンサー

著作権の関係で市販の漫画を無料で読む場合、数ページ・もしくは第一話だけ読むことは出来ても全部読むことは出来ません。それでも良いのならば確かにいくつかサイトはあります。

まずジャンプ系が読みたいのならば、集英社のHPで読めます。
http://www.s-manga.net/
トップページから「コミックス試し読み」→「コミックス第一話まるごと試し読み!」で読むことが出来ます。ただし、メルマガ会員になることが必須条件です。

マガジン系だと、マガジンHPの「連載作品」のところから好きな作品を選ぶと第一話を読むことが出来ます。(ただしすべての作品が読めるわけではありません)
http://www.shonenmagazine.com/

サンデー系も同じく、いくつかの作品の第一話が読めます。また、サンデーのトップにある「サンデー名作ミュージアム」からは古い作品の第一話が読めます。
http://www.websunday.net/(サンデー)
http://www.youngsunday.com/(ヤングサンデー)

「モーニング」「アフタヌーン」「イブニング」系なら、読むのに専用ソフトウェアが必要ですが、以下のサイトで読むことが出来ます。
http://www.timebooktown.jp/Service/comicle.asp

「yahoo!コミック」は作品の量が多く色々な出版社の作品があります。ただ、多いものは100ページまで読めますが、ページ数が限られているので話が途中で終わってしまうことがほとんどです。
http://comics.yahoo.co.jp/(yahoo!コミック)

参考になれば幸いです。

著作権の関係で市販の漫画を無料で読む場合、数ページ・もしくは第一話だけ読むことは出来ても全部読むことは出来ません。それでも良いのならば確かにいくつかサイトはあります。

まずジャンプ系が読みたいのならば、集英社のHPで読めます。
http://www.s-manga.net/
トップページから「コミックス試し読み」→「コミックス第一話まるごと試し読み!」で読むことが出来ます。ただし、メルマガ会員になることが必須条件です。

マガジン系だと、マガジンHPの「連載作品」のところから好きな作品を選ぶと第一...続きを読む

Qここ数年の成田美名子作品を読んでいる方。

昨日「花よりも花のごとく」第2巻を購入しました。第1巻はまだ読んでいません。

この段階で疑問に思っているのですが、このシリーズと「NATURAL」はどういった関係にあるのでしょうか。おそらく「CYPHER」から「アレキサンドライト」が派生したような関係になっていると思うのですが、アマゾンであらすじを確認しても、どう関わってくるのか想像が出来ません。
今のところ「NATURAL」には食指が動かず、漫画喫茶にも行くつもりがないので、
「花よりも花のごとく」を読む上で予備知識を授けて下さると嬉しいです。

ちなみに「NATURAL」11巻には能マンガが入っているという風に書いてあったのですが、この内容も出来れば教えてください。能マンガという観点から言えば、お薦めでしょうか。
それから「天の響」って何ですか?
以上三点、よろしくお願いいたします。

※ところで「花よりも花のごとく」を挙げてくださった回答者さま、当該質問の質問者さまだけじゃなくて、わたしも参考になりました(^o^)。目に止まるかどうかわかりませんが、すごく遠くからお礼申し上げます(^o^)。

昨日「花よりも花のごとく」第2巻を購入しました。第1巻はまだ読んでいません。

この段階で疑問に思っているのですが、このシリーズと「NATURAL」はどういった関係にあるのでしょうか。おそらく「CYPHER」から「アレキサンドライト」が派生したような関係になっていると思うのですが、アマゾンであらすじを確認しても、どう関わってくるのか想像が出来ません。
今のところ「NATURAL」には食指が動かず、漫画喫茶にも行くつもりがないので、
「花よりも花のごとく」を読む上で予備知識...続きを読む

Aベストアンサー

NATURALの主人公は「山王丸ミゲール(ミカエル)」、ペルー人の少年で、山王丸家(父親の仕事でペルーに住んでいた)の養子です。ミカエルは弓道部とバスケ部の掛け持ちをしており、ミカエルの学校のバスケ部仲間が堂本、JR、大沢という面々。彼らのバスケ部のコーチを今は榊原のじーさまがしています。
西門は、ミカエルの弓道の目標として出てきます。ミカエルが通う地元の弓道場の先生をしているのが榊原高則氏(憲人の父)。当然榊原一門はこの弓道場に出入りしてますので、「花よりも~」でも弓道場の場面に時々ミカエルが顔を出すわけです。


下のかたがたの書いている通り、基本的には「NATURAL」は未読で問題ないと思います。11巻収録の2作品は、「NATURAL」の番外というより「花よりも~」のプロローグですので、読まれたほうがいいかと。

NATURALの設定で、知っておいたほうがよさそうなのは西門の生い立ちを含む榊原家の事情です。コミックスにも関係図がありますが、簡単にまとめますと

・榊原本家は青森で代々神職を継いでいる。
・東京の榊原家は弓道一家、高則さんは弓道の先生。
・「じーさま」は最近青森から東京に移って、東京の榊原家(じーさまから見ると次男の家)に居候中。
・西門は東京の榊原家から青森の本家に養子に出された。一応対外的には秘密ということになっていたが、NATURAL後半でカミングアウト(彩紀が憶えていたため秘密にする理由がなくなった)。高校・大学と弓道の学生チャンピオン。

NATURALの主人公は「山王丸ミゲール(ミカエル)」、ペルー人の少年で、山王丸家(父親の仕事でペルーに住んでいた)の養子です。ミカエルは弓道部とバスケ部の掛け持ちをしており、ミカエルの学校のバスケ部仲間が堂本、JR、大沢という面々。彼らのバスケ部のコーチを今は榊原のじーさまがしています。
西門は、ミカエルの弓道の目標として出てきます。ミカエルが通う地元の弓道場の先生をしているのが榊原高則氏(憲人の父)。当然榊原一門はこの弓道場に出入りしてますので、「花よりも~」でも弓道場の場面...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報