何気なく本屋で手に取った、樹なつみ作「OZ 完全収録版」、とても素晴らしい作品で、一気に読破してしまいました!内容も考えさせられるもので、大好きな作品になりました。
 お聞きしたいのはこの作品のラストの1019の行動についてです。ムトーがリオンに撃たれ、1030に殺されそうになったときに、1019がムトーを助けますよね。ここからの言動をみると1019はムトーが好きだった、ということになるのでしょうか?
 また、シャトルで生き残っていたムトーが助け出される場面で、将軍たちの会話「現在 このプログラミングを行った人物の行動を追跡しているのですが」・・・で自殺・犠牲行為うんぬんと言っているのですが、どういうことなのでしょうか。ここの会話の意味がいまいちよく理解できないのです。
 私の読解力が足りないせいだとよくわかっているのですが、このままでは感動のラストもぼやけてしまいます。もしわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。また、「OZ」の好きな所もお聞きしたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは。

私もOZ大好きです♪同じ作品が好きな人が増えて嬉しいです♪

 私も#1さんと同じで、はじめに出た大判しか持ってないのですが。。。

 19は、ムトーのことが好きだったと思います。(ただ、自覚していたかどうかは謎ですが)
 ご質問のシーンで、19は「機械にまでキスしてやる気はない」というムトーの言葉に衝撃を受け、パメラプログラムが目覚めたと言っていますよね。
 また、19は、パメラのふりをしていたのにムトーに19だと見抜かれた時に涙を流し、「自分の行動が分からない。人間に近づくということは、より不完全になることなのか?」と言っていますね。
 本来、機械に衝撃、記憶障害、自分の行動が分からないってことはないと思うんです。でも、19は、ムトーのことを愛することによって、機械としては不完全に、でも「人間」により近しくなっていったと思います。(#1さんの言うとおり、ムトーへの愛が19を人間にしたという解釈だと思います)

 また、最後の将軍たちの会話は、まったく#1さんの言うとおりだと思います。
 ロボットは自殺できないはずはずなのに、安全なはずのシェルターから外に出て行った(おそらく、ムトーの望みがOZの所産を無に帰すことだったので、その望みをかなえるためには、自分自身も抹消しなくてはならないと思ったのでしょう)19の行動は、機械としては理解不能ですが、愛する人のためには命も捨てるという人間としての行動だと思います。将軍達の会話から、19は、人間として死んだんだなと思いました。
 (因みに、ロボットが自殺できないっていうのは、アシモフのロボット3原則の一つだったと思うのですが、ロボットものでは基本的な設定ですね)

 OZの好きな場面は、まさにご質問の将軍たちの会話部分です。
 人間により近づくことを渇望していた19が、最後にムトーに受け入れられ、自分の命を賭してムトーの望みを叶える。その行動をトレースした人たちは、19のことを人間だと考えるんです。。。。。「望みが叶って良かったね。でもすっごい哀しいよ19」って、すっごい泣きました。

 因みに、私が持ってる単行本4巻のラストには、OZがビデオ化されたときの監督さんが、その辺のシーンの解釈を書いていますが、完全版には載ってないですか?(大体上に書いたような内容になってると思いますが)

 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

 「OZ」を好きな方はたくさんいるのですね!私は新参者ですが、やはり嬉しいです。
 望んでいた人間の心を手に入れることによって、人を愛することを知ったが、それゆえに愛する人の望みのために自分を抹消しなければと思い、それを実行した、ということですね。わたしももう一度読み返したらきっと泣いてしまいますよ。1019・・・
 やはり好きな場面はあのシーンですか。わたしも皆さんのおかげで1019の思考が理解できたので、ラストが一番ですね。泣けます。
 また、完全版にはラストの解釈は載っていませんでした。でもおかげで皆さんから詳しい、感情のこもった解説をして頂けて良かったです。
 丁寧な解説、ありがとうございました!

お礼日時:2005/05/15 18:02

No2さんが、アイザック・アシモフの「ロボット三原則」について触れられているので……



これは、アシモフが彼のライフワークであったロボットものを書いている中で、作品中に登場させた、未来におけるロボットの行動規範になる規則なのですが、以後、ほとんどのSFで当然のように認知されていったものです。

アシモフ以降のSF作品におけるロボットは、この三原則が組み込まれていると当然のように思われています。



ロボット工学の三原則

第1条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第2条 ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が、第1条に反する場合は、この限りではない。

第3条 ロボットは、前掲第1条および第2条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。
 
    アイザック・アシモフ「我はロボット」より



ところが、リオンは人間の命など大切だと思っていなかったですから、この三原則を「人間→リオン」に書き換えてロボットに組み込んでしてしまい、リオンの命令ならば人をも殺せるロボットを作り上げてしまったのですよね。

アシモフについては、彼の作品が数年前から2作、アメリカで映画化されているのでご覧になったことがあるかも知れません。
『アイ,ロボット』『アンドリュー(TVの地上波でもこの間放送されましたね)』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アイザック・アシモフ…#1のjoy-netさんから初めてお聞きして、興味を持ったのですが、丁寧に解説していただき、ありがとうございます。
 彼の作品を読むことによって「OZ」など、ロボットが登場する作品の理解が深まるのですね。「ロボット工学の三原則」とても参考になりました。確かに1019など、OZに登場するロボット達にも通じていますね。
>ところが、リオンは人間の命など大切だと思っていなかったですから・・・
 なるほど、納得です。アシモフの作品を読んでいるとそういう深い解釈が出来るのですね。
 アシモフの映画作品は名前は知っているものの、残念ながら見たことはないのですが、是非見てみたいと思います。
 皆さんのおかげで「OZ」への理解が深まって、ますます大好きな作品になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/05/15 18:15

私も大好きな作品です。

といっても完全版の方は読んでいないのですが、おっしゃったシーンは元の作品にもちゃんとありました。

私は、この作品の中で、自分というものの存在に悩んでいた1019が「心」を持つようになり、「人として」ムトーを愛したのだと思いました。
そして、そんな自分の事を認めてくれたムトーへの感謝と愛によって、

>「現在 このプログラミングを行った人物の行動を追跡しているのですが」・・・で自殺・犠牲行為うんぬん

の部分では、自分=1019が、この世に存在してはいけないのだと思い、自殺行為をおこなったのだと思いました。

また、1019を機械としか思っていない彼らに、機械としては意味不明に思える行動だと語らせることで、これを読んでいる読者には、これこそが1019が機械ではなく人間としての心を持ち、そのように行動した証だと伝えているのだと思いました。

私が好きなSF作家に、アイザック・アシモフがいますが、彼の作品には、このような自分の存在に悩むロボットがよく出てきます。それを踏破しているのかなぁと思っていました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 1019は人間の心を持った、というのがポイントなのですね。だからこそムトーを「人として」愛し、そして機械にはありえない犠牲行為を行った・・・1019、泣かせますね。
 やはりこの作品の大きなテーマはロボットにあると思いますが、遠い未来にこんな自我を持ったものが生まれるのかと考えるとなんだか複雑な感じがします。
 アイザック・アシモフの作品は読んだことが無いのですが、「自分の存在に悩むロボット」興味深いですね。是非読んでみたいと思います。
 丁寧な解説をありがとうございました!

お礼日時:2005/05/15 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「OZ」 完全版について (白泉社/樹なつみ) 

樹なつみさんの「OZ」が好きです。
wikipedia: http://ja.wikipedia.org/wiki/OZ_(%E6%A8%B9%E3%81%AA%E3%81%A4%E3%81%BF)

今はもう手放してしまいましたが、全4巻の方を持っていました。

●質問●
最初の全4巻と完全版・全5巻を読んだ方、物語を読んだ印象を比較してみてどうでしたか? 個人的な感想で構いませんので教えて下さい。

この二つの違いは、加筆修正がされている、番外編を3編収録している等だと思います。(古本屋で少し立ち読みしました)

私は、(愛蔵版収録のために描かれたと思われる)イーリャの話(『ETERNAL LOVER』)は少し違和感がありました。

近年の樹先生の絵柄は、女性キャラに丸みがあり、OZ連載当時の絵柄と差があること、イーリャはもっと軍人気質な女性だと思っていたのに、なんだか子供っぽい女性だったことが違和感の理由です。
他の読者さんは、どう思ったのかな?と思いました。

Aベストアンサー

全4巻と完全版全5巻の両方を持っています。
実は、連載時も雑誌の立ち読みという乱暴な方法ですが、リアルタイムで読んでいたりします。
完全版に連載の時のカラー原稿掲載は嬉しかったですね。

1988年~1992年に書かれた本編と、本編終了後に発売された『OZ MANUAL』に掲載された番外編『HOT BLOOD』以外で完全版に掲載されている番外編は、完全版の発売される直前の雑誌メロディ初出(2004年)なために絵柄も変わってて違和感を感じる人は感じるのかも。
私は、最近の絵柄も好きなのと、話が面白ければいいじゃんという主義なので、そういった部分は気にせずにスルーして読んじゃいましたが……。(ふぅーん、そういう過去があったんだぁと、うっかり関心してましたw)
今、よくよく見ると、番外編の子どものころのムトーも、すんごい丸っこい顔してますよね^^;
なんか、カッコイイというよりかわいらしすぎ(ニガワライ

Q納得のいかない結末やバットエンディングのマンガ探してます。

タイトルの通りの質問になります。
最近、集めているマンガに偏りが来てしまいました。
そこで、変わった結末のマンガを集めようと考えています。
何が納得できないか書いてもらって構いません。
どんなジャンルでも構いません。

Aベストアンサー

後味が悪いというより、人を選ぶ作品を書く作家を羅列してみました。
丸尾末広(少女椿が後味悪し)
花輪和一(意味不明な作品多し)
逆柱いみり(初期の独特の画は最高)
西岡兄妹(生きてるのか死んでるのか分からない登場人物の表情)
ねこぢる(弱いものが常にいじめられる作品多し)(作者は自殺)
園山ニ美(孤独な魂の叫び)
小田ひで次(死の臭いが常に漂う)
華倫変(28才のときに心不全で死亡)
山田花子(からっぽの世界)(作者は統合失調症で自殺)

Q残酷な神が支配する(※ネタバレ注意)

萩尾望都の最新作、残酷な神が支配するを全巻読み終えたのですが、疑問点が一つあります。
<以下ネタバレ>

ジェルミはサンドラの日記を読んで、サンドラは自分とグレッグの関係を知っていながら助けてくれなかったと言っていますが、これはつまりサンドラはグレッグがジェルミに対して性的虐待をしていた事実を知っていたという事が前提ですよね。
ということは彼女はジェルミが虐待されているところを実際に見たわけでもないのに、ビビからの手紙だけで「息子が虐待されている」と考えたのでしょうか?それとも、作者が敢えて明確に描かなかっただけであり、本当は虐待を目撃したのでしょうか(まぁそれはないと思いますが…)。

私が読んだ限りでは、サンドラが知っていたのは「ジェルミが虐待されていた」ということではなく、「ジェルミが自分の夫とセックスしていた」ということのように感じられました。
もし後者なのであれば、ジェルミの言う「助けてくれなかった」とは、どのように解釈すればよいのでしょう…。

長くなりましたが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、サンドラは、ジェルミとグレッグの関係について疑惑を抱いていたし、二人に性的な関係があることも気づいていたものの、ジェルミが性的虐待を受けている所を、実際に見聞きした訳ではないと思います。そんな所を目撃したら、サンドラの性格からして、平然と生活できるとは思えないからです。

ただ、二人の関係がどこまで深いものなのかや、ジェルミがあんなに惨い目にあわされているとまでは、サンドラは知らなかった。二人の関係を確かめるのをためらっている節や、認めたくないような節もあります。そして、疑惑を確かめようとした所で事故に遭ったのではないかと思っています。

しかし、ジェルミにとっては、母が感づいていたのに確かめようともせず放置していたことは、母が傍観していたに等しい。
普通の親なら、「虐待」か「同意」かに関係なく、夫がわが子とセックスしていたら、やめさせようとするのが当然とるべき反応じゃないでしょうか。
なのに、サンドラは気づいていながら、グレッグを失うことばかりに気をとられ、確かめることを躊躇している間に、ジェルミを追い詰めてしまった。

手元に『残酷な…』がないので、日時的な裏づけがとれませんが、少なくとも、サンドラが日記に不安な思いを記した頃に、すぐ何らかの行動(=「助け」)を起こしていれば、ジェルミはその後エスカレートする一方のグレッグの虐待を受けることだけは免れたし、殺意を抱くまでには到らず、結果的にサンドラも巻き添えになって死ななくて済んだのではないでしょうか。
私は、サンドラが気づいた時に何もしなかった弱さが、この漫画における人々の運命を決めたと思います。
ジェルミが日記を発見する件の辺りで、
『何もしない善人は“悪人”である』
そんな言葉を思い出しました。

例としてですが、年中電車で見かけるチカンのおじさんがいて、もう目がイッちゃってて、騒ぐと刺されそうな感じなんです。
で、怖くて逃げたくても隅に追い詰められてて逃げられない時、隣にいる母親がそれに気づいていながら、助けてくれるどころか、危ないオヤジだから巻き添えになりたくないわと見て見ぬふりをしたとしたら、赤の他人にされるよりよっぽどショックですよね。
(注・うちの母がそんなことをしたわけではないですよ。あくまでも例としての話ですが)

嫌な話ですが、経済的理由や配偶者の暴力を恐れて、我が子への虐待(性的虐待を含む)を傍観している親は、皆無ではないのです。

ジェルミにしてみれば、実母がそ知らぬふりをしていたに等しいわけで、ショックだし、それまで自分が精神的に脆い母を身を呈して守ってきたという思いがあるだけに、深い葛藤が生じたと思います。

ジェルミの
「助けてくれなかった」
というセリフは、性的虐待を指すだけでなく、どんどん追い詰められ、精神の均衡を失って転がり落ちていく自分を、ただ一人、自分を救う鍵を握っていた人間(この時点ではお気楽なイアンは三人の関係に気づいていないので)が
「助けてくれなかった」
という思いから出たのではないかと思います。

私は、サンドラは、ジェルミとグレッグの関係について疑惑を抱いていたし、二人に性的な関係があることも気づいていたものの、ジェルミが性的虐待を受けている所を、実際に見聞きした訳ではないと思います。そんな所を目撃したら、サンドラの性格からして、平然と生活できるとは思えないからです。

ただ、二人の関係がどこまで深いものなのかや、ジェルミがあんなに惨い目にあわされているとまでは、サンドラは知らなかった。二人の関係を確かめるのをためらっている節や、認めたくないような節もあります。そ...続きを読む

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q(今更ですが)ピーチガール最終回が・・・

普段あまりマンガを読まない私ですが、ピーチガールはすごく好きで単行本をずっと読んでいました。
ついに最終回を迎えて終わってしまいましたが、私は納得いきません。
私はカイリよりとーじが断然好きだったので、ももちゃんがカイリを選んだのがすごく腹が立つんです。
カイリは本命がいるのにモモちゃんと付き合って「やっぱりももちゃん」と言いながらも本命の操ちゃんを気にしてるようだし、
とーじは1巻からずっとももちゃんのことだけを見てきて1番ももちゃんのことわかってくれているし、
ももちゃんはとーじと一緒になる方が絶対に幸せだと思います。
皆さんは結末に納得されているんでしょうか?
怒っているのは私だけなのかなぁ?

Aベストアンサー

こんばんは。
私もピーチファンですが、完全に納得しているかというと…そうでもありません。
とーじとくっつくのかなぁ?と思っていましたし。とーじが優しすぎて捨てられるなんて信じられません。
でもまぁ、カイリもいつも岡安兄に彼女を取られてしまったというかわいそうな過去があるし、兄の誘惑に唯一乗らなかったももチャンまでとーじのモノになってしまうのは可哀想かな~。とか思いつつ無理矢理納得しました。

とーじはずっと自分を犠牲にしてまでももチャンを守ってきたけど、カイリも、ももちゃんが辛かった時サエから守ったりリベンジに協力したりしていたので、まぁ…なんとか…許す!!ってかんじに考えています。

とーじってこのマンガで一番可哀想ですよね。両思いになれば、サエに邪魔され、つき合わされ、解放された途端にふられ…。そう思うと納得でき無い…カナ。

というわけで、50%50%かなぁ。長々と分かりにくくて、すみません。しかも結果出ず。

QMONSTERの結末(!ネタばれ大あり!)

浦沢直樹の「MONSTER」を読みました。
前回読んだときに最後よくわからなかったので、
今回は時間をかけてじっくり読みました。

で、結局ヨハンの目的ってなんだったんでしょう。
自分の知ってる人間を全員殺して最高の恐怖=孤独になることなんですか?
じゃあ、最後の田舎町を全滅させた意味は?
あの絵本作家の人を孤独にすることが目的だったんですか?

読めば読むほどわかりません。
簡単でいいので、ヨハンの目的を教えてください。

Aベストアンサー

この本は何回読んでも面白いですよね、読む度に新しい発見があって飽きないです
自分が思うには、ヨハンには自殺願望がありは名前のない世界(終わりの風景)に一人で生き残るという事を達成するために
さまざまな殺人を犯していったのかなと思いました、死ぬ直前にだけ見ることのできる「名前のない世界」をもう一度見たかったのかもしれません。
田舎の町を何故全滅させようとしたのかは、赤いバラの屋敷の再現をしようとしたのかもしれません、二ナとヨハンは双子、14巻にでてくる「へいわのかみさま」の神様は二ナ、鏡に映った悪魔はヨハンを示していて二ナとヨハンは一心同体、君は僕でもあり君でもある(神でもあり悪魔でもある)だから沢山の人々が死んでいった話を二ナから聞いたヨハンが同じように大量虐殺を起こした。
最後にヨハンがベッドから居なくなったのは、18巻で「どちらかを残して、どちらかを連れて行く。」と言われた時にヨハンは自分とニナどちらが「いらなかった」のかを母に聞きに行ったのではないでしょうか、一度ヨハンを差し出そうとしてやっぱり二ナを差し出した場面が書かれています、もし自分がカツラを被っていなかったらいらないほうに選ばれたのかと。浅知恵ですが(^^
疑問に思ったのは
なぜアイスラー記念病院の殺人事件でわざわざ毒入りキャンディを使って殺人を犯したのか?ただ殺人を犯すだけなら銃でも簡単にできるのでは?
/ANOTER MONSTERこの本の最後には「めざめる怪物」の絵本が付いているんですが、この本を全部読まないと内容がわからないので、今必死に呼んでますちなみにANOTER MONSTERは近くの古本屋に100円で売っていたので迷わず購入しました。購入しようとしている方は、お近くの古本屋で探してみるのもいいかもしれませんよ

この本は何回読んでも面白いですよね、読む度に新しい発見があって飽きないです
自分が思うには、ヨハンには自殺願望がありは名前のない世界(終わりの風景)に一人で生き残るという事を達成するために
さまざまな殺人を犯していったのかなと思いました、死ぬ直前にだけ見ることのできる「名前のない世界」をもう一度見たかったのかもしれません。
田舎の町を何故全滅させようとしたのかは、赤いバラの屋敷の再現をしようとしたのかもしれません、二ナとヨハンは双子、14巻にでてくる「へいわのかみさま」の神...続きを読む

Qここ数年の成田美名子作品を読んでいる方。

昨日「花よりも花のごとく」第2巻を購入しました。第1巻はまだ読んでいません。

この段階で疑問に思っているのですが、このシリーズと「NATURAL」はどういった関係にあるのでしょうか。おそらく「CYPHER」から「アレキサンドライト」が派生したような関係になっていると思うのですが、アマゾンであらすじを確認しても、どう関わってくるのか想像が出来ません。
今のところ「NATURAL」には食指が動かず、漫画喫茶にも行くつもりがないので、
「花よりも花のごとく」を読む上で予備知識を授けて下さると嬉しいです。

ちなみに「NATURAL」11巻には能マンガが入っているという風に書いてあったのですが、この内容も出来れば教えてください。能マンガという観点から言えば、お薦めでしょうか。
それから「天の響」って何ですか?
以上三点、よろしくお願いいたします。

※ところで「花よりも花のごとく」を挙げてくださった回答者さま、当該質問の質問者さまだけじゃなくて、わたしも参考になりました(^o^)。目に止まるかどうかわかりませんが、すごく遠くからお礼申し上げます(^o^)。

昨日「花よりも花のごとく」第2巻を購入しました。第1巻はまだ読んでいません。

この段階で疑問に思っているのですが、このシリーズと「NATURAL」はどういった関係にあるのでしょうか。おそらく「CYPHER」から「アレキサンドライト」が派生したような関係になっていると思うのですが、アマゾンであらすじを確認しても、どう関わってくるのか想像が出来ません。
今のところ「NATURAL」には食指が動かず、漫画喫茶にも行くつもりがないので、
「花よりも花のごとく」を読む上で予備知識...続きを読む

Aベストアンサー

NATURALの主人公は「山王丸ミゲール(ミカエル)」、ペルー人の少年で、山王丸家(父親の仕事でペルーに住んでいた)の養子です。ミカエルは弓道部とバスケ部の掛け持ちをしており、ミカエルの学校のバスケ部仲間が堂本、JR、大沢という面々。彼らのバスケ部のコーチを今は榊原のじーさまがしています。
西門は、ミカエルの弓道の目標として出てきます。ミカエルが通う地元の弓道場の先生をしているのが榊原高則氏(憲人の父)。当然榊原一門はこの弓道場に出入りしてますので、「花よりも~」でも弓道場の場面に時々ミカエルが顔を出すわけです。


下のかたがたの書いている通り、基本的には「NATURAL」は未読で問題ないと思います。11巻収録の2作品は、「NATURAL」の番外というより「花よりも~」のプロローグですので、読まれたほうがいいかと。

NATURALの設定で、知っておいたほうがよさそうなのは西門の生い立ちを含む榊原家の事情です。コミックスにも関係図がありますが、簡単にまとめますと

・榊原本家は青森で代々神職を継いでいる。
・東京の榊原家は弓道一家、高則さんは弓道の先生。
・「じーさま」は最近青森から東京に移って、東京の榊原家(じーさまから見ると次男の家)に居候中。
・西門は東京の榊原家から青森の本家に養子に出された。一応対外的には秘密ということになっていたが、NATURAL後半でカミングアウト(彩紀が憶えていたため秘密にする理由がなくなった)。高校・大学と弓道の学生チャンピオン。

NATURALの主人公は「山王丸ミゲール(ミカエル)」、ペルー人の少年で、山王丸家(父親の仕事でペルーに住んでいた)の養子です。ミカエルは弓道部とバスケ部の掛け持ちをしており、ミカエルの学校のバスケ部仲間が堂本、JR、大沢という面々。彼らのバスケ部のコーチを今は榊原のじーさまがしています。
西門は、ミカエルの弓道の目標として出てきます。ミカエルが通う地元の弓道場の先生をしているのが榊原高則氏(憲人の父)。当然榊原一門はこの弓道場に出入りしてますので、「花よりも~」でも弓道場の場面...続きを読む

Q「罪に濡れたふたり」のラストを教えて下さい。

主人公二人、最後どうなるのですか?
途中まで読んでいたのですが、ちょっとラストが気になりまして・・・。

Aベストアンサー

こんばんは^^
♯1さんの言うとおりですね。
周りに散々邪魔された挙句、2人は一番最初に出会ったローマでまた会おう、そこからやり直そうとします。
ところが、香澄(姉)が由貴(弟)を追いかけてローマに行くと、由貴は現地で事故に巻き込まれて死んじゃっている訳です。
香澄は由貴の遺体を確認&持っていたパスポートから、その遺体が由貴であると判断し、「鈴村由貴」は亡くなり、日本で埋葬され?、香澄も家族もその婚約者もそれぞれ彼の死を受け止めてそれぞれの人生を歩みます。
ところが、香澄は由貴が死んだことがどうしても信じられなくて、ローマで彼を待ち続けます。
がしかし、由貴は生きていて香澄に会いに来るんです。実は事故にあったのは由貴の荷物を盗んだ人だったと思うのですが…事故のせいで遺体の損傷が激しくて、パスポートでしか判別つかなかったんですかねぇ。
由貴は戸籍上死んだことになっているし、最終的にはそんなハッピーエンドだったような気がします。
言い方が上手くなくてごめんなさい。

Q京極夏彦「絡新婦の理」における蜘蛛について(もろネタバレ)

「絡新婦の理」を読んで、なんだか分からないことが一つあります。真犯人(というか蜘蛛)が誰なのか、とかは読めばはっきりと分かるのですが、
蜘蛛の動機って結局なんだったのでしょうか?
 
業を背負った自分の一族を根絶やしにして、かつて自分に淫行をはたらいた男を抹殺して・・・。そこまでは、まあ、いいんですけど志摩子
たちを殺した(死に至らしめた)理由がよく分かりません。蜘蛛は過去に売春組織(AAだったかSAだったかってやつ)にいて、そこの同僚
だったんですよね?その過去を消すためなのでしょうか?そもそもなんで売春組織に入ったんでしょうか?お金も家もあるでしょうに。

そこがどうしても分かりません。しかも、中禅寺は「あなたはこのような結果になるのを知らなくてやったんですね」とか言ってましたよね?蜘蛛はど
こまで予測して何を期待してあんな行動を起こしたのでしょうか?

このいくつかの私の疑問に対して(部分的にだけでも)「こうなのでは?」というご意見のあるかたのお返事を待っています。たいしたことではないよ
うですが、気になりだすと気になるものでけっこう困っています。どうかよろしくお願いします。

「絡新婦の理」を読んで、なんだか分からないことが一つあります。真犯人(というか蜘蛛)が誰なのか、とかは読めばはっきりと分かるのですが、
蜘蛛の動機って結局なんだったのでしょうか?
 
業を背負った自分の一族を根絶やしにして、かつて自分に淫行をはたらいた男を抹殺して・・・。そこまでは、まあ、いいんですけど志摩子
たちを殺した(死に至らしめた)理由がよく分かりません。蜘蛛は過去に売春組織(AAだったかSAだったかってやつ)にいて、そこの同僚
だったんですよね?その過去を...続きを読む

Aベストアンサー

茜さんは自分の居場所が欲しかったわけですよね。
それが柴田財閥の御曹司の嫁の座だったわけです。
柴田財閥の御曹司の嫁になるためには売春組織にいたという過去は都合が悪すぎますね。なので、彼女がそうゆう処にいたということを知ってる人たちを抹殺したわけです。
茜さんが売春組織にいた理由は、たぶん、薬学の学校の学費か何かのためじゃないかと私は思ってました。織作の家から出て、織作からの援助なしで自分一人で何か手に職をつけるにしても、大変な時期だったと思いますし。
絡新婦としての狙いは、売春組織にいた同僚・上司・
あとは自分の父親探し、じゃないでしょうか。
渡辺小夜子の父親も麻田夕子の父親も、茜さんの父親ではなかった、と京極堂は言ってましたし。
けれども、そのループを越えて犯罪はどんどん次の犯罪を生み出してしまった。それでも、葵と碧は殺さないと、柴田の嫁の座は彼女たちに奪われてしまうでしょうから仕方なかったんだと思うんですけど。
殺すはずじゃなかった人ってのが誰か、逆に解らないですけどねえ。(^^;

私はこうゆう風に解釈してます。

Q高河ゆんさんの「源氏」って最終回は?

高河ゆんさんの「源氏」って話は最終回はあったのでしょうか?アーシアンのように文庫みたいで発売される?この人のは途中でやめているのが多いみたいですが、その理由って知っていますか?教えてください。

Aベストアンサー

私も高河ゆんさんのファンです。

当時私は雑誌連載を読んでましたが、体調不良で連載を休止し、そのままになっていたと思います。

彼女は、漫画好き(当人談)の余り、デビュー当時には、連載を3~4本も掛け持ちし、体調不良で入院騒動してました。
ファンとしては「続きは読みたいけど、無理はしないで!」と思ったことを今でも強く想いだします。

「源氏」の時は、結婚&出産でからだにむりがかかり、連載を休止、ということだったと記憶しています。

休止している間に雑誌「ウイングス」の誌面変更などがあったので、戻れなくなってしまったのではないでしょうか?

でも漫画好き(当人談)の彼女のことですから、きっと別の形ででもきっと完結させてくれると思って、私は待ってます。

お互い続きが待ち遠しいですね。
ご参考になれば幸いです。失礼します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報