アクセス有難うございます!!
エレキベースを始めたいなあ、と野望を燃やす23歳の女の子なのですが。
何からすればいいのか全く分かりません。
まずはベースを買うの?ベースだけでいいの?アンプも?
家で弾いて近所迷惑じゃないかな?スコアブックを買えばすぐに弾けるようになるんですか?それとも教室とかに行ったほうがいいのかな・・・?
何にも分からず右も左も・・・状態で。困り果ててます。
年齢もあまり若くないしちゃんと弾けるようになるか?という不安も大なのでどうか教えてください。
ちなみに好きな音楽はハイスタとGLAYです!宜しくどうぞ。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずベースを買います。

個人的にはショートスケールはおすすめしません。
理由は音質、音程ともに不利なので。ほいで、モノによってかなり重さが
ちがいます。また、同じ重さのものであっても、(弾く状態で)持ったとき
のバランス(ストラップ・肩からさげるヒモっつーかばんどをつけた状態)
によって重量感が違ってきますので、必ずお店ではカッコよく持ってみま
しょう。ヘッドが異常に重く感じるものもあります。
 女の子だとやはり軽めのものの方がいいでしょう。肩こるし。
 ネックの“そり”と、音程(俗に言うフレット音痴ね)は最低限ちゃんと
チェックです。わからないならわかる人と一緒に行ってください。

 次にアンプです。なんでもいいですが、オススメは Line in とか Aux in
のジャックを持ったもの。つまりラジカセからとかつないで、自分のベース
音とミキシングしてヘッドホンで聞ける機能をもったものです。安いもので
もこれはついてたりしますので要チェックです。店員に確認してください。
友達からリズムマシン借りた場合など、これがあると無いでは大違いです。
ドラムやギターをバックにヘッドホンでノリノリの練習ができるか「どーや
ったらいいのかわかんない」になるかの差があります。

 あとベースとアンプをつなぐコードです。が、これは、とくに女の子なら
「ケーブルはつけて」と言えば100%つけてくれます。

それから、ベースをいれて持ち運ぶ“ケース”ですが、「ソフトケースプレ
ゼント」だったりする、そのソフトケースでじゅうぶんです。
 高価なモノとか楽器持ってツアーだ、でもない限りなんでもいいです。

そいから、チューニングメータ(チューニングマシン)です。安いものでいい
ですが、あなたが音感良く、「音はピアノで合わせちゃうからいい」じゃな
ければ最初から必要です。弦を弾くとメータの針とかインジケータの光とか
で音程がちゃんと合うように導いてくれるものです。

 と、ここまではたいていの楽器屋さんで「セット」にしてることが多いの
であります。

 ここでワンポイント、「チョイキズ品」がねらいめです。ふつうに見た限
りではわからないくらいのキズが入ったためにメチャ安にしてるモノ。

 買って、音が出るようになったらバンド系は最初から「習いに行く」ひと
はまずいません。ひたすら「コピー」です。自分の耳できいてマネします。
 そのさいにさっきの「ミキシング機能付きのアンプ」は威力を発揮します。
このへんでやめときます。ご健闘を祈る。がんばってね。
    • good
    • 2

 女の子でもし手が小さかったら「ショート・スケール」っていう普通より少しネックが短い物があります。

その方が弾きやすく感じたらそちらを買ってみてもいいかもしれません。最初からあまり高い物でなくてもいいので中古でもいいかもね。
 あとどんなアンプ買っても防音の部屋で弾かないと近所迷惑になってしまいますね。
 私は普通のヘッドフォンじゃなくって,空間シミュレイトしてくれるヘッドフォン使っています。これだと自然に聞こえるからとても重宝しますわよ^^。
 がんばってください。
    • good
    • 0

ベースは押さえるのが大変だと思いますが音符が読めればだいたい弾けると思います。


読めなくてもCDから音を聞き取れればなんとか弾けるかな、って感じですが女のひとは憧れからベースを始めることが多くそうなるとどの音がベースなのか分からないってことが起こるかも知れません。ていうか実際ベースの音自体あまり聞こえてこないので、アドバイスは(ハイスタの曲に関して。GLAYはたぶんあてはまらない)ベースは大体ギターと同じ音&リズムです。スコアでみればわかります。だからギターを聞きながらハイスタは練習してください。

ベースをまだ持ってないのに実践的なことで、全然ピンとこないと思いますがいつか役に立てば幸いです。
    • good
    • 0

「ベースをやりたい!」と思うその気持ち、応援します。

だって23歳の女性が興味もつ楽器としてはあまり一般的ではありませんよね(やっていた自分が言うのもなんだけど、オンナのコのベース弾きって少なかったから……)。イメージ的に地味だし、肉体労働だし(ドラムほどではないけど)。

さて、まずはベースを買いますよね。買うときの問題ですが。
誰か詳しい人に一緒に行ってもらえればいいんだけど、そうでないときは、たとえベースの善し悪しがわからなくても弾かせてもらって確かめてからにしましょう。
女性、特に小柄な人は、ベースの重さに身体が耐えられなかったり、指がネックをおさえきれなかったり、手が届かなかったり、いろいろハンデがありますから。
そういう、どうしようもない点さえクリア出来れば、最初のベースは好きなものを買えば良いと思います(好きなベーシストが使ってるのと似たカンジの……とか)。

おうちで練習するなら、1万程度のアンプで結構。ギター用のでも使えないことはありません。
おうちで練習するときは、あまり音を大きくしないようにして時間帯に気をつけて下さいね(もしくは、ヘッドフォンを使うとか)。
どちらにしろ、ベースの音作りとかこだわるつもりがあれば、スタジオに置いてあるようなアンプが必要になりますから、そこまで本気でやるのでなければ、最初はそれくらいで充分です(スタジオを個人練習で借りるのもアリですから)。

スコアブックはたいていタブ譜(記号や数字)ですから、数字見て弾けばコードとかわからなくても弾けます。運の良いことにベースは弦の数も少ないし(多いのもありますが)、普通の曲ならそれほど難しいテクはありません(ギターに比べたら……です。もちろん、テクの必要な曲だってありますけど)。
出来ればスクールに行ったほうが勉強にはなると思いますが。

とにかく、リズム感とか、きちんとミュート(弾かない弦を響かせないようにしたり、音を出してはいけないときにきちんと音を止めること)してきちんと音を出すとかいった、基本がなにより大切です。

年齢は関係ありませんよ!
爪のばしておしゃれとか出来なくなっちゃうし、最初のうちは弾き続けると指がガチガチになったり痛かったりするかもしれないけど……。
がんばって下さいませ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキベースの初心者です。ベースのチューニングが苦手です。

エレキベースの初心者です。ベースのチューニングが苦手です。
ベースの教本を見ながら練習しているんですが、練習以前にベースのチューニングが苦手です。音がなかなか合いません。弦を締めていったり緩めたりしているうちに偶然近い音になる時があるので、あっちこっち行った末にやっと合わせられるようになる感じです。チューナーはもちろん使っています。何かチューニングのコツのようなものがあるいのでしょうか??

低い音からだんだん合わせようとしても、弦を締めすぎてすぐに高すぎる音になってしまい、なかなかそれに気がつかずに今どのあたりの音なのか???が全くわからなくなってしまうことが多いんです。

ベースのチューニングテクニックのコツがありましたら、教えてください。
あるいはベース教則DVDなどで、チューニングから詳しく説明・実演しているものがありましたら購入したいとも思っていますので、そちらも教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

みなさんが回答されているように、細かなコツはあるかと思いますが、
最終的には「慣れ」ということになってしまうと思います。
ただ、それだけでは参考にならないと思いますので、僕なりの提案としましては、

■まず4弦(一番太い弦)をがんばって合わせます。

■4弦の5フレットは、3弦の開放弦と同じ音です。
そのため、4弦の5フレットと3弦の開放弦を弾いて、どちらが高い音か判断します。
2音のうち、どちらが高いかは何度かやればわかってくると思います。
そして音をほとんど揃えた上で、最後にチューニングで微調整します。

■その後も同じ要領で、5フレットが次の弦の開放弦と同じ音ですので、
繰り返しになります。

まとめますと、
・4弦(一番太い弦)は頑張って合わせる
・その後のチューニングは、2音のうちどちらが高い音か低い音かが判別できれば、合わせられます。

ということです。
弦を2つ鳴らして、どちらが高い音か低い音かを判断できる練習は、すぐにできると思います。

ちなみにチューニングを実演している教則DVDとしては、
寺沢功一流ベースの極意DVD
http://bass-gatsun.com

こちらで実演していて、結構わかりやすかったです。
チューナーを使ったチューニングだけでなく、ハーモニクスのチューニング、
そもそもハーモニクスの音の出し方から説明してありました。
教則本ではどの本でも説明していると思いますが、映像での実演ではないので省略します。
それではがんばってください!

参考URL:http://bass-gatsun.com/

みなさんが回答されているように、細かなコツはあるかと思いますが、
最終的には「慣れ」ということになってしまうと思います。
ただ、それだけでは参考にならないと思いますので、僕なりの提案としましては、

■まず4弦(一番太い弦)をがんばって合わせます。

■4弦の5フレットは、3弦の開放弦と同じ音です。
そのため、4弦の5フレットと3弦の開放弦を弾いて、どちらが高い音か判断します。
2音のうち、どちらが高いかは何度かやればわかってくると思います。
そして音をほとんど揃えた上で、...続きを読む

Qギターとベースの弾き方は同じ?ギターが弾けるとベースも、ベースが弾けるとギターも弾けるものですか?

もしかしてすごくおバカな質問かもしれないのですが・・・
(楽器のことが全然わからないので、そこは大目に見てやってください・・・)

ギターは弦が6本、ベースは弦が4本ですよね。
なのでやっぱり押さえ方というか、弾き方は違うのかなあ?と思うのですが
共通してる部分というのは多いのでしょうか?

なんか非常に分かりにくくて申し訳ないのですが、
ギターを弾く人はベースも弾けて、ベースを弾く人はギターも弾ける・・・ようなイメージがあります。
必ずしもみんながそうではないのでしょうか?
それぞれある程度の練習は必要だけど、ギターが弾ければわりと結構すぐにベースが弾けたりするものでしょうか(その逆も)?

Aベストアンサー

はじめまして。ギターから入ってベースもやったことがあります。

一般的なベースの4弦は、ギターの6弦のうち音の低い方(太い方)の4弦と同じ音階(オクターブが違う)が出ます。つまり、音符の音をすぐに出せるという意味では同じです。

ギターを趣味としている人なら、ベースをいじったこともあるでしょうし、逆もあるんじゃないかと思います。ただし、楽器の目的が違いますから、そのまま同じように演奏できるわけではありません。

それから、ベースの弦って思いっきり太いので、ギターで慣れていても結構押さえるのが大変だったり、指で弾いているとマメができたりします。ピックも持つのにちょっと力がいります。ベースの弦は、表面がフラットになっている物もあり、ツルツルしていて不思議な感じがします。

「ギターを弾ける」という言葉には、簡単なローコードを押さえてただピックでジャカジャカとストロークしているという意味も、メロディを自由に弾けるという意味もあります。メロディを演奏しない人には、音符を追って演奏するということは難しいかもしれません。ベースの場合は一つ一つ音を出していくのが基本的な奏法なので、ギターでストロークしか出来ない方にはちょっと難しいかもしれませんね。どの弦のどのフレットを押さえるとどの音が出るという知識はないでしょうから。

ベースから始めた方の場合は、コードを押さえるという経験はないのだと思います。ギターは同時に複数の音を出せるのが特色で、ベースではあまりやらないからです。6弦用のコードの押さえ方を一から覚えないといけないですから、やはり練習は必要でしょう。

はじめまして。ギターから入ってベースもやったことがあります。

一般的なベースの4弦は、ギターの6弦のうち音の低い方(太い方)の4弦と同じ音階(オクターブが違う)が出ます。つまり、音符の音をすぐに出せるという意味では同じです。

ギターを趣味としている人なら、ベースをいじったこともあるでしょうし、逆もあるんじゃないかと思います。ただし、楽器の目的が違いますから、そのまま同じように演奏できるわけではありません。

それから、ベースの弦って思いっきり太いので、ギターで慣れてい...続きを読む

QライブでのドロップDチューニングについて(ベース)

ライブでのドロップDチューニングについて(ベース)
高校生でバンドをしています。次回の学園祭でドロップDチューニングの曲をすることになっています。
ですが、僕の使用しているチューナーはOUT PUTがついていないため、ライブでのチューニングでは時間がかかりすぎてしまいます。
そこで、ステージ用ののチューナーを買おうと思っているのですが、どのメーカーのものがいいのかわかりません。お勧めのようなものを教えていただきたいです。
また、ライブで音を出さずにチューニングする方法、アクティブタイプのベースでベース→チューナー→アンプという接続は可能なのかも教えていただけるとありがたいです。

補足
・ベース暦は1年弱の初心者です。
・アンプ直結でエフェクター類は使用していません。
・現在パッシブタイプのベースを使用しています。

Aベストアンサー

ヲッサンベース弾きです。

ライブでドロップDが必要な時は、私なら(長年やってるのでサブベース持ってますから(^^ゞ)ドロップDチューニングしたベースを用意して持ち替えます。
もしも、もう1台ベースを用意する手があるなら、実はこれが一番確実です。

でもま、そうはいかんと…いう方が多いと、ドロップDとノーマルの使い分けがしょっちゅうあるなら、4弦にこういう専用ペグを搭載する人も多いです。レバー操作でDとEが一瞬で切り換えられます。
http://www.kandashokai.co.jp/hipshot/bass.htm

でも高いし、今のベースをいじるのは…となると、曲間で急いでチューニング変えるしかないですね。
一番手軽なのは、ミュート機能のあるコンパクトエフェクタタイプのチューナーを使う事でしょう。もちろんアクティプでもパッシブでも使えます。ただ、アンプ直結より少しは音痩せ感はあります。まぁライブなら許容範囲だと思いますが…
例えば…
http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/pitchblack/
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5ETU300%5E%5E
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=1064%5EHU8500%5E%5E
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=401%5ELU20%5E%5E
http://www.roland.co.jp/products/jp/TU-3/index.html
など

ヲッサンベース弾きです。

ライブでドロップDが必要な時は、私なら(長年やってるのでサブベース持ってますから(^^ゞ)ドロップDチューニングしたベースを用意して持ち替えます。
もしも、もう1台ベースを用意する手があるなら、実はこれが一番確実です。

でもま、そうはいかんと…いう方が多いと、ドロップDとノーマルの使い分けがしょっちゅうあるなら、4弦にこういう専用ペグを搭載する人も多いです。レバー操作でDとEが一瞬で切り換えられます。
http://www.kandashokai.co.jp/hipshot/bass.htm

でも...続きを読む

Qアップライト・エレキベースの選択について

アップライト・エレキベースの購入を検討中です。
最寄の楽器点では取り扱っていなかったので、ネットで調べてみました。

HALLSTATT WBSE850 というのが4万円台でありました。
これ以外はYAMAHAなどで、いきなり20万円台に飛んでしまい、間が見つかりませんでした。

とりあえず安いのはありがたいのですが、この落差が大きすぎて不安です。

ご存知の方がおられましたら、この安いのでも素人の練習用には大丈夫なものかどうか教えてください。

Aベストアンサー

> 音質的にはいまいちだけど、

そうですね.そこは期待できないでしょう.

> 弦は同じものだし、

そうですね.

> 左手の運指や、右手での弾き方の練習にはなって、

ここはけっこう微妙です.

Hallstatt も同じだと思いますが,この手の楽器はエレベからの持ち替えで違和感がないような設計なのです.
何が違うかというと,第一に指板の曲率が違うんです.コントラバスに比べて,非常に平らな指板になっています.
当然,ネック (棹) も平たい感じがします.コントラバスはもっと丸いんです.そのため,持ち替えると大きな違いを感じます.
また,ハイポジションについてはまったく別の楽器といってよく,Hallstatt でも練習になる可能性があるのはローポジションだけです.
さらに,ボディがないので楽器を保持するスタイルが全く異なります.Hallstatt や SWB-Lite では左手がないと楽器を保持することもできませんが,コントラバスは体で支えるので,この辺りの演奏性の違いも非常に大きな差になります.
もう一つ問題なのは,ポジションマークが入っているということです.
コントラバスには基本的にないものです.
ポジションマークは初心者には大変ありがたいものですが,これに馴れてしまうと無意識にそれを見てしまうので,ポジションマークのない状態での音程が取れません.

なので,Hallstatt でいくらうまく弾けるようになっても,コントラバスは弾けません.
それ用の練習が相応に必要になります.

> いずれは本物のダブルベースに応用できると理解しました。

ということで,いずれコントラバスで弾きたいということなら,ここは Yamaha を勧めます.
そういう気がなくて,あるいはそのときにはまた練習しなおすさ,というなら Hallstatt でもよいのではないでしょうか.

> 音質的にはいまいちだけど、

そうですね.そこは期待できないでしょう.

> 弦は同じものだし、

そうですね.

> 左手の運指や、右手での弾き方の練習にはなって、

ここはけっこう微妙です.

Hallstatt も同じだと思いますが,この手の楽器はエレベからの持ち替えで違和感がないような設計なのです.
何が違うかというと,第一に指板の曲率が違うんです.コントラバスに比べて,非常に平らな指板になっています.
当然,ネック (棹) も平たい感じがします.コントラバスはもっと丸いんです.そのため,持ち...続きを読む

Qベースのチューニングの仕方

私は、今度の文化祭でバンドをやります。
それで、ベースをやるのですが、
ベースは初めてで、
チューニングが上手くできません。

チューニングには
チューナーを使っています

指定された弦を押さえて鳴らすのですが、
毎度毎度、音の高さが違ったり、
低くしたのに高くなったり、
高くしたのに低くなったりします・・
(その判断はチューナーを見て行っています)
(また、チューニングはエレキベースの説明書を読んだり、
経験者に聞いたりしてやっています・・)

これは、チューニングペグの
回す方向が違うとか
そういうわけではありません。

このままでは
「チューニングができないから無理」
なんてことになってしまいます・・

どうか、チューニングの方法を
教えてください

Aベストアンサー

チューナーを使ったチューニングのあわせ方についてですが、とりあえずまずはチューナーの取扱説明書を参照されることをお勧めします。チューナーによって機能が異なる場合があり、チューナーの取扱説明書を参照した方が確実なことも多くあります。

一般的なギター・ベースチューナーを使う場合、チューニングを合わせる時にはモードをベース用のモードにし、4弦ベースであれば4弦開放を4E、3弦開放を3A、2弦開放を2D、1弦開放を1Gに合わせます。基本的にチューニングの際には、弦を押さえない状態の開放弦で音を鳴らし、チューナーで音程を確認するのが普通です。

オートチューナーの場合、チューナーをつないで音を鳴らし、まずは針ではなく弦番号が今合わせようとしている弦と一致するようにペグを巻き上げていきます。オートチューナーは今検知している音程に近い音程を持つ開放弦の番号と音程を表示するので、針を読む前にまずこの表示と合わせようとしている弦番号を一致させる必要があります。
チューナーの表示と合わせようとしている弦の番号とが一致したら、そこから針を見て、針の表示が真ん中に来るようにペグを巻き上げていきます。針が真ん中で落ち着くようになったら、その弦のチューニングは終了です。この手順を、すべての弦に渡って繰り返していきます。
すべての弦を合わせ終えたら、もう一度すべての弦のチューニングをチェックし、ズレがなければチューニング終了です。チューニングはちょっとしたことで狂うことがあるので、すべての弦を合わせた後に再度チェックしてズレが出ていないかを見直すのがよいでしょう。

なお、チューニングの時に針を読む際は、弦を弾いた直後の針が暴れやすいところではなく、音をのばした上で針の振れが落ち着いてから読むようにするのが妥当です。ピッキング直後は音程が荒れるので、せわしなくピッキングしながら針を読もうとすると、合わせにくくなる上、正確にチューニングすることが難しくなります。せわしなくピッキングしながら合わせるのは避けた方が良いでしょう。
また、ペグは巻き上げる方向からジャストにあわせるのが良いでしょう。ペグを巻き上げすぎて、合わせる音程よりも高い音程になってしまった場合は、一度合わせる音程よりも低くなるまで弦を緩め、巻き上げる方向でジャストに合うようにやり直すのが妥当です。ペグを緩める方向であわせると、ペグのギアのかみ合わせの関係などからチューニングが狂いやすくなることがあります。

チューナーを使ったチューニングに関しては、下記のページが参考になるかもしれません。
http://www.roland.co.jp/products/boss/T_01.html
http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakuragakki/a5c1a5e5a11.html


なお、弦を押えた音程に関しては、その押える力加減などで音程が狂うことがあります。力みすぎて弦を引っ張ったりすると、それだけでも音程がシャープしてしまいます。演奏をする際には、そのあたりにも少し注意が必要かも知れません。
また、ベースは構造上、弦を押えた時の音程に誤差が生じる可能性があります。フレットを押えた時の音程に関しては、「オクターブ調整」と呼ばれるブリッジサドル位置の補正を行い、誤差を少なくするように調整を施しておくのも良いでしょう。
オクターブ調整については、下記のページが参考になると思います。
http://www.esp.ac.jp/club_esp/maintenance/lecture02.html
http://www.ariaguitars.com/jp/05suppo/02manual/manual_guitar.html
http://members.jcom.home.ne.jp/ngs/basicans/ans1.htm

参考まで。

チューナーを使ったチューニングのあわせ方についてですが、とりあえずまずはチューナーの取扱説明書を参照されることをお勧めします。チューナーによって機能が異なる場合があり、チューナーの取扱説明書を参照した方が確実なことも多くあります。

一般的なギター・ベースチューナーを使う場合、チューニングを合わせる時にはモードをベース用のモードにし、4弦ベースであれば4弦開放を4E、3弦開放を3A、2弦開放を2D、1弦開放を1Gに合わせます。基本的にチューニングの際には、弦を押さえない状態の開放弦で音...続きを読む

Qエレキベースのメーカーについて

こんばんわ^^

自分はベースをはじめようと思うんですが、
たくさんメーカーがあって、どこがいいのかわかりません。

条件としては
6万円いないで、ジャズベースがいいです

この条件だったらどのメーカーさんがいいでしょうか?><

Aベストアンサー

これなどはどうでしょう??

参考URL:http://www.deviser.co.jp/modules/products/index.php?content_id=94

Qエレキベース(四弦)のチューニングについて

私の姉が最近エレキベースを買いました
しかし姉は音楽の経験がないのでチューニングの仕方がわからないそうなんです
私もギター初心者なので、よくわかりません・・・
エレキベース(四弦)のチューニングはどのようにすればよいのでしょうか?
できるだけ詳しくお願いします!!!
エレキギターのチューニング方法も教えてくださったら私は飛び上がって喜びます!

Aベストアンサー

ベースは一般的に太い弦(構えた状態で上の弦)から、開放弦でE(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)の音高に合わせます。
開放弦とはフレットを何もおさえずに弾いた時の音高で、その弦の一番低い音になります。

ヘッド側のペグ…弦を巻いているネジのつまみのようなものがありますよね。そこを回すことでチューニングの調整が可能です。
ゴムなどを引っ張った状態で弾いて遊んだ時の体験からお分かりかと思いますが、弦の締め付けが強いほど音は高くなり、締め付けが緩いほど音は低くなります。

音は何かほかの楽器で音を出してそれを聴きながら合わせることも可能ですが、チューナーを買った方が良いですね。安価なもので結構です。
ベースやギター用の(あるいは両対応の)チューナーが売られていますので、まずはシールド(ケーブル)をチューナーにつないで音を出して合わせてゆきます。
チューナーが反応しないときはベース本体のボリュームが絞られている(音が出ていない)可能性があるのであわてずご確認を。

チューニングは一本ずつ行いますが、弦を適切な状態にチューニングした後でもう一度全体を確認します。
というのもネックは木でできていますから弦を巻き上げたり緩めたりすることで、ネック自体がほんの少し引っ張られて曲がったり逆に反り返りが緩んだりするわけです。
これによって、一度調整したはずの弦の状態が再び変わってしまうので、再度調整が必要です。
慣れるまでは微調整を繰り返しつつ慎重に合わせていきましょう。

また、チューニングにはオクターブチューニングというものもありますし、これにはトラスロッド調整や弦高の調整なども絡んできます。全音域(全フレット)に渡ってベースの状態を最適に保つためにはこれらも追って必要な知識ですが、まずは上記の一般的なチューニングだけを覚えておけば大丈夫!
ベースライフを楽しんでくださいね。

*チューニングを整えて練習や演奏を行った後のベースの保管方法ですが、「弦を緩める」人と「弦を緩めない」人がいます。中には「絶対に弦を緩めてはいけない」という人もいます。
条件によっては弦を緩めた状態のまま放置するとネックが急激にそれることがあるのは経験したことがありますが、ネックのメンテナンス直後と気候条件などのいくつかの条件が重なった場合に発生すると実感しています。逆に普段はチューニングを合わせたままだと弦はすぐに伸びきってしまいますし、ベースの弦は太いため引っ張る力も強く、ネックにも負荷がかかり続けます。
しばらく弾かないのでしたら少し(2~3回転)緩めておくのが良いと思います。
これは人それぞれなんですけど。

ギターは低いほうからE・A・D・G・B・Eとなります。
エレキでしたらやはりシールドからチューナーにつないで合わせるのがお勧めです。
音はベースより1オクターブ高いです。ベースと違い弦が切れやすいのでペグは慎重に回してください。
お姉さんに負けじと頑張ってくださいね!

ご参考になれば幸いです。

ベースは一般的に太い弦(構えた状態で上の弦)から、開放弦でE(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)の音高に合わせます。
開放弦とはフレットを何もおさえずに弾いた時の音高で、その弦の一番低い音になります。

ヘッド側のペグ…弦を巻いているネジのつまみのようなものがありますよね。そこを回すことでチューニングの調整が可能です。
ゴムなどを引っ張った状態で弾いて遊んだ時の体験からお分かりかと思いますが、弦の締め付けが強いほど音は高くなり、締め付けが緩いほど音は低くなります。

音は何かほかの...続きを読む

Qエレキベースが目立つ曲探し

ロックの音楽でベースが特徴的な曲を探しています!

ちなみに僕がよく聞くベース中心の曲は
RIZEの『カミナリ』、GLAY×EXILEの『SCREAM』です。

Aベストアンサー

邦楽は詳しくないので、洋楽から紹介します!

それでは…、こんな感じはどうでしょう?


◎Lunatic Calm(ルナティック・カ―ム):「Leave You Far Behind」
 イギリスのビッグ・ビート系のグループです!

◎Chemical Brothers(ケミカル・ブラザース):「Block Rokin' Beats」
 イギリスのダンス系テクノです!

◎Pink Floyd(ピンク・フロイド):「One Of These Days(吹けよ風、呼べよ嵐)」
 プログレ・バンドの大御所です。わりと有名な曲です!

◎Yes(イエス):「Roundabout」
 イギリスのプログレ・バンドです。クリス・スクワイヤのベース・プレイは圧巻です!

◎Stanley Clarke(スタンリー・クラーク):「School Days」
 ジャズ・ベーシストの大御所です。彼の代表ナンバーです!


いずれもYouTubeで視聴できます。参考になれば幸いです!^。^V

Qベース ダウンチューニングするとチューニングがズレやすくなる

タイトル通りの質問でございます。
素直に五弦を使えば済む事なのですが、生憎自分は手が小さく、5弦ベースだと上手くネックが握れずプレイが圧迫されてしまうので、四弦ベースをダウンチューニングして使っております。
ところがダウンチューニングするとチューニングが狂いやすくなってしまいます。
弦の巻き方にも見たところ問題は無いし、オクターヴチューニングも合っています。
どうすれば解決できるでしょうか?

Aベストアンサー

ベースの種類…というよりは、個々のベースの個体差にもよる部分もあるので、一概には言えないですが、今までノーマルにチューニングしていたものを、弦はそのままでダウンチューニング等に変えると、少なくとも『ベースが馴染んでくるまで』の間は、チューニングが狂いやすくなったりすることはありますね。

自分の経験の限りでは、「ダウンチューニング専用」にして何ヶ月か弾き込めば、だんだんと馴染んできて狂いにくくなってきたことが多いんですが。

あと、私は通常時はソフトゲージ使っているので、ダウンチューニングにするなら、弦も太めのもの(レギュラーでも太めのセット)に変える方が、いろいろな面で良好だったことが多いです。音質的にも、『馴染み』の点でも、早く落ち着いてくるって感じですね。ただ、特にナットやブリッジの関係で、単に太い弦にしたらかえってバランスが崩れることもあるので、万人受けする方法ではないですが…

もし、質問者の方が元から太めの弦セットをお使いであって、それをダウンチューニングしたらちとトラブルが…ということなら、ベース本体側に問題ないなら5弦用の2~5弦を張るなんていう作戦もありますが、弾き心地にも関わるし、何よりナットが合わないと無意味なので、手放しではお薦めしてよいものやら…(^^ゞ

ただ、数ヶ月単位で、ずっとダウンチューニングされて弾き込まれていて、全然安定する気配もしないとなったら、リペアショップに相談というのも方法だと思います。ブリッジやペグがらみで、何か改善ポイントが見つかるかもしれませんので。

ベースの種類…というよりは、個々のベースの個体差にもよる部分もあるので、一概には言えないですが、今までノーマルにチューニングしていたものを、弦はそのままでダウンチューニング等に変えると、少なくとも『ベースが馴染んでくるまで』の間は、チューニングが狂いやすくなったりすることはありますね。

自分の経験の限りでは、「ダウンチューニング専用」にして何ヶ月か弾き込めば、だんだんと馴染んできて狂いにくくなってきたことが多いんですが。

あと、私は通常時はソフトゲージ使っているので、ダ...続きを読む

Qエレキベース、演奏後の弦

本日、自分のエレキベースを購入しました。
一通り演奏し、弦等の拭き掃除した後、ふと思い出したことがあったのです。

それは、以前2週間程度友人からアコースティックギターの様なベースを借りた時の話です。
人生初のベースでした。
そのとき友人は「演奏後は弦をユルユルにしておいて」と言っていました。
その緩さは弦が垂れるほどです。

そこで質問です。
今回購入したベースはスティングレイタイプの物です(OLP製のMM2と言います)
このベースの場合にも
「演奏後は弦をユルユルに」なのでしょうか?
それとも「少し緩める」?
または「まったく緩めない」?

ベースに関して全くと言って良いほど知識が無いため、このような質問をさせていただきます。

解答、よろしくお願いします

Aベストアンサー

NO.1の回答者様とまったく逆の意見になってしまいますが
基本的に弦楽器は保管時でもチューニングをあわせたままです。

そもそも弦を緩めるか否かは賛否両論あるようですので
はっきりと断定は出来ませんが・・

要は弦を緩めて保管しないと順反りなると言う人もいれば
弦を緩めると逆反りになると言う人もいます

私の個人的見解だけで言いますと弦楽器は
弦を張ってチューニングされた状態で真っ直ぐに吊りあうように
作られていますので弦を緩めた状態が長期に続くと
ネックに逆反りの力が加わりあまりよろしくないかと思います。

フロイドローズなどチューニングをいちいち変えるのが
めんどくさいギターでも順反りしやすいなど聞いたことが無いので
間違いないと確信しております

以上の事から私の見解は「まったく緩めない」です
「少し緩める」ぐらいなら問題は起こらないと思いますが
「演奏後は弦をユルユルに」は一番最悪だと思います

演奏後に緩めるたびにネックに逆反りの力が加わり
チューニングするたびに順反りの力が加わることになります

それを長期に繰り返すと順反りと逆反りの複合の
波打ちと言う形のネック反りが発生する可能性があります

あくまで可能性の話ですのであとは質問者様のご判断におまかせします
最後にプロのリペアマンでも緩める方もいれば緩めない方もいますので
上記の意見はあくまで個人的見解です

NO.1の回答者様とまったく逆の意見になってしまいますが
基本的に弦楽器は保管時でもチューニングをあわせたままです。

そもそも弦を緩めるか否かは賛否両論あるようですので
はっきりと断定は出来ませんが・・

要は弦を緩めて保管しないと順反りなると言う人もいれば
弦を緩めると逆反りになると言う人もいます

私の個人的見解だけで言いますと弦楽器は
弦を張ってチューニングされた状態で真っ直ぐに吊りあうように
作られていますので弦を緩めた状態が長期に続くと
ネックに逆反りの力が加わりあまりよろし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報